BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の聖職にも腐った「みかん」は大量だし、気質は同質な者も・・・。

<<   作成日時 : 2012/03/13 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大震災経過一年で、大部分の人が「我が祖国」としてのバックボーンを意識
して、それだけに「被災者に対する誹謗・中傷」には神経質になる。
それを逆撫でされれば、当然に烈火の如く「怒るのは当たり前」だし、それ位
の配慮や気遣いをしないで日本に住むのは如何なものか・・・。

画像


国旗・国歌に対する「思想信条の自由」とかで紛糾する大阪の教育組合だけで
なく、埼玉の教職員組合も「教え育てる立場」を忘却すれば、以下のような
「被災者」への配慮を欠くものを作り得るのだから・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「さいたさいたセシウムがさいた」。埼玉県教職員組合(埼教組)が事務局を
している講演が、こんなタイトルをつけていたことが分かった。
これに対し、批判が相次ぎ、組合がタイトルを削除する事態になっている。
物議を醸したのは、さいたま市内で2012年3月10日に行われる予定のイベン
ト「国際女性デー埼玉集会」のチラシだ。

画像


■「不快な思いをさせてしまった」
集会は、埼教組が実行委事務局をしており、その中では、日本の詩人が講
演を行うことになっている。
副題は、「3・11後の安心をどうつくり出すか」。埼教組は、全日本教職員組合
(全教)の傘下にあり、日教組埼玉とは違う組織だ。
ところが、埼教組のサイトでこのチラシを掲げたところ、ネット上で、「これはひ
どい」「どういうセンスなんだよ」などとタイトルを疑問視する声が相次いだ。
東海テレビが11年8月に「怪しいお米セシウムさん」と誤って番組で流し、謝罪
した経緯もあったからだ。
自民党の片山さつき参院議員は、ツイッター上で埼教組に抗議して下さいと
呼びかけられ、サイトの告知で確認したとして、12年3月3日のツイートで怒り
を露わにした。日教組埼玉のことだと誤解していたようだが、「こういう言葉平
気で公に使うセンスで授業やられちゃかなわん!」とぶちまけている。
埼教組の執行委員長は、取材に対し、こうした批判を受けて、チラシから「さ
いたさいたセシウムがさいた」のタイトルを削除し、修正チラシを再配布して
いることを明らかにした。
「こちらにも、『タイトルが被災者の気持ちを逆なでする表現だ』とご意見がい
くつかあり、不快な思いをさせてしまったと考えました。詩人の方も、話し合っ
た結果、了承していただいたと聞いています」

■「講演者の詩人がタイトル考えた」
タイトルについては、埼教組の執行委員長は、「もともと詩人の方が付けたと
聞いています」と明かした。
ネット上では、日本の童謡「チューリップ」を元に詩の表現として考えたのかと
いった声や、「さいた」という表現に「さいたま」をかけた言葉遊びではないか
といった指摘が出ている。この点については、「原発への何らかの思いがあ
って付けたのだと思いますが、詳しいことは本人でないと分からず、承知して
いません」とした。
埼玉県では、三郷市などが「放射線ホットスポット」になると識者らから指摘さ
れているが、そのこととタイトルが関係するのかについても分からないという。
講演をする予定の詩人は、メディアやネット上で、政府の原発事故対応ぶり
を繰り返し批判している。
集会では、反原発の考え方を打ち出しているが、執行委員長は、「詩人の方
がどのような立ち位置かは承知していませんが、集会の趣旨には賛同して
いただきました」と言っている。
東京都内在住の詩人に取材しようとしたが、外出中だったため話は聞けなかった。

▽J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/03/07124705.html?p=all
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
講演者の意向などと詭弁を弄するが、教え育む立場の人間がいて「社会的
弱者」の擁護が真っ先に来るべきものを、批判を浴びるまで「配慮」に神経を
配れないでは、いささか教える者として失格の「神経」ではないか。

画像


スポーツでも「配慮を欠く行為」をしてしまう者も、上の画像のように存在するが
ここまで「品格が落ちてしまえば」救いようがない。
それと同等では「日本の教育」から去ればよかろう。
「迷惑な隣人」としてつとに広まる「嫌われる行動」を易々と挙行して、顰蹙を買
えば「下手な言い訳」では、日本人でなくとも呆れ返る。
正にそんな典型的な例が、下のものだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国人男性による不謹慎動画が激しい批判を浴びている。
東日本大震災からちょうど1年となる3月11日、韓国人の青年が日本人への
メッセージとして ネット上に動画をアップ。つたない日本語で語られるその
内容は、 「もうすぐ東京にも大地震が発生して、もう死んでしまうのですか?
あー、それだと良かったです」「私は実際に日本人を殺すことはないと思った。
自分で自滅してくれるんだな、この民族は。あー気持ちいい」「それではこれか
ら日本の復興をずっと見守りながら、楽しんでまいります。一瞬で死んでくださ
い、日本人のみなさん」という、あまりにも酷いものだった。
この動画は多くの日本人の怒りを買い、ツイッターなどで瞬く間に拡散。
炎上したことを知った韓国人青年は、動画を作った動機について「もともと日
本が好きだったが、あるサイトの嫌韓ネット右翼を見ていると日本に対する
不信感が募ったから」などと語っている。

画像


まるで責任転嫁をするような“言い訳”に、波紋はますます広がる一方だ。
動画のコメント欄に書き込まれた情報によると、この青年は、今年2月まで仲
間と共に川崎のアパートに住み、歌舞伎町で“アキラ”という名でホストをして
いたらしい。茶髪で細面な風貌は、確かにホストによくいるタイプ。現在21歳
だそうだが、“若気の至り”で済まされる問題ではないだろう。
K−POPや韓流推しが続く中、この騒動がどのように終息するのか、いまの
ところ先が見えない状況といえそうだ。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0312&f=national_0312_130.shtml

画像


2012年、ミス・シアトルに選ばれた在米同胞アン・ジンソン(Jean-Sun Hannah
Ahn)さんがツイッターで「シアトル侮辱発言」をしたとして大変な苦労をしている。
7日、英国日刊デイリーメールによれば在米同胞のアンさんはミス・シアトルに
選ばれたが過去のツイッター発言のため王冠を失う危機に瀕している。
アンさんは昨年12月、自分のツイッターアカウント(@MissPooenix2010)に「私
は今、本当にシアトルが嫌い」(Ew I serously an hating Seattleright now) 、
「私をアリゾナに連れて帰って。寒くて雨が降るシアトルと鬱陶しい人たちに
がまんできない」( Take me back to az!!! Ugh can't stand cold rainy Seattle
and the annoying people. )とつぶやいた。
アン・ジンソンさんはこれが侮辱発言として非難されると「ただ、天気について
文句を言っただけ」と説明した。アンさんは引っ越してきて三月程度と言う。
(中略)ミス・シアトルに選ばれた彼女はまだやっと22才であまりに土地が大
きい米国内で移動して適応するのは容易でなかったと見られる。
実際シアトルは全季節が霧と雨に覆われているうらさびしい天気で有名だ。
予測不可能な天気で朝晴れていても昼に雨が降り、夕方に風が吹くと表現
にされるほどだ。シアトルは特に映画トワイライトで女主人公が引っ越すとき
に予測が難しい天気のため苦労する場面が出てくる。映画では霧と雨がし
ばしば降るのでヴァンパイアが太陽を避けて住む所でもある。
「ミス・シアトル侮辱発言」というタイトルの記事でこのニュースが知られると
すぐにあるネチズンは「ミス・シアトル...天気がかなり寒かったようだ。
シアトルの人々が侮辱発言として憤慨しているというのに...とにかく韓国
だけで起きることではないようだ」と自身のブログに文を残した。(中略)
侮辱発言と非難するコメントをするネチズンも多かった。「彼女がきた所に
帰ることを歓迎する」(She is welcome to go back where she came from !)、
「私たちはここを愛する。雨は私たちの美しい川を維持し美しい山を守る」
(We natives LOVE it here...the rain keeps our beautiful rivers full ofwater、
and our beautiful forests alive)としてアン・ジンソンさんの発言に否定的な
意見を見せた。
一方、侮辱発言という非難がシアトル居住民から強くなるとすぐにアン・ジ
ンソンさんは7日、ツイッターに「私はシアトルを本当に愛しています。
そのため、夏には死ぬかもしれない」(I really do loveSeattle ... the summ
ers are to die for.)

カン・ポヒョン記者
(韓国語) ミスシアトル侮辱発言、そのまま'天気不満'?コメントがさらに見
苦しい姿
http://www.vop.co.kr/A00000481389.html

画像



IOCホームページ「“植民地時代の金メダリスト”孫基禎は韓国人」補完

2011年12月15日17時14分 提供:中央日報

IOCホームページ「“植民地時代の金メダリスト”孫基禎は韓国人」補完

国際オリンピック委員会(IOC)が、「日本の植民地時代にオリンピック(五輪)
金メダルを獲得した故孫基禎(ソン・ギジョン)先生(1912−2002)の略歴
を正してほしい」という大韓体育会の要請の一部を受け入れた。
IOCのホームページは選手紹介欄に、孫基禎(Sohn Kee−Chung)の名
前が日本読みで「Kitei Son」と表記された時代的背景などを詳細に説明し
た資料を新たに載せた。
これまでIOCのホームページでは「1936年ベルリン大会のマラソン優勝者
である日本の‘キテイ・ソン’は、日本に占領された韓国の孫基禎(ソン・ギジ
ョン)としてよく知られている」程度の説明しかなかった。 しかし説明が5倍ほ
ど増えた新しい紹介欄は「韓国の孫基禎は1935年東京マラソンで世界新
記録を更新した」とし、冒頭から韓国人であることを明確に記述した。
しかしIOCは、公式名を「キテイ・ソン」から「ソン・ギジョン」に変えて、国籍を
日本から韓国に改めてほしいという要請は受諾しなかった。 IOCは「五輪出
場当時に登録された名前と国籍を変えることは歴史を傷づけるおそれがあ
る」と理由を説明した。

http://news.livedoor.com/article/detail/6121380/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「人としての品格」という点から言えば、もうどうにもならない。
だからそれについて、やたらと本も出回ってしまう。

画像


業を煮やせば、以下のようにマスコミも取り上げる。勿論日本のマスコミが
取上げるはずもなく、日本だと逆に「差別」を訴えそうなものだが、堂々と
主張しないと理解出来ない「人格」であるを知ることも、今後の接し方の参考
だろう。



そのうち日本も以下のようなことでは、見放されるか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
政府が11日に主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾代表として
出席した台北駐日経済文化代表処の羅坤燦(らこんさん)副代表が指名献花
から外されるなど冷遇されたことが分かった。12日の参院予算委員会で世耕
弘成氏(自民)が明らかにした。
野田佳彦首相は「台湾の皆さまに温かい支援をいただいた。その気持ちを傷
つけるようなことがあったら本当に申し訳ない。
深く反省したい」と陳謝した。藤村修官房長官は「十分にマネジメントできてい
なかったことについてはおわびしたい」と述べた。
世耕氏によると、政府は約160の国と国際機関の代表に会場1階に来賓席を
用意したが、羅氏は「民間機関代表」と位置付け、2階の企業関係者などの一
般席に案内。指名献花からも外し、羅氏は一般参加者と献花したという。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120312/plc12031221040009-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
それにしても「謝れば・・・」的態度では、外交もあったものではない。
その軽さから出てくる言葉では、日本国民にも響かないだから、海外では
余計だろうに・・・。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の聖職にも腐った「みかん」は大量だし、気質は同質な者も・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる