「ジャーナリスト」ははた迷惑なあぶれ者か、知らしめる役目は公正なのか・・・。

日本に「ジャーナリスト」となる存在があるかとなれば、不偏不党・公正中立
という「真っ当さ加減」の者など見当たらずで、それゆえ自称の名ばかりと
陰口叩かれのがオチの者達が「表現の自由」ウンタラで文句垂れるのは
いささか「せせら笑われる」類いのもの・・・。

画像


この捏造得意のところなんて、語句と相当に対極にある存在だし、そこが批判す
るとかだと、よりその不遜な態度に「嫌悪感が募る」ものである。
そもそもの「知る権利」は公平で、何でもにも相通じるのに「一部編集権」を行使
だとかでは「人権を騙るジャーナリスト」と同意語となる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジャーナリストなどからは政府に批判相次ぐ

今回の旅券返納は、旅券法19条の規定「旅券の名義人の生命、身体又は財産
の保護のために渡航を中止させる必要があると認められる場合」に基づくものだ。
一方で、日本国憲法では22条で「海外渡航の自由」を保障しており、上記の規定
による返納命令は史上初、異例中の異例といえる。
杉本さんの「渡航宣言」を掲載していた朝日新聞は、いち早く8日付朝刊の1面で
この問題を報じ、「踏み込んだ対応は論議も呼びそうだ」との見解を示した。
同日の「報道ステーションSUNDAY」(テレビ朝日系)でも、ジャーナリストの後藤
謙次さんが、「渡航の自由を超えた『報道の自由』への配慮が、政府はどこまで
あったのかな、とそこが非常に気になりますね」と疑問を呈している。
ツイッターでは、ジャーナリストの常岡浩介さんが、「憲法の自由権への直接制限
ですから、ジャーナリストだけでなく、全国民、全人類への挑戦です」「今では中国
にすら移動の自由があるが、日本はイスラム国への恐怖に駆られて9条以外の憲
法も自主的に放棄し、北朝鮮並の不自由国になるのね。
これこそ、テロへの屈服だよねえ」と激しい言葉で批判している。また、アジアプレ
ス大阪オフィス代表の石丸次郎さんも、「恐れていた事態。このような取材者に対
する強権発動は絶対に許されない」とツイートするなど、報道に携わる人々を中心
に、反対の声が強い。

http://www.j-cast.com/2015/02/08227359.html?p=2

画像


2003年時点において杉本祐一(当時46歳)の職業は「民宿経営」だったが、その
時にも「人間の盾」になるためにイラクに行った
なお、その際に、杉本祐一と一緒に行動して「人間の盾」に参加した毎日新聞記者
の五味宏基は、2003年5月1日にヨルダンの首都アンマンの国際空港にクラスター
爆弾を持ち込んで爆発させ、6人を殺傷(1人死亡、5人を負傷)

http://www.tiny.jp/sugimoto.txt

この度、私は第二次イラク国際市民調査団の一員として、来る2月16日から約2週間、
アメリカのブッシュ政権による戦争を止めさせるため、イラクに行くことを決意しました。
8-五味宏基(36歳 毎日新聞写真記者) 
9-杉本祐一(46歳 民宿経営) 

ヨルダンの空港を爆破した五味宏基とともに「人間の盾」となった杉本祐一は、同年
8月6日には、【8.6ヒロシマ平和へのつどい2003】で発言者にもなっている。

http://www.d6.dion.ne.jp/~knaruaki/tudoi/2003/2003tudoi.htm
8.6ヒロシマ平和へのつどい2003(代表 湯浅一郎)
(略)
他の発言者:
杉本祐一さん 「人間の盾」としてバクダットに22日間滞在したフリージャーナリスト

そして、杉本祐一は、「9条の会」や、北朝鮮と関係が深い「日本基督教団」が開催
しているイベントにも「スピーカー」として参加している。

http://plaza.rakuten.co.jp/bbfuufuu/diary/201204020000/
2012.04.02
3月4日(日)柏崎市で「九条の会」の主催で講演に行ってきました

http://www8.ocn.ne.jp/~heiwa/13053chirashi.pdf
60・9ナインにいがた 2013年企画
どーしょば!?けんぽう

スピーカー
杉本祐一さん(戦場カメラマン)

共 催
60.9ナインにいがた
日本キリスト教団新潟地区社会部 新潟キリスト者平和の会

近年は、毎年のように、「九条の会」のイベントで発言をしている。
http://blog.nineniigata.org/


http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5727.html?sp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パスポート返還の騒動の人物も、その言動を見れば一目瞭然で、とても公平・公正
に社会を見ているか、はなはだ怪しい人物像が浮かんでくる。
それがメディアのありさまを見せているようで、いろいろな見識でなく偏りすぎた
見識で伝える情報は、得るものが国民にあるか有益かの判断なら、もう一瞥の価値
もなしになって来る。
国民の知る権利のためのジャーナリズムなら、タブーを設けずにあらゆる事由につ
いて知らせる見識を持ち、それが公正・公平を保つものなら有益だろうが・・・。

画像


この画像のような態度をとられれば、とても反省をしている上層部とは見て取れない。
この謝罪は不祥事続きの「テレビ朝日」の謝罪の一こまだが、謝罪をしているとは
見て取れない。上層部の意識がこれだもの、それが全体に波及していておかしくない
と誰でも思うものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
テレビ朝日は4日、都内で会見し、1月28日に本社スタジオ内で、BS朝日で放
送している「3B juniorの星くず商事」の収録中にアイドルグループ・3B juni
orの12歳の女性メンバーが倒れ、意識不明となったため、救急搬送されてい
たことを明らかにした。
倒れたメンバーは病院で現在も専門医の治療を受けているという。専門医によ
ると、脳の血管に空気が入り、血流を妨げられている状態で「脳空気塞栓抜症」
だという。
テレビ朝日によると、収録時、26人のメンバーが5人1組で、ヘリウムが入った
声を変える市販のパーティーグッズを使ったゲームを行っていた。メンバーの1
人が意識不明となったのは、ガスを一気に吸ったことによるものとみられる。
パーティーグッズには「大人用」と記載されていたが、番組スタッフが見落として
いた。ガスが入っていた缶は5000cc。
武田徹常務取締役は「当初は早い回復が見込まれ、容体の推移を見守ってい
たことなどから公表を控えていたが、専門医の診断結果を得ることができ、新た
な治療によって回復の兆しも見られ始めたことから、ご家族のご了解もいただき、
皆さまにお知らせすることにした」と説明した。専門医の説明によれば、4日には
食事をすることもできるようになったという。現在完治を目指している。
テレビ朝日は「収録時の安全管理に問題があった可能性もあり、深く反省して
いる」とした。

2015年2月4日17時50分
テレ朝謝罪、12歳アイドルがヘリウム吸い救急搬送
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150204-OHT1T50098.html 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これも検証すれば、下請けの外注会社のとかで、相すみにする気満々だからこそ
一応「謝った振り」をしてと、テレビ・メディアの腑抜けぶりが際立っている。

画像


殺戮集団も「地金が出て来る蛮行」で、全くその存在意義がなくなってしまって、
単なるテロリストと見られて、行き着く先は壊滅・分裂であろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されていたヨルダン軍のパイロットが殺害
されたとみられる映像がインターネット上に投稿されました。ヨルダンのアブドラ国
王は、パイロットが殺害されたことを確認するとともに、「われわれは遺族と共に
いる」と述べて、国民に連帯を呼びかけました。
日本時間4日午前2時前、イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されていたヨル
ダン軍の戦闘機のパイロット、ムアーズ・カサースベさんが殺害されたとみられる
映像がインターネット上に投稿されました。映像には、オレンジ色の服を着せられ
たムアーズさんが銃を持った覆面姿の男たちに囲まれ、その後、火を放たれて殺
害される様子が映っています。
これを受けて、ヨルダンの国営テレビが速報でこの映像について伝えるとともに、
アブドラ国王の緊急声明を放送し、国王は「大切なパイロットがひきょうなテロリス
トの手にかかり殺害された」と述べ、ムアーズさんが1か月前の先月3日に殺害さ
れたことを確認しました。
そのうえで、アブドラ国王は「われわれは遺族と共にいる」として、国民に連帯を呼
びかけました。
これに先立って、ヨルダン政府も「『イスラム国』は残虐な殺人者であり、徹底して
報復する」とする声明を出しました。
ムアーズさんは去年12月、アメリカ軍が主導するシリア北部での空爆作戦に参加
中に乗っていた戦闘機が墜落し、「イスラム国」に拘束されました。「イスラム国」が
後藤健二さんの解放と引き換えにヨルダンで収監されているイラク人の女の死刑
囚の釈放を求めてきた際、ヨルダン政府は併せてムアーズさんも解放するよう求
めていました。
ヨルダン政府は、ムアーズさんが生存している証拠が示されれば死刑囚を釈放す
る用意があるとしていましたが、「イスラム国」側はそうした証拠を示さないまま、
後藤さんを殺害したとする映像を公開しました。ヨルダンの国民の間では、ムアー
ズさんの安否を心配する声が高まり、連日、救出を求める集会やデモが行われて
いました。

■「そもそも交渉の意図なし」

中東情勢に詳しい日本エネルギー経済研究所の保坂修司研究理事は「イスラム
国側は、そもそもヨルダン政府と交渉するつもりはなく、自分たちの力を見せつけ
ようという意図があったのではないか」と分析しています。そのうえで、投稿された
映像で火を使っていることについて、保坂さんは「イスラム教の教えで殺害に火を
使うことは、神以外が行ってはならない最も残虐な刑罰とされ、世界中のイスラム
教徒から非難されかねない行為だ。イスラム国は支配地域が減少し、求心力を高
めるために焦っているのではないか」と指摘しています。

■「さらなる動揺を誘おうとしたか」

中東調査会の高岡豊上席研究員は、パイロットの安否を巡ってヨルダン国内で政
府への批判も出ていたなか、さらなる動揺を誘おうとしたという見方を示しました。
また、ヨルダン政府が、「ムアーズさんは先月3日に殺害された」としていることに関
して、高岡さんは「日付が正しければ、解放を巡る交渉には全く応じる気がなかった
ということになる。一方、先月末くらいまで殺害されていなかったとしたら、水面下で
解放を巡るやり取りがあったとは思うが、そうした交渉も長引かせるつもりはなかっ
たということだ」と指摘しました。
そのうえで、「『イスラム国』は、イラクやシリアで軍事的な戦果をあげるのが難しくな
っていて、去年12月ごろからは、組織内へのスパイの潜入や、戦闘員の脱走といっ
た情報が増えている。このため、戦果をあげる道を探っていた『イスラム国』にとって、
ヨルダンへの揺さぶりが1つの選択肢になったのではないか」と分析しています。

(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150204/k10015197431000.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そんなことは現地に行かなくとも、大概の人は想像がつくもので、世界の一部の
マスコミが伝える残虐な処刑方法だけで、人心は離れるのはわかるものだ。
そこに日本のジャーナリストが乗り込んでいく重要な要素はない。

画像


殺戮集団を応援や加担するやからであれば、世界革命の名の下、それはテロに
魅力を持つ「不満分子」には、魅力的な殺戮集団と映るのだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
山谷えり子国家公安委員長は4日の衆院予算委員会で、過激組織「イスラム国」
が後藤健二さんらを殺害したとみられる事件に関し、「(イスラム国)関係者と連絡
を取っていると称する者や、インターネット上で支持を表明する者が国内に所在し
ている」と述べ、警察庁で関連情報の収集・分析を進めていることを明らかにした。
平沢勝栄氏(自民)への答弁。(2015/02/04-20:39)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015020400917

画像



テレビ朝日がYouTube上に開設しているニュース動画配信チャンネル「ANNnews
CH」が2月4日時点でアカウント停止処分になっている。

アクセスすると、「暴力に関するYouTubeのポリシーに複数回のまたは重大な違反
をしたため、このアカウントを停止しました」と表示されるだけだ。
同チャンネルは、テレビ朝日系放送局26局によるニュースを配信している。
具体的にどのようなポリシー違反があったと判定されたのかは不明だ。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20150204/Itmedia_news_20150204071.html

4 :Ψ:2015/02/04(水) 22:48:28.12 ID:4cR3y+jc0
昨夜の報ステで
中東の何処に日本人が住んでるのか、
日本人学校があるのか、
日本企業が入ってるのか
一覧表にしたパネルを提示しながら
詳しく解説したそうだよ
テロリストに
日本人拉致の為の情報提供
してるも同然だね

8 :Ψ:2015/02/04(水) 23:42:17.87 ID:x8PEaibx0
>元大学教授は朝日新聞の取材に対して、「イスラム国」支配地域の司令官に
「学生らが『イスラム国』に参加する」とのメッセージを送り、「受け入れる」との
返信を受け取っていたことを認めている。
マジでテロリストに兵士として人材紹介してるわ、中田と常岡
そしてその事実を朝日が報道というね
そんでテロリスト予備軍としてマークされるのでますます日本中から苛められま
すねコイツ その技術、日本のために使うのか?使わないんだろうな
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国内に予備軍がいるかもしれないし、なにより革命的政治活動を標榜するとなれ
ば、殺戮集団の類でなくとも自分達が有利な立場に立ちたい人達の存在を忘れ
てはいけない。物理的テロでなくとも、心理的テロは日本のそこここに存在している。
それらに加担するメディアは、ジャーナリストとは呼べないのは当たり前である。

画像


さすれば行政も抗議するのは、至極当然ではある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆外務省関連報道に対する見解◆
2月2日放送 テレビ朝日「報道ステーション」の報道(総理中東訪問関連)に関する
申し入れ 平成27年2月3日

2月3日午後5時頃,テレビ朝日に対し,同社が2日に報道ステーションにおいて,
総理の中東訪問やエジプトにおいて行われた政策スピーチが外務省の意に反して
行われたかのごとく報じられたことにつき,外務報道官及び中東局長の連名で,以
下の内容につき,文書及び口頭で申し入れを行いました。

【文書による申し入れ】

貴社は,平成27年2月2日放送の「報道ステーション」において,
シリアにおける邦人人質殺害事件につき報じる中で,総理の中東訪問に関し,
「そもそも外務省関係者によれば,パリのテロ事件もあり,外務省は総理官邸に対し
中東訪問自体を見直すよう進言していた」旨報じ,また,エジプトで行われた総理の
政策スピーチに関し,「外務省幹部によると,この内容についても総理官邸が主導し
て作成されたという」と報じるなど,あたかも外務省の意に反して,中東訪問が行わ
れ,スピーチの当該部分が作成されたかのような報道がありました。
この報道内容は事実と全く異なるものです。
総理の中東訪問については,同2日の参議院予算委員会で総理も述べられている
とおり,様々な観点を総合的に判断して決めたものであり,貴社のように社会的に
影響力の大きい報道機関が,このように事実に反する報道を行うことは,国民に無
用の誤解を与えるのみならず,テロリストを利することにもつながりかねないもので
あり,極めて遺憾と言わざるを得ません。
当該報道に関し強く抗議するとともに,本日の番組の中で速やかに訂正されるよう
強く求めます。
なお,同番組のその他の部分については,申し入れの対象としておりませんが,
外務省としてそれらの内容について確認したものではありませんので,念のため申
し添えます。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/prs/page4_000955.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ミスリード得意のところは、熱心に国民を惑わすことに熱心である。
そのうらで「自称ジャーナリスト」といわれる人に、金で情報を買うなんてことも
なんの感慨もなく、発表しているのだから、実際は被害のありかはこんなところ
にも原因の一端があることになる。



そして日本の中にあって「国家試験に受かった人の集団」も、これまた談合値段
を基本料金などとして「競争原理」を根絶やしにしているのに、政治・行政に対し
ては身分保障されているのを忘れて、頓珍漢な社会経験のなさを露呈して、世相
と乖離しすぎた者も存在するのだから、競争原理を徹底すべきだろう。
そして何年に一度、その資質を問い直す「試験導入」すべきで、そうでないと社会的
肩書きのナンチャツテ弁護士を生み出してしまう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中東の過激派組織「イスラム国」による日本人人質の殺害を受け、緊急集会「私た
ちは人質事件をどう考えるか」が2月4日、東京・永田町で開かれた。
会場の参議院議員会館講堂には、福島みずほ・社民党副党首の呼びかけで約15
0人が集まり、ジャーナリストや弁護士の話に耳を傾けた。

●「後藤さんの遺志を継いでいく」

「後藤健二さん、助けることができなくて、本当にごめんなさい」

ジャーナリストの志葉玲さんはそう切り出した。
「安倍政権の動き方は、全力を尽くすフリをしていただけ。ご家族あてに届いたメー
ルなど、直接コンタクトをとる方法があったのに、日本政府はしなかった。
日本政府を批判すれば、ISIS(イスラム国)を利するという批判もおかしな話。
批判するのは当たり前のことです」
こう述べたあと、次のように聴衆に訴えかけた。
「後藤さんは何を訴えたかったのか。紛争地で苦しむ人です。
もう一度、私たちは目を向けなければならない。私たちは後藤さんを救えなかった
のだから、その遺志を継いでいかなければいけない。
『テロと戦う』などと勇ましいことを言って、感情論に流されるべきではない」

●現場で取材しない「大手メディア」の現状

一方、1996年にヨルダンのアンマンで一緒に取材するなど、後藤さんと親交のあっ
たフォトジャーナリストの豊田直巳さんは、あるメディアから受けた取材について言
及した。
今回の事件で、後藤さんと湯川さんと並んで、イスラム国の人質ヨルダンのパイロ
ットが人質になったと報じられたが、結局、殺害されたとされる。そのことへの感想
を求められたのだという。
「(イスラム国の)だましうちをどう思うか、と聞かれました。
私は湾岸戦争から取材していますが、戦争をする目的は1つだけ。勝つということ。
ですから、嘘を含めてなんでもやります。
その流される嘘を『本当か』と疑うから、後藤さんも現場へ行ったんです。
仮説を立てて『本当にそうなのか』と検証するのがジャーナリストの仕事ですが、い
まはそれを許さない雰囲気があります。
朝日新聞の記者2人がシリアに入っただけで、他の新聞が問題視しましたから」
新聞労連(日本新聞労働組合連合)の新崎盛吾中央執行委員長も、イラク戦争を
取材したときの体験にもとづき、大手メディアの取材姿勢への懸念を口にした。
「私は戦争が始まると、イラク国外に撤退し、ヨルダンのアンマンで記事を書いて
いた。取材の情報源は、後藤さんのようなフリーで活動するジャーナリストやNGO
団体の方々です。私ども現場の記者には『現場に入りたい』という思いがある。
それでも、会社からストップされるのが、いまの大手メディアの現状です。現場に出
ることを止めるような動きがあることを危惧しています」

弁護士ドットコムニュース編集部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00002631-bengocom-soci
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なによりな社会的肩書きの「ジャーナリスト」などというものの見方を変えなくては
いけない世相になってきている。
市井の人の知識以下や見識で「馬鹿な言動」されては、それこそ世界からの物笑い
である。
自称が許されるものの中で、情報機関所属でも「ナンチャツテ」な者が多く存在し、
あの謝罪の画像の姿にも表れる社会的見識欠陥が、メディア上層部にいるという
のでは、社会の劣化加減に拍車が掛かる。
ましてわらわら出て来る「自称ジャーナリスト」の偏向見識では、国民には迷惑な
存在でしかなくなる。


英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
祥伝社
ヘンリー・S・ストークス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

巳蛙
2015年02月11日 22:44
農薬中毒もみ消しに通り魔のジャーナリズムが
311原発炉芯注水断行宣言の八門の陣改め八路軍中国人民解放戦線長征部隊旅檀長‥内閣マスコミこぞってじぇの再度屋?

この記事へのトラックバック