文化損失・・・、仕事に懸命な「人権」、やけっぱちな「人でなし」に強引に消されて・・・。

「好きこそものの上手なれ」の根気のいる仕事に夢中だったろ う人々が、理不尽な蛮行で「命を絶たれる」なんとしたことか 犯行の動機によっては、浮かばれぬ犠牲に言葉もない。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 悲劇の「京アニ」はどれだけ凄いスタジオだったか 2019.7.19 19:4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスクを冒す愚かな人はいない。まして「死の商人」では尚更で・・・。

サミットの後の日本の行動様式は、毅然としてそして断固とし て進んでいくのは、サミット期間中の根回しの結果であったの であろう。 それだけに「それに参加しながら、蚊帳の外」に置かれた ところのリーダー並びに首脳たちの「無能ぶり」は、かの国 の国民にすれば哀れかもだが、それに反発する姿勢には、賛同 できない「…
コメント:0

続きを読むread more

自国の国民の「生命・財産保護」が第一命題、軋轢があろうとも毅然とした態度が・・・。

海外との軋轢があったとき、自国エゴでなく、誰が見てみても 「頷ける態度」を続ければ、理解してくれる人が・・・。 あちらの「愛国メディア」の論調は、そこに正義・公正の 態度はなく、まるで「健忘症」のそれのような唖然とさせら れるひどいもので、さすが「愛国のためなら」真実に目を つぶる素質の発揮のなれの果てであ…
コメント:0

続きを読むread more

右往左往のコント・・・。

「ハッタリ」という強がりが効果を示すのは、相手がそれ相応 の「小心者」に対してなら効果があるだろうが・・・。 これまでの優遇処置から、単に当然の自由貿易の厳格さを 示すだけで、国内メディアの一部も「どこぞ目線」でしか 物事を捉えられないのだから、もう重症である。 まして安全保障上の懸念をオブラートに包ん…
コメント:0

続きを読むread more

表現は悪いが、「的を射ている」気質吐露を実践してしまうコント

サミットも終了して、後は国内的には参議院選であり、その他には横暴な隣国に対する 注意喚起と警告付きの「ホイワイ国」除外の措置で、ある程度の「まっとうな国の形」を 取り戻せるか・・・。 対して「表現の悪さがあるが、気質をとらえる例え」の国は、右往左往のコント・・・。 あちらの「愛国メディア」のコメントが、より良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌韓などという感情分析、無駄な時間の浪費

嫌韓うんたらとかの「感情分析」がメディアに登場するが、ピントのずれた言説には苦笑させられる。 なにかと行動様式を見ているだけで、誰でもそれを「嫌悪」してしまうでは分析云々でなく、人を 不快にさせる「特有の特異の技」としか認識できない。 まして元号の変わり目の国民の認識を見せられると、余計に・・・。 これまでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風前の灯火・・・。それはメディアの信頼性

公開前の映画の宣伝目的の「インタービュー記事」が、トンデモだったためか、あちこちから 苦言やらそれを擁護する意見やらが飛び交い、肝心の映画の出来はといえば・・・。 主役でないのだが、架空な話でも国のリーダーともなれば、自分なりの意見がありとなって、 原作でのそれと違っていてもと、演者らしいといえばそうなのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かあれば、炙り出されるさもしい属性・・・。

特有の精神疾患を持つのを、隠すでなく改善に懸命なる。 その姿を見れば、誰しも黙して語らずなのだが・・・。 それとは逆に、批判が出ようものなら「わめき散らし」で押さえつける姿勢は・・・。 何でも「差別」に持って行けば、「公に黙らせる」ことで一応の成果なのだろうが、そこには弾圧にも似て 強制やら強要とかの「自分た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「武士の情け」を理解したくない「便所の落書き」メディアの醜悪さ

予想は出来ていても口に出さない。 そんな一種の美徳で「お疲れ様」と告げられる幸せってなものも世の中にはある・・・。 そんな心情を腐すのに「便所の落書きメディア」が、そんなことは分かっていたものをいちいち活字に するのだが、そこにある「尊敬されないメディアの腹黒さ」が滲み出ているようで、便所の落書き以下 と、認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズレ過ぎた広告代理店の「アニメ感覚」

ズレているという感覚を自覚できるか否かは、普段言いつのる言葉でなく、 その行動様式にありってな、傍から見れば「ズレてやがる」を実感できる のは、以下のような「制服」という統一された規律や制約に対して異を唱える 人々の言動ではないかとなると・・・。 「制服向上委員会」なるグループが、やたらとおかしな言論機関が持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more