BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポリティカル・コレクトネス」の様式美「民主主義は死んだ」言葉遊びで人の心は動かない。

<<   作成日時 : 2016/11/10 23:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「ポリティカル・コレクトネス」にうんざりしていた人にとっては、当然の結果な大統領選
だが、それ以外の人にとっては、とっても皮肉なことに当選した候補の退場ソング
「無情の世界」ってのは・・・。

画像


「そうなんだ,欲しいものっていうヤツは いつでも手に入るわけじゃない 手の届かない時もあるけど
だけどそうやってるうちに ある時ふと気づくかも 本当に必要なものだけは もうあるんだっていう
ことに」
こんな歌詞の曲がお気に入りの人の発言が過激だとかだが、「ポリティカル・コレクトネス」な人に
とっては過激だが、それ以外のアメリカ白人にとってはもっともな発言をしている・・・。
合法でなく不法移民に対してを、メディアが一緒くたにすれば「差別的」だが、不法取締りは
受け入れられる。
ただ、「ポリティカル・コレクトネス」に理想や幻想をを求める人は、いや都合の良い解釈しか出来ない
人々は、「民主主義は死んだ」とデモを展開して・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米大統領選挙でのトランプ氏勝利を受け、米メディアによると9日、全米各地で
「反トランプデモ」が起きた。トランプ氏は勝利宣言で、国民に対して団結を訴えたものの、
自らの言動が招いた国民の亀裂をどのように埋めていくのか、課題を背負っての船出に。

http://www.news24.jp/articles/2016/11/10/10346112.html

画像


オバマ大統領の後継を選ぶ米国大統領選が日本時間9日、開票され、共和党の実業家ドナルド・
トランプ氏(70)の当選が確実となった。
トランプ氏は民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(69)に競り勝ち、共和党は8年ぶりのホワイ
トハウス奪還となった。
「トランプ大統領誕生」に得意満面だったのが、ジャーナリストの木村太郎氏(78)。この日放送の
フジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜、8時)では「ヒラリー政治の腐敗ぶり」を紹介し、「今回の選挙
はいやらしいオヤジか、腐敗した政治家か。この政治の腐敗をアメリカ人は許さない。
ヒラリーさんは勝たしちゃいけないと思ってる」と断言。「好き嫌いではなく、選挙を予想すると、トラ
ンプが勝つだろうということ」と自信満々に言い切った木村氏。
その後、“ハシゴ出演”したフジテレビ系「バイキング」(月〜金・前11時55分)でも、トランプ氏が勝
敗を左右すると言われたオハイオ州を制した午後12時25分に満面の笑みで「ぼくはトランプが人
気あるって最初から報道していた」と“ドヤ顔”に。MCを務める坂上忍(49)に「周りは木村さん、大
丈夫かって見てましたよ」と言われると、「ぼくはトランプが勝つって言ってきただけで、トランプが好
きなわけじゃない。
ヒラリーさんの腐敗がそれだけひどいってこと。みんな、それを分かっているんですよ」と言い返す
場面もあった。
「バイキング」の放送中にトランプ氏の勝利が決まらず、さらに「直撃ライブグッデイ」(月曜〜金曜・
後1時45分)にも木村氏は登場。
現地のトランプ事務所から生リポートする安藤優子キャスター(57)に「ヒラリーさんの敗北宣言は
いつごろになりそうですか?」とフライング気味に質問していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000093-sph-ent

画像


「メディアは不誠実、そして腐敗している。有権者には、それが分かっている」――米大統領選を通じ、
そう主張していたドナルド・トランプ氏が、メディアによる自身の劣勢報道をはねのけた形で勝利を納めた。
多くのメディア、特に新聞社がヒラリー・クリントン氏の支持を表明し、
かつ各種世論調査で「クリントン氏優勢」を伝える中での「逆転」勝利だった。
「トランプ大統領」とそれを選んだ米国世論に「新聞メディアが敗北した」とも言えそうだ。

支持表明の新聞社、クリントン57社vsトランプ2社

2016年11月9日(日本時間)朝から開票が始まった米大統領選は、接戦の末、トランプ氏勝利が決まった。
主要メディア間では、直前までクリントン氏優勢・逃げ切りの見方が強く、
たとえば投票直前の11月7日(現地時間)のニューヨーク・タイムズ(電子版)では、
選挙キャンペーンの締めくくりにあたって「ヒラリー・クリントンからの楽観主義と、
ドナルド・トランプからの暗黒」といった見出しの記事を配信していた。

また、8日時点の世論調査でも、米政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の調査(平均支持率)で、
クリントン氏45.5%、トランプ氏42.2%、とクリントン氏優勢の結果が出ており、こうした情報を多くのメディ
アが報じていた。
トランプ氏陣営では、本人も含め、たびたび「メディアによる偏ったフィルター」などを口にし、批判してきた。
トランプ氏は、大統領選のテレビ討論会の最終回(10月19日)にも、「メディアは不誠実、そして腐敗して
いる」などと訴えた。
それもそのはず、特に「新聞」では、トランプ包囲網といってよい程、トランプ氏に厳しい態度を示していた。
米誌「THE WEEK」(電子版、11月7日)などによると、
国内100大紙のうち、クリントン氏(民主党)の支持を表明(エンドースメント)した新聞は57社なのに対し、
トランプ氏(共和党)支持はわずか2社。前回2012年の大統領選では、現職オバマ氏(民主党)支持41社
に対し、ロムニー氏(共和党)支持は35社で、今回の両候補の差がいかに大きいかが分かる。

トランプ陣営は、ネット情報発信を強化

クリントン氏支持を表明した主要メディアでは、民主党寄りであることで知られるニューヨーク・タイムズ
は9月24日に、また、やはり主要メディアであるワシントン・ポストも10月13日に氏の支持を打ち出した。
さらに、ザ・アリゾナ・リパブリックなど、これまでの大統領選で支持表明をほとんどしなかった(もしくは
全くしてこなかった)社の中にもクリントン支持派が出た。
また、クリントン氏の支持まではいかないまでも、全国紙として知られるUSAトゥデイは、トランプ氏は危
険で大統領には不適格だとして、同氏へ投票しないよう呼びかけた(9月30日)。同紙が大統領選で特定
の立場を表明したのは、1982年の創刊以来、これが初めてだ。
一方、トランプ氏支持は、ネバダ州の最大手紙「ラスベガス・レビュー・ジャーナル」(10月23日)と、
フロリダ州の「フロリダ・タイムズ・ユニオン」(11月6日)の2紙。
このうち、「ラスベガス〜」は、トランプ氏の有力支持者が2015年に買収した新聞だ。
こうした情勢をうけ、トランプ陣営では投票が近くに迫った10月24日から、インターネットを通じての情報
発信を強化した。
Facebook(フェイスブック)のライブ動画配信を使い、メディアを通さず、連日、有権者に直接、氏が語りか
ける取り組みを行った。
トランプ氏は、クリントン氏を典型とする従来型の政治家や既成政党への不信感だけでなく、
有権者の間にくすぶっていたメディア不信も味方にして、勝利を呼び込んだ形となった。

http://www.j-cast.com/2016/11/09283036.html
http://www.j-cast.com/2016/11/09283036.html?p=2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
有権者の間にくすぶっていたメディア不信も味方
一応アサヒる報道機関出身となれば、こんな言い方しか出来ないだろうが、日本以上にメディア
への批判があるアメリカでは、出口調査にも協力しないからこそ、「隠れトランプ」なんて、自分達の
信頼感のなさを曝け出しているのだから、致命的「空気読めない」存在としてクローズアップしてしま
ったのが、今回の大統領選の最大の特徴。
それではならじとメディアの選後の報道姿勢は、自分達の力のなさをごまかそうとするかの論調を
並べて、一段と引かれていく。
日本のメディアなどは、そもそも「他人事なのに、えらい騒ぎで分析」にこれ務める。
その昔「フラワーチルドレン」と呼ばれた人達も、今では初老の人となれば、、「ポリティカル・コレクト
ネス」の欺瞞もせせら笑わえる知恵をつけた。
有権者がどんな暮らしをしていたかを、ほんの少し注意深く見るだけで、分析において「ベトナム戦争」
の蔭が覆いかぶさる。参戦した人も反対運動に身を投じた人も・・・。



その時代を暮らしてきた人が、オバマ得意の、「ポリティカル・コレクトネス」の幻想から覚めれば、
退役軍人を丁重に扱う候補者になびくのは当たり前で、ベトナム参戦した若者は三百万人を
失念したら、そしてその反対をした人を含めれば、理念なんぞ吹き飛ぶのは当たり前。



現在の態度と、暮らしてきた日々は繋がっていく。
突如として変革出来るなんて無理筋で、誰でも過去を引きずっているものだ。
ただ以下のような「どこかの益だけを代弁して」な人は、その過去を利用はすれど、先への展望
は皆無なのだから救い様がない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マイク・ホンダ議員が落選 米下院選 慰安婦問題で日本非難決議を主導
2016.11.9 21:16

画像


米大統領選と同時に8日投開票された米下院選で、2007年に慰安婦問題をめぐる日本非難決議
を主導したカリフォルニア州17区の民主党の日系議員、マイク・ホンダ氏(75)の落選が確実となった。
米紙ロサンゼルス・タイムズなどが報じた。
9選を目指したが、同じ民主党のインド系米国人弁護士、ロー・カンナ氏(40)に終始リードされ、
およばなかった。
昨年12月の慰安婦問題をめぐる日韓合意以降も、日本政府に謝罪を要求する一部の元慰安婦
らに賛同する姿勢を示していた。

http://www.sankei.com/world/news/161109/wor1611090101-n1.html

画像


米大統領選で共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が当選確実となったことを受け、翁長
雄志知事は9日、トランプ氏との面会を求め来年2月にも訪米する考えを示した。県庁で記者団の
質問に答えた。
知事はトランプ氏に関し、「新しい発想の政治を考えているのではないか」と指摘。名護市辺野古へ
の新基地建設を巡り政府と沖縄側が対立する状況の中、「私どもの意見を聞いて頂き、どのように
判断するか沖縄側としては期待したい」と述べ、面会を求める考えを示した。
また、知事は9日にトランプ氏へ祝電を送る意向で、この中でも沖縄と話し合う機会を求める考えも
示した。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70420
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米軍兵への「ヘイト・スピーチ」一つ規制出来ない地方リーダーのズレぷりは、見事なまでの
素っ頓狂で、次期大統領が「沖縄の米軍に向けての罵詈雑言」を知れば、陳情で逆にやりこめ
られるというものだろうに・・・。
そこらには全く配慮しないで、自分の言いたいことを伝えるだけなんて、もう「外交」でもない。

画像


以下は「アメリカ国民の選択」に敬意をもてずに、言葉遊びでご活躍の面々。
これじゃ誰も相手をしたくなくなるってなものだけど、残念ながら「錯覚・幻想・幻聴」も現実化
している奇特な人々は、精神乖離した人間もドキなのかも。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
有田芳生@aritayoshifu
トランプは1999年から2012年まで、民主党、共和党など7回党を変えている。マンションに黒人を
入居させず、人種差別罪で訴追、3度目の結婚式にはヒラリーが最前列で出席。
ワシントンポストの調査報道はトランプの素顔を徹底的に明らかにしている。
ボブ・ウッドワードが主要部分を取材した。
https://twitter.com/aritayoshifu/status/796250541361770497


元村有希子 @chibigenome 毎日新聞記者
終わった……
https://twitter.com/chibigenome/status/796245222208389120


ダイノジ大谷 金曜CBCラジオ キスころ@dnjbig
どうやって抵抗しよ
レイシストだけは
絶対嫌なんだよなー
ユーモアユーモア
ユーモア忘れずに
https://twitter.com/dnjbig/status/796244146662961152


津田大介@tsuda
しかし、トランプが大統領になること以上に大変なのは議会を共和党に取られたことで最高裁の
判事が共和党優勢になってしまうことだよな。
トランプは最悪8年我慢すればいなくなるけど、連邦最高裁の任期は終身だから米国の女性や
マイノリティーにとっては司法の暗黒時代が長く続いてしまうのでは……
https://twitter.com/tsuda/status/796235331368427520


金子勝@masaru_kaneko
【世界が狂い出した】アメリカ大統領選でトランプが勝利。英国のEU離脱国民投票の時と同じ、
金融街のエリート達はグローバリズムがもたらす格差社会の現実を知らず、予想できなかった。
移民排斥ナショナリストのトランプが世界の中心に登場した。おぞましい現実だが、終わりの始まりです。
https://twitter.com/masaru_kaneko/status/796262834539663360


オークダーキ@aki21st (SEALDs奥田)
左派がヒラリー批判する理由もよく分かるけど、トランプを推すのも同じかそれ以上にダメだろ…。
どこからその余裕が来るのかわからない。アメリカに住んでたらみんなトランプに投票してたのか。
https://twitter.com/aki21st/status/796217247127588864


伊勢谷友介 《座右の銘 挫折禁止》@Iseya_Yusuke
ブッシュが勝った時に、アメリカの殆どはバカだと知った。また思い知らされてる。
https://twitter.com/Iseya_Yusuke/status/796241447326515200

画像


■しばき隊の反応

野間易通@kdxn
「いやいやブッシュもひどかったし、レーガンなんてもっと……」と、なぜか自分を必死に慰めようと
してる自分がいる。
https://twitter.com/kdxn/status/796231239376084992


TOKYODEMOCRACY@TOKYO_DEMOCRACY
海の向こうでマイノリティが残酷な迫害を受けることになるかも知れない選挙結果を、
スポーツ中継のように呑気な野次馬根性で楽しむ人たちを軽蔑します

トランプ当選阻止のために団結し奮闘した全てのアメリカ人の皆さんに敬意を表します。
皆さんの笑顔を忘れません。立派な戦いでした。
https://twitter.com/TOKYO_DEMOCRACY/status/796242328767692800

香山リカ@rkayama

これから大学の演習。毎回「今週あったひどいこと」と題して社会的事件をあげて議論するんだけど、
先週「来週はトランプ当選がテーマだったりして、まさかねアハハ」と笑い合った。そういう小さな油断
いや良心や倫理への信頼が世界中で悪夢を招きつつある。
もう人間は私たちが知ってる人間じゃないのか
https://twitter.com/rkayama/status/796223186647953408
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
不法移民に厳しくなるかのアメリカ、それに連なる欧州、そしてそれが日本にもとなると・・・。
そもそもの「不法」がより・・・。

画像


まっとうな「バカ発見器」の意見も連ねないと、それこそ揶揄されたあだな通りになってしまうので・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アメリカのポリコレキチガイが「民主主義は死んだツイッターパレード」を開催。やること為すこと日本
のポリコレキチガイと同じになる模様ww

— 魔法瓶@ココロちゃん言うなチカ (@ushijimaou) 2016年11月9日


民主主義が死んだとか何言ってるのって感じだな,
僕が今日すごくエキサイトしたのは民主主義を確認できたからだし,
間違いなく民主主義の神髄.

— Alas, alas, alas (@ki1law) 2016年11月9日


民主主義は死んだと言うけど、利権でズブズブなクリントンより、力強い言葉で非エリート層を突き動
かしたトランプの方がよっぽど民主主義してると思うよ

— シェル (@shellspider3) 2016年11月9日


なんか微妙な結果になるたびに「民主主義の敗北」「民主主義は死んだ」って言われるけど何回負け
ても何回死んでもなんだかんだ次があるから民主主義は不死身で最強。

— のぐぽん (@gogononogpon) 2016年11月9日


民主主義で出た結果が自分が気に入る結果じゃなかった時に民主主義は死んだって言うの、もは
や様式美感ある

— 落ち武者ゆっき (@yuki_yukki_) 2016年11月9日


アメリカ版「民主主義は死んだ」キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! pic.twitter.com/sf6CSnqc6C

— 智多星 呉用 (@Wu_Yong3) 2016年11月9日


アメリカ版、民主主義は死んだ pic.twitter.com/jjUbQZ255r

— さくらい (@skri0709) 2016年11月9日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アメリカ版「民主主義は死んだ」
こういった皮肉も、平和ボケには受けるだろうけど・・・。
兵士に対する受け止め方の違いがあるところでは、なに言ってんだか・・・。



日本も「自立」の道に追いやられそうだが、「守る」人々に対して敬意と尊敬を国民総意で
出来るか・・・、腐った似非リベラルのメディアや変な人々を駆逐するか、または「非韓三原則」
の教えない・援けない・関わらないの履行で、影響される人をなくすなんて地道な・・・。




トランプ大統領とアメリカの真実
日本文芸社
副島 隆彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トランプ大統領とアメリカの真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ポリティカル・コレクトネス」の様式美「民主主義は死んだ」言葉遊びで人の心は動かない。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる