食べて「友好」、一方「降り懸かる火の粉は払わねばならぬ 」は避けねばならず・・・。

「友好」なる語句には、上辺でない気質が無ければ、長く続く
はずもなく、まして国同士となれば、尚更・・・。

001友好7.jpg

十年前の災害時への「感謝」があればこそ、こんな画像も存在
して、見ているだけで良き付き合いを印象づける。
だけに以下の様な事象が起これば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
台湾メディアの聯合新聞網は13日、「台湾パイナップルが日本
各地で開花した」などとする記事を掲載した。中国が輸入を停
止した台湾産パイナップルが日本各地で売られるようになった
ことについて、台湾人のネットユーザーは「日本人には義理人
情がある」と投稿しているという。記事は「最大の功労者は
中国」と評した。
中国大陸は有害生物の存在を理由に、3月1日に台湾産パイナッ
プルの輸入を停止した。記事は、日本では目下のところ、台湾
産パイナップルが大手メディアの報道の焦点になっていると紹
介。購入できる場所がすぐ分かるように、グーグル・マップを
利用して台湾パイナップルが売られている場所を示す「台湾パ
イナップル地図」を作成した熱心な日本人もいることにも触れた。
台湾人も「台湾パイナップル地図」に反応して、以前には特定
のスーパーでしか買えなかったが、「現在では青森や飛騨高山、
名古屋でも買える」などと投稿した。
台湾人ネットユーザーからは、「日本の放送局が販売を助けよ
うとして、パイナップルの話題を連続して取り上げていること
も、日本での販売拡大に関係している」とした上で、「最大の
功労者は中国」との見方が出ている。ネットユーザーは笑いつ
つ「彼らに感謝」などと投稿しているという。
ネットではさらに、「日本市場は充実している。そこで売れる
ことは評価できる」「販売を助けてくれて、とても感謝してい
る」「日本人には、本当に義理人情がある」などの投稿が寄せ
られている。
台湾の蔡英文総統は12日、フェースブックに日本語を交えて
「いってきます!台湾の果物が日本に前進、東京五輪に登場!」
と投稿した。東京五輪委員会が、台湾がパイナップル、マンゴー、
ドラゴンフルーツについて定めた台湾適正農業規範(TGAP)を
承認したことで、東京五輪の選手村で提供される食材としての
資格を得たという。蔡総統は、台湾の果物が厳格な基準がある
五輪用食材に認可されたことは、国際的に高いレベルと認めら
れたこと示すなどと紹介した。
聯合新聞網など台湾メディアは、日本で台湾産パイナップルの
販売が拡大している話題に、台湾産果物が東京五輪委員会に認
められたことを追記して報じた。(翻訳・編集/如月隼人)

https://www.recordchina.co.jp/b873438-s25-c30-d0198.html



中国による台湾産パイナップルの輸入禁止措置が物議を醸す中、
日本人がつくった「台湾パイナップルのうた」が台湾人の感動
を呼んでいる。
台湾メディアの聯合新聞網は14日、「心温まる!日本人がパイ
ナップルのうたをつくり台湾の応援」と題する記事を掲載。
「中国本土による台湾産パイナップル禁止令が(台湾の)農家
を不安にさせたが、その他の国々から応援を受けている。
日本ではスーパーの台湾産パイナップルがごっそり買われたほ
か、今度は『台湾パイナップルのうた』まで登場し、台湾人を
感動させている」と伝えた。
「台湾パイナップルのうた」は今月8日に動画共有サイト・You
Tubeで公開された。制作したのはCM音楽やPRソングなどを手掛
ける音楽グループ「給食当番」。同曲をアップロードした理由
について、「台湾でライブさせていただいたこともある給食当
番は、台湾を応援せずにはいられません」とつづっている。
また、「動画撮影も練習の帰り道で、天気も悪いのにメンバーが
集まる機会もほぼなくなってしまったので、無理やり一生懸命急
いで撮りました。コロナが収まったら是非台湾でパイナップルか
じりながらちゃんとしたPV撮りたいです」とし、フルバージョン
を制作中であることを明かしている。
聯合新聞網の記事は、「このミュージックビデオ(MV)はリズム
が軽快でかわいらしく、歌詞にも温かさがあふれている」と説明。
「台湾パイナップルおいしい、ひとくち食べたら甘くて幸せいっ
ぱい」「台湾心優しい人たち、0秒でお年寄りに席譲る」「楽園、
天国、LOVE台湾」といった部分を取り上げて、「一字一句から台
日の友好が感じられる」と伝えている。
YouTubeのコメント欄には、台湾のネットユーザーから「本当に
うれしい!感動した!」「すごく温かい。ありがとう日本」「台
日友好、一緒に頑張りましょう」「とても温かい果物の歌ですね。
台湾への応援に心から感謝します。台湾に旅行に来てください」
「ありがとう日本!コロナが収束したらきっとまた行きます!」
「気づいたら2回も聞いてた(笑)台湾パイナップルを応援して
くれてありがとう」「とてもかわいい歌ですね。台日の往来が早
く正常になりますように。皆さんが恋しいです」「この曲超かわ
いい!本当ありがとうございます!感動!こんど日本にあそびに
いきます!」「日本最高!どうもありがとうございます」といっ
たコメントが日本語も交えて書き込まれている。
記事によると、立法委員の王定宇氏もフェイスブックでこの動画
を紹介し、「(動画を)見ながら笑い、そして目が赤くなりまし
た」「動画では台湾パイナップル以外にも、美しい人や事、物な
どがみんな紹介されています。優しくて純真な友情はシェアする
に値するもの…100点」と書き込んでいる。(翻訳・編集/北田)

Record China 2021年3月15日(月) 17時20分
https://www.recordchina.co.jp/b873456-s25-c30-d0052.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その昔、こんな番組があった。
若者の出会いと別れ、残酷なほどシナリオが意地悪いもので、
それへの反応が、見ている人を惹き付ける。
中でも、この台湾娘と日本男子のやりとりは印象に残った。





これを放送していたのが、あの元祖「挑戦東京テレビ」として
つとに有名な局てのが、笑ってしまう・・・。
この映像に流れるのが、以下の人のもので、なかなかに番組に
あって、より以上に物語を盛り上げていたら。

001tiwan.jpg

初海外コンサートの地に、ここを選ぶのも立派で、「民間外交」
のもっともたるものでは・・・。
そんなところは、輸入品でも「リスペクト」してくれるようで。



あっちの「消防車」も、それなりの活躍を見せているのかも。
以下の様な動画を見ると、それこそ微笑ましくなる。



私企業でも、讃えたくなるというものである。



一方、画像に「嫌悪」が含まれて、にやりとして
納得してしまうのが、以下のもの。
同じ境遇に陥っても、人の性格によっては「恩と感じる」「逆
恨み」と百八十度対応が変わるのを見てしまうと、言葉に出す
のも憚れて、そっとそばを離れるのは人としての「処世訓」で
あろう。
さすれば、画像のような「接触を断つ」のは、精神衛生上も
最善の策。

001a gensoku.jpg

以下の様な報道に接すれば、同じ価値観やら性質ではない
異星人かいなと思える「自惚れ」や「犯罪意識」の低さに
唖然とさせられる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
米音楽界の祭典、第63回グラミー賞の授賞式が15日(日本時間)、
米ロサンゼルスで開かれた。最優秀ポップ・デュオ/グループ・
パフォーマンス部門にノミネートしていた、韓国出身の7人組男
性アイドルグループ・BTSの楽曲「Dynamite」は受賞を逃し、レ
ディー・ガガ&アリアナ・グランデの「Rain On Me」が受賞した。
グラミー賞は米音楽界で最も権威のある賞で、84の部門がある。
BTSはデュオやグループ、コラボレーションという形で功績を残
したミュージシャンに授与される同部門にノミネートされ、韓
国の歌手・グループとしての初受賞に期待が高まっていた。

001 ant bts.jpg

BTSは、昨年8月に「Dynamite」が韓国のアーティストとして初
めて、米ビルボードのシングルチャートで1位を記録。続く11月
に発売したアルバム「BE」もアルバムチャートで1位を獲得。
世界中に「K―POP」というジャンルを浸透させた。
すでに米国の3大音楽賞とされる「ビルボード・ミュージック・
アワード」「アメリカン・ミュージック・アワード」を受賞し
ているが、アイドルの受賞が比較的難しいとされるグラミー賞
の壁は厚かった。
BTSは、グラミー授賞式でもパフォーマンスを予定している。
このほか、長崎県出身のパーカッション奏者、小川慶太が参加
する米国のグループ、スナーキー・パピーの「ライブ・アット
・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール」が「最優秀コンテンポ
ラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞」に輝いた。
定塚遼)

朝日新聞デジタル 2021年3月15日 7時03分
https://www.asahi.com/articles/ASP3G524FP3DUCLV005.html

001a  korja uso.jpg



慰安婦の契約について論じている論文なのに、たった1枚の契
約書も提示していない」(吉見義明教授/中央大学)
「自分の主張に合う文献と資料だけを恣意的に使って他の根拠
は無視した」(小野沢あかね教授/立教大学)
日本の学者が米国ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授
の慰安婦論文について「基本的な学術論文の要件も備えていな
い」と批判した。14日、日本市民団体「Fight for
 Justice(ファイト・フォー・ジャスティス)」が日
本史研究会・歴史学研究会・歴史科学協議会・歴史教育者協議
会などの学術団体と共に開催したオンライン・セミナーでだ。
今回のセミナーで、日本国内の慰安婦研究の第一人者に挙げら
れる中央大学の吉見義明名誉教授は、慰安婦制度が「業者と女
性の間の契約」というラムザイヤー教授の主張に対して、
「ここでの契約は、社会で通用している一般的な契約ではなく、
女性の奴隷的拘束を引き起こす『犯罪的人身売買契約』という
事実を無視している」と指摘した。また、ラムザイヤー教授の
論文は、当時の契約書を一枚も提示したり検討したりしていな
いと話した。
吉見氏はまた「当時契約書にサインした慰安婦は日本人女性の
大部分と一部の朝鮮人女性だけ」であり、契約はないままに軍
と業者によって略取あるいは誘拐によって慰安所に拘束された
多くの女性がいたと説明した。また、契約書がある場合にも、
契約期間が終わってお金を全額返済したにもかかわらず帰国で
きない女性が数えきれないほど多くいたと言及した。
吉見氏はラムザイヤー教授の論文にはその主張を裏付ける証拠
が提示されていないか、自分勝手に作り出した話まであるとし
ながら「このように見るならこの論文は破綻しており、学術論
文と認めることは難しい」と評価した。
立教大学の小野沢あかね教授も、この日のセミナーで慰安婦制
度を公娼制度と同様に見たラムザイヤー教授の論文を批判して
「慰安婦制度は何よりも旧日本軍が主体となって慰安所を設置
して慰安婦を募集した点で公娼制度とは違う」と指摘した。
小野沢氏はまた、この論文が「遊女契約は事実上の人身売買契
約という多くの先行研究を無視している」としながら資料的根
拠がない主張で「遊女と慰安婦制度の実態を論じているとは到
底言えない」と評した。
今回のセミナーには関連専門家であるシンガポール国立大学の
茶谷さやか教授と東京外国語大学の金富子教授、大阪産業大学
の藤永壮教授、同志社大学の板垣竜太教授、トロント大学の米
山リサ教授が参加した。
慰安婦問題に対する日本政府の態度を批判する意見も出された。
藤永氏は討論で、韓国の崔鍾文(チェ・ジョンムン)外交部第
2次官が国連で「旧日本軍慰安婦は普遍的人権問題」と指摘す
ると、日本側が2015年慰安婦合意を挙げて反発した事実に
言及して「このような日本の態度は歴史を隠そうとするものだ」
と指摘した。
これに先立ち、Fight for Justiceと日本学
術団体は10日、ラムザイヤー教授の論文を批判する緊急声明
を発表した。彼らはこの声明文で「この論文は、そもそも女性
の人権という観点や、女性たちを束縛していた家父長制の権力
という観点が欠落している」と明らかにした。続けて「この論
文に学術的価値を認めることができない」とし「それだけでは
なく、私たちはこの論文の波及効果にも深刻な懸念をもってい
る」としながら、論文を載せた学術誌『インターナショナル・
レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス』(IRLE)
に掲載を撤回するよう要請した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5680fd08c3adaba64619c17a947990e0b5f49b1f

001 ant korea bay.jpg

001 ant korea baisyun.jpg

「マッサージ店」と言えば韓国系
米メディアは「被害者はアジア系女性」と報じ続けていた。
「韓国系の女性たち」と地元韓国系ニュースサイトが報道する
までは、そう報じ続けた。
「アジア系米国人」(Asian American)という表現が定着した
のは1970年代。
それまではJapanese-American(日系米国人)、Korean-Ameri
can(韓国系米国人)などと出身国にハイフンをつけた米国人
としていた。
今ではに日中韓系米国人、さらにはインド系やポリネシア系な
どの総称してこう呼ぶようになっている。
もっとも近年では、Asian American and Pacific Islanders(AAPI
=アジア系太平洋諸島系米国人)といった表現が米議会を中心
に頻繁に使われ出している。
ただしそれは建前で、「アジア系」という名詞が特定の職業・
職種や習慣と結びつくとある種のイメージが定着していること
も事実だ。
例えばマッサージ店と言えば韓国系。
交差点の道路標識「イールド」(先を譲れ)を無視するアジア
系女性ドライバーと言えば中国系。
「モデル・マイノリティ(模範的な少数民族)のアジア系」と
言えば日系。
そんな固定観念が定着していると、米カリフォルニア大学バー
クレイ校の米社会学者から聞いたことがある。
だから今回の事件でアジア系女性が殺されたという「第1報」を
知った米市民の大半は、韓国系女性たちだとピンときたはずだ。
韓国系マッサージ店だから当然だが、そこには中国系や日系の
女性がいないことを皆、百も承知なのだ。
そして、韓国系マッサージ店が「隠れた売春施設」と結びつく
のも「一般常識」になっている。こうしたマッサージ店がしば
しば警察の売春で摘発されてきたからだ
アトランタの韓国系人口はここ10年で急増
アトランタの地元紙のメトロポリタン担当記者のP氏は筆者にこ
う指摘している。
「事件のあったアトランタ市の都市圏人口をみると、ここ10年、
アジア系、特に韓国系が増大している」
韓国系が増えるとともに韓国系のマッサージ店が雨後の筍のよう
に増えている。韓国系と言えば焼き肉レストランとマッサージ店
と言ってもいいくらいだ」
「移民法改正以後、米国で市民権をとった韓国人は、親類縁者を
呼び寄せた。このため韓国人移民が激増したのだと思う」
「ただ、米国に来てすぐ仕事口が見つかるわけでもない。特に手
に職のない女性はつてを頼って韓国人経営のマッサージ店で働く
ケースが多い」
「今や全米大都市周辺にはこうした韓国系のマッサージ店が至る
所にある。問題は、韓国系のマッサージ店の中にはいかがわしい
ものが少なくないことだ」
「特に白人男性は店の看板にコリアン・マッサージと書いてあれ
ば、セックスができると何となく考える。そう思わせる雰囲気が
出来上がっているのも事実だ」
今回、韓国系マッサージ店3軒に侵入し、銃を乱射した21歳の男
が「買春目的」で通った経験があったとしても不自然ではない。
(略)
「皆怖がって、仕事などそっちのけで家で震えているわ」
多様化まっしぐらの米国は、今分裂と分断の中で、新たな「黄禍
論」の台頭に見舞われている。
米中という大国同士の「外交上の戦争」は、米国内では一握りの
白人至上主義者による「中国人狩り」をけしかけ、転じて「アジ
ア人狩り」へと拡大させている。
その勢いは収まるどころか、第2、第3のアジア人射殺事件を生み
そうな状況になっている。
日米同盟強化もいいが、日本人も米国にやって来ると、「アジア
人狩り」の標的になるご時世になってきた。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64561

001 ant line.jpg

LINE 中国にシステム管理委託 技術者が個人情報アクセス可能に
2021年3月17日 6時59分

通信アプリ大手のLINEが中国の開発会社にシステム管理を委託
し、中国人の技術者が日本の利用者の個人情報にアクセスでき
る状態になっていたことがわかりました。
個人情報保護法では外国への個人情報の移転が必要な場合には
利用者の同意を得るよう定めていますが、LINEは個人情報に関
する指針で利用者に外国に情報を移転することを十分に説明し
ておらず、政府の個人情報保護委員会に報告したということです。
LINEの利用者は国内でおよそ8600万人にのぼっていて、親会社
のZホールディングスは社内に委員会を設けて調査し、改善を図
る方針を決めました。

2021/3/17
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210317/k10012918871000.html

001 ant line03.jpg

国内の月間利用者が8600万人に上る無料通信アプリを運営する
「LINE(ライン)」(本社・東京都)が、利用者間でメッセー
ジをやりとりするサービス「トーク」に投稿されたすべての画
像と動画を韓国内のサーバーに保管していることがわかった。
同社は、現行のプライバシーポリシー(個人情報に関する指針)
ではそのような状況が利用者に十分伝わっていないとして記述
を見直す方針で、データも日本国内に移転するとしている。
同社によると、日本国内の利用者が「トーク」でやりとりした
データのうち、画像や動画のすべてを韓国IT大手ネイバーのサ
ーバーに保管している。そうした運用は、2012年ごろに「トー
ク」で画像や動画を扱うようになって以来続いているという。
韓国のサーバーにはスマホ決済「LINE Pay(ペイ)」の取引情
報も置かれていた。氏名や住所などは含まれていないとしている。
このサーバーには、韓国にあるLINEの子会社「LINEプラス」の
社員がアクセスする権限を持っていた。アクセス権を持つ社員
の数や業務内容、アクセス履歴の有無は「調査中」としている。
データは複数のサーバーに分散化する特殊な処理がなされており、
アクセス権を持つ社員も具体的な画像内容は見られないという。
 こうした運用の経緯についてLINEの舛田淳・取締役最高戦略
マーケティング責任者は、「サーバー構築や費用の面で(日本
と比べ)韓国の方が有利だった」と説明した。
膨大なデータを海外のサーバーで保管する企業は珍しくない。
同社は指針で、国外に個人情報を提供するケースとして、
「(インフラの構築・運用など)一部の業務を第三者に委託す
る場合があり、パーソナルデータの全部または一部を委託先に
預託することがある」としている。
この記述について、1日にLINEと経営統合したZホールディング
ス(HD)の中谷昇常務執行役員は取材に、「(利用者への)説
明の仕方として、自分の画像や動画が日本の外にいくとは想像
しがたいと思う」と、不備があるとの見解を示した。その上で、
指針を見直し、今年半ば以降にデータを国内移転する計画を進
めていることを明らかにした。
ZHDは、すでに明らかになった中国の委託先に日本のサーバー
へのアクセス権を付与していた問題などを含め、政府の個人情
報保護委員会に報告している。
平井卓也デジタル改革相は17日の衆院内閣委員会で、「個人情
報保護委員会で十分に調査をし、不適切と判断した場合には訂
正していくことが必要だ」と述べた。菅義偉首相は17日、政府
内でのLINE利用の見直しについて記者団に問われ、「見直しと
いうことではなくて、まず事実関係について確認している状況
だ」と述べた。加藤勝信官房長官は会見で、「関係政府機関に
おいて事実関係を確認の上、適切に対応していくことになる」
と述べた。(編集委員・峯村健司、篠健一郎)

LINEなんてダメだコリア 朝日新聞
日本のLINE利用者の画像・動画全データ、韓国で保管
編集委員・峯村健司、篠健一郎
2021/3/17 19:09
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP3K64ZCP3KUHBI01W.html

001 ant korea02.jpg

経済】LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。
上場を前にLINEが大波乱 2014/06/22 【個人情報】

■LINEの個人情報はどに保管されているのか?
 
無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に
筒抜けになっているという報道が波紋を呼んでいる。
LINEの森川社長はすぐに全面否定のコメントを出し
たが、騒動はすぐには収まりそうもない。LINEは上
場を前に大きな課題を抱えてしまった格好だ。
きっかけは、韓国の国家情報院(旧KCIA)が、LINE
を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析して
いるという月刊誌FACTAの記事。韓国政府のサイバ
ーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリ
ティセンター(NISC)との協議の場で認めたという。
傍受の方法はシステムに直接侵入するのではなく、
通信回線とサーバーの間でワイヤタッピングすると
いうもので、韓国の国内法では違法にならないという。
記事では、LINEの日本人ユーザーの通話データなど
が韓国政府に送られているとしている。
LINEの森川社長は、「LINEの通信は、国際基準を満た
した最高レベルの暗号技術を使って通信されています
ので、記事に書かれている
傍受は実行上不可能です」と反論し、「看過できない
記事」であるとしてFACTAに強く抗議している。
元CIA職員であるスノーデン氏の事件で明らかになった
ように、各国の情報機関が通信回線からデータを抜き
取っていることはもはや常識である。
LINEは、韓国企業ネイバーの子会社であり日本資本で
はない。同社が韓国政府からの情報収集対象になって
いないことの方がむしろ不自然なことである。
ネットでは、森川社長が「傍受は不可能」と言い切っ
てしまっていることから、逆にそれを不安視する声も
上がっているようだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

LINEは、韓国企業ネイバーの子会社であり日本資本で
はない。

個人情報保護法なんてのは有名無実の「ダダ漏れ情報」はそも
そも運用当時から危惧されたこと。
もっとも今更でも「法律遵守」の体で叩けば、それなりの
秩序は保てる。
にしてもどこぞが批判の矢面となれば、こっそり出てきた
話題でって、なんともはや・・・。
どこぞと同じで、保身の権化かいなと呆れるばかりだ。
普通の神経なら、敵対するやら嫌悪が勝れば、近寄らない
でが、真っ当な神経の人の常套手段。
以下の様な人の行動を見てみれば、頷けるものだ。





何かの「禍」の中でも、誰かを励ます人として・・・。
これが人間としての矜持でないとしたら、それは・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント