BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「デモ」による社会喚起、特殊な人々という認識では広がりは皆無なり

<<   作成日時 : 2016/02/15 15:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

政権のやることすること「反対」のみに終始して、単なる批判に特化する「デモ」を
有権者がどう見ているかとなれば、残念ながらメディアの加勢論調を加味しても
広がり得ない。何より主導する人々の曖昧模糊、特定擁護の「えこ贔屓」が目立てば
「公正・公平」を重んじる日本人に通用するものではない。

画像


仮想敵に対する論調が目立ちすぎて、単なる「反対批判」に特化している「やから」
では、魅力的主張もなく「ずれた人々の基地外話」は左から右に受け流しと、ただ
これらの一連の人々は、社会喚起が起こらなければ、得意の「起こらないことの結論
は他人のせい」として、唯一無二の存在として自分らを神聖化するなんて芸当をして
より有権者と乖離していくのだから、哀れすぎる「痛い人々」となってきそう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
SEALDs@SEALDs_jpn
第一フロート SEALD
『片方の国に敵視されても敵視しないこと。これはとても難しいことです。
戦後70年間の平和は、そんか努力によって勝ち取られたものです。』
#0214NOABE #0214渋谷デモ #一緒に歩こう
https://twitter.com/SEALDs_jpn/status/698742679149019136

首都圏反原発連合‏@MCANjp

香山リカさん(精神科医/立教大教授)「私はこの5年間、もっと静かに被災地のことを
思う時間を、被災地のために精神科医として力をいかす時間を持ちたかったが、
安倍政権にNOと言うために時間を使わなければならなかった」 #0214NOABE

https://twitter.com/MCANjp/status/698723781464829952

【話題】しばき隊「渋谷でまたブチかましてやろう。
歴史の勝者は私たち」

https://twitter.com/2NN_topnews/status/698328281645318144

安倍政権NO! ☆ 実行委員会@abenocommittee
いよいよ明日!
【安倍政権NO!☆0214大行進in渋谷】民主主義を取り戻せ!戦争させるな!
2月14日(日)
13:00〜出発集会 代々木公園ケヤキ並木
14:00〜デモ 
#安倍政権NO http://abe-no.net
https://twitter.com/abenocommittee/status/698339107433353217

安倍政権NO! ☆ 実行委員会 @abenocommittee
最新情報公開です!

13:20頃から 登壇予定順
【民主党 菅直人氏(元首相、衆議院議員)
生活の党と山本太郎となかまたち 樋高剛氏(元衆議院議員)
共産党 小池晃氏(参議院議員)
社民党 又市征治氏(参議院議員)
維新の党 初鹿明博氏(衆議院議員)】!

#野党は共闘
https://twitter.com/abenocommittee/status/698337209464664064

画像


安倍政権NO! ☆ 実行委員会@abenocommittee
そして13:05頃からは!【安倍政権NO!☆0214大行進in渋谷】
出発集会にて、香山リカさん@rkayama、中野晃一さん@knakano1970のスピーチ登壇! http://abe-no.net
https://twitter.com/abenocommittee/status/698339107433353217

ATS x CRAC@ATS_RNS_2
平気な顔で、またブチかましてやろう。歴史の中の勝利者は私たち。
一緒に歩こう、声を上げよう。その勝利を確実にするために。待ってまーす
https://twitter.com/ATS_RNS_2/status/698247878590881792

画像


有田芳生 @aritayoshifu 23時間前
「拉致被害者のために」といいながら、問題解決に逆行することばかりやっていることに、
なぜ強硬な政治家は気づかないのでしょうか。進展がなければ現場で奮闘していた外務省を
厳しく批判し、ストックホルム合意の破棄を求めていたのですから、「思い通りになった」と
誇ればいいでしょう。酷い話です。
https://twitter.com/aritayoshifu/status/698360440443662336

三木貴幸 @miki_takayuki 22時間前
@aritayoshifu
>「拉致被害者のために」といいながら、問題解決に逆行することばかりやっている...
それって、そっくりそのまま有田ソンセンニムご自身にも当てはまりますね。酷い話です。
https://twitter.com/miki_takayuki/status/698379555266961408

ごんのすけ @2wCcNYZ3T89aauQ 19時間前
@aritayoshifu
拉致被害者の為といいながら、北朝鮮へ行って観光するのも
どうかと思いますが。あなたは何しに行ったのか全然見えてきません。
https://twitter.com/2wCcNYZ3T89aauQ/status/698425726660313089

平戸素桃 @heitosupeach 22時間前
@aritayoshifu
ヨシフは、「朝鮮総連は日本の寄生虫」と言った家族会会長にも
批判してましたし、北朝鮮援護の禿げクズですわ→
https://pbs.twimg.com/media/CbEihQRUUAA9Nje.jpg
https://twitter.com/heitosupeach/status/698377373264117761

松生 @maltu2 23時間前
@aritayoshifu
あれ?拉致問題の為に何かやいましたっけ有田?
被害者家族に抗議しただけだよね。酷い話だ!
https://pbs.twimg.com/media/CbEblsKUEAADkjV.jpg
https://twitter.com/maltu2/status/698369752721285120
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
画像の人の形相は、絶対多数の人々にとっては、狂気を孕んだ「人間」と認識
して、自分以外が間違っているとする人とは価値観の共有が保てない・・・。
あの六十年代から七十年代に掛けての学生運動も、一部には半官贔屓も手伝って
共鳴する人も現れたが、今現在それらを見ると・・・。



社会運動のはずが、単なる破壊行為と大衆に映っていては、賛同も尻つぼみ・・・。
バックに流れる曲なんてのは、単なる「いい訳ソング」としてうんざりさせられる類いの
感傷たっぷり感を含んで、以下のような人物には一刀両断されそう・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
司馬遼太郎さんが逝って20年が過ぎた。12日が命日だった。

大阪発行朝刊に山野博史関西大法学部教授が連載している「司馬さん、みつけました。」
に興味深い記述があった。
山野さんは司馬さんのあまり知られていない原稿を発掘するため、古い産経新聞をマイク
ロフィルムで閲覧していて「新発見が叶った」という。
その一つが昭和38年1月3日付朝刊の「英雄の嘆き−架空会見記」である。山岡荘八、武
田泰淳、三島由紀夫というそうそうたる顔ぶれで、司馬さんは坂本竜馬と全学連のメンバー
との架空会見を書いている。

全学連との架空会見

〈「わしは、な、諸君」と竜馬はいった。
「全学連もええし、六本木にたむろしちょる不良どもも、ええと思うちょる。若さというもんは、
所在ないもんじゃ。しかし、おなじ始末におえぬエネルギーなら、もっと利口なことに向けら
れぬものか」(中略)
「全学連諸君」竜馬がいう。「お前(まん)らが、わしら維新で働らいた連中とちがうところは、
命が安全じゃ。命を賭けずに論議をし、集団のかげで挙をはかり、つねに責任や危険を狡
猾に分散させちょる。やっぱり、お前らは、武士じゃない。これはくわしくいいたいが、時間が
ない。もそっとききたければ高知郊外桂浜まで、足労ねがおう」(後略)〉

引用部分は山野さんによる。

15年ほど前、司馬さんの新聞記者時代を調べたことを思い出し、膝を打った。

司馬さんは昭和23年に産経新聞社に入社し、京都支局で宗教と大学を担当した。
京都大学に記者クラブがあった。
左翼の学生運動が勃興した時期で、京大はその拠点だった。

義和団のようなもの

26年11月、昭和天皇が全国ご巡幸の一環として京大を訪問された。五、六百人の学生が反
戦歌を歌ってお車を取り囲んだ。時計台のある本部建物の総長室で各学部代表からご進講
を受けられている間に、外の群衆はさらにふくれあがり、大学側の要請で警官隊が出動した。
司馬さんもその場にいたが、騒ぎにはまるで関心を示さなかった。そして学生運動を「あれは
義和団のようなものだ」と言ったそうだ。
日清戦争後、西欧列強の清への進出に対し、義和団という宗教秘密結社が「扶清滅洋」(清
朝を助け西洋を撲滅せよ)のスローガンを掲げ、キリスト教会を焼き打ちし北京の各国公使館
を包囲するなどした。乱は各国によって鎮圧され、巨額の賠償金を求められた清朝は植民地
化が進み、滅亡への道をたどる。
学生たちの行動は一時の熱、酔いにすぎず、意に反して外部からの大学支配を強めるだけ、
と司馬さんは喝破したようだ。

答えは歴史の中に

司馬さんは戦車兵として学徒出陣した。

「雑談である」とことわって「なぜそのとき反戦しなかったのかというふしぎなことをいまの学生
は問うそうだが、歴史は段階をもって進んでいる。この一事が理解できない人間というのは一
種の低能かもしれない」(「歴史を動かすもの」から)。
全共闘による大学紛争、ベトナム反戦などを背景とした45年1月の文章である。珍しくストレー
トで厳しい表現だ。

前置きが長くなったが、本題は過去ではなく現在である。

画像


昨年、安全保障関連法に反対する国会前のデモで「SEALDs(シールズ)」が脚光を浴びた。
安倍晋三首相を「バカか、お前は!」と呼んだリーダー格は、時の人のようにテレビの討論番
組や集会に引っ張りだこになった。学生団体とされるが、若者が多いものの従来の学生運動
とはどうも異なる。
ここしばらく政治に無関心だった若者が、どこからともなくデモに加わった。1強多弱の政界に
いらだっていた一部のメディアは「これが市民の声」「デモが日本を変える」と持ち上げ、野党
も選挙を視野に連携を模索している。
選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることを考えると、若者が政治に関心を持つことは
歓迎だが、一方で危うさも感じる。一時の熱や酔いではいけないし、まして未熟につけ込んで
誘導してはならない。
代表作で、いずれも産経新聞に連載した「竜馬がゆく」では維新の、「坂の上の雲」は明治の
若者群像を描いた。
司馬さんは現代の若者たちに、歴史に学べと教えてくれたのではないか。

http://www.sankei.com/column/news/160214/clm1602140006-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
歴史は段階をもって進んでいる。この一事が理解できない人間というのは一
種の低能かもしれない


こういった清々しい一刀両断は、言い訳出来ぬ経験値の違いから来るのか・・・。
何より日本の曲に影響を与えた映画も、その根底にあるのは「自分史におけるひと時の
苦悩やら経験の様」を回転木馬の「繰り返し」になぞらえたものだし・・・。
だからこそ狂言回しみたいに最初とラストシーンに印象的に流れた。
特に最初のシーンには、走る主人公と関わる人々を次々映し、時の流れのうちにある
様々な人々の歴史に主人公を何気なく関わらせて、物語も歴史の一ページであると、
そしてラストで再び、この曲を流すことで、何かが終わり、でも人はまた走り始めると・・・。
それを強く感じたのが中島みゆきで、それだから「時代」なんて曲も出来たのだろう。



そう遠い昔ではない 一人の子供が不思議の世界に踏み入れた 彼は壜の中のトンボを
捕まえては戯れた   そして空に轟く雷鳴に怯え、星が落ちるのを見て涙ぐんだ
それからその子供は10度の四季を迎え 透き通るように凍った小川を10回滑った
誰かの「もっと大人になったら...。」という声が彼の急かす気持ちを抑えた
だが「いつか必ず、夢を実現させる。」と誓うのであった

そして季節は幾度も巡り廻る ペンキで塗られた子馬が幾度も上下するように 
人生もまた時間という回転木馬に乗せられたまま
それは戻ることが出来ず ただ自分が辿って来た道を振り返るだけ
善きも悪しきも人生は流転 回転木馬のように廻り続ける
やがて16度の春と夏が過ぎていった もう役目を終えた荷馬車は街になく 代わりに車が走り抜く
街の誰かが彼に言う
慌てることはない。そのうち君も車輪の回転をわざと遅らせて、ゆっくり生きたくなるのさ...。」
また歳月が過ぎ、未来を夢見た少年も今では二十歳になった
彼の夢は幾らか壮大さを失い、色褪せてしまった
でも目まぐるしく駆け抜けた青春の時が終わる前に 
また新しい夢が芽生えるだろう それはもっと素敵で 輝くように沢山に...

して季節は幾度も巡り廻る ペンキで塗られた子馬が幾度も上下するように 
人生もまた時間という回転木馬に乗せられたまま
それは戻ることが出来ず ただ自分が辿って来た道を振り返るだけ
善きも悪しきも人生は流転 回転木馬のように廻り続ける    

善きも悪しきも人生は流転 回転木馬のように廻り続ける



Strawberry Statement (1970) [DVD]
Warner Archive

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Strawberry Statement (1970) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「デモ」による社会喚起、特殊な人々という認識では広がりは皆無なり BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる