BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS ああいえばの「国内メディアの狂騒」ひっそりと復活する「従軍」や差別とかの印象操作

<<   作成日時 : 2014/03/16 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんにでも批判するための批判が信条であるらしいメディアの言は、ああいえ
ばこう返すの無駄な問答をしているようで、建設的意見というものは形骸化し
てしまったようである。

画像


画像は今話題の「ウクライナ」の高速鉄道の、故障への批判の揶揄。
にしてもあちらでの評判の悪さは今時でも日本に伝わらないのは、やはり
日本人的心情がかなり薄い人々がメディアには多いのか、他国特に特定アジア
へ格段の配慮をする姿勢が、これまた批判の的になるもの。
だが、こと日本人の名誉など「鼻も引っ掛けない」意識でいられる風土にも問題は
ありだし、り売文屋の風上にも置けない存在と、より認知度を上がねば、メディアの
暴走で凋落は加速する。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
従軍慰安婦への旧日本軍の関与と強制性を認めた「河野談話」をめぐり、安倍
晋三首相は14日、見直しを明確に否定した。
米国が日韓関係の改善を求める中、韓国に「最大限の配慮」(外務省幹部)を示
した形だ。一方で政権は談話の事実関係を疑問視し、国内の保守層へのアピー
ルも狙って作成経緯の検証を行う。談話を見直さないのに検証はする―という矛
盾した姿勢となり、「都合のいい言葉の使い分けだ」との声が上がる。
「安倍内閣で見直すことは考えていない」。首相は14日の参院予算委員会で、河
野談話について、こう表明した。首相はもともと河野談話に否定的で、第1次内閣
では慰安婦に関し「資料に強制連行を示す記述はなかった」とする答弁書を閣議
決定。
首相就任前の2012年9月には「河野談話を書き換える形で修正する必要があ
る」と明言していた。
ところが、第2次内閣では「談話を継承する」との立場を貫き、「歴史認識は専門家
に委ねる」として持論を封印。3月10日には、首相に先立ち菅義偉官房長官が
「河野談話を見直すことは考えていない」と踏み込み、米政府から「前向きな一歩
だ」(サキ国務省報道官)との評価を得た。
4月のオバマ米大統領訪日を前に、首相も見直しを否定することで、今月下旬に
オランダで開かれる核安全保障サミットでの日韓首脳会談の実現を狙う。

(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/527171.html

画像


14日、韓国紙・東亜日報は記事「日本外務省高官が韓国訪問、米国が韓国に
“愛を示せ”と強要」を掲載した。
日本外務次官の訪韓は米国に強要されてのもので、誠意のかけらもないとの
外交関係者のコメントを伝えている。
2014年3月14日、韓国紙・東亜日報は記事
「日本外務省高官が韓国訪問、米国が韓国に“愛を示せ”と強要」を掲載した。
環球網が伝えた。
外務省の齋木昭隆外務次官は12日に韓国を訪問。韓国外交部の趙太庸第一
次官と会談した。
安倍首相の靖国参拝以来初となる次官級会談となったが、両者の主張は平行
線をたどり実質的な進展はなかった。
齋木次官は、安倍政権は歴代政権の歴史認識の答弁を踏襲しているとの説明
を繰り返したが、言葉ではなく実質的な対応を求める韓国にとっては手土産も
誠意もない訪問だったと韓国側は指摘している。
東亜日報は韓国外交関係者のコメントを引用している。「齋木次官の韓国訪問は、
『韓国に愛を示せ』という米国の圧力に応じたもので誠意のかけらもない。
日本側は2月中旬にも首脳会談再開を提起したが、これも米国の圧力によるもの
でしかないと切り捨て、日本側には実質的に事態打開に動く気持ちはないと指摘
した。(翻訳・編集/KT)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=84955&type=0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テイストが良く似ているメディアの言は、もしかして同じイデオロギィーに毒された
「盟友」というシンパシィーのなせる業か、文章のあちこちに「願望やら妄想」を
ちりばめて、読む人を苦々しい感情を沸き立たせてにんまりしているサディステッ
クな人物像が浮かんでくるのは、はてさてどんなものだろう。

画像


政権を目指すことなく、口ぶちを獲る手段として万年野党という立ち位置に安住
してしまうと、日本のためという理想はどこかに追いやられるようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本共産党の志位和夫委員長は14日の「見解」発表の場で、「河野洋平官房長
官談話」(1993年)に関して安倍晋三首相が同日の参院予算委員会で「見直す
ことは考えていない」とのべたことについて見解を問われ、「問題点は二つあると
思います。第一は『見直さない』と表明しながら、同時に『検証する』という矛盾し
た態度です。
第二に『河野談話』の見直し論に反論せず、逆に迎合的な態度をとっていること
です」と指摘しました。
「河野談話」は旧日本軍の「慰安婦」制度への関与を認め、謝罪したものです。
志位委員長は「本当に『見直さない』というのであれば『検証』などというのはやめる。
『河野談話』見直し派の攻撃にたいして、正面から、公式に、明確に反論するのが、
政府が本来やることです」と強調しました。

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-03-15/2014031502_04_1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
流石に万年野党の共産主義政党は、日本人の名誉に対する毀損にははなはだ
敏感でないようである。
これでは有権者から、折角の支持復活気味が再びそっぽを向かれてしまう。

画像


「名無しの権兵衛」が犯人として逮捕され、毀損された本の話題もメディアでは
用済み案件に成り果てて、折角の差別やナチスに関連付けにはインパクト不足
であったようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「日記、アンネの作ではない」 損壊容疑の男が供述
朝日新聞デジタル 3月15日(土)5時31分配信

ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害の悲劇を伝える「アンネの日記」が相次いで破
られた事件で、器物損壊などの疑いで警視庁に再逮捕された無職の男(36)=
東京都小平市=が調べに対し、「日記はアンネ・フランク自身が書いたものでは
ない」と批判するような供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。
同庁によると、男は杉並区の南荻窪図書館で2月5日、「アンネの日記」と関連の
書籍計23冊を破った疑いで今月14日に逮捕された。館内の防犯カメラに、男と
似た人物が黒っぽい手袋をつけて本を手に取り、ページを破るような姿が映って
おり、男の自宅からは黒い手袋が見つかった。
男は調べに対して、「他の図書館でもやった。アンネ自身が書いた日記ではない
のが許せなかった」などと話しているという。意味不明な供述もあり、同庁は刑事
責任能力の有無も含めて、動機などについて慎重に調べている。政治的な思想
が背景にあったわけではないとみている。
ナチスによる大虐殺の歴史を学ぶ施設「ホロコースト記念館」(広島県福山市)の
大塚信館長によると、「アンネの日記」をめぐっては「別人が書いた」などの論争が
かつて欧州で起きた。だが、1986年、筆跡鑑定などからアンネ自身が書いたも
のと結論づけられたという。大塚館長は「すでに結論が出ている問題。
それが動機とすればひきょうなやり方だ」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140315-00000009-asahi-soci

画像


東京都内の公立図書館や書店で「アンネの日記」や関連書籍が相次いで破られた
事件で、器物損壊容疑などで無職の男(36)が逮捕されたことを受け、ユダヤ系団
体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・米ロサンゼルス)のクーパー副所
長は14日「日本の捜査当局に感謝したい」とコメントした。
副所長は、男が動機に関して「アンネの日記はアンネ自身が書いたものではないこ
とを訴えたかった」などと話していることについて「男がネオナチやホロコースト(ユダ
ヤ人大量虐殺)の否定者、反ユダヤ主義者によって流布されたデマを共有している
ことを示している」と非難した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140315/crm14031511090004-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
精神疾患の犯人への配慮というメディアの優しさは、国民の知る権利を凌駕して
万能の妙薬のようで「似非人権」の逃げ道として確立して、日本を卑しめる目的
は成功している。

画像


同じような案件は、南北の「かの国」の人々の暗躍も手伝って、そこにメディア・ス
クラムをかませば、こちらも「風評被害」には事欠かない。
ちっかり復活させる「言葉狩り」は、メディアにとっては堂々日本国民を批判出来る
嬉々とした嬉しさだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
JリーグがJ1屈指の人気クラブの浦和に対し13日、無観客試合という過去に例
のない厳罰を科した。
背景には欧州での根深い差別問題に厳しく対処する国際サッカー連盟(FIFA)の
姿勢や、在日韓国・朝鮮人に差別的な言葉を投げつけるヘイトスピーチ(憎悪表現)
のような現象が競技場に持ち込まれることへの強い危機感があった。
州では以前から黒人選手に対し、観客が猿の鳴きまねやバナナの皮を投げるなど
の行為が問題視されてきた。
選手が試合中に差別的な発言や振る舞いをする問題も後を絶たない。
FIFAは2001年から人種差別撲滅に向けた取り組みを強化しており、欧州では
無観客試合や出場停止などは珍しくない。
しかし、浦和の対応は鈍かった。問題が 淵田敬三 (ふちた・けいぞう) 社長ら幹
部に伝わったのは、8日の試合後、約5時間もたってからだった。
「差別的と解釈されかねない発言と行為があった」と公式サイトにコメントを出した
が、国際的な基準に照らせば「即レッドカード」の意識は希薄だった。
淵田社長は「差別に対する意識が甘く、不十分だった」と認めたように、リーグ一
の熱狂的なサポーターに対して及び腰だった。
世界的には後発のプロリーグであるJリーグは欧州や南米と比べ、 女性や子ども
が安心して観戦できるスタジアムを売りにしてきた。
近年は観客数が頭打ちで、1月に就任した 村井満 (むらい・みつる) チェアマンは、
新規層を取り込んで観客増を目指す方針を示したばかり。
「安全・安心」のイメージが損なわれるのは経営戦略的にも死活問題だった。
チェアマンは「今回大きな決断をしてでもクリーンでフェアな日本のサッカーを明確
に打ち出す方が多くの人に喜んでもらえる」と説明した。
浦和は 鳥栖戦の横断幕だけでなく、1日に行われたG大阪戦で一部選手に対する
指笛も確認された。
今季加入した在日韓国人4世で07年に日本国籍を取得したFW 李忠成 (り・ただ
なり) 選手へのブーイングとの見方もある。

http://www.47news.jp/47topics/e/251318.php

画像


浦和レッズのサポーターが埼玉スタジアムのゲートに「JAPANESE ONLY」と書かれ
た横断幕を掲げた件について、署名サイト、change.orgに「差別的横断幕 "JAPANE
SE ONLY" を出したサポーターおよびこれを放置した浦和レッドダイヤモンズ株式
会社に対する断固たる処置」という陳情が出された。
この陳情を出したのは「レイシズムを監視する市民の会」で、宛先は日本プロサッカ
ーリーグだ。意図については以下のように解説されている。
「本件は、李忠成選手の移籍に絡んだ心ない人種・民族差別であることは明らかで
あり、不特定の人間が出入りするゲートに書かれた"JAPANESE ONLY"は、まった
く言い逃れができないほど明確に「日本人以外お断り」を示す言葉です」
また、クラブがこの問題を隠蔽しようとしたことや、サポーターが他にも陰湿な悪質
な差別的行為をしたことなども挙げ、リーグに対し、厳正な処置を求めると締めた。
12日16時30分現在、約9800人の賛同者が集まっている。
コメント欄には、人種差別に憤る人々が「差別的な意思がなかったというならあまり
にも無知。
その程度の人間がそもそも横断幕に外国語を使うべきではありません」など、意見
を書き込んでいる。

http://asianews2ch.jp/archives/37675091.html

画像


事態は深刻――。Jリーグの村井満チェアマン(54)は13日、8日に埼玉スタジア
ムで行われたJ1浦和―鳥栖戦で浦和サポーターが「JАPАNESE ОNLY」と差
別的な内容の横断幕を入場ゲート上部に掲示したことに対し、浦和レッズにけん責
と1試合の無観客試合の処分を科した。この騒動の根幹に、いったい何があったの
か。他紙では読めない事件の内幕、全容を明かす。
今年2月に就任したばかりの村井チェアマンが出した答えは「厳罰」だった。
J史上初の無観客試合開催の対象となるのは23日の清水戦(埼スタ)。勝ち点剥奪
や没収試合という選手たちにダメージを与える選択肢もあったなかで無観客試合と
いう極めて重い処分を科した理由は、浦和サポーターによる“自浄作用”が働かなか
ったから。「大きな決断をしてでも、将来日本のサッカーが明確な姿勢を打ち出すほ
うが、多くの人に喜んでもらえる」とし、過去に類似のトラブルを起こしながら「累犯」
となったことを重視。さらに、横断幕の撤去に時間がかかるなど適切な対応を取らな
かったクラブ側にも罪はあると判断した。
浦和側は内部調査で横断幕を掲出したサポーターを3人と特定し、事実関係の確認
と掲出の意図を問いただした。3人は差別の意図はなかったと強調したが、村井チェ
アマンは「意図がどうあれ、それを見た、例えば外国人の方が差別的な表現だと受
け止めることは極めて自然なこと」と突っぱねた。
実際、複数の韓国メディアは「日本人以外お断り」とも解釈できる横断幕の文言につ
いて、在日韓国人4世で日本国籍を取得した浦和の元日本代表FW李忠成(28)を
狙い撃ちしたと分析している。
問題の鳥栖戦の1週間前、万博記念競技場でのG大阪との開幕戦ですでに“予兆”
はあった。ベンチスタートの李が後半22分から出場した際、浦和の一部サポーター
に指笛を吹く者がいたという。
この現象は当初、スタジアムにいた淵田敬三社長(59)をはじめ、浦和のスタッフは
気付かなかったが、試合後に別のサポーターからの報告で発覚した。指笛には差別
的な意図があり得ることから、クラブ側は今回の鳥栖戦での再発を防止すべく、浦和
ゴール裏にはスタッフや警備員を通常より多く配置し、差別発言・行為を注視。
韓国出身の鳥栖の尹晶煥監督、同代表MF金民友に対して一部から強烈なヤジが飛
んでいたことは確認されていたのだが…。
最近の浦和には「韓国人選手を積極的に獲得しない」という“裏方針”があった。
2002年から4年間浦和の社長を務め、のちに日本サッカー協会会長に就任した犬
飼基昭氏(71)は「日本代表のライバル国の選手をレッズが育成し、強化する必要
がどこにあるのか。同じ実力なら日本人選手を獲る」と本紙に語っている。
あくまで日本代表を強くしたいというサッカー目線の方針であって、差別の意図は全
くなかった。この考えはサポーターにも支持されていたが、いつの間にか“嫌韓”に話
がすり替わっていった可能性は否定できない。

(Yahoo・東スポWeb)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140315-00000003-tospoweb-socc
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
真っ当な姿勢を示すのが「東スポ」というところがなんともだが、浦和に限らず
変な思惑を持った人たちが応援するのには、辟易である。
一連の騒動を、思惑を持った人達の暗躍と想像すると、情報戦を挑まれている
日本はネットがなくなれば、それこそ変な思惑の天国となりそうで、それが空恐ろしく
怖いものである・・・。




サッカーの応援歌としても利用されるこの曲も、こういった画像をはめ込めば
東西冷戦の揶揄もより現実的で、ウクライナにおける軋轢は武力の威力も
また・・・。



日本的には、同じ題名でもとても平和的で牧歌的な仕上がりには、やっぱり日
本人は好戦的でないが滲んでいる。
一部の熱狂的ファンにもぐりこむ思惑ありありな人々は、その限りでないのは、
その血のなせる業かも・・・。


捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国 (OAK MOOK 429)
オークラ出版
2012-06-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国 (OAK MOOK 429) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ああいえばの「国内メディアの狂騒」ひっそりと復活する「従軍」や差別とかの印象操作 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる