BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS お茶目な「台湾」、しかめっ面が似合う「かの国」

<<   作成日時 : 2013/03/08 18:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「嫌われている」という事象に対する反応は、内面的発露を表に出す行為
として振舞い方によっては尊敬を、あるいは侮蔑を追加してしまうが・・・。

画像


自分達の行ったものに対する「皮肉」を再現されて、そこに自制を込めて「反省」
でもあるなら見あげた姿勢と評価されようが、茶化されれば短絡的行動様式と
見当違いの分析では、一生涯「他人を理解出来ない」残念な人認定である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
台湾メディア・東森ニュースは6日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)
第1ラウンドB組の台湾(チャイニーズ・タイペイ)ー韓国戦後に行われたセレモ
ニーで、台湾の選手がマウンド場にこっそり中華民国国旗を立てたことを伝えた。
韓国への“皮肉”という。
台湾は5日の韓国戦で第2ラウンド進出を決め、試合後に壮行セレモニーを実施
した。セレモニーでは台湾の選手や関係者がマウンド場に整列し、東京での健闘
を誓った。
そんな中、整列する選手たちの足に隠れて見えなくなったマウンドで、林智勝選
手がしゃがみ込み「青天白日満地紅旗」を立てた。決して目立たせたのではなく、
センター方向から撮影していたネットユーザーの動画によって明らかになった。
立てられた旗をわずか20秒ほどで抜き取った。林選手は陽気な性格で、チームの
ムードメーカーだ。ネット上では韓国に対する皮肉を込めたパフォーマンスについ
て「彼らしい」とする意見が出た。その一方で、「韓国と同じく幼稚だと誤解されない
ためにも、台湾の外でやってはならない」とたしなめる声もあがった。
韓国チームは2006年と09年のWBCで、日本を破った直後にマウンドに国旗を立
てる行為があった。田中将大投手が激怒して引き抜くなどの一幕もあった。
台湾では「韓国は、それをやったとたん、残りの試合を勝てなくなった」との指摘も
あった。

(編集担当:柳川俊之)2013/03/07(木) 12:16
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0307&f=national_0307_016.shtml
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国に対する皮肉を込めたパフォーマンスについて「彼らしい」とする意見が出た。
その一方で、「韓国と同じく幼稚だと誤解されないためにも、台湾の外でやっては
ならない」とたしなめる声もあがった。


こういった分別があればこそ、ちらっとしたパフォーマンスも生きてくる。



それに反する「敗因分析」の稚拙さは、やっぱり出たなのだから、一生涯「他人のせい」
がなかったら、精神を保てないでは「独立歩行」もままらない人になる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
WBC第1ラウンドB組の韓国は2日、オランダと対戦し、0−5で完封負けを
喫した。

第1ラウンドB組は台湾で行われているが、韓国メディアはオランダ戦での
敗因について、「台湾は寒いから」、「台湾の食事は味が濃いから」、「台湾人
の観客のヤジがうるさかったから」などと報じており、台湾のネットユーザーか
らは失笑の声があがった。台湾の自由日報が4日付で報じた。
5日時点で台湾は2勝0敗、韓国は1勝1敗となった。
韓国は第2ラウンドへの自力進出の可能性はなくなり、残る1戦と他国の結果
および得失点率に進出の望みをかけることになる。
韓国メディアは「韓国代表が力を発揮できないのは、環境による疲労が原因」
と主張、台湾の気温が例年より低く、強風が吹いているため、「5〜6℃の気温
下でプレーしているのと同じ」と主張した。
しかし、相手チームも同じ気象条件でプレーしているため、気温は言い訳には
ならないだろう。
また、韓国代表の不振は、台湾の食事が口に合わず、「台湾の濃い味付けは
外国人にとって受け入れがたいもの」と報じる韓国メディアもあり、「3週間も台
湾で食事を摂り続けたことで選手たちは食欲不振になった」と主張した。
そのほか、台湾人の観客のヤジが韓国代表に深刻な影響を与えていると主張
する韓国メディアもあるという。
自由日報によれば、韓国メディアが敗戦の「言い訳」を探していることについて、
台湾のネットユーザーからは 「台湾よりも気温の低い国の人間が、台湾を寒い
と言うとはどういうことだ?」、「台湾の食事が口にあわないなら、シェフを帯同さ
せるべき」などと失笑や反論の声が挙がっているという。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0305&f=national_0305_010.shtml
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
恒例の「言い訳」オンパレードだもの。
そりゃ「台湾の女性」にも、嫌われて当然である。



自国の「嫌われっぷり」にメディアも、また見当違いの分析を出すのだから、
国全体が「ああ、勘違い」のそれと見て取って「助けない、教えない、関わらない」
の三ないが、日本にとってはベストな選択である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
複数の韓国メディアは6日、5日に行われたワールド・ベースボール・クラシック
(WBC)の韓国−台湾(チャイニーズタイペイ)戦で、台湾の応援団が韓国に強
い対抗心を見せたことから「台湾の嫌韓感情は深刻なレベルだ」と戸惑った。
同試合では、台湾側のスタンドに韓国代表を挑発するプラカードなどが多数登場した。
ある観客は、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の顔写真を切り抜いたプラカードを
掲げ、地元紙は球場で「棒打高麗(バットで韓国を打て)」と印刷されたビラを配布した。
台湾人の対韓感情が悪くなったのは、1992年に韓国が中国との国交を樹立し、台
湾と断絶したことが始まりとされる。
その後は、スポーツや経済などさまざまな分野で衝突。
2010年に行われた広州アジア大会の女子テコンドー49キログラム級予選では、判定
をめぐって騒動に発展した。
当時、台湾の国会では韓流コンテンツの放送を規制する法案が提出され、
市民らは韓国製品の不買運動を繰り広げて反韓感情をあらわにした。
2012年6月には、台湾でサムスン電子のライバルとされる鴻海(ホンハイ)精密工業
グループの郭台銘会長が、「日本人を尊重している。韓国人とは違い、背後から殴
ったりしない」と発言し、韓国の怒りを買う出来事があった。
韓国メディアは、 「なぜ主敵の北朝鮮元首の写真を掲げて揶揄(やゆ)するのか」
「反日は歴史的な出来事が背景にあるが、反韓が起きる理由は分からない」
「残念なこと。韓国は静かにしているのに」などと韓国のネットユーザーの反応を紹
介し、 WBCで登場した予想外の反韓感情に驚きを示した。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0308&f=national_0308_035.shtml
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ぶざまな分析には、ほとほと呆れ返る。
何より「休戦」という戦争継続中である事実をわきまえず、それも「内戦」といわれる
同一民族の争いであるを欠念していたり、「身を処せば、見えてくる我が姿」に
思い至らぬだから、自分の行動に対する責任も皆無、嫌われるも当然と傍らでは
見えてしまう。

画像


その嫌われるものの一つに、「感謝」とかという言葉の欠落が最高学府でも
精神の研磨は出来ぬという実証をしている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
姜尚中(カン・サンジュン)東京大学大学院情報学環教授(63)が6日、最終
講義を行った。 1998年に在日韓国人では初めて東京大学の教授になった
姜教授は、今年4月から埼玉県上尾市にある聖学院大学に在籍する。
キリスト教系の私立大学だ。 東京大学で定年まで2、3年残している。
日本教授社会で最高の名誉とされる東京大学の教授職から離れる理由につ
いて、姜教授は「国立大の東京大学より私立大ではより自由に意見を語れる
ため」と述べた。 さらに「定年退任後に移れば行くところがなくて行く格好とな
るので聖学院大学に失礼になる。 廃品処理でなく再生のために移る」と話し
て笑いを誘った。 上尾市は姜教授が若い頃に過ごした地域でもある。
廃品回収業者の息子として生まれた在日韓国人2世で、独ニュルンベルク大
学で政治思想史を専攻した姜教授は、日本の知識人社会に影響力を及ぼし
てきた。 戦後の日本社会と北東アジア問題を批判的な視点で分析、指摘しな
がらだ。
テレビ朝日など放送局のメーンニュースの解説者として登場することも多く、
日本で100万部以上売れた『悩む力』など数多くのベストセラーも出している。
 この日の退任講義には約200人の大学院生と外部からの客が集まった。
「これからの東北アジア」という講義で姜教授は「東北アジアのハブ」と韓国
の役割を強調した。
「ユーラシアという大きな観点で見れば、韓半島が東北アジアの中心だ。
位置的な要因だけでなく、米国・中国・ロシア・日本など周辺大国とすべて友
好的な関係を維持しているのは韓国だけであるからだ。 韓国は欧州強大国
の間で緩衝の役割をした
ベネルクス(ベルギー・オランダ・ルクセンブルク)のようでなければならず、
そのような力も持っている」。
日本についても姜教授は「東北アジアのハブとして韓国の位置を理解して支
援するのが日本国益にも合う」とし「独島(ドクト、日本名・竹島)問題について
も政治的・戦略的な決断が必要だ」と述べた。
北朝鮮の核実験で高まった東北アジアの危機に関し、「米国と北朝鮮の直接
交渉が早ければ今年、遅くとも来年には始まるとみられる。 朝米協議、ここに
中国と韓国を加えた4者協議、従来の6カ国協議まで、重層的ネットワークが
必要だ」と強調した。
朴槿恵(パク・クネ)新政権に対しては、「政権が交代する度に、南北関係が政
争の道具になる状況から抜け出さなければならない」と要請した。
講義の前に行われた記者懇談会で、姜教授は「安倍政権が7月の参院選で
圧倒的多数を占めることになれば、憲法改正を推進し、靖国神社参拝も検討
する可能性がある」と述べた。 ただ、日本社会の右傾化問題については、
「低い投票率を考えれば、前回の総選挙で自民党に投票した国民は国民全体
の25%程度」とし「圧倒的な数の国民が右傾化したと話す段階ではない」
と話した。
在日韓国人としての難しさを尋ねると、姜教授はこう答えた。 「最初に韓国に
行った時は“半チョッパリ(=半分日本人)”という言葉を聞いた。 韓国が生み
の親なら、日本は育ての親。 両国が争えば子どもが最も大変だ。 両国のため
に努力する」。

(Yahoo・中央日報)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000030-cnippou-kr
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000031-cnippou-kr
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これも得意の「そんなこと、言ってない」か、それともなのだが、いずれにしろ
「さもアリなん」な文章に、「自画自賛」が加われば、読む人にとっては「鼻で
せせら笑う」というものになって、尊敬、敬意、憧憬とかとは無縁の存在が
よりクローズ・アップしてくるのだから・・・。

画像


これが伝染するのか、「恥でも恩恵でもなく、権利」とかぬかすと「納税者」たる
国民は「唖然」としてしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「命を脅かす引き下げは反対!」―。貧困問題に取り組む人たちでつくる
「STOP!生活保護基準引き下げ」アクションは6日、厚生労働省前で生
活保護基準引き下げを阻止しようと行動しました。
その後、国会へデモ行進しました。
呼びかけ人の一人、宇都宮健児弁護士は「生活保護は憲法25条を具体
化した制度で、恥でも恩恵を受けるものでもなく、権利だ」と強調。首都圏
青年ユニオンの河添誠青年非正規労働センター事務局長は「生活保護基
準引き下げは、生活保護利用者だけの問題ではない。最低賃金など日本に
暮らす全ての人の生活保障基準が切り下げられるということだ」と述べました。
さいたま市から参加した男性(48)は「ぼくら当事者の実態を見ずに、過去
最大の引き下げを自公政権はしようとしているのは許せない」と語気を強めました。
千葉県内から妻(42)と長女(2)と参加した男性(39)は「いまでもぎりぎり。
自分たち親が食べる物はすでに切り詰めている。これ以上削減されたら、子
どもの食事まで減らさなければならない」と訴えました。
国会前では、日本共産党と社民党の議員が参加者らを激励。日本共産党か
らは、穀田恵二、高橋ちづ子、佐々木憲昭、赤嶺政賢の各衆院議員と大門
実紀史、田村智子両参院議員がエールの交換をしました。

しんぶん赤旗 2013年3月7日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-07/2013030715_01_1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
相互扶助の恩恵を受けることが出来る権利の存在だろうに、そこらに対する
「国民としての思慮」があれば、相互扶助精神も揺らがないのに、「権利だ!」
などと元気に「デモ」をしてしまうから、より国民からの視線が厳しくなってしまう。
デモを主導するのが「税金を納めている人」だから、よりその態度に対する矛盾
が「我慢ならない」と映るのだが・・・。


第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向
上及び増進に努めなければならない。

生活保護は憲法25条を具体化した制度

大前提は、「国民である」となると、勿論日本国民と読めるのだが・・・。
すると外国人に対するものは「憲法違反」となりそうで・・・。
都合の良いことは声高に、悪いことは押し黙る・・・。
どこか似通って「しかめっ面」している面々、似てくのか・・・。
昔の人は流石に賢い。
「三ザル」の教訓は生きている。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お茶目な「台湾」、しかめっ面が似合う「かの国」 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる