BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 暑さに「頭が逝かれたメディア」民主主義も否定してどこに行く?

<<   作成日時 : 2015/07/16 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の法案の採決のシーンは、まるでコンドの一こまに見えた。

画像


テレビカメラに向って、国会議員が「強行採決反対」とかのプラカードを振りかざ
して何をしているんだ・・・。
そして発狂してしまったメディアは、法案反対でしか取上げないという暴挙に
打って出る・・・。賛否それぞれありそうなのに、これが公器としての存在か・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「多数決」は民主的な決め方とされてきたが、その問題点をとらえ直そうとする
漫画や評論の刊行が相次いでいる。
折しも、安全保障関連法案は週内にも衆議院で採決される公算大だ。
異なる意見を取り入れながら物事を決めるにはどうしたらいいのか。
「主人公」は人間そっくりの女性アンドロイド。体にはカメラが埋め込まれ、
オンライン中継されている。彼女の行動は、ネット上に集まった人たちの「多数
決」が決めていく。
雑誌「ビッグコミックスピリッツ」の漫画「デモクラティア」の設定だ。彼女を製作
した技術者は言う。
「動かしているのは、ネットを介して集められた“人類の英知”そのもの…だとす
ると…それは人間よりも人間的に正しい」
作品が生まれたきっかけは、ネット世論が旧体制の崩壊につながった「アラブ
の春」だった。
縁もゆかりもない数の力が世界を変えた。それを目の当たりにし、作者の間瀬
元朗さんは「多数決」の問題を考えるようになったという。
作中、多数決への不安がにじむ場面がある。ネット世論の決めたアンドロイドの
行動が、人の死の遠因になってしまうのだ。「集団の熱狂は簡単に一線を越える。
多数決が正しいと言い切っていいのか、という考えを投影しました」
多数決こそ民主的な仕組みと考える人は多い。「選ばれた私の言うことが民意」
と言う橋下徹・大阪市長はその典型例だろう。
慶応大学の坂井豊貴教授(社会的選択論)は、多数決の結果ばかりが重視され
る状況に危機感を募らせ、『多数決を疑う』(岩波新書)を4月に刊行した。「無邪
気に多数決をありがたがるのは、ただの多数決主義。『私たち』をどうにか尊重し
ようとする民主主義とは違う」
そもそも「民意」は選び方次第で変わる。
例えば有権者21人がA、B、Cの政策のどれかに投票するとする。結果はA8票、
B7票、C6票。多数決ならAが集団を代表する意見になる。
 だが、Aに投票しなかった全員が「Aだけは嫌だ」と考えていたとする。Aの否
定派が13人と過半数なのに、採用されるのはAだ。
全員から2番目に支持されても、1票にもならない。「だから多数決で勝つため
には、万人に配慮してはいけない。誰かをたたいて対立構図を作った方がいい」

http://www.asahi.com/articles/ASH766755H76UCVL043.html

画像



日が落ちれば少しは涼しくなるだろうという目算は外れた。国会正門前の熱気は
ただごとではなく、汗が噴き出す。
一昨日の午後7時半。安保関連法案に反対する大規模な抗議行動が始まった
▼催したのは都内の大学生らによる「SEALDs(シールズ)」だ。日本語では「自
由と民主主義のための学生緊急行動」。
会場の歩道を埋め尽くす顔には高齢者も子連れの家族も。「若者がんばれじゃな
くて、全世代で集まれよ!」。彼らの呼びかけ通りの壮観である
▼「勝手に決めるな。憲法守れ」。激しいコールが国権の最高機関の堅牢な建築
にこだまする。法案は憲法違反と多くの専門家が指摘しても、政権与党は耳を貸
さず、近く採決の構えを見せる。抗議行動への参加者は増え続ける
▼勝手に決めるな。それは、決めるのは私たち、主権者は私たちだという叫びで
ある。投票だけが国民の仕事ではない。
時の政権に常に目を光らせ、必要なら声を上げる。その声を軽んじる現政権に対
し、「国民なめんな」のコールが起こるのは当然だろう
▼哲学者の柄谷行人(からたにこうじん)さんは以前、3・11後の反原発デモに触
れ、「人がデモをする社会」という文章を書いた。人々が主権者である社会は、選
挙によってではなく、デモによってもたらされる、と。その流れは枯れることなく今
に続く
▼国会前に立ちながら、目配せという言葉をふと思い浮かべた。「危ないね」とい
う思いを伝え合う、それぞれの目配せ。このさりげない連帯は強まりこそすれ、と
感じる。

http://www.asahi.com/paper/column.html?iref=comtop_gnavi

画像


日比谷で安保法案反対集会 2万人参加と主催者
7月14日 20時43分、NHK

東京・千代田区にある日比谷公園の野外音楽堂では、14日夜、安全保障関連
法案に反対する集会が開かれました。
14日午後6時半に始まった集会には、主催者の発表で2万人以上が集まりまし
た。この中で、作家の落合恵子さんが「人の命や安全を踏みにじる動きと戦うこと
が私たちの誇りです。法案に反対する市民の声を盛り上げ、廃案にしていかなけ
ればならない」と訴えました。
集会に参加した人たちは「戦争を許さない」とか「憲法9条を壊すな」などと書かれ
たプラカードを掲げ、法案に反対する意思を示していました。
このうち、64歳の女性は「反対の声を上げないと国会に伝わらないと思い初めて
集会に参加しました。戦争につながる法案には反対です」と話していました。また、
40歳の会社員の男性は「集団的自衛権を行使しなくても日本が平和国家として
国際社会に貢献できる方法はあると思う。
政府は、国民の反対の声にもっと耳を傾けるべきだ」と話していました。
参加者は、このあと国会に向けデモ行進しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150714/k10010150801000.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

反対の数の大きさを強調して、収容人員からしてそれは無理だろうと国民から
見えてしまっても、数の膨らましは許容出来る「主催者発表」って、それを鵜呑みに
してジャーナリズムっていうのか、そちらの方がおかしいと国民は思うのだけど・・・。

画像


法案賛成の人も国民にはいるのに、反対ばかりを取上げる意図はなんだ。
やはり公平・公正を旨とするメディアは日本に皆無ということだろうか・・・。
法案が「備えあれば憂いなし」なのは、以下のように脅威に感じる国民も存在
しているからだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安全保障関連法案が衆院特別委で可決されたことを受け、昨秋の中国漁船による
サンゴ密漁に悩まされた小笠原諸島(東京都小笠原村)や、中国公船の領海侵犯
が常態化し、法案の成立を望んできた尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺では、安
堵(あんど)の声とともに、現場の危機感をくみ取れない国会への苦言も相次いだ。
「法整備により、離島警備の問題が前進すれば村民にとって安心できる」としたのは
小笠原村の森下一男村長(66)。小笠原は中国漁船に漁場を占領され、サンゴを
奪われた苦い経験がある。森下村長は「野党に具体的な対案があれば、もう少し
国民の議論が深まったはず。危機に直面したことのない人たちの議論は、私たち
の胸にも届かなかった」とも指摘する。
石垣市議会は14日、「平時からあらゆる事態に対処できる切れ目のない法制を整
備する必要がある」として、沖縄県で初めて法案の今国会成立を求める意見書を
賛成多数で可決した。石垣島で漁船を操る藤本浩さん(47)も「石垣島の目の前に
は中国の脅威がある。守るべき戦術と戦略は必要」とほっとした様子。採決時に野
党議員がプラカードを一斉に掲げ反対したことには、「もう少し大人になって」と注文
した。
一方「まだ何も変わっていない。早く尖閣の海を自分たちに返してほしい」と訴えるの
は、石垣島でマグロはえ縄漁を営む下地宏政さん(45)。
「日本の政治は石垣の人が感じている中国の脅威を何も分かっていない。だから尖
閣の問題が解決しないのだ」

http://www.sankei.com/politics/news/150715/plt1507150081-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主主義の「多数決」も、ヘンテコ理論のメディアにとっては、一票の格差以上に
意見の軽重があるらしいのには、流石な理論といえる。

画像


もっとも以前の発言との整合性は無視なのだから、国民は無視しても差し支えない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主圧勝 政権交代―民意の雪崩受け止めよ

小選挙区制のすさまじいまでの破壊力である。民意の劇的なうねりのなかで、
日本の政治に政権交代という新しいページが開かれた。
それにしても衝撃的な結果だ。小選挙区で自民党の閣僚ら有力者が次々と敗北。
麻生首相は総裁辞任の意向を示した。公明党は代表と幹事長が落選した。
代わりに続々と勝ち名乗りを上げたのは、政治の舞台ではほとんど無名の民主
党の若手や女性候補たちだ。

■100日で足場固めを

うねりの原因ははっきりしている。少子高齢化が象徴する日本社会の構造変化、
グローバル化の中での地域経済の疲弊。そうした激しい変化に対応できなかっ
た自民党への不信だ。そして、世界同時不況の中で、社会全体に漂う閉塞(へい
そく)感と将来への不安である。
民意は民主党へ雪崩をうった。その激しさは「このままではだめだ」「とにかく政治
を変えてみよう」という人々の思いがいかに深いかを物語る。
では、それが民主党政権への信頼となっているかと言えば、答えはノーだろう。
朝日新聞の世論調査で、民主党の政策への評価は驚くほど低い。期待半分、
不安半分というのが正直なところではあるまいか。
長く野党にあった政党が、いきなり政権の座につく。民主党は政治の意思決定の
方法や官僚との関係を大改革するという。だが、すべてを一気に変えるのは難し
いし、成果をあせって猛進するのはつまずきのもとだ。

そこで民主党に提案したい。

最初の正念場は、来年度予算編成を終える12月末までだ。9月半ばの政権発足
からほぼ100日間。これを政権の足場を固めるための時間と位置づけ、優先順
位を明確にして全力で取り組むことだ。

やるべきことは三つある。

第一は、政治と行政を透明化することである。与党になれば、官僚が握る政府の
情報が容易に入手できるようになる。それを洗いざらい総点検し、国民に情報を
公開してもらいたい。

■賢く豹変する勇気も

天下り、随意契約、官製談合、薬害、そして歴代の自民党政権がひた隠しにして
きた核兵器持ち込みに絡む日米密約……。かつて「消えた年金」を暴いたように、
隠されてきたさまざまな闇を徹底的に検証してもらいたい。
第二に、政策を具体化するにあたって、間違った点や足りない点が見つかったら
豹変(ひょうへん)の勇気をもつことだ。
マニフェストを誠実に実行するのは大事なことだ。だが民主党が重く受け止める
べきは、その財源について、本紙の世論調査で83%もの人が「不安を感じる」と
答えていることだ。高速道路の無料化など、柔軟に見直すべき政策はある。
むろん、政策を変えるならその理由を国民にきちんと説明することが絶対条件だ。
急ぐべきは一般会計と特別会計の内容を精査し、ムダな事業や優先度の低い政
策を洗い出して、国民に示すことである。その作業なしに説得力のある予算編成
は難しい。
鳩山新首相は、9月下旬には国連総会やG20の金融サミットに出席する。
これまでの外交政策の何を継続し、何を変えるのか。基本的な方針を速やかに
明らかにし、国民と国際社会を安心させる必要がある。
第三に、国家戦略局、行政刷新会議をはじめとする政権の新しい意思決定シス
テムを、人事態勢を含め着実に機能させることだ。
自民党政権の特徴だった政府と党の二元体制に代えて、政策決定を首相官邸
主導に一元化する。官僚が政策を積み上げ、政治が追認するというやり方を改
め、政治が優先順位を決める。まず来年度の予算編成にそれがどう生かされる
かを国民は注視している。

■「二重権力」を排せ

民主党のあまりの圧勝ぶりには、新たな不安を覚える有権者も少なくなかろう。
巨大与党に対してチェック機能をだれが果たせるのか。他方、選挙対策を一手
に担った小沢一郎前代表の影響力が強まることで、民主党内にあつれきが生
じないかも気がかりだ。
93年の政権交代で生まれた細川内閣が、与党を仕切る小沢氏との「二重権力」
のなかで短命に終わった歴史を思い出す。それを繰り返してはならない。
国民の危惧(きぐ)をぬぐうには、鳩山首相のリーダーシップをはっきりと確立
すべきだ。
そのためにも、鳩山氏は来年度予算案に政権担当者としての明確な意思と4年
間の行程表を練り込むことだ。
今回の総選挙を、政権交代の可能性が常に開かれた「2009年体制」への第一
歩にできるかどうか。それは、2大政党のこれからにかかっている。
自民党の党勢立て直しは容易ではあるまい。それでも、民主党がしくじれば交代
できる「政権準備党」の態勢を早く整えることだ。そのためには今回の敗因を正
面から見据え、「新しい自民党」へ脱皮する作業が欠かせない。
「とにかく政権交代」の掛け声で巨大政党に膨れあがった民主党は、交代を果た
した後の自画像をどう描くかが今日から問われる。広がった支持基盤とどういう
距離感をもつのか、外交・安全保障での理念やスタンスは……。「民主党とは何
か」をもっと明確に出していかねばならない。
新しくめくられた政治のページを埋めていく作業はこれからだ。

民主圧勝 政権交代―民意の雪崩受け止めよ 2009年8月31日(月)付
http://megalodon.jp/2009-0831-1416-45/www.asahi.com/paper/editorial20090831.html

画像


一転出席、ぶれた民主…党内異論・「共闘」優先
読売新聞7月16日(木)11時16分

15日に衆院平和安全法制特別委員会で可決された安全保障関連法案を巡って
は、民主、維新、共産の野党3党が審議には出席したが、採決には参加しないこ
とで足並みをそろえた。
民主党は当初、審議も含めて欠席する方針だったが、党内の保守系議員から批
判が出たり、共産党が出席する方向となったりしたことで、急きょ対応を変更した。
「衆院本会議での採決で、野党席は『空っぽ』になる。野党が足並みをそろえて退
席するのは、意義深い」
15日の民主、維新、共産など野党5党の党首会談後、民主党の岡田代表は記者
団に対し、16日の衆院本会議での採決では野党5党が一致結束して共闘するこ
とをアピールした。
だが、民主党執行部は当初、維新、共産両党と共に特別委の理事会を含め、すべ
ての審議を拒否するシナリオを描いていた。安住淳国会対策委員長代理は「野党
が空席で強行採決されるのが歴史的な 映像になる。そこに民主党がいてはいけ
ない」と主張したという。
だが、14日夜、「15日の特別委の審議に共産党が出席する」との情報が寄せられ、
民主党幹部の間に驚きが広がった。野党共闘を演出するためにも、民主党として
も出席せざるを得ないとの判断に傾いた。

画像


松本剛明・元外相や長島昭久・元防衛副大臣ら党内の保守系議員が、執行部の
欠席戦術に異論を唱えたことも、戦術の見直しを後押ししたようだ。
民主党内には、維新の馬場伸幸国会対策委員長ら大阪系議員への不信感が根
強い。16日の衆院本会議への対応を党首会談で決めた背景には、「維新の国対
は信用できないため、党首同士で調整せざるを得なかった」(民主党幹部)との見
方がある。大阪系議員は15日、菅官房長官から「頑張ったと聞いている」とねぎら
いの電話を受けたという。
採決時、民主党議員は、委員長席に詰め寄り、プラカードを掲げて大声で反対を
訴えた。テレビ
などでも繰り返し取り上げられたことから、党幹部は「プラカードのおかげで、(反
対している)いい絵も出せた」と満足げに語った。これに対し、維新は採決時、退
席したほか、共産党はプラカードなどは掲げず、委員会室に残って抗議しており、
民主党との違いが出た。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0716/ym_150716_4256761211.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メディアの暗躍が一時は功をそして、政権交代がなったが、その押した政権の
体たらくは、押したメディアの没落も加速させたのだから痛しかゆしか・・・。

画像


早速法案が通れば、なぜか意見具申してしまうメディアは、案の定の回答に
悦に入るが、ネットではそんなことは百も承知で、メディアの中の人の異常性
がより鮮明になるのだから、ここでも痛しかゆしか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安保関連法案が衆院通過 韓国、中国から批判の声
TBS系(JNN) 7月16日 19時17分配信
衆議院を通過した安保法案に対し、近隣諸国から批判の声です。

韓国では複数の市民団体が合同で抗議集会を開き、安保法案は「日本による侵
略戦争を再び可能にする悪法だ」として、全面的な廃案を訴えました。韓国メディ
アは「日本が戦争できる国に変貌したという指摘は避けられない」などと伝えてい
ます。
一方、中国外務省は談話を発表し、安保法案の衆議院通過に懸念を示しました。
また「日本が歴史の教訓をくみ取り、中国の主権と安全の利益を損ない、地域の
平和と安定を脅かすことがないよう厳粛に促す」と強くけん制しています。
(16日17:08)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150716-00000074-jnn-int

画像


韓国の国家的信頼が揺らいでいる。機密情報保護やスパイ摘発を担当するエリ
ート海軍少佐が先週末、軍事機密を中国に流出させたとして起訴されたのだ。
同盟国である米国や日本も神経をとがらせており、内々で調査・監視を続けてい
るという。こうしたなか、中国が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海での軍事的覇権
を強め、日米は警戒レベルを強化した。ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポ
ートする。
「韓国が日米両国を裏切っているとしか思えない。われわれは韓国をまったく信じ
ていない」
旧知の米国防総省関係者は怒りの混じった声で、こう吐き捨てた。ご承知の通り、
韓国軍であきれた情報流出事件が相次いでいる。
聯合ニュースなどによると、韓国の軍検察は10日、軍事機密を中国に流出させた
として、機務司令部所属の海軍少佐を軍事機密保護法および軍刑法違反(機密
漏えい)の罪で起訴した。
海軍少佐は2013年6月から今年2月にかけ、海軍艦艇に関する軍事機密1件と
軍事資料26点を中国人男性に渡した疑いが持たれている。
中国人男性は中国情報機関の関係者とみられ、少佐は見返りに金銭や接待を受
けていたという。
機務司令部とは、軍事機密の保護や流出防止、スパイの摘発などを担当する重
要な部署である。ところが同部では、今年4月に複数の事務職員が内部文書を
兵器仲介企業に渡して逮捕されたうえ、5月には幹部2人が、銃弾3万発分の弾
倉をレバノンの業者に横流して摘発されている。信じられないありようだ。
米国防総省関係者が特に激怒したのは、海軍少佐の事件について、東亜日報が
7日、米国の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」に関する情報
を含む機密漏えいの可能性を報じたからだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150714/frn1507141140001-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あれやこれや・・・、その昔の首相のセリフ「こまけえこたはいいんだよ」
で、走り続けるのは、誰のため?・・・。



まだ昨日のように思い出せるけど
それはだいぶ前のことなんだ
ジェニーはきれいで俺の女王だった
暗い中でラジオから音楽が
小さな音で流れてた

俺たちは秘密をわかちあい
山を動かすくらい愛し合い
すべて燃え尽くすほど
何も後から証明できないほど
手に負えない山火事のように包まれた
それくらい愛し合ったんだ

彼女が言ったことを覚えてる
彼女はこんな風に言った
私たちの愛は終わらないって
彼女がどれほど俺を
ぎゅっと抱きしめたか覚えてる
そのとき知らなかったことを
今も知らずにいたかったと思うよ

風に逆らって
俺たちは風に逆らって走った
若くて 強くて
俺たちは風に逆らって
走り続けたんだ

年月はゆっくりと流れ行く
気が付けば俺は独りぼっちだ
かつては友と思っていた
見知らぬ奴らに囲まれて
気が付けば故郷を離れ
だいぶ遠くに来てしまったよ

道を見失ってしまったようだ
沢山の道があったんだけど
走るために生き
生きるために走ってきて
金のことなんて心配したこともなく
持ち物すら気にしてなかった

何カ月もの間 1分間に8マイル
なんて無茶なスピードで
破れるルールはみな破った
俺は自分自身を探し始めたんだ
俺の心の避難所をね
何度も何度も

風に逆らいながら
小さい何かを大切にして
心の避難所を探そうとしてたんだ
風に逆らいながら

そんなさすらいの日々は過ぎて行った
俺は沢山のことを考えるようになった
越えてはならない死線や約束
何を残しておき
何を捨ててしまうか

風に逆らって
俺は今だに風に逆らって走ってる
年をとってしまったが
風に逆らって走ってるんだ
もう若くはないが走り続けてる
風に逆らって
向かい風を受けて
風に逆らって

若い奴も走っているぜ
若い奴の走るのを見てみろ
奴も風に逆らって走ってる

カウボーイのように
乗りこなすんだ
奴らも風に逆らって進むんだ
風に逆らって
走り続けて行くんだ


日本人が知らない集団的自衛権 (文春新書)
文藝春秋
小川 和久

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人が知らない集団的自衛権 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暑さに「頭が逝かれたメディア」民主主義も否定してどこに行く? BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる