BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 一方からの擁護も、三方から「楚の歌」がメディアに聞こえてる。

<<   作成日時 : 2014/09/01 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「強制」がだめなら、「人権」を持ち出して、捏造の有無を認めないメディア
の思惑も、一旦「捏造認定」されれば、誰一人聴く耳を持たない。

画像


自社への批判には抗議とかだが、購読者の非難はさて・・・。
読者の声も、自社批判でと掲載さへしない徹底振りか、なんとも凄まじい
保身の醜態ではある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
朝日新聞の慰安婦検証報道への風当たりが止まないばかりか、ますます強
まっている。これについては先週触れたからここでは詳しくは書かない。
『週刊朝日』は当然ながらこの問題に触れていないが、田原総一朗氏がコラ
ムでこう書いているので紹介しておこう。
氏は朝日新聞の検証記事には納得しがたい点が多々あるが、今の週刊誌
の朝日新聞叩きには、いずれも強いナショナリズムがバネになっており、それ
に拒否反応を覚えてしまうので、朝日頑張れといいたくなると書いている。
しかし、この記事に対する「投書」が紙面に1通も掲載されないことは難じている。
私も同感である。
吉田証言は虚偽と認めるが謝罪はしない、読者からの批判は紙面に載せない
という一方的な朝日新聞のやり方は、メディアとして批判されて然るべきである。
その上、批判的に取り上げる雑誌に次々抗議文を送りつけるのでは、反朝日の
逆風は収まりはしない。
きょう(2014年8月28日)の朝日新聞朝刊を見てガッカリした。週刊文春の広告の
掲載を「朝日新聞社の名誉と信用を著しく傷つける表現がある」として拒否した
のである。言論には言論でがジャ−ナリズムのイロハのイであるはずだ。
これでは自分の気に入らない言論を弾圧するのかと、右派陣営に格好の攻撃
材料を与えてしまう。
私の見落としでなければ、『週刊新潮』の広告も載っていない。
やはりこれも「1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」というタ
イトルで揉め、朝日が掲載拒否したのか新潮側がやめるといったのかわからな
いが異常な事態である。
朝日新聞綱領には「常に寛容の心を忘れず」とあるではないかと週刊文春が書
いている。自分の気に入らない批判には耳を傾けず切り捨てる「不寛容」な新聞
は読者から見放されること間違いない。
慰安婦検証報道後、朝日新聞をやめる人が多いと週刊文春、週刊新潮が書い
ているが、ためにするものではないと思う。事実、私も長い朝日新聞の読者だが、
慰安婦報道ではなく、こうしたメディアとしてあるまじき対応をとる朝日という組織
に愛想が尽き、やめようかと考えている。
即刻、吉田証言を虚偽だとわかってから長年も放置し続けたことを詫びる社長会
見と第三者委員会による慰安婦報道の検証をするべきである。

http://www.j-cast.com/tv/2014/08/28214328.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どんどん政治コラボの癒着の構図が明らかになってくれば、自重して目立たぬ
ようにするのは常套手段だが、トチ狂った報道機関は「時代錯誤」のまま、社員も
ぬるま湯体質だから、「バカ発見器」になんともな投稿して、即座に削除しても・・・。

画像


明らかな「内部からの失態」に、社内から粛清の嵐が身奇麗な体質に生まれ
変われるはずもなく、結果的に国民に見放されるメディアの姿がそこにある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
朝日記者がTwitterに『とんでもない韓国との癒着の証拠』を掲載。問題ありと
気付いて即刻削除した模様だ

嘘つき朝日新聞記者 東岡徹@HigashiokaT
「朴槿恵大統領から韓国の名節「秋夕」を前に贈り物が届きました。各界の関
係者に贈るのが恒例らしく、中身は干し肉、松の実、ナツメでした。」
asahi.com https://twitter.com/asahicom3/status/505844919437520896/photo/1

朝日新聞=各界の関係者
朝日新聞=各界の関係者
朝日新聞=各界の関係者
朝日新聞=各界の関係者


東岡 徹 https://twitter.com/search?q=HigashiokaT このページは存在しません。

現職の朝日新聞ソウル特派員が朴槿恵大統領から贈り物を受け取るって新聞社
のコンプライアンス上どうなの?

完全に韓国の犬だな朝日新聞 時代の空気読めないKY社員w

びっくりしました。朝日新聞の記者のところには【韓国の大統領】から贈り物が直接
届くんだそうです。
うらやましいですね…あれ?これっていわゆる「癒着」っていう事ですかね?朝日
(ちょうにち)と韓国が

朝日新聞ソウル支局の東岡徹・特派員宛てにパク・クネ大統領から秋夕(旧盆)の
贈り物が届いたことを自らネットに公表。
朝日新聞と韓国政府との癒着ぶりを自慢か?

当該ツイートは何故か削除されている。

私も朝日新聞社の記者が自分のツイートを隠ぺいした理由を知りたいRT

大統領から一報道関係者に贈り物 韓国と、ただならぬ関係!賄賂w
東岡 徹  https://twitter.com/search?q=HigashiokaT
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「バカ発見器」は有能であるというよりも、今の状況に無頓着な、やはり「KY」
と定評あるところは、禄を食むための使命感が、どこか違っている。

たまたま見ていた映画の中の「貧しい公務員」の奮闘を見ていると、劣化し過
ぎた公器の職員が際立つもである。

画像




皆が貧しかった敗戦後の混乱でも、「公正・公平」であろうとする者と、豊かに
なった者の保身を対比させた映像化は、見ごたえがあるものだし、仕事への
情熱が「伴淳三郎」の身からひしひしと感じる。
これも小説の中の映像化だからといえばそれまでだが、上のメディアの「クズっ
ぷり」と見比べれば、社旗も啼いていよう・・・。

以後には日本のメディアの歪みと、批判の嵐のメディアの「詐欺的発行部数」の
公告宣伝料の適正化は出来るかってな・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米有識者ら、日本の新聞報道などに苦言 「解釈改憲、集団的自衛権で嘘や
捏造を指摘する」 10件もの捏造報道を指摘

日本の新聞報道、テレビ報道で相次ぐ、安倍政権が行った集団的自衛権と解釈
改憲に対する問題提起。実はこれらの問題提起の多くは嘘やデマ、捏造の類だ
という指摘が米有識者らから出ている。声明を出したのは米戦略国際研究セン
ター(CSIS)のマイケルグリーン氏、米アジア太平洋センターのジェフリー・ホルヌ
ング博士(Ph.D)だ。
両氏は日本の解釈改憲反対派や(新聞社名の名指しこそないものの)報道機関
が行っている言説に対して中でも、特に酷い言説10件をデマ・嘘・捏造の類であ
ると指摘し、声明を出した。声明は国際時事誌のディプロマットに寄稿された。
今回指摘された言説を唱えている日本の報道機関、記者、活動家たちは自らの
ニュースソースとして国際的な信用や価値を落としてしまったと言っても過言では
ない。両氏の指摘は世界で拡散しており、白い目で見られていることを肝に銘じる
べきである。

以下両氏が指摘した10件の捏造報道を紹介しよう。

@ 『解釈改憲、集団的自衛権は透明性なく、非民主的に行われた』 → 捏造
公の議論を避け、不透明だと指摘する言説があるが実際のプロセスは著しく透明
であり、国会で完全かつオープンな議論の後に実施されている。集団的自衛権は
国連憲章を持つ国連加盟国はみな持っている権利である。

A 『安倍総理は憲法9条(平和憲法)の精神を骨抜きにしている』 → 捏造
日本は永遠に主権としての戦争行使を放棄したはずだと指摘する言説があるがそ
もそも日本は国連加盟国であり、国連憲章第51条の下にあることを忘れている。
日本が自らの安全と生存に対する脅威から守ることは日本の権利である。

B 『自衛隊は朝鮮戦争が再開したら韓国に派兵される』 → 捏造
集団的自衛権で自衛隊が韓国に派兵されると指摘する言説があるが、ソウルは
韓国に自衛隊が派兵されることは望んでおらず、これは日本政府の解釈とも一致
しており自衛隊は派兵されない。

C 『集団的自衛権で、日本の軍隊は外国戦争に参加します』 → 捏造
自衛隊が外国の戦争に参加するという指摘する言説があるが日本の安全保障を
直接侵害しない限り参戦しません。

D 『集団的自衛権で、自衛隊の役割と任務が劇的に変わる』 → 捏造
自衛隊の任務が根本的に変わると指摘する言説があるが日米同盟における自衛
隊の主要な役割は、後方支援や、ミサイル防衛や対潜水艦戦などの守備任務が
残るのみです。

E 『集団的自衛権で、憲法9条が削除されやすくなった』 → 捏造
法的手続きが異なるため、憲法改正とは無関係である。

F 『これは日本の再軍備のはじまりである』 → 捏造
日本の軍国主義化と非難する言説、これは特に中国系からの発信が多いようだが
集団的自衛権は軍事力強化が必要というわけではなく無関係である。

G 『安倍総理の決定は地域を不安定化し、地域の平和を危険にさらす』 → 捏造
中国や日本の批評家、活動家は集団的自衛権によりアジア太平洋地域に危険を
もたらすと主張しているが不測の事態に備えた準備をすることは安定性、抑止の
ためになる。

H 『日本国民が圧倒的に反対している』 → 捏造
(新聞社名や記者名、活動家名はあえて挙げないが)抗議運動、新聞社説などで
安倍首相の決定に対して日本国民が圧倒的な反対をしているという言説があるが、
ホルムズ海峡の問題に対する集団的自衛権の日本国民の支持率は50%を超えて
いる。

I 『アジアは集団的自衛権に反対している』 → 捏造
アジア各国は集団的自衛権に反対していると指摘する言説があるがほとんどの国
は日本の集団的自衛権を支持している。彼らの懸念は中国の台頭にある。

http://www.kimasoku.com/archives/7807200.html

画像


【新聞業界】 朝日新聞、「発行部数760万部」 → 実売部数は280万部だった
 ---2014/08/09

朝日新聞は大企業の広告を取る為に、全国発行部数760万部と広告主に発表
していますが、実はこれが大嘘で詐欺に詐欺を重ねた嘘の発行数字で広告を
集め、息を吐くように嘘発行部数で未だに広告を集めています。日本人がひた
すら憎い朝日新聞の社是は、「反日ニュースがなければ、反日ニュースをつくれ」。
日本人が憎い、日本人憎しで、日本人を世界の恥さらしにしてやる、反日捏造記
事で紙面を埋めつくし、そして憎い日本人を騙しては広告を載せているのですから、
朝日新聞の在日達には痛快でしょう。
しかし、その朝日新聞社もとうとう激震がきました!発行部数を誤魔化し日本人を
騙して広告を取っていた在日経営朝日新聞社を誰も収拾する力も無い状態です。
広告情報筋が、「朝日新聞の危機と苦悩(特別記事)」の中で、朝日新聞の経営が
深刻であることを明かしています。
朝日新聞の累積赤字970億円、年間90億円、一日に2500万円の赤字を垂れ流して
います。これが、日本人が憎い、日本人に向かって息を吐くように嘘と捏造をしてき
た利敵行為の朝日新聞社が「隠蔽しなければならない実態」です。
再三にわたって、朝日新聞の実売部数を発表してきました。朝日新聞社の「実売部
数280万部(聞社発表760万部)、読売600万部(聞社発表1000万部)」という話ですね。
今回の騒動で、ますます朝日新聞から離れるでしょうね。国会喚問で朝日の犯罪が
暴かれ出した途端に、潮が引くように去っていくでしょう。日本人は潔癖ですからね。
不正を嫌いますから・・・・(省略)。

http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu/e/2a2583c1edff61b554a5aba94f205972
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本人は潔癖ですからね。不正を嫌いますから・・・・。

画像


不遜な態度は、改められぬものらしく、新米がえらそうに通信簿だと・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「各閣僚を間近で取材し続けてきた『番記者』が独自の視点で、通信簿をつけた」
そうだ。
その評価は、菅義偉官房長官の4・0点を最高点に、下は森雅子少子化担当相の
1・5点や石原伸晃環境相の0・5点まで評価はさまざまだ。
この閣僚通信簿で、沖縄北方担当相や領土問題担当相など多くの政策分野を兼
務する山本一太参院議員の評価は2・0点。通信簿の見出しは「物言う持ち味 
影潜める」とあり、「肝心なニュース発信では、持ち前の明確な物言いを避けがち
だった」となかなか厳しい。
山本氏はこの批評に対し、自身のブログ「気分はいつも直滑降」で、「いくら何でも
ひどすぎる。
あまりに浅薄で、アンフェアな通知表だ」と採点者である朝日新聞記者を名指しで
反論を始めた。
記事が掲載された2日後、山本氏はブログで「ひとつだけ言っておきたいことがあ
る」と反論を予告。
翌26日のブログで、朝日新聞の担当記者が内閣府の記者クラブに登録したのが
7月4日であることを調べたことを明かし、「内閣府の担当になって50日しかたって
いない記者に(中略)評価させるというのは、あまりにも手抜き(アンフェア)ではな
いだろうか?!」と疑問を投げかけた。
「自分はこの記者を知らない。名刺交換をしたこともなければ、言葉を交わした記憶
もない。
記者会見で質問を受けた憶えもない」とも強調し、
「つまり、この記者は、閣僚を間近で取材してきた『番記者』ではない」と断じた。

産経新聞
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/elex/snk20140830519.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
足で稼ぐ「文屋」は久しく、想像と捏造とで記事をまとめる不遜さでは、
信頼感など存在するわけがない。



文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
草思社
M・スコット・ペック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一方からの擁護も、三方から「楚の歌」がメディアに聞こえてる。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる