BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「このキムチ野郎!」朝青龍の気持ちは分かるスポーマン・シップ欠落

<<   作成日時 : 2014/10/01 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

アジア大会もスポーツに政治やらを持ち込むのを気にしない国は、それ以外
でもなんともな行動様式が、昔から変わらない様を見せ付けられると、「こりゃ
ダメだ」となるし、罵声を浴びせる人も理解してしまう・・・。

画像


格闘技の中でも、判定の公平さや審判の様子では、以下のような不満も噴出
して来て、そしてそれらのすべてが「かの国」関連となると、三十数年前と変わ
らぬ意識が、いまだ健在なようで暗澹たる気持ちになる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<仁川アジア大会>ボクシングで韓国びいきのジャッジ連発!

2014年9月30日、新浪体育によると、仁川アジア大会のボクシングで疑惑の判定
が続出しており、その恩恵を受けているのはすべて韓国の選手だという。
30日に行われたボクシング男子・バンタム級準々決勝の試合で、モンゴル選手は
韓国選手に0−3の判定で敗れたが、同選手はその場でリング上に座り込み、「判
定は受け入れられない」と抗議の意を示した。モンゴルはその後すぐに正式に抗
議したが、審判の裁定には不服を申し立てられないとの理由で国際ボクシング協
会(AIBA)には受理されなかった。
「(中略)」

これだけではない。数日前の女子ライト級の準決勝では、インド選手が同じく韓国
選手に0−3の判定で敗れた。同選手も「この試合のためにトレーニングしてきた。
あんな判定によってわずか数秒間で私の努力が無駄になるなんて」と判定への不
満を述べている。同選手の夫は「このような明らかに間違った決定は認められない。
誰が見てもわかるが、これは一方的な試合だ。妻は勝っていたのに、勝利は韓国
人に与えられた」と激怒している。
「(中略)」

http://news.livedoor.com/article/detail/9310671/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
上の画像を見る限りにおいて、勝者と敗者の様は写りこんでいるようだが、結果は
朝青龍が激怒するように、反対だった・・・。
これが三十数年前では、物凄い顰蹙を後世に残したが、いまだに正々堂々という
語句は、「かの国」には存在していない。



この抗議も、ビデオを見ればレフェリーの裁定は正しく、完璧な「頭突き」を繰り出し
ていては減点も本人も自覚出来るだろうに・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現在韓国の仁川(インチョン)で開催されている「アジア大会2014」。バドミントン
男子で発生した「空調操作疑惑」や、試合中の停電、選手村の環境の悪さなど、
大会運営の不備が度々報じられている。

画像


元横綱朝青龍がボクシングの判定にブチ切れ

そんな中、アジア大会ボクシングで、韓国贔屓とも取れる「疑惑の判定」が発生した。
モンゴル人選手対韓国人選手の試合で、モンゴル選手が韓国選手を流血させるなど
優勢に試合を進めていたものの、判定で韓国選手が勝利したのだ。
これに反応したのが、元横綱朝青龍だ。放言で話題となっているTwitterで、怒りをぶ
ちまけた。

画像


828: おさかなくわえた名無しさん 03/06/07 18:57 ID:d3whTCFb
韓国人記者「日本での差別はひどかったでしょう?」
朝青龍「いや、別になかったっス」

韓国人記者「隠さなくてもいいですよ。どんな差別にあいましたか?」
朝青龍「いや、だから特になかったっス」

韓国人記者「"特に"ってことは、やっぱりあったんじゃないですか?!どんな差別
でした!?」
朝青龍「だから、無えって言ってんだろ! このキムチ野郎!!」

 週刊新潮より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
朝青龍の言動も、少し無茶な部類の側面もあるが、それだけに勝負に対して
「正々堂々」と対峙する姿勢は真摯であるだけに、差別主義者の質問に対すれば
返答は憤懣もかねて「このキムチ野郎!」も直情的で的は射ている。



同じオリンピックで、こちらは審判員買収の「不正判定」もので、「盗られた金メダル」
として、つとに有名なもの。
これも勝者にさせて貰った者の判定直後の表情を見れば、勝負のありかは明白で
それ以後の演技に「生まれた国の憐れさが滲んでしまっている」のに、これでは
精神疾患も無理ないと、へんな感心が生まれる。

さて「キムチ野郎」って、ヘイトスピーチになるのだろうか?
日本的に言えば「寿司小僧」「和食野郎」とでも言われても、はぁ、そうですかで、
まさかと思うが「自分が嫌の言葉は、すべてヘイト」とか、まさかと思うが言われ
ないよね、それって逆の意味で「言論弾圧の差別」ですよって、やはり関わると
ろくなことのない人々はいるものである。




フィギュアスケート 銀盤の疑惑 (リンダブックス)
泰文堂
猫宮黒埜

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フィギュアスケート 銀盤の疑惑 (リンダブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「このキムチ野郎!」朝青龍の気持ちは分かるスポーマン・シップ欠落 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる