食べて「友好」、一方「降り懸かる火の粉は払わねばならぬ 」は避けねばならず・・・。

「友好」なる語句には、上辺でない気質が無ければ、長く続く はずもなく、まして国同士となれば、尚更・・・。 十年前の災害時への「感謝」があればこそ、こんな画像も存在 して、見ているだけで良き付き合いを印象づける。 だけに以下の様な事象が起これば・・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ …
コメント:0

続きを読むread more

伝聞でしか報道できない哀れ、深層を汲めば「嫌われている」事実が明白

声高に「拒否」を叫んでも、それは相手にとっては理不尽なも のであれば、到底理解出来ぬ事象となってくる。 そこに「伝聞」なんてのが入り込めば、尚更である。 こんな三原則が広まるのは、理不尽な事象での糾弾なる事象の 様があからさまになって、ウソの上に嘘を上塗りしたかの文句 付けに対する反発があり、到底「友好」なる語句に…
コメント:0

続きを読むread more