身の程知らずに「説教を垂れる」姿勢は見上げたもの、「嫌悪」原因主が・・・。

身の程知らずってな言葉も、今では顧みられることもなくなっ たのか、いつもの「おまえが言うな」が出てくる劣化メディア の行状は、あきれ果てて軽減税率の対象という公器とは、とて も思えない・・・。 「火付け盗賊」並の「火のないところにでも火をつけて、後は 知らんぷりの「劣化加減」が凄まじいところは、延々誰も認め ない…
コメント:0

続きを読むread more

「嫌韓」を広めているのは、皮肉なことに自称「知韓」なトンデモ論客達

「偏狭なナショナリズム」なる不可思議な言葉を言い放って、 日本人に「贖罪意識」を強調して見せたメディアの、このとこ ろの痛ましいほどの「世迷い言」を読んでいると、擁護すべき ものの「勘違い」が甚だしく、読まされる人を「嫌悪」へと、 どんどん押しやってしまっているのを、再認識させられる。 まずは「こんな犠牲者」へのも…
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率適用される「メディア」の公益無視の言説は、国民蔑視の「コンデ」としか・・・。

コンデとは「自身はすぐに(他人を)批判するが、自身に対す る(他人の)批判は認めない人」という意味の「かの国」の 言葉らしいが、日本でも鏡のようなところは存在して、 「おまえが言うな」の言葉と共に・・・。 このメディア、まことしやかに「かの国の文学ウンタラ」で はやりのごとく仰せだったが、画像の御本は日本でも評判を…
コメント:0

続きを読むread more

災害時でも、人間の尊厳を示すスピリッツ。人外との違いはより鮮明に

ネットの発達は、オールド・メディアの信じられないねつ造を 簡単に暴き、信頼感を失わせる存在として顕著になってもなお、 偏りを訂正も出来ず、さらなる不信感を植え付けている。 その代表は言わずと知れたところであるが・・・。 災害においても、醜さ全開の言動に好き嫌いもあったもので はなく、どんなに擁護しようが、どこにも響…
コメント:0

続きを読むread more

war

ある一方的な言説が、メディアの参加で、双方の「軋轢」に 昇格したような騒動も、冷静にみてみれば、一方的物言いが 乱舞しているだけって・・・。 数字が示すものが「根拠」になれば、それなりの態度がない 限り「信頼を得られない」ものだが、言論だけでやり込めよ うと必死のなりふり構わぬ姿勢に、「強制されたウンタラ」は ど…
コメント:0

続きを読むread more

クレーマーに惑わされることなく、「不思議な世界」を悠々と泳いでいく・・・。

ついつい正直に「普段の行い」を記事にして呆れかえる様を 見せつけると得意の「差別」に持ち込み、その疾患披露して、 再認識させる出来事が起こった・・・。 雑誌記事に噛みついて「ヘイトだ、ヘイトだ」の連呼で謝罪に 追い込む「やから」の面々を見ていると、なるほどの連中と相 成り、薄ら笑いが浮かんでくる。 ~~~~~…
コメント:0

続きを読むread more

迷走する「偏狭のナショナリズム」どこかで聞いた文句が、いま「かの国」で巻き起こっている。

その昔、「偏狭のナショナリズム」とかで、自国批判をなした メディアは、その言葉そのものの言動を駆使しているところに は、「報道しない自由」を駆使しているようだが・・・。 この歴史ウンタラの自己紹介も、まさに「自分に呼びかけてい る」としか思えぬ「天につばして、自分にかかる」そのもの。 何よりあちらのリー…
コメント:0

続きを読むread more

えげつない商売に運動、どこまでも胡散臭さが鼻につく「どこぞの言動」

妄想に明け暮れると、いつしか「見たいものだけ、見れる」特 技が身につくのか、はたまた「見たくない不都合は見えない」 が頭脳を支配すれば、他の人との差異が大きくなって・・・。 この画像のものこそ、「こうあるべしの妄想」で・・・。 実際の場面となれば、「世界が我より孤立している」図となって 哀れを滲ませるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保身の詭弁、行政の長のみっともなさ

騒動の原因がどこにあり、公共施設を使った行為、そしてそれ を許可した行政の長の責任追求は必須のものであるのだが・・・。 国民感情の圧倒的拒否をなんとかしないと「責任のありか」が 浮上してしまうのを、汚鮮されたメディアが早速擁護に出てき て、まるで対立構図ができあがったかの様相にして、有耶無耶 のうちに「開催…
コメント:0

続きを読むread more

メディアの劣化と信頼性失墜、この騒動がどう動くか見物である。

「表現の自由」「報道しない自由」「ヘイトスピーチ規制」 声だかに叫ばれるものだが、それらは「公序良俗」に照らして という前提があってであって、恣意的に運用するものでもない。 今回の問題も「公序良俗」の民意がノーを突きつけたから、 展示中止に追い込まれたとみれば、納得するものだが、それ ではならじの人々が、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more