BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 選挙結果を否定するメディアの「民主主義」って、空恐ろしい

<<   作成日時 : 2018/02/06 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世代間ギャップは、「老いては、子に従え」となるか・・・。

画像


明白な「失政」の者を、当然当選させるのは無理が「民意」だろうに・・・。
発狂したメディアは、購買者までも罵倒するのだから、常軌を逸している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
名護市長選の陰の勝者は、安倍政権だった。そして陰の敗者は、この国の民主主義だった。

直前の世論調査でも、市民の3分の2が辺野古新基地建設に反対している。
それでも稲嶺進氏が落選したのは、工事がじりじりと進んだことが大きい。
市民は実際に止められるという希望が持てなかった。
稲嶺氏自身は公約を守り、民意を体現して阻止に動いてきた。日本が民主主義国家であるなら、
工事は当然止まるはずだった。
安倍政権は、既成事実を積み重ねて市民の正当な要求を葬った。
民主主義の理想から最も遠い「あきらめ」というキーワードを市民の間に拡散させた。
稲嶺氏の2期目が始まった2014年に辺野古の工事に着手。抗議行動を鎮圧するため本土から
機動隊を導入し、16年の東村高江では自衛隊まで使った。
力を誇示する一方、辺野古周辺の久辺3区に極めて異例の直接補助金を投入した。
今回の選挙直前には、渡具知武豊氏が当選すれば新基地容認を明言しなくても再編交付金を出
すと言いだした。何でもありなら、財源を巡る政策論争は成り立たない。
安倍政権は名護の選挙の構図自体を4年かけて変え、市民から選択の余地を奪った。
大多数の国民がそれを黙認してきた。
渡具知氏も「辺野古の『へ』の字も言わない」という戦略で、暮らしの向上と経済振興を語った。
市民は反対しても工事が進むならせめて、と渡具知氏に希望を託した。基地問題からは、いったん
降りることにした。それを責める資格が誰にあるだろう。
民意を背負えば、小さな自治体でも強大な権力に対して異議申し立てができる。
沖縄に辛うじて息づいていたこの国の民主主義と地方自治は、ついにへし折られた。
(北部報道部・阿部岳)

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/204884

画像


名護市長選は、政府・与党が全面支援する前市議の渡具知武豊氏が、3400票余りの差
をつけ初当選した。
新基地建設に反対する翁長雄志知事ら「オール沖縄」勢力が推す稲嶺進氏は3選を果た
すことができなかった。
辺野古の海を切りさくように次々と護岸が造られる中で迎えた選挙である。
「もう止められない」との諦めムードをつくり、米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を争点
から外し、経済振興を前面に押し出すのが渡具知陣営の一貫した戦術だった。
渡具知氏は選挙期間中、全くといっていいほど辺野古を語っていない。現職の失政が市の
閉塞感を招いたとして流れを変えようと訴え、暮らしの向上を求める市民の期待票を掘り起こした。
勝利の最大の理由は、一にも二にも自民、公明、維新3党が協力体制を築き上げ、徹底した
組織選挙を展開したことにある。
菅義偉官房長官が名護を訪れ名護東道路の工事加速化を表明するなど、政府・与党幹部が
入れ代わり立ち代わり応援に入り振興策をアピール。
この選挙手法は「県政不況」という言葉を掲げ、稲嶺恵一氏が現職の大田昌秀氏を破った
1998年の県知事選とよく似ている。
注目すべきは期日前投票が2万1660人と過去最多となったことである。有権者の44・4%に
及ぶ数字は、企業や団体による働き掛け、締め付けが徹底していたことを物語っている。

■ ■
前回選挙との大きな違いは、自主投票だった公明が、渡具知氏推薦に踏み切ったことだ。
渡具知氏が辺野古移設について「国と県の裁判を注視したい」と賛否を明らかにしなかった
のは、公明との関係を意識したからだろう。
両者が交わした政策協定書には「日米地位協定の改定及び海兵隊の県外・国外への移転
を求める」ことがはっきりと書かれている。
安倍政権が強調する「辺野古唯一論」と、選挙公約である「県外・国外移転」は相反するものだ。
本紙などの出口調査では、辺野古移設反対が64・6%に上った。選挙によって辺野古移設反対
の民意が否定されたとはいえない。
渡具知氏が「県外・国外移転」を公約に掲げて当選した事実は重い。市長就任後もぶれること
なく「県外・国外移転」を追求し、 地位協定見直しに向け積極的に取り組んでもらいたい。

■ ■
新基地阻止を強く訴えた稲嶺氏だったが、地域活性化や医療など生活に密着した課題への対
応が見えにくかったという印象は否めない。
稲嶺氏が敗れたことは、新基地建設反対運動だけでなく、秋の知事選に大きな影響を与えるの
は確実だ。
翁長知事による埋め立て承認撤回に不透明さが増し、一部で取り沙汰されている県民投票も
見通せなくなった。
翁長知事は今後、公約である新基地阻止をどのように実現していくのか。
県議会与党とも早急に対応を協議し、新たな方針を打ち出す必要がある。

2/5(月) 7:25配信 沖縄タイムス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00204905-okinawat-oki


画像



米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題が最大の争点となった名護市長選は、建設を
推進する政府が推す無所属新人の渡具知武豊氏が、辺野古阻止を訴える無所属現職の稲嶺進
氏を破り初当選した。
渡具知氏の当選によって市民が新基地建設を容認したと受け止めるのは早計である。
渡具知氏は、建設容認を明言せず、問題を解決するために国と対話する姿勢を示しただけだからだ。
安倍晋三首相は2日の衆院予算委員会で、沖縄の基地負担軽減について「移設先となる本土の理解
が得られない」との認識を示した。普天間飛行場の県内移設は、軍事上ではなく政治的な理由である
ことを首相が初めて認めたことになる。政治家として無責任で沖縄に対する差別発言だ。渡具知氏の
当選をもって、他府県に移設できない新基地を名護市に押し付けることは許されない。
当選した渡具知氏は辺野古移設について「国と県が係争中なので注視していく」と語っている。
新基地容認とするのは牽強(けんきょう)付会である。
一例を挙げれば、名護市長選を前に、琉球新報社などが実施した電話世論調査から市民の態度は
明白だ。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画について、53・0%が「反対」、13・0%が
「どちらかといえば反対」を選択し、66%を占めた。一方で「賛成」は10・5%、「どちらかといえば賛成」
が17・8%と3割に満たない。
渡具知氏の当選は、新基地建設の是非を争点化することを避けて経済を前面に出し、前回自主投票
だった公明の推薦を得た選挙戦術が奏功したと言える。
渡具知氏は「国と県の裁判を注視していく」と語りつつ「岸本建男元市長が辺野古移設を受け入れた。
私はそれを支持し容認した」とも述べている。
当時、岸本市長は受け入れに当たって、住民生活や自然環境への影響を抑えるための(1)環境影響
評価の実施(2)日米地位協定の改善と15年の使用期限(3)基地使用協定の締結−など7条件を提
示した。条件が満たされなければ「移設容認を撤回する」と明言した。岸本氏が示した条件は満たされ
ていない。渡具知氏はこの点に留意すべきだ。
一方、普天間の県外国外移設を求めている公明党県本部は、自民党が推薦する渡具知氏を推薦した。
金城勉代表は渡具知氏と政策協定を結んだ理由について「地位協定の改定と海兵隊の県外、国外の
移転を求めるということで合意に至った」と述べている。それなら海兵隊が使用する新基地は必要ない
ではないか。
名護市の課題は新基地問題だけでなく、経済活性化や雇用促進も重要だ。基幹病院整備は早急に取
り組む必要がある。福祉、教育、人口減なども切実だ。これらの課題にしっかり取り組んでほしい。

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-659247.html





米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となった名護市長選で、
新人候補に敗れた無所属現職の稲嶺進氏=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、
立民支持=は4日夜、 「市民の選択の結果なので真摯に受け止めないといけない」と敗戦の弁
を述べた。
敗因については「残念ながら辺野古移設問題が争点となり得ず、はぐらかされてしまった」と振り
返った。市内の後援会事務所で記者団に語った。
稲嶺氏を支持した翁長雄志沖縄県知事も「自民党中央の組織戦が大きな威力を発揮した。
じくじたる思いだが、結果なのでしっかり受け止めたい」と語った。秋に控える県知事選への影響
については「一日一日だ。その時々の判断になると述べるにとどめた。

http://www.sankei.com/politics/news/180204/plt1802040030-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おだてられ、勘違いしたままの人と、自分の目を信じる人との違い・・・。




歌でその違いが、はっきりする。




日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき
アイバス出版
我那覇 真子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
選挙結果を否定するメディアの「民主主義」って、空恐ろしい BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる