テーマ:社会関心事

国防意識が「言葉」で達成出来るトンデモ・リベラルさん

「危険な思想」と危険な思想を持つ人が告げてしまうと、鏡を差し出したくなる のは、万人共通の「国防意識」の共有があればこそで、言葉は便利で時には 攻撃的で云々・・・、それだけの矜持のある言葉なら受け入れられるだろうが・・・。 軽~い言葉の連発が「朝令暮改」や「朝三暮四」と軽んじられる元になった という先例があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お笑いの南朝鮮報道、芸人も真っ青

相変わらずのかの国の報道に、読み行くうちに微笑から「馬鹿笑い」へ変化し、 そして相変わらずの情報操作に、いにしえのことわざを思い出す・・・。 「馬鹿は死んでも・・・」、笑わせてくれる報道も程ほどに・・。 画像はあちらのアニメのロボットもの。このそっくり加減に日本人なら笑いが漏れる が、これを紹介するサイトには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凋落激しいテレビ放送、そして恣意的報道

最近、テレビ放送が面白くない、見るものがない、といわれて久しい放送だがこれでデジタ ル移行すれば、バラ色でなく青色吐息のテレビ局の再編に拍車がかかり、折角の多チャ ンネルのデジタルも、その前に凋落してしまっては・・・。 デジタル移行と共に、増えると予想される番組は「懐かしの映画と音楽」では、デジタルの 恩恵も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「学ぶ権利」と「私学助成」と「国の補助」

「学ぶ権利を奪わないで」と大阪で私立高校生がパレードを行ったと新聞「赤旗」 が報じているのだが、これはいささか共産党の機関紙とは思えないのだが・・・。 それと同じような問題で、「原爆被害者」が・・・。 共産主義を標榜すれば、これすなわち私学という概念はなく、すべて公立として 平等を謳うものではないのか、私学助成が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漠然とした不安

漠然とした不安・・・、誰でもそんな気分を味わった時があるはずだ。 そうした言葉に出来ない不安を和らげる、あるいは忘れる何かは、 一体どこからやってくるのだろう・・・。 といったことを念頭にしたショートストーリーが・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~ 彼は叫んだ。 見えている先の危険を知らせるために・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝えるべき報道とそうでないもの、新聞報道の価値とは・・・

新聞報道のいい加減さは今に始まったわけでもないが、腹に据えかねるのが 出ていたので、書いてみようと思う。 一つは勿論、その危険性を承知の上で前もって報道もせず、成立してから「アリバイ」 のように記事にしたためた「国籍法改正」と、地方の自衛隊の訓練に対して「平和の日」 っていつから開戦記念日になったのやら、出発前にたった四十人の反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家資格ビジネスは不況知らず

司法書士法違反で逮捕の報道に接して、この国の代理業とか代行業 は国家資格という制度に守られて・・・、しかし針灸師の項ではマッサー ジで窮地に陥りと、いささか・・・。 画像は「介護福祉士」のものだが、こういった直接的なもの以外で、 代理業務に対して、あの「税理士法」違反で朝鮮人逮捕というのも あったが、これらの間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国籍法改正で、外国人犯罪は変容するか

人道的処置、人権的対応と、似非な博愛主義が横行すると、そこここに 危険が溢れかえる将来が訪れるのは、目に見えているかも・・・。 と、考えないられる報道を目にして・・・。 画像は「不法入国」啓発の富山のポスターだが、この不法入国してでも 日本に来たい他国の人々と、国籍法改正はリンクしそうで・・・。 で、入国管理局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強引なデジタル放送移行は、不便さのお仕着せか

テレビを見る度、「アナログ」の文字を見ると、さてさてどんなメリットが待っているのか 暗澹たる気持ちになる。 強引なデジタル移行に、放送・家電メーカーに押し切られた政治も見えてきて、デメリッ トを押し隠して、推し進めるデジタル電波に、もっと放送にはやることが詰まっているのに と「溜息」が出てきてしまう・・・。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脳内妄想が、誤った記事に仕立てる原動力?

金融サミットが話題になり、早速その提案や会談の模様が報道されているが、 海外配信のものと、日本国内のものとの文章や内容の食い違いは、どこから 生まれるものなのだろう?、脳内妄想ではないと思うが・・・。 画像は「国家破綻」した後の国の有様を描いた映画のもの。 で、その「国家破綻」がこれまでもさんざ使われてきたが、今…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「尊厳死」と「死ぬ死ぬ募金」

心臓移植が必要な十三歳の子が、その勧めを拒否して「尊厳死」を選択という報に 触れて、同じ新聞社の以前の報道に日本の心臓疾患者の「心臓移植」に対する 募金のものがあって、さて「尊厳死」と「死ぬ死ぬ募金」、一概には言えぬまでも その裏側に横たわる「邪悪」な思惑は一体・・・。 画像はネットで拾った、「尊厳死」を選んだイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂ったマスコミ、選挙が景気浮揚?

選挙があたかも景気浮揚の原動力とでも言いたいのか、このところ再び マカコミが選挙時期予想を紙面に躍らせ、読者を煽る風潮が見られるが 政権担当能力以前に、官僚の組織防衛に対してはどこの政党も無力で とてもではないが、バラ色の変化なぞ望めるものでない・・・。 にしても、マスコミは何をもって「選挙」なのだろう・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育問題は「幼児」にこそ、あるのでは・・・

このところ兎角マスコミの話題になる大阪の私学補助予算削減や土地収用行政 問題だが、このどちらも絡むのが子供となり、いささか「ダシ」にされる子供の一面 に、利用出来るものは何でものいささか行き過ぎた行動をとる変な人々が浮かんで来て・・・。 私学助成削減に対して、それを反対する高校生との対談では橋下知事のいささか「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トラクター受難

食品汚染とか中毒とか、ショッキングで物騒な報道が席巻しているが、そんな中で 窃盗が頻繁している農業機械がある。 土地を耕す便利グッズの「トラクター」が関東近辺の農家から続々盗まれている・・・。 近所の農家の話しでは、窃盗する側はあらかじめターゲットを絞って犯行に及んでい るようで気づいた時にはなかったらしい・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミの悲鳴、選挙動かすか・・・。

経済問題が発生しようが、党利党略に勤しむ政党もあれば、それに加担して 解散・解散を叫ぶマスコミの思惑は、さてどこにあるのだろう・・・。 画像は「医療訴訟」とマスコミ報道の比のグラフで、報道するから訴訟が増える のか、要するに医療過誤かどうかよりは、報道が医療現場を萎縮させる実態が あるものを、如実に物語る・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニートの親は動物以下」・・・恐ろしい差別そして切り捨て

政治家もネット発信に余念がないのは、一人でも多くの国民に理解して貰いたい という思いからだと想像は出来るのだが、いくら勇ましい言葉を並べても、さて、その 考えで国民の支持が得られるのかと、一瞬考えてしまったものがあった・・・。 民主党・党首のページに掲げられていた「ニート対策」で、「漠然と他人に寄生 して生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「九条」で身が守れる・・・。

アフガニスタンの悲劇から以降、なぜかこの宗教じみた数多い団体の行動が気になったが、 メディアにも取上げられず、また選挙が近づけばやたらと看板が目立つのもだが、それも近 所では聞かない。 信念を通せば、無防備でも「安全」の戯言が、アフガニスタンで脆くも崩れたが、またまた選 挙の噂である。大挙してポスターを当たり構わず取り付け、アピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想論、言う口が自ら直せ「変態報道」

何か不祥事が起こるたびに、新聞論調はごもっともな「理想論」を書き連 ね、社会正義、こちらに在りを喧伝するが、その開いた口に物を放り込み たい衝動に駆られる。 画像は「オーバードープ」さんから拝借した、押し紙された新聞の使い道。 印刷所から販売所経由、廃品回収よりは、人の役には立つ資源物、哀れ この不正採…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

マスコミの言う「モンスター市民」とは・・・。

今朝のテレビ朝日の報道バラエティー番組で「市役所を泣かすモンスター市民」 というのを取上げ、再現ドラマに仕立てて、その理不尽な要求を問題視していたが したり顔のコメンティターが「社会のストレス云々」とか、だがちょっと待ってほしい その昔、行政に対して集団で理不尽な要求を呑ませて来た人々の後追い行動と その手口を真似たとも、今まで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

言い続けなればならない「歴史認識」、地道な戦い・・・

正しい歴史認識・・・、こういうことを問い掛けられて、一体何人の人が正確に答えられる だろうか。勿論、こちらも甚だ心もとない思いがするが、ネットの発達が歴史歪曲とか、 捏造とかを知らしめてくれて、より良い知識を増やしてくれる。 そんなものを目にして、エントリーを立ててみたくなった・・・。 画像は、「歴史認識の歪曲を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

これは「自爆記事」なのか?、祭りの人出発表・・・

「主催者発表」の動員記録を口実にして、これだけの反対意見があるのだから、教科書の 問題は「変更」をせよと、論調を張った記事が以前あったが、その動員記録に対しての言い 訳は曖昧で、実動員人数を指摘されれば「数字の問題ではない」と開き直ったキャスター までいて、開催目的によっては「人員」などどうでも良く、数字の信頼が失われて・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日新聞は「伝聞」がお好き?

毎日新聞電子版での「変態報道」を紙面を割いてお詫びを繰り広げていたが そのお詫びの文言も、結局は自己都合の「トカゲの尻尾きり」なものであった と、この変態報道を追及する人々から掘り出されてしまったが、「伝聞」が報 道記事になるという、ゴシップ記事並のものもあって、それを取上げてみた。 あの謝罪記事の後、毎日新聞は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームレス「ケンさん」と生活保護

お昼休みに、テレビでホームレスの人の「隅田川花火大会」でのアルミ缶集め の映像を流していたが、逞しくも自分で得た金で生活しているという、人間の 最低限の拠り所を仕事に求めた態度、もっとも映像を流している放送局の思惑 は違うのだろうが、ふと日曜日に目にした記事との落差に、いささか憤慨・・・。 憤慨した記事は下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家資格が生活の支えと、利潤追求が相反する職業

今夜のテレビで、障害者の十六年にわたる生活ぶりを放映していたが、 耳が聞こえないというハンデを背負いながら家族を形成し、つつましくも 逞しく生きる様は、放送局の他番組の偏向は別にして、なかなか良い番組 であった。それに関連するような記事を以前見ていて、それについて・・・。 障害者の家族の「風の歌を聴きたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地道に「変態キャンペーン」

行動力のある女性は、すかさずこういったものを作り、地道だがネットを やらない人々にも周知徹底を図っている。 「ネガティブ・キャンペーン」の空恐ろしさは、人の噂は「七十五日」ではな く、あの六十年前の出来事もそれが正しいか否かはどうでも良く、記憶に 残す作用を促す結果を持っている・・・。 まさしく「紙爆弾」で、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吼えてます、犬の遠吠えか、朝鮮族の空威張りか・・・

牛肉問題で世界に嘲笑され、同胞が理不尽に殺され、対応に詰まったところを 日本の教科書の指導指針の二文字の言葉に、これ幸に「遠吠え」を始めた人々 は、自分の国が純債務国に転落した場合、どうするのだろう・・・。 あまりの牛肉問題のこじれで、投資資本も引き上げられ、ビジネス的機運が なくなったら、そして理不尽に殺された同胞の問題を、し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆとり教育の弊害は、変態記者にも多大な影響・・・。

ゆとり教育が進めた結果が、こんな反対運動で顕著に表れるものか、 そしてそれに何らの違和感を抱かず、記事にする変態新聞社の記者 は、憲法の条文を知っているのか?・・・。 義務教育でもない私学の高校の助成金削減に、朝鮮並みの考えを 持ち込む行動を、訝しがる人はいなかったのか・・・。 毎日変態新聞だから取り上げた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

五感の退化が、エコ・ビジネスを支える

サミットも開かれ、地球温暖化の危機感からエコが氾濫し始めているが 表題のように個人で出来るエコは、これは昔の生活に戻れば、それなり の役割はしているになるが、まさか人間も二酸化炭素を排出しているか らと、人口抑制を言い出す人はいないだろう・・・。 で、エコとは、以前の暮らしで五感を働かせ暮らしてきたものを、工業の 発展が、いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体的健康は、人間を幸せにするのか・・・

タスポで混乱を来たす自販機とか、煙草吸いには、世知辛い世の中に なったものだ。 健康増進法とか、そして健康でいられれば老人となり「後期高齢者医療 制度」で特別扱い、身体的健康が精神的健康を蝕む危惧はないものな のだろうか。 それでなくとも自殺者は三万人を超え、不慮の事故でもなく、自ら命を絶 っている。ささやかな一時、「煙草が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつまでたってもパラサイトしか出来ない人々、哀れ・・・

地方の各種学校の助成金増額に端を発して、増額回答が得られなければ 「言葉狩り」に打って出て、従来の特権を守りきろうとするパラサイト軍団宜 しく、早速「変態」と「捏造」得意の報道機関が、紙面を埋めている・・・。 山口県下関市の教育長の発言に、これまでねじ込んだ経過を更に推し進める かのように、変態と捏造が援護射撃を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more