災害時でも、人間の尊厳を示すスピリッツ。人外との違いはより鮮明に

ネットの発達は、オールド・メディアの信じられないねつ造を
簡単に暴き、信頼感を失わせる存在として顕著になってもなお、
偏りを訂正も出来ず、さらなる不信感を植え付けている。
その代表は言わずと知れたところであるが・・・。

001a asahi damare.jpg

災害においても、醜さ全開の言動に好き嫌いもあったもので
はなく、どんなに擁護しようが、どこにも響かないのは、人の
感情を無視した人外に他ならない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(以下、韓国人の反応)
・反省のない悪質な戦犯国に天罰が下る。

・これは薬だ。台風に地震に放射能と延々と災害が続く。
お前ら猿どもは先祖代々のカルマを背負い、海の中に消えるま
で天罰を受ける運命だ。

・歴史的に悪事を重ねて天も怒りを警告するのです…

・呪われたサルの国は、私たちが何もしなくても、いつかは自
然災害で徐々に地球から消えるだろう。
歴史意識さえないバカどもの死は祝福であり、崇高である。
ゴミのような人間をきれいにしてくれるから…

・今度は募金なんてしないでください

・日本のスーパーの陳列台で韓国ラーメンだけ残ったよ。
日本ボイコットは、日本が滅びるまで行きましょう。

・強制徴用で亡くなった方が悔しくて、日本の国に罰を与える
のだ~この際、津波まで来い!

・スーパー台風もう1つ追加して。台無しにして捨てなければな
らない

・関東大震災の時みたいに、腹いせにまた韓国人たちに責任を求
めるね。

・ふふふ温かい記事。リニューアルオープン

・富士山爆発もカモン~

・台風のため、日本マートが品切れ事態だというのに農心ラーメ
ンはそのまま残っているね。
この中でも、韓国食品不買運動する嫌韓に満ちた日本

・靖国神社をひっくり返せ

・被害があまりにも少ないですね…ㅠㅠ

・日本おめでとう笑 早く滅亡しろ

・侵略根性がなくなるまで苦しめ!反省することを知らない民族

001a saigai05.jpg

https://news.v.daum.net/v/20191012212113953
・善良な日本人なんていない。
 悪どい日本のやつらと善良なふりをするあくどい日本人がい
るだけ。 一掃してしまえ。

・明日の朝のニュースで、チョッパリ日本が消えた記事を待つ。

・これがもし日帝強占期であれば、すべての事故を朝鮮人のせ
いにして大虐殺が始まっただろう。
だからこそ今、私たちは、日本人が自然災害で死んで消えるこ
とを願うのだ。

・ああ本当に….被害が弱い!弱い!失望である

001a cyosen.jpg

日韓関係が泥沼化するなか、ネットやテレビ、雑誌などでは嫌
韓論が広がっている。
事実に基づかず、隣国を面白おかしく叩(たた)くような現象
は、なぜ生まれているのだろうか。

朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/DA3S14223405.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事実に基づかず、隣国を面白おかしく叩(たた)くような現象
抽象的な物言いで、それがフェイクでもあるような言い方を
しても、ネットの発達はその真贋を曝け出していて、擁護の様が
いかにも「ひいきの引き倒し」で、双方にとってマイナスでしか
ない。

001a saigai04.jpg

災害においても「備えあれば、憂いなし」の格言を無視すれば、
とたんに被害は広がって行く。
姑息な人気目当ての「コンクリートから人へ」が、いまでは
呪詛の言葉と化している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国会、異例「特別枠」で台風を審議 1時間追加し論戦
10/15(火) 21:49配信 朝日新聞デジタル

参院予算委員会は15日、当初予定の7時間の審議に加え、台風
19号に関する約1時間の「特別枠」を設け、集中審議を行った。
野党側は、決壊が相次いだ河川の堤防の耐久力や避難所運営の問
題点を指摘した。
立憲民主党の杉尾秀哉氏は、長野県の千曲川での堤防決壊をめぐり、
復旧の加速を求めたうえで、 「堤防の耐久力が弱かったのではな
いか。抜本的な復旧とともに災害が起こらない改良工事が必要」と
主張した。
赤羽一嘉国土交通相は復旧について、「現場では『まだ足りない』
という切実な声があると思うので、緊張感を持って進めなければな
らない」と答弁。「気候変動で豪雨が増加する状況変化に合わせた
治水施設の整備は、重要だ」と応じた。
国民民主党の森ゆうこ氏はホームレスの男性の避難所受け入れを断
った東京都台東区の対応を批判し、認識をただした。安倍晋三首相
は「避難所は、被災者の生命身体を保護するために設置されたもの。
避難した全ての被災者を適切に受け入れることが望ましい」と述べ、
「関係自治体に事実関係を確認し、適切に対応する」との考えを示
した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000093-asahi-soci

001a saigai01.jpg

《二子玉川の新堤防で論争 2009/08/23放送  東京・世田谷区の
東急・二子玉川駅近くの南地区(約500世帯)で、国土交通省が建
設を始めた新堤防をめぐって、住民同士が論争を繰り広げている
ことを放送。「住宅の中からの、すばらしいながめが高い堤防に
さえぎられ、周辺の自然もなくなる。100年に一度の洪水に備えら
れるという説明納得できない」という建設反対派と、「水害から
人命・財産を守るのには欠かせない」という賛成派の、それぞれ
の意見を紹介しました。》

反対は裁判所に却下され「下流側」堤防は完成した

いまネット掲示板では「多摩川氾濫は天災ではなく人災だった」
という書き込みが続出している。堤防建設反対派住民への非難の
声があがっている。「週刊文春デジタル」では”反対派”とされて
いる「二子玉川の環境と安全を考える会」にも話を聞いた。
同会の代表を務めていた男性は昨年他界し、副代表の男性が取材
に応じた。
「我々は堤防が要らないと主張していたわけではないんです。
堤防ができる前、川沿いの土手には桜が咲き誇り、松林も生い茂
っていたので、もちろんこの綺麗な景観を守りたいという気持ち
がありました。そうした木々を避けて堤防を建設するといった国
交省の柔軟な対応を求めていただけなんです。我々が一番に主張
していたのは、中洲の樹木の伐採でした。例えるなら血管の中に
コレステロールが溜まってしまっているような状態で、自然と水
位は上がってしまいます。そうした点を含めて、国交省に対して
安全と環境のバランスを保った堤防を作ってほしいと頼んでいま
した」(副代表の男性)

https://bunshun.jp/articles/-/14751



八ツ場ダムの効果称賛、専門家は疑問視「冷静に検証を」

記録的な大雨をもたらした台風19号で、試験貯水中に満水とな
った八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の治水効果をめぐ
り、称賛と批判が渦巻いている。こうした状況について、治水の
専門家の今本博健・京都大名誉教授(河川工学)に話を聞いた
台風19号に関する八ツ場ダムの治水効果は今後、データをそろ
え冷静に検証する必要がある。私たちは洪水と共存しながら人命
を守っていかなければならない。私はダム推進派でも反対派でも
ないが、効果を過大評価せずに見つめていかなくてはならないと
思う。
今回は試験貯水中で、たまたまダムの容量に通常以上の余裕が
あった。ダムが運用中なら下流の利水の…

https://www.asahi.com/articles/ASMBJ6F0GMBJUHNB01Q.html

001a asahi goho.jpg

https://anonymous-post.mobi/archives/14688
<参院選>八ツ場ダム 残った不信感住民「政治には期待できぬ」
2019年7月6日 夕刊

二〇〇九年の衆院選で当時の民主党が「建設中止」を公約に掲げ
て注目された群馬県の八ッ場(やんば)ダム。同年九月の中止表
明と二年後の中止撤回という混乱を経て、今年六月にダム本体が
ほぼ完成した。参院選群馬選挙区でも、完成間近のダムは争点で
はなくなった。翻弄(ほんろう)された水没地の住民は「もう政
治には期待できない」と、選挙戦に冷めた目を向ける。
同県長野原町で、ダム代替地の高台に立つ真新しい家。
「こんなものいらなかった。大切な故郷がダム湖に沈む悲しさに
は代えられない」と、町の元消防署員高山彰さん(65)は語る。
二階の窓からは、高さ約百十六メートル、幅約二百九十メートル
の巨大なダムの姿を一望できる。
ダム計画が持ち上がった翌年の一九五三年に生まれ、住民が賛成
と反対に分かれて争うのを見てきた。建設は仕方ないと諦めてい
たが、民主党の中止表明で「やはり造らなくていいんだと、目か
らうろこが落ちた」。ダム建設再開を要望する住民の中でも反対
の立場を隠さず、家族からは「いつまでこだわってるんだ」「余
計なことを言わないで」と止められた。
一一年の中止撤回後も、水没予定地で最後まで移転を拒否。
強制収用を可能にする、土地収用法に基づく国土交通省の事業申
請を受け、一六年に移転契約に応じた。
「家族の中でも移転するかしないかで意見が分かれ、ばらばらに
なってしまった。一人ならいつまでもいたかった」と振り返る高
山さんは、介助が必要な兄と町外で暮らし、新居には引っ越して
いない。県によると、移転対象の四百七十世帯のうち、代替地に
移ったのは一八年末で九十六世帯。多くは町を離れたとみられる。
ダムは今年六月に本体のコンクリート打設が完了し、来年三月に
完成予定。故郷を水没させてまで、本当に必要なものなのか。
納得できる説明はなく、不信感だけが残った。「政治家は今から
でも、一番犠牲になった住民に目を向けてほしい」。高山さんは、
訴える。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201907/CK2019070602000292.html



「公共事業=無駄」というレッテルのみを信条に
本当に無駄かどうかを精査もせず、十把一絡げに否定するのは
ただのバカだよ
八ッ場ダムを必要とする6都県からの激しい突き上げで渋々精
査に着手した結果、 「このダムは必要」との結論に至ったにも
関わらず、それでも潰すと言ったら絶対潰す!と暴走し、もし
八ッ場ダム建設に予算をつけるなら、与党政調会長として国交
省の予算ごと握り潰してやるからそう思え!とまで息巻いた民
主党の前原誠司なんかはそんなバカの真骨頂
前原にとっては、国民の命・生活よりも、自分のチンケなイデ
オロギーが第一 社会主義者はこうして独裁者になり、社会主義
国ではこうして国民が見捨てられていくのだなと、確信させる
出来事だった
洪水は国民の命も生活も丸ごと破壊する
ゆえに、治水事業には特に、個別に精査する慎重な対応が必要
そして、乱雑で頭の悪い十把一絡げしかできない民主党政権は、
この対応の真逆を突っ走っていた
あの時、石原都知事がいなかったらどうなっていたことか
民主党政権の残党どもは、石原慎太郎元東京都知事に対して、
あの時、軌道修正してくれた礼を言うべきだろう

001a aichiuemiyama.jpg

あいちトリエンナーレが閉幕した。脅迫や執拗(しつよう)な抗
議で中止に追い込まれた企画「表現の不自由展・その後」は、最
終盤になって再開にこぎつけた。入場が抽選制になるなどの制限
は残ったが、不当な圧力に屈しない姿勢を示せたのは良かった。
一連の出来事は、表現活動をめぐる環境が極めて危うい状態にあ
る現実を浮き彫りにした。引き続き問題の所在を探り、是正に取
り組む必要がある。
騒ぎの発端は、作品を見ることも、制作意図に触れることもない
まま、断片情報に基づく批判が開幕直後に寄せられたことだった。
河村たかし名古屋市長ら一部の政治家が、同じく表面的な事象だ
けをとらえて攻撃を加え、火に油を注いだ。
とどめは文化芸術を守るべき文化庁だ。9月下旬になって、内定
していた補助金の不交付を決めるという暴挙に出た。
申請手続きに不備があったというのが理由だが、菅官房長官らは
早々と8月初めの時点で支給の見直しを示唆している。表現その
ものに圧力をかけようという意図は明白だ。補助金の審査に関わ
る外部専門家の意見も聞かず、再検討の経緯を記録した文書もな
い。行政が本来の道を踏み外し、暴力で芸術を圧殺しようとした
勢力に加担した。そう言わざるを得ない。
宮田亮平長官は東京芸術大学の前学長だ。事態の深刻さは認識し
ているはずだが、部下が不交付を決め、自分は関与していないと
釈明する。本当であれば組織の長としての資質を欠く。
文部科学相も首相も「われ関せず」を決めこんでいる。
全てがあいまいなまま、補助打ち切りという事実だけが残ればど
うなるか。「議論を呼んだり、政府ににらまれたりする恐れのあ
る活動は控えよう」という萎縮が広がるのは必至だ。
美術、文学、音楽を問わず、既成の概念や価値観をゆさぶる作品
が、次の時代を切り開き、自由で多様な方向に世界を広げる原動
力になってきた。それが否定されてしまえば、社会は閉塞(へい
そく)状況に陥るばかりだ。

001a koria musume.jpg

慰安婦に着想を得た少女像や昭和天皇を含む肖像などが燃える映
像作品に対して、「日本へのヘイト」との批判も飛び出した。
これもあきれる話だ。
表現の自由への過度な制約にならぬよう、規制すべきヘイト行為
とは何か、社会全体で議論を重ね、定義づけ、一線を引いてきた。
明らかにそれに当たらない作品をヘイトと指弾することは、蓄積
を無視し、自分が気に食わないから取り締まれと言うだけの暴論
でしかない。
ゆるがせにできない課題が数多く残されている。閉幕で一件落着
ということにはできない。

朝日新聞デジタル 2019年10月16日05時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14218963.html?iref=editorial_backnumber
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

慰安婦に着想を得た少女像
さらりとフェイクを織り交ぜて、「元々アメリカ軍にひき殺され
た少女像」を、どのようにしたら平和とかとぬかすのか・・・。
流用された像と、本来ならメディアが糾弾すべきな事象も、相当
な忖度しかしないのだから、メディアの信頼など消し飛んでしま
うというのに・・・。

001a saigai02.jpg

折からのラクビーの大会でも、少しましなメディアは、表面的
事象よりも丁寧な「裏働きの頑張り」にも光を当てている。
本来メディアとは、全方位にアンテナを巡らした事象のとらえ方
が一般的ではないのか・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://twitter.com/ynwataiga/status/1183542541511266304?s=20
Taiga@ynwataiga
イギリスの大手新聞、The GuardianのAndy Bull記者が書いた。
昨日のスコットランド戦の記事が本当に美しく、詩的で、裏方さ
んなどにも光の当たった素晴らしい記事だったので、皆さんに読
んで欲しくてほぼ全訳しました。
僕の拙い翻訳で申し訳ないですが、お時間あればご一読を。
#JPNvSCO
#RWC2019
午前9:38 · 2019年10月14日


❶黙祷は、1分にも満たない、短いものだった。しかしそこには、
過去に例を見ない状況で開催される、この試合に対する、相反す
る感情の渦巻き、衝突が含まれていた。台風がつい数時間前に過
ぎ去り、スタジアムの周りは洪水であふれ、救出作業も終わって
いなければ、修復作業など始まってすらいない。

❷その黙祷が、一体誰に向かって、何人の犠牲者へ捧げられたの
かは、誰も知る由はなかった。被害者の数は、未だに確定してい
なかったのだから。明け方は4名とされていた死傷者数は9名へ、
試合開始時には24名に、ハーフタイムに26名、試合が終わり少し
経つ頃には28名へと増えていった。

❸そんな状況で、彼らは試合を開催するべきだったか。
あなたは疑問に思っただろう。
ラグビー協会はそのことを日曜早朝に話し合い、日本人の組織委
員に判断を委ねることを決定した。なぜこんな状況でスポーツを
するのか。なぜスポーツを見るのか。

❹未だに多くの人が行方不明で、堤防は壊れ、川は溢れ、会場の
横浜から東へ16マイルしか離れていない川崎では100万人が避難し、
30マイル北に位置する相模原では、土砂災害でなくなった人の、
正確な数さえ把握できていない状況で。

❺災害への一種の清涼剤としてかも、もしかすると、日常を取り
戻すためかも、台風に対する挑戦かもしれない。いや、それ以上、
「私たちは今生きていて、少なくとも今ここにあるものは楽しむ
ことを決意した」と言う極めて重要な意思表示の1つとしてかも
しれない。彼らは試合の開催を決めた。

❻ホスト国としてのプライドもあっただろうが、会議に出席した
委員会幹部は、「世界に向けて、自分たちはできると言うことを
証明したい」というのが、開催を決定した最たる理由だと、繰り
返し主張した。

❼この会場の被害が甚大でなかった理由の一つは、鶴見川から溢
れ出す水を、建物の下へと流す貯水設備の上にスタジアムが建っ
ているからだった。スタジアム自体が街の災害対策設備の支柱な
のだ。そしてこの試合で、日産スタジアムは、街の『精神的』支
柱にもなった。

❽組織委員たちは、台風が去ったら一刻も早く動き出せるよう、
土曜の夜はスタジアムに泊まり込んだ。明け方には整備班が現地
入りし更衣室から水を吸い出し、消防隊は全ての機械設備の点検
を3度行い、ピッチに流れ込んだ泥やゴミをホースで一掃した。

❾同時に、組織委員会は政府や地方自治体と協力し、水道局、
道路局、バス会社や鉄道会社などの各種交通機関と連絡を取り、
複雑な課題を解決していった。

10
日本では、このワールドカップにおける『おもてなし』とは何
か、と言う議論が活発になされてきた。私も正確に翻訳するこ
とはできないが、この国で4週間を過ごして、漠然とだが理解し
たかもしれない。それは、客人を喜ばせるために全力を、いや、
何かそれ以上を尽くすということだ。

11
しかし、彼らの『おもてなし』は、私たちの予想をはるかに上回
っていた。試合前、多くの人が全くの勘違いをしていたのは、
そのせいかもしれない。

12
「日本人はみんな、この試合が中止になり、過去に勝利したこと
のないスコットランドとポイントを分け合うことを望んでいる」
という勘違いを。中には、「日本は故意にスコットランドの妨害
をしている」と言う、壮大な陰謀論を唱える者までいた。

13
スコットランドラグビー協会の最高責任者、マーク・ドッドソン
も、完全な勘違いをしていた。怒りに任せて、『巻き添え被害』
(ポイントを分け合うこと)に合えば法的措置を検討しているなど
と口を滑らせた。これは、日本人たちがどう覚悟を決めたかの
プロセスに対する、恥ずべきミスリーディングだ。

14
黙祷に続いて、日本の国歌、君が代が流れた。日本人はこの国歌
に複雑な思いを抱いており、歌わない人もいる。そのため大会中、
ファンたちに国歌斉唱を促すキャンペーンが開かれている。
この日、会場の多くの人が参加した国歌斉唱は、感動的で、荘厳
だった。

15
選手を鼓舞する歌声が、大きく大きく、街中に響き渡るほど広が
っていった。あの瞬間、あなたは思い知っただろう、スコットラ
ンドが対面しているのは、ラグビー文化を持たない極東の島国で
はなく、強大なサポーターを持つ、己の真価を世界に証明しよう
と言う覚悟の決まったチームだということを。

16
前半の30分間、日本は魔法のような、激しく、獰猛で、集中した
ラグビーを見せた。次に対戦する南アフリカも含め、トーナメン
トに残った、全てのチームを凌駕するほどの。スコットランドも
善戦したが、より頑強で、より鋭く、より俊敏であった日本に、
完全に圧倒された。

17
日本のラグビーファンたちは、今なら何だってできる、どこが相
手だって倒せると信じているだろう。そして、日曜日の夜に彼ら
が偉業を成し遂げた今、日本人だけではなく世界中の誰しもが、
同じように思っている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今夜の試合は、さて・・・。



河川の氾濫の様を見ていると、自然にあらがう人の無力さを
思い知らされるが、同時に穏やかな時は、癒やしの場所であった
を鑑みれば、こういった曲は、鎮魂と同時に応援歌のように
響いてくる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント