BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し。

<<   作成日時 : 2012/02/19 22:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

このエントリーの題名は「平家物語」に由来するらしいが、その平家では日本放送
協会の番組が視聴者に不評で、惨憺たる視聴率らしいが、なんとも皮肉なことに
テレビ・メディアの批判に対して「嫌なら見るな」に素直に従った。いや、それだけ
魅力的番組の死滅がもたらした結果が軒並みの視聴率低下、それが「驕れる者」
を際立たせて・・・。

画像


公共放送だから視聴率は関係ないでなく、受信料を頂いている放送局だから
無駄な「番組」は淘汰でなくては、「徴収」は無理なのでは・・・。
もっとも今では「銀行引き落とし」という天引きサービスがあるから、集金の苦労
がなく公務員組合と同様に、潤沢な資金の原資がおろそかとなり、一部の者の
思惑が全面に出てきてしまう。
そして批判の矢面では、時代考証とともにその「汚さ」にあり、色彩感覚の違和
感が見る行為を阻害している・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<平清盛 視聴率たったの13.3%>

「もう、限界」――先週の放送で見切りをつけた人も多いのではないか。
NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回の平均視聴率が13.3%(ビデオリサーチ
調べ=関東地区)まで急落したのだ。
歴代ワースト3という低い視聴率(17.3%)でスタートした同作。第5回の16
.0%から2.7ポイントの大幅下落で、2ケタ割れも現実味を帯びている。
まさか人気の海賊冒険マンガをパクったわけじゃないだろうが、北海道生まれ
の芸人・加藤浩次が「俺は海賊王になる」と下手な関西弁で話し、唐突に清盛
の家来になるご都合主義。
NHKは放送前日、流血まみれの迫力ある海戦シーンだとアピールしていたが、
完全にズッコケた。
上智大教授の碓井広義氏(メディア論)がこう言う。
「日本人が想像する戦いのシーンといえば、戦国時代のそれ。今回の肉弾戦
は“ただの混乱”にしか見えませんでした。
関西弁も含め、当時の様子を忠実に再現しているかもしれませんが、視聴者
置き去りの演出が目立ちます。
巨大な宋船を造り、大河史上最大規模の海上ロケだそうですが、作品そのも
のがまさかの沈没寸前では報われないでしょう」
制作側は真っ青で、早くもテコ入れ策が検討されているという。
「寝屋のシーンなど、お色気強化がウワサされています。NHKにとって大河
の失敗は許されない。
制作費は1本当たり約6000万円です。外部スタッフをほとんど使わないで
この水準。内部スタッフの人件費も加えれば1本当たり1億円を軽く超えます。
外部スタッフの人件費を含めて4000万〜5000万円で制作する民放の倍
以上はコストをかけているのです。
むろん、原資はわれわれが払う受信料。だれも見ないようなドラマに大金を
かけていると、『払う必要があるのか』という声が強まりかねません」
(テレビ関係者)

大河50周年の節目が、ひょっとすると……。
http://tv.jp.msn.com/columns/column.aspx?articleid=883297
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この放送局にも現れている「ごり押し」の違和感が色彩感覚と共に、どうにも
「汚さ」を全面に出されると、反吐が出てくる。

画像


たとえば「コマーシャル・フィルム」で違和感が湧いてくる化粧品のものがあり、金
色まがいの色彩に、変なバック・ミュージックが流れて、こんな感覚以前はなかった
と思うのだが、それをたまに見ると「ヘンテコロリン」な曲調と「汚い映像」と見えて
これが化粧品のコマーシャルか愕然としてしまう。
ここでいう「汚い」というのは、どうにもすんなり入り込んでこない色彩感覚のそれ
なのだが、このところたまにしか見ないのに「そんなのが増えた」のは、いかがした
ものだろう。そしてコマーシャルがないはずの公共放送も上の画像のように、ありも
しない「人気」をあたかもな報道に載せてしまうという「汚さ」を見せ付ける。
そのたびに「きったねぇ映像」となって、テレビの魅力はますます衰えていく。
さすれば以下のような販売実績は、当たり前である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
薄型テレビの値下げが家電量販店で一段と進んでいる。

東京都心の一部店舗では40型の大画面で実質価格3万円台の機種が登場。
画面サイズ1インチ当たりで初めて1000円を切り、5年前の4分の1まで下
落した。
昨年7月の地上デジタル放送への移行後、需要は想定以上に落ち込み、全
国でも1月の平均単価が過去最安値を更新した。
17日に都心の複数の店舗で割引ポイントを引いた実質価格を調べた。
東京・池袋のヤマダ電機の店舗では、ソニーの「ブラビアKDL―40EX500」、
東芝の「レグザ40AS2」がともに3万9800円だった。
昨年10月からの下げ幅は5000円以上で、1インチ当たりでは995円。
32型も値下げが進み、東京・池袋のビックカメラなどではシャープの「アクオス
LC―32E9」が2万3220円だった。
調査会社BCN(東京・千代田)によると、1月の全国の平均単価は4万380
0円(税抜き)で前年同月比31%安。
とりわけ価格の低下が著しいのは集客の目玉になる32型と40型。下落率は
ともに4割前後にのぼる。
価格急落の主因は「想定を上回る」(ケーズホールディングスの加藤修一会長)
販売不振だ。家電量販大手は相次ぎ12年3月期の売上高を下方修正。
最大手のヤマダ電機は「3月の期末に向けてポイント付与や現金値引きの拡
大で需要を喚起する」(幹部)方針。
競合他社も利益を削った値下げで対抗し、たたき売り状況になっている。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819594E3E5E2E4E38DE3E5E2E0E0E2E3E09F9FEAE2E2E2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あまりにも「大人気」とかの自作自演に陥った「ごり押し」で、テレビを見る人が
減って、さすれば「購入意欲」は減退してしまうのは自然の摂理である。
まして見るものが「きったねぇ映像」では、ますますデジタルにした意味が薄れる。
そこらを予測出来ないのか、はたまた「色彩感覚」の音痴が制作側に増えたのか
日本人感覚が「ずれ始めた」のか、番組制作と共に「失った魅力」では、テレビ・メ
ディアに明日はないから、これから護送船団も「統合」の嵐が吹き荒れることになる
のでは・・・。
そんでもって、定番のセリフを浴びせられる「政権与党」もまた・・・。

画像


世界で「失笑」されているのにも自覚なく、そして何より「責任の矜持」も全くなく、
応援される者も、実際は「ありがた迷惑」である者が、またまた一丁前に「人様の前」
に出てくっちゃべっている。「恥の概念」がぶっ飛んでいると、さながら「三歩歩けば」
の様相である。また政権与党の「自前ブーメラン」もまた、さびしくカメラに向かって
「独り言」をくっちゃべっている・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
菅前首相「事故の拡大原因は、ほとんど震災前にあった」

民主党の菅直人前首相は18日、栃木県佐野市内の会合で、東京電力福島
第1原発事故について「事故が大きくなったほとんどの原因は、東日本大震
災が発生した昨年3月11日の前にあった」との見解を示した。
菅氏は、全電源喪失の想定をしていなかった経緯に触れ「担当部局は『反対
運動が起きるから考えないでおこう』と準備しなかった」と指摘。同時に「4号
機の使用済み核燃料がメルトダウンを起こせば、栃木も東京も避難しなけれ
ばならなかった」と振り返った。

(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120218/stt12021820490007-n1.htm

画像


2月17日、内閣総理大臣・野田佳彦(54)が、首相官邸の公式ホームページ上
で「社会保障と税の一体改革について」のビデオメッセージを公開した。
内容は、野田首相がカメラに向かって語りかけるという体裁を取っている。
ビデオのなかで、野田首相は「今までは、将来の世代にツケを回すやり方をし
てまいりました。
でも、『今さえよければいい』という無責任なことは、もうやめるべきだと私は思
います」として、各世代の国民に向けての「お願い」をしている。
まず、現在、ちょうど年金受給世代である団塊の世代に対しては、「これから皆
様の、皆様の社会保障を支える世代のことも慮って、是非この一体改革につい
てのご理解、その世論づくりの先頭に立っていただきたいとお願いをしたいと思
います」とメッセージを送っている。
そして、現役世代、若者に対しては、「自分達は多くのお年寄りを支えなければ
いけない、『ツイてない世代だな』と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、今日の豊かな社会を作ってきたのは、私達の先輩世代、皆さんの親御さ
んの世代でございます。そのご努力の積み重ねによって、今の日本はあります。
その『支え合う』構図のバトンをしっかりと受け継いでいただきたいと思います」
と語り、その後、政府側も、社会保障の受益を実感できるような改革を成し遂げ
るという決意を見せた。

http://news.ameba.jp/20120219-165/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さながら「いじめられっこ」の独白みたいでは、これを見せられる国民はますます
「この国はダメだ」となりそうである。
前例の「小泉」のパクリなのだろうが、そこには自分の意思表示が現れているも
のと、そうでないものとでは「伝わらない」ものだ。第一「人前でそこの聴衆を魅了
する演説」であるなら、まだしも・・・。



政治家なら、これくらい言えて当たり前である。
「心を込めて訴えるなら、心に響く」 日本人の資質を鑑みれば当たり前である。
それが反論のない「カメラ」に向かってでも、意思表明がヘタでは「こいつ馬鹿か」
と蔑まれるだけである。

画像


そうそう、こんな「クール・ジャパン」なら、税金投入はいただけない。



民主の敵―政権交代に大義あり (新潮新書)
新潮社
野田 佳彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 民主の敵―政権交代に大義あり (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


            
               自分で書いたものでも、読み返せよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる