BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 一線を越えちまえば、「嘘つき」呼ばわりされぬ

<<   作成日時 : 2012/11/14 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一気に「解散」となったことは、今の段階では良かった決断で、これで「嘘つき」
呼ばわりされずに済む。

画像


「嘘つき批判」が堪えたとなれば、日本人の血が濃かったとなりそうで、
これはこれで「嘘つき民族」との違いが判って良かった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
野田首相が「16日衆院解散」の意向を突然表明したのは、
自らの「近いうち」解散発言をめぐり、野党の
「うそつき」批判が強く影響したためとの見方が出ている。
「通知表を持ち帰った時に、とても成績が下がっていたので
オヤジに怒られると思ったが、なぜか頭をなでてくれた。
講評の所に『野田君は正直の上にバカがつく』と書かれていたのを喜んでくれた」
首相は14日の党首討論で、「近いうち」解散の約束履行を求める
自民党の安倍総裁に、小学生時代のエピソードを披露。
「だから、元々、うそをつくつもりはない」と続け、解散発言に踏み切った。
首相の解散表明に、公明党幹部は、「『うそつき』呼ばわりされることを
最も嫌がったのだろう」と解説した。首相周辺からは
「やはり『うそつき』批判が効いた。政局的判断より、
自らの道徳観を優先した結果だ」との指摘も出た。

(2012年11月14日21時20分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20121114-OYT1T01204.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
学級会でもあるまいに、「嘘つき」云々のみでの「解散」でもないだろうが、
党を超えて「一線越えちまえば楽になる」ものである。
以下のような人には、いささか急展開が理解できなかったようではあるが・・・。

画像


そんなところに未練たらたらな報道機関も、今更ながらの「ヨイショ」に
懸命なのが、哀れといえば哀れである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
衆院の年内解散が取りざたされるなか、各党がマニフェスト(政権公約)
づくりを加速させている。
民主党は次の公約素案をまとめ、各地で政策進捗(しんちょく)報告会を
スタートさせた。
各党とも、現実的で説得力のある政策を競いあってほしい。
もっとも、昨今、マニフェストの評判は芳しくない。その責任の多くは民主
党にある。
09年総選挙で、民主党は予算の見直しなどで16.8兆円の財源を確保
するバラ色の公約を掲げ、破綻(はたん)した。
消費増税法を成立させたことは野田政権の功績だが、公約にはなく、結
果的に有権者を裏切ることになったことも事実だ。
守れない約束をし、痛みを分かち合う必要性には目をつぶる。そのことが、
深刻な政治不信を招いた。首相が「過ちは心から率直におわびする」と国
会で陳謝したのは当然である。
それでも、マニフェストの意義は損なわれていない。
政策を裏づける財源や達成時期をマニフェストに明記し、実行し、検証し
て改善する。それを有権者が政治を評価する際のモノサシとして使う。
もちろん、限界はある。
国の財政に限りがあり、経済のグローバル化が進むなか、政治のとりうる
選択肢は、じつは多くない。政党がマニフェストで国民受けを狙ったり、無
理に対立軸をつくったりすると、逆に政治に混乱をもたらす。
民主党の「甘い公約」に懲りた有権者は、その点にも厳しい目を向けている。
各党ともそのことを忘れてはなるまい。
首相は、民主党のマニフェストに環太平洋経済連携協定(TPP)推進の方針を
盛り込むという。自民党との違いを際立たせるねらいだが、民主党内にも異論
は多い。議論を尽くし、まずは党内をまとめてほしい。
「脱原発」を掲げるにしても、スローガンだけでは説得力に欠ける。
工程表をつくり、本気度を示してはどうか。
一方、自民党の安倍総裁は領土外交に強い姿勢で臨むとしつつも「中国、韓
国との関係改善をはかる」という。では、具体的にどんな戦略を描くのか。
政権復帰をめざすというなら、責任ある構想を示してほしい。
「第三極」を名乗る各党にも求めたい。原発や消費増税、TPPなど基本政策で
主張に違いがある。連携する場合は、それぞれがマニフェストを作成したうえで、
整合性ある統一マニフェストを掲げるべきだ。
こんどこそ、実りある政策論議を聞きたい。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「社是」が、これから発揮されるのか、いつまで上から目線な文章を続ける
のか、この報道機関も「国民から見放される恐怖」を味わうか・・・。

画像


こんな画像にされた人物は、急激な決定に「うろたえ」て自画自賛を
これからも繰り返すか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

.【スクープ最前線】首相、小沢氏潰し着々 輿石氏との「密約説」に激怒 
年内解散で軍資金断つ!2012.11.14
. .
野田佳彦首相が「年内解散・衆院選」の意向を固め、永田町が激震している。
民主党に大逆風が直撃する中、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉
参加による正面突破を決意した背景とは。一国のリーダーとして「近いうちに
(解散する)」という約束を守るだけでなく、東京高裁で無罪判決を受けた「国
民の生活が第一(生活)」の小沢一郎代表と、民主党の輿石東幹事長との
“密約への怒り”を指摘する声もある。ジャーナリストの加賀孝英氏が、永田
町と霞が関の知られざる最新情報に迫った。
「嘘つき」「酒浸り」と揶揄されていた野田首相が、やっと決断した。
情報を整理すると、(1)野田首相はTPP交渉参加を表明し、年内解散に踏
み切る(2)年内選挙の場合、22日までに衆院を解散し、12月16日投開票
とする案が軸(3)補正予算を成立させる場合、12月下旬解散、1月20日投
開票もある(4)すでに、首相側近が野党幹部に意向を伝えた、というものだ。
民主、自民、公明3党は13日までに、「衆院解散の3条件」のうち、赤字国債
発行を可能とする特例公債法案や、社会保障制度改革国民会議設置で歩み
寄り、残る課題は、衆院の「1票の格差」是正だけとなった。
となると、衆院解散のXデーは、特例公債法案と、衆院の格差是正関連法案
を成立させ、カンボジアで開かれる東アジアサミット(EAS)から帰国した後の
「今月21日から約2週間」(官邸筋)とみられる。だが、本当にできるのか。
ある民主党幹部は激怒してこういう。
「本当に解散したら、民主党は間違いなく消滅する。輿石氏は『当選するのは
50人〜60人』と言ったが、最新調査では40数人だ。200人以上が落選して
死ぬ。何としても解散は阻止する」(抜粋)

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121114/plt1211140712000-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なんにしても解散が決まって、良かった。
「嘘つき」も返上できたし、こんな歌を送りたい心境だ。



「one toke over the line」 邦題「人生の道」

直訳すれば「一線越えちまえば・・・、ウンタラ」
って、マリファナ吸っちまえば、みたいな当時のヒッピーらしい人生賛歌。


民主党大崩壊 国民を欺き続けた1000日 (双葉社新書)
双葉社
小泉 俊明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 民主党大崩壊 国民を欺き続けた1000日 (双葉社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一線を越えちまえば、「嘘つき」呼ばわりされぬ BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる