BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾に慕われる日本人を、誇りに思う・・・。

<<   作成日時 : 2013/05/09 00:04   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

過ぎ去った恩に対する「感謝」は、傍目にみていても清々しいものである。
それが日本に対してなら、より一層心に沁みる・・・。

画像


台湾に生きる「感謝の礎」は、普遍な優秀な民族の素地なのだろうか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(台南 8日 中央社)きょう8日、台南市の烏山頭ダムで
「八田與一技師逝去71周年追悼紀念会」が行われ、呉敦義副総統らが出席、
日本統治時代に烏山頭ダムなど灌漑水利施設の建設で台湾に大きく貢献し
た八田技師をしのんだ。
追悼記念行事は八田技師の銅像前で行われ、台湾の法師と日本の僧侶に
より合同で祈祷・読経が行われた。
八田技師の孫にあたる八田修一さんら遺族が参列したほか、呉副総統、頼
清徳台南市長、嘉南農田水利会の楊明風会長らが、また、日本からは200
名余りが出席した。
呉副総統は挨拶の中で、日本生まれの八田與一氏は人生で最も大切な時間
をここ台湾のために使い、嘉南平野15万甲(1455平方キロメートル、東京都の
面積の約3分の2)の水田を潤すべく偉大な灌漑設備を残した、まさに「嘉南大
シュウ(土へんに川)の父」であり、台湾で永遠に慕われるに値する人だと語った。
また、八田修一さんは挨拶の中で、與一は当時、烏山頭ダムの使用年限は50年
だと考え、その後のことを次の世代にしっかり計画してほしいとしていたが、
現在ダムは1930年の竣工から80年を超えており、
これからも日本と台湾で協力して次の世代に受け継ぐべく力を注いで欲しいと思
いを伝えた。

http://japan.cna.com.tw/news/aall/201305080009.aspx
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「歴史認識」云々の「千年怨念」とかの民族との違いには、いささか・・・。
そして先人を慕う「台湾」の人々には、感謝以上の情が湧いてくる。



「八田興一」



「国旗の重みシリーズ 花咲かじいさん」



台湾を愛した日本人(改訂版) -土木技師 八田與一の生涯-
創風社出版
古川 勝三

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 台湾を愛した日本人(改訂版) -土木技師 八田與一の生涯- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾に慕われる日本人を、誇りに思う・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる