BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性議員の涙にかこつけた「女尊男卑」な報道姿勢

<<   作成日時 : 2014/06/20 22:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

男女均等うんたらで物申せば、唇寒しな状態になって、程度の低いヤジ
一つくらいで、それに対して軽くいなす矜持もなく「傷つけられた」とのたま
う高給を食む議員・・・、せくはら云々でなく「その程度、軽くいなしてこそ選
挙民に選ばし者」だろうに・・・。

画像


その昔は画像のような「媚売り」して、選挙では懸命に働きますとかぬかして
「選挙により当選」したならば、下品なヤジ言論には、軽くやり込める言論が
なくて、何の問題解決が出来るのやらだが、そこに天下のマスコミ様が加勢
すると高給を食む都議会議員の「一人の女性」とヘンテコな擁護か出て、涙
見せれば意見が通る・・・、その裏で舌を出している計算高さははて・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「自分が早く結婚すればいい」「産めないのか」。
18日の都議会で、妊娠、出産、不妊に悩む女性への支援の必要性を訴えた
女性都議に対し、議場からこんなヤジが飛び、所属会派が抗議する騒ぎになった。
ヤジを受けたのはみんなの塩村文夏氏(35)。塩村氏は涙ながらに質問を続けた。
ヤジは自民都議らが座る一角から上がっていた。終了後、みんなの両角穣幹事長
が、自民の吉原修幹事長に抗議した。
吉原幹事長は、発生源が自民かどうかは「わからない」としながらも、「各会派が品
位を持って臨むべきだ」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00000005-asahi-soci

画像


都議会:セクハラやじ 女性議員に「早く結婚しろ」

東京都議会の本会議で18日、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員(35)が、
女性の妊娠・出産を巡る都の支援体制について一般質問をしていた際に、
男性の声で「早く結婚しろよ」「子供もいないのに」などのヤジが飛んだ。
同会派は、議員席からだったとして「公の場でセクハラ発言を受けた」と反発。
発言議員を特定し、注意するよう議会運営委員会に申し入れる。
塩村氏は議長席前の演壇でヤジを浴び、声を詰まらせる場面もあった。
質問終了後、報道陣に「女性の気持ちを代弁していただけに
腹が立つし、悲しい」と語った。同会派の両角穣(もろずみみのる)幹事長は
「6年後に五輪が開かれる都市の議会でこういう発言が出るのは恥ずかしい」とあ
きれた様子。
一方、議運の吉原修委員長(自民)は「聞いていない」とした上で、
「(各)会派の中で品位のない発言をしないよう確認すればいいのでは」と述べる
にとどめた。
塩村氏は昨年6月の都議選で初当選。放送作家として活動し、
日本テレビが放送していた人気バラエティー「恋のから騒ぎ」に出演していた。
【和田浩幸】

毎日新聞 2014年06月18日 23時44分(最終更新 06月19日 00時18分)
http://mainichi.jp/select/news/20140619k0000m040122000c.html

画像


東京都議会で子育てや不妊治療への支援を訴えた女性議員に対して、一部の
男性議員から「早く結婚した方がいい」などのヤジが相次いだ問題、波紋が広が
っています。
「ヤジを浴びたときに、私は一瞬、質問が止まってしまい、ヤジを発した方の方角
を見てしまいました。
(ヤジを発したのは)2、3人に絞られてくると思っています。発した人を特定するこ
と、そして処分を申し入れました」 (みんなの党Tokyo 塩村あやか都議)
18日、東京都議会の本会議で子育てや不妊治療への支援を訴えたみんなの党
Tokyoの塩村文夏都議会議員。
「早く結婚すればいいんじゃないか」などのヤジが相次いだ問題で、塩村都議は
発言者を特定したいと訴えました。
 「私も所属する厚生委員会でこの件に充実をお願いしてきました」(みんなの党
Tokyo 塩村あやか都議) 「早く結婚した方が良いんじゃないか」(ヤジ)
20日、塩村都議は侮辱を受けたとして、地方自治法に基づき、発言者を特定し、
処分するよう議長宛に要求書を提出しました。
「(発言者が) “犯人捜し”で判明するよりも、先に名乗り出ていただいた方が、少
し、心の傷が癒えるというか」(みんなの党Tokyo 塩村あやか都議)
一体、誰がヤジを飛ばしたのでしょうか。塩村都議が所属する会派は“ヤジが上
がったのは自民党の議員が座っている辺りからではないか” しています。
都議会の議席表。自民党の議席は59、ほぼ半数を占めています。
そのうちの1人、鈴木都議が私たちの取材に答えました。
「私ではないです。寝耳に水でびっくり。私を含めて後ろは聞こえない気がした」
(都議会自民党 鈴木章浩都議)そして、都議会自民党の吉原幹事長は・・・

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2229970.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
普通に議員であれば、ヤジに対して「泣いている場合か、高給を取る議員が」
と言論をつかさどる者は叱責・激励で、堂々自分の意見を発する気概を見せろ
だろうに、それでなくとも質問要旨が「少子化対策」とかなら、そこは綺麗ごとでなく
「率先垂範」するべきが議員の矜持だが、ここに過去の行状を当てはめると、とても
綺麗ごとを述べるだけの行動様式はとっていなかったその口が、議員になると綺麗
ごとに終始ってのは、都合よすぎるってなりそうだし、最大限下品なヤジも品格の
問題だが、こんなもので犯人探しでなく、ヤジられたらそれ相応の対応を身につけろ
と先輩議員は男女均等であるなら、議員に性差はないとすべきで、涙か云々セクハラ
云々と議員である前提を一般化してしまう愚をマスコミが行う印象操作と見て取れる。
なにより選挙で選ばれし者、バックにある選挙民のためにも涙なんて見せていては
申し訳ないという姿勢を出さないで、給を食むプロとしては駆け出し・・・。
同じ駆け出しでも、以下のようなプロは、さて・・・。



生涯唯一の勝利 故坂井宏朱

なにより下品な発言云々を最大限の攻撃材料としてマスコミが取り上げるのに
議員の切り返しのなさや経験不足という高給を食む者の不甲斐無さを嘆かない
のは、日本のマスコミの劣化加減と失言などの姑息な政権攻撃と同じで、なんとも
これじゃあ日本は変な方向にミスリードされていってしまうと危惧するし、議員という
プロもアマチュア以下の体たらくと見て取れてしまう・・・。
機知に富んだやり取りが皆無になると、ギスギスした殺伐とした風景しか見えてこ
ない。もっとも今のマスコミには想像力も皆無なのだから、無理からぬことで「変態」
がその責任もとらず、「お前が言うな」が続いているのだから・・・。


緊急討議Hot jam『ことばの始まる場所』第一回「日本社会の劣化」
株式会社アカシック ライブラリー
2014-04-12
森崎茂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 緊急討議Hot jam『ことばの始まる場所』第一回「日本社会の劣化」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女性議員の涙にかこつけた「女尊男卑」な報道姿勢 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる