BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 火付け常習犯、自覚なき上から目線は「妄想の神」の勘違いか

<<   作成日時 : 2012/08/11 21:51   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「お前が言うな」と罵声を浴びせられる日本のマスコミの知れ渡ってしまった
捏造・偏向報道だが、如何せんどこぞの民族を擁護するだろあって、「恥の
概念」がなく、いつしか「現人神」並みに妄想を膨らませて、「俺の言うことが
すべて正しい」とでもいいたけだが、その「痛さ」が滑稽で・・・。

画像


「アサヒる」という現代用語も存在する「捏造・偏向」の報道のキーマンとして
つとに日本人には「受けない報道機関」は、記者の妄想が過ぎて「神の領域」
に血迷って入り込んだようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
竹島への訪問―大統領の分別なき行い

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が、竹島を訪れた。日韓がともに領有権
を主張している島だ。
これまで韓国の首相が訪れたことはあったが、大統領の訪問は初めてのことだ。
自ら「最も近い友邦」と呼んだ日本との関係を危うくしたことは、責任ある政治家
の行動としては、驚くほかない。
日本政府は強く抗議して、駐韓大使を呼び戻す。日韓の関係が冷えこむのは避
けられない。
事態を沈静化させる責任は、まず大統領にある。もともと経済界出身の実務家で、
08年の就任直後から「未来志向の韓日関係」を掲げていたはずだ。
両国関係は、竹島問題がくすぶりながらも良好だった。それがこの1年あまりで、
急速におかしくなった。元従軍慰安婦の問題がきっかけだ。
韓国の憲法裁判所の決定を受けた昨年末の首脳会談で、李大統領は慰安婦問
題を取り上げ、野田首相に解決をせまった。
これに対し首相は「法的に決着ずみ」との立場を伝え、ソウルの日本大使館前に
立つ慰安婦記念像の撤去を要求した。
だが今回、大統領の背中を押したのは、こうした懸案というよりも、本人の足元の
問題ではなかったか。
来年2月の任期切れを前に、大統領周辺では実兄や側近の逮捕が相次いだ。
経済格差の広がりへの不満も強く、政権はすでに力を失っている。
15日の光復節を前に領土への強い姿勢を示す狙いだろうが、韓国民が一時的
に沸きたっても、暮らしのプラスになるものではない。
もはや、政権の浮揚にもつながるまい。逆に、竹島の領有権問題に決着がつい
ていないことを国際社会に印象づけることにもなろう。
内政が手づまりの時、為政者が国民の目を外にそらそうとすることは歴史に何
度も見られた。ナショナリズムをかきたてる領土問題は、格好の材料だ。
だが、そうした紛争のもとを絶つことこそ、指導者の最大の責務である。李大統
領は、あるべき姿から正反対に動いたと言わざるをえない。
近隣諸国との懸案を一向に解決できない日本政治の弱さも、放っておけない。
どの政党も、これを政局の材料にすることなく、冷静にこの問題にあたるべきで
ある。
東京で韓国のポップスターの公演に数万の日本人が集い、ソウルの繁華街で
は地元の店員が日本語で観光客を迎える。
市民レベルの交流は空前の活況だ。
それを政治が後戻りさせることは、許されない。

asahi.com 2012年8月11日(土)付
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
元従軍慰安婦の問題が発端として、外交摩擦
が起こっているという迷走のロジックの「自作自演」者にすれば、単に自分達の
過去に向き合わぬ「不遜なジャーナリズム」となってきそう。

画像


その時はそう思った、今に思い返せば「間違いであった」とでも自己反省があれば
「捏造の歴史」に終止符も打てるものだが、そのジャーナリズムとしての「矜持」も
「勇気」も持ちあわせていないから、外から批判も厳しくなる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
池田信夫
きのうのニコ生アゴラは「慰安婦」というマイナーなテーマだったが、「とても良
かった」と「良かった」の合計が96%という最高記録だった。あらためて確認し
たのは、この問題は朝日新聞が捏造したものだということである。
1991年8月に元慰安婦の金学順が日本政府に対する訴訟の原告としてカミン
グアウトしたときは、「親に40円でキーセンに売られた」と訴状に書いていた。
ところが朝日新聞の植村隆記者は「女子挺身隊の名で戦場に連行され、
日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦のうち、一人が名
乗り出た」と報じ、これが騒ぎの発端になった。
西岡力氏もいうように、これは誤報ではなく意図的な捏造である。なぜなら植
村記者の妻は韓国人で義母が訴訟の原告団長だったので、韓国語の読める
植村記者は訴状の内容を知っていたはずだからである。
彼はこれが単なる人身売買である事実を知りながら、義母の訴訟を有利にす
るために「日本軍の強制連行」という話にしたのだ。
そして1992年1月の1面トップ記事で植村記者は「慰安所 軍関与示す資料」と、
軍が慰安婦を強制的に集めていたような印象操作を行ない、その直後に訪韓
した宮沢首相は韓国の大統領に8回も謝罪した。
そして1993年の河野談話で、官房長官が「官憲等が直接これに加担した」とこ
れを認めるような発言をしたため「日本政府も認めた」という印象を世界に与え
てしまった。
しかし吉見義明氏でさえ認めるように、朝鮮半島で日本軍が慰安婦を強制連
行した証拠は一つもない。
これは歴史的事実としては決着のついた話だが、韓国では政権が不安定にな
ると「歴史問題」が蒸し返される。
今年5月の李明博大統領と野田首相の1時間の会談のうち、40分が歴史問題
だったという。
軍事情報包括保護協定が歴史問題を理由に土壇場でキャンセルされるなど、
この問題を片づけないと日韓関係は正常化しない。
これまで外務省は、問題が蒸し返されるたびに、表向きは謝罪したような文書
を出して韓国側と裏で「手打ち」してきたが、これがかえって「日本は事実を認
めた」と見られて話をこじらせた。
特に問題を理解していない日韓のマスコミが騒いで、問題を悪化させてきた。
朝日新聞は最近は慰安婦問題にはふれず、社説では「強制があったかどうか
は本質的ではない」などと逃げている。
西岡氏は、北朝鮮の拉致問題のように政府が外務省から独立した調査委員
会をつくって
事実関係を徹底的に調査すべきだと提案し、片山さつき氏も賛成だった。
自民党が「保守」の旗幟鮮明にできる格好のテーマだろう。
この調査委員会には植村記者を喚問して、朝日新聞の責任を追及すべきだ。

http://agora-web.jp/archives/1478590.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一私企業の「国益毀損」のそれとなれば、国民にとってはマスコミ得意の「謝罪・
賠償」の対象だろう。
そこらに対しての「曖昧な態度」が、より卑怯な事大主義と相通じて、シンパシィー
を感じる根拠になるのか・・・。
で、当の「かの国」といえば、何でも利用の「見っとも無さ」が全開で・・・。

画像


どこまでも「恥」もなければ、「分別」という意識は「偏狭過ぎるナショナリズム」に
頭脳が冒されているから、「言動が奇異」とは感じていない「残念さ」である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ロンドン五輪第15日の10日、日本と韓国が戦ったサッカー男子3位決定戦の
試合終了後、韓国の朴(パク)鍾佑(ジョンウ)選手(MF)が、竹島(韓国名・独島)
について、ハングルで「独島はわれわれの領土」と書かれたメッセージボードを
掲げた。

画像


現地で取材にあたっていた本紙記者によると、試合終了直後、韓国選手全員が
巨大な韓国国旗をフィールドに広げ、歓声をあげた。
そんな中、上半身裸になった朴選手が、観客席の方に走り、「独島はわれわれ
の領土」と書かれたメッセージボードを掲げ、そのまま約1分間、フィールドを駆
け回った。さらに、広がり波打っている巨大国旗に駆け寄り、問題のボードを旗
の上にポイと投げた。
五輪憲章は競技会場などでの政治的宣伝活動を一切認めていない。日韓で領
有権が争われる竹島に対し「韓国領有」を訴える政治的主張を五輪の場で展開
した朴選手の行為は、憲章に抵触する可能性がある。
韓国は過去にも国際スポーツの場で、物議を醸す行為をしている。昨年1月のサ
ッカーAFCアジア杯準決勝の日韓戦では、PKを決めた韓国の奇(キ)誠庸(ソン
ヨン)選手がサルのまねをした。韓国でサルは日本人の蔑称でもあり、国際世論
から「日本を侮辱した」との批判を受けた。

画像


3位決定戦が、韓国では李明博大統領の竹島訪問翌日の11日未明に行われた
こともあり、街頭大型スクリーンが設置されたソウル市庁舎前広場では、10日夕
方から早くも大勢の市民が集まり声援を送った。
韓国紙、毎日経済新聞(電子版)は11日、「独島はわれわれの島だ」「(朴選手の
行為に)涙が出そうになった」などとするサイトへのメッセージを紹介した。
一方、韓国のテレビや、主要各紙は朴選手の政治宣伝行為については一切報じ
ていない。(ソウル 加藤達也)

msn産経ニュース: 2012.8.11 19:58
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120811/kor12081119590006-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テコンドー・サッカーと揶揄されるボール以外でも「蹴っ飛ばす」ことのみに終始
する後味の悪さも手伝って、完全に鑑賞する気を失わせるから、この報道で知った
「偏狭過ぎるナショナリズム」の蛮行を、「アサヒる」報道機関は「例の如く上から目
線」できつく非難するのだろうか・・・。

画像


それもこんなことを書くくらいだから、見なかったことなかったこととして報道の自由
を履き違えるのだろう。

東京で韓国のポップスターの公演に数万の日本人が集い、ソウルの繁華街で
は地元の店員が日本語で観光客を迎える。
市民レベルの交流は空前の活況だ。
それを政治が後戻りさせることは、許されない。


市民レベルだと、以下のような「卑怯な人」も存在する「かの国」って、やはり
「妄想の神」にも、見通せない事大主義か・・・。

画像


普通の日本人としたら、こんな発言する人は日本人でも軽蔑するものだが、
やはり「アサヒる」報道機関は、どこぞの地球市民というエイリアンか・・・。


メディア症候群
総和社
西村幸祐

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メディア症候群 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
火付け常習犯、自覚なき上から目線は「妄想の神」の勘違いか BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる