「タイトロープ」上から落ちたのは・・・。煽動家か平穏に暮らす米国人か

大統領選後の「憤懣デモ」も、どこか流儀が似ているデモ様式にうんざりだが、
それらの鬱憤晴らしの後の人の感情の変化には「思い至らず」が見えて、賛同が
限定される。それこそ「綱渡り」でもしているのか・・・。
で、その「綱渡り」の曲を作った人が亡くなって・・・。

画像



画像


画像


画像


こんな画像を見ていると、選挙云々なんて端から「自分意識」で、反対結果にぶち切れるとか、
なんとも利己主義者の多いこと。
そこに「便宜を図る」のに長けてしまった事大主義が蔓延れば、「不法という違反」も多めに見る
愚を侵して、そのうち「勝手に独立」が叫ばれるか・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【11月15日 AFP】米国で、不法移民の強制送還を公約に掲げて次期大統領に選出された共和党の
ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏に反発し、今後も移民らを保護する「聖域都市」であり続けると
宣言する大都市が相次いでいる。
8日に投開票が行われた大統領選でトランプ氏が勝利して以来、ロサンゼルス(Los Angeles)、ニュ
ーヨーク(New York)、シアトル(Seattle)、サンフランシスコ(San Francisco)がこうした方針を公表。
14日には、シカゴ(Chicago)がこれに加わった。
いずれの都市も、強制送還を前提とした不法移民の勾留を断固拒否し、正規の滞在許可の有無に
かかわらず公共サービスの提供を継続すると約束している。
シカゴのラーム・エマニュエル(Rahm Emanuel)市長は記者会見で、「8日に起こったことが原因で、
今後自分がどうなるのか不安を覚えている子どもたちと家族ら全員に伝えたい」「シカゴ市にいれば、
皆さんは安全で、安心して支援が受けられる」と呼び掛けた。
民主党所属で、バラク・オバマ(Barack Obama)大統領の第1次政権では首席補佐官を務めたエマ
ニュエル市長は、特に若者については、正規の滞在許可を持たなくとも通学を継続し、無料のコミュ
ニティーカレッジ教育も受けられると述べた。
専門家らは、米国に暮らす不法移民の数は1100万人にも上ると推定しており、その多くが既に同国
に長く定住してきた中南米出身の人々だとみている。
トランプ氏は13日に放送された米CBSテレビの番組「60ミニッツ(60 Minutes)」のインタビューで、前
科のある移民300万人を大統領就任直後に送還あるいは勾留する方針を示している。
(c)AFP/Nova SAFO

http://www.afpbb.com/articles/-/3107934
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この「デモ煽動」の元が、以下のような「金銭」にありとなれば、金で魂を売る。

画像


その走狗になる人は、案の定のお決まりって、そのうち裏がばれれば「いられなくなる人」という
予想も立つのだが、そこでも「国の行く末なんて、自分の立場が何とかなればケナンチョ」なんて・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
崔碩栄 @Che_SYoung 7:18 - 2016年11月15日
ウィキリークス「反トランプ、就任反対デモの首謀者は韓国人女性」
クリントンの選挙対策責任者のメールを暴露(韓国語記事)
http://m.viva100.com/view.php?key=20161114010004319#hi
「集団でバスを利用するなど組織的に動いてるが環境運動家チョ・ヨンジョンが関係してる」
https://twitter.com/Che_SYoung/status/798289116236423168

画像


~「在日朝鮮人に対する措置」の文書~ 
朝鮮人居住者の問題 に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは 総数100万にちかく、その半数は不法入国 であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。
その理由は次の通りであります。
現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。 
米国の好意により日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用 し
ております。
このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると
思われます。
1.大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません 。 さらに悪いことには、朝鮮人
の中で 犯罪分子が大きな割合 を占めております。
2.彼らは、 日本の経済法令の常習的違反者 であります。
3.彼らの 多くは共産主義者ならびにそのシンパで最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時70
00名以上が獄中にいる という状態であります。
―中略―
さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。
1.原則として、 すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべき である。 
2.日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。許可は日本の経
済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。 上述のような見解を、原則的に
閣下がご承認くださるならば、私は朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出
する ものであります。                                                    
敬具 吉田 茂

※吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年) 
 (田中宏「在日外国人」より)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先人は正しかったを物語る文章に触れれば、メディアの欺瞞がより深まるというもの。
何より人が何かするかの時、サポートしてくれる人がいれば、より強力で印象を残す。
そんなサポートに特化して、人を押し出してくれた人が亡くなった。

画像


淡々と「好きなこと」をして、そして頼られればとっても強力な助っ人は、サポートを懸命に・・・。
それも人徳の成せる技かの周りを和やかなうちに盛り上げていった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レオン・ラッセル死去 「ア・ソング・フォー・ユー」で知られる名シンガーソングライター

『ア・ソング・フォー・ユー』や『デルタ・レディ』などのヒット曲で知られるアメリカのシンガーソングライター、
レオン・ラッセルが11月13日、テネシー州ナッシュビルの自宅で死去したと公式サイトが伝えた。
74歳だった。
公式サイトによると、ラッセルは13日、自宅で就寝中に亡くなったという。AP通信によると、死因は公式
には明らかになっていないが、7月に心臓発作に襲われたが、手術を受けて快方に向かっていたという。
2010年にも心臓と脳の手術を受けていた。代理人によると、ラッセルは2017年1月のツアーの準備をし
ていたという。

(中略)

その後ラッセルは60年代から70年代にかけて、音楽業界で一流のスタジオミュージシャンとして名を馳
せることになる。音楽プロデューサー、フィル・スペクターの「ウォール・オブ・サウンド」(音の壁)と呼ば
れた厚みのある音のオーケストラの一員として活躍した他、ビーチボーイズのアルバム『ペット・サウン
ズ』のレコーディングに参加した。
また、ベンチャーズの「十番街の殺人」やアニマルズの「朝日のあたる家」の印象的なオルガンや、バー
ズ、ローリング・ストーンズなど、数多くのミュージシャンのバックで活躍した。また、イギリスの歌手ジョ
ー・コッカーのライブアルバム『マッド・ドッグス・アンド・イングリッシュメン』のプロデュースも担当した。



長い髪と髭がトレードマークのラッセルは、70年代にキャリアのピークを迎える。1971年、ニューヨーク
のマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたバングラデシュ難民救済コンサートでジョージ・ハリスン
やボブ・ディランと共に出演した。この時、ジョージ・ハリスンと共演した「ビウェア・オブ・ダークネス」は
ラッセルの名演奏として知られる。その後、ラッセルはボブ・ディランの「川の流れを見つめて」や「傑作
を描く時」などのプロデュースをした。(後略)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジョーコッカーを立ち直らせたのは、このサポートの裏方の力。
このドキュメンタリー映画を見た記憶があり、レオンの印象が強烈で、物静かなのに存在感は抜群。
そのくせ、酔っ払いおっさん臭さがぷんぷんな普段と、ステージの違いにはえらく驚いた・・・。
だからか、以下のような曲も土着な歌声として、作れるのか・・・。
この曲、「隠れトランプ」の心情でも詠んだか・・・。 遅らばせながら、ご冥福をお祈りします。



タイト・ロープ / レオン・ラッセル

俺はぴんと張られたワイヤーの上 一方は氷に、もう一方は炎に繋がれているお前と俺とで演じる
サーカス・ゲームさ
俺はぴんと張られたワイヤーの上 一方は憎しみに、もう一方は希望に繋がれているだけどお前の
目に入るのは俺がかぶってるシルクハットだけ 俺の居場所はワイヤーの上しかないのさ
笑い種になる失敗、俺は落ちていく
首がゴムで出来たキリンみたいに お前は首をねじって俺の過去を覗き込む どう頑張ってみても
お前には見えっこないようだぜ
俺は空中高くスポットライトの中 気分はどんなもんかな ちょっとポーズでもつけてみようか
俺はぴんと張られたワイヤーの上 火葬用のまきの山の上で生きているようなものさ
お前に本心は絶対に見せないよ



反差別と暴力の正体 2016年 12 月号 [雑誌] (月刊 紙の爆弾 増刊)
鹿砦社
2016-11-17
鹿砦社特別取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 反差別と暴力の正体 2016年 12 月号 [雑誌] (月刊 紙の爆弾 増刊) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック