いかつい吟遊詩人  大塚博堂

亡くなって二十六年経つ唄歌い、記録媒体はその当時
のまま、「大塚博堂」を伝えてくれるが、聴いているこちらは
やたら年を食い、それとともに心を削られ、薄っぺらな・・・。

画像


博堂のコンサートに行ったことがある。
それもPAシステムの横で聞いていた、いや見ていた。
客は三分の入り、ようするに田舎では、ヒット曲の一つでも出して
テレビの出演が、露出が多いシンガーの方が客が集まる。
それでも「いかつい吟遊詩人」は、その風貌と真逆の「涼やかな澄んだ
歌声」で、朴訥と歌い続ける。
客に媚を売るでもなく、しかし懸命な歌声には、ほろりとし心震える気持ちが
湧いてくる。
「ラブ・イズ・ゴーン」「季節の中に埋もれて」「ピアノ・コンチェルトは聞えない」
と流れるように歌っていく。
拍手もまばらで、何だか可哀想になるコンサートだったが、こちらは充分、堪
能できて良かった。
布施明も歌った「めぐり逢い紡いで」で、おやっと思ったことがある。
作詞家が藤公之介から、「るい」となって、私はてっきり女だと思っていた。
まして「胸のボタン一つはずして、あなた好みに・・」こんな気持ちを男が書け
るものなのか・・。
そういえば「旅でもしようか」がローカル番組の主題歌になっていて、女性歌
手が歌っているが、やはり博堂の歌唱力にはかなわず、旅に誘われない。
いろいろいい曲はあるが、やはり博堂の曲と言えば・・。

画像


この「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」が一番に思い浮かぶ。
女々しいくらい過去を引きずる男の心情なのだが、それでもストーカーになら
ずに、見守る心強さが聴いていて心地よい。
映画の主人公に当てはめた気持ち、それを博堂は切々と歌う。
あの当時は、優しさの時代だったのだろうか、浜田省吾も森田童子も、音楽
的素養は違えど、優しさへの憧れないし、挫折の刹那さをくみ取り聴く者を
癒す性根が共通している・・。
「時代は変る」のだが、あの頃より今はどうなのだろう・・。
まぁ、確実に優しさの乏しい社会へ向かっているのは確かかも・・。



                      最後まで読んでくれて「ありがとう」

コメントを頂いた双子座の男さんのサイトを覗いてみました。
より詳しく大塚博堂を知りたい人は、そちらを訪ねるのが宜しいかと・・。

http://homepage3.nifty.com/hakudoulive/

                          リンクを張っておきます。

この記事へのコメント

双子座の男O
2007年03月10日 07:00
はじめまして、大塚博堂でたどり着いた双子座と言う者です。よろしくお願いします。
私も博堂好きですよ。コンサートに行かれた事があるとか、うらやましいです。
あれだけの美声・歌唱力・人柄をもったMusicianは、なかなかいないと思いますし、ある程度の年になってから、良さがわかる、そんな感じがします(私は、わかったつもりでまだわかっていないってところですけどね)。
私が好きなのは、基本的には全曲ですが、あえて言えば『過ぎ去りし想い出は』『センチメンタルな私小説』『明日のジョーは帰らない』ってところです。
『めぐり逢い紡いで』や『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』は、“私はもう“音痴”です(笑)”な歌唱力ですが、よくカラオケで歌います。
今後も語り継がれ、歌い継がれるべき、また、後世に残すべきMusicianだと私は思います。
最後になりますが、ここで博堂を語ってます。もし、気が向きましたら、遊びに来て下さい。私もだらだらと語ってます(笑)
http://homepage3.nifty.com/hakudoulive/
では、雑駁ですが、これにて失礼します。

この記事へのトラックバック

  • アカデミー賞1969年「真夜中のカウボーイ」

    Excerpt: アカデミー賞 シニアの青春映画 真夜中のカウボーイ60年終わりの時代、フランスではヌーベルヴァーグが隆盛、トリュフォーやルイマルの映画を新しい波としてみていた青春でした。ハリウッド映画の斜陽が囁かれは.. Weblog: アカデミー賞1969年「真夜中のカウボーイ」 racked: 2007-05-20 19:49