war

ある一方的な言説が、メディアの参加で、双方の「軋轢」に
昇格したような騒動も、冷静にみてみれば、一方的物言いが
乱舞しているだけって・・・。

001a gYPhvif.jpg

数字が示すものが「根拠」になれば、それなりの態度がない
限り「信頼を得られない」ものだが、言論だけでやり込めよ
うと必死のなりふり構わぬ姿勢に、「強制されたウンタラ」は
どうしたと問いかけたくなる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
悪化する日韓両政府の関係とともに、「嫌韓」をあおるような
報道や出版が相次いだことを受け、マイノリティの人権保障な
どに取り組むNPOなどが9月12日、抗議声明を発表した。
いま日本社会を覆う「嫌韓ムード」や、それに起因する差別で
傷ついていたり、恐怖を感じたりしている人たちがいるとし、
政府やマスコミに対してこうした事態を「まず持って終わらせ
るよう」に求めた。
会見では、実際に在日コリアンの人たちが直面している現実も
紹介された。
声明を出したのは、「NPO法人移住者と連帯する全国ネットワ
ーク(移住連)」「外国人人権法連絡会」「人種差別撤廃NGO
ネットワーク(ERDネット)」「のりこえねっと」の4団体。
声明では「韓国に対する日本政府の対応やそれと連動した報道
や出版が、日本社会の中にある『嫌韓感情』を焚き付け」てい
ると指摘。在日コリアンをはじめとした移民やマイノリティの
多くが「テレビや出版物、インターネット・SNSあるいは日常
生活における差別的な発言・振る舞いに傷つけら」れていると
した。
具体的には、テレビやネットを見ることができなくなったり、
SNSを使ったりすることができなくなるほどの「恐怖や悲しみ」
を感じながら暮らしている人もいるとして、「反日」という言
葉に対してもこう警鐘を鳴らした。
「『親日/反日』のような単純な二分法で『日本』に忠誠を迫
る言説は、それ以外のマイノリティにも生きにくさを感じてい
ます」
また、声明では徴用工問題についても韓国の対応ばかり批判す
る政府やマスメディアには「大いに問題があります」と言及。
「深刻な被害を引き起こした人権問題を共同で解決」すること
を目指す必要があるとし、こう強調した。
「本来、マイノリティの人権と尊厳にかかわるはずの問題が、
国と国の対立の問題としてばかり扱われることによって、十分
な事実理解を伴わない感情的な反応が生み出され、特定の国民
・民族を貶め、差別を煽るヘイトスピーチ、ヘイトクライムと
して表出されています」
そのうえで、いま広がる現状を政府や社会が「正統な言論」と
して容認、拡散している事態を「まずもって終わらせる必要」
があると結んだ。

(中略)

▼実家の表札を外すように…

会見では、それぞれの団体が支援する在日コリアンの人たちが
直面している現状も明らかにされた。
ある在日3世は「実家の両親に、キムという表札を外すように
連絡しました。悲しい決断でしたが、やむを得ませんでした」
と書面でコメントを寄せた。
「連日メディアが韓国政府を『反日』と揶揄する報道を繰り返
しており、『出自が原因で酷い目にあわせられるかもしれない』
という気持ちが日に日に強くなっています」
また、「病院で名前を呼ばれた時に立てなかった」「食堂のテ
レビで嫌韓報道をしていて、バレたらどうしよう」「外に行く
のが怖い」と感じている当事者のことも紹介された。
移住連の運営委員で、在日2世の金秀一さんは、こう語った。
「何か起きたら最初に殺されるのは在日コリアンだ、という先
輩がいた。そう思わざるを得ない状況が、いまある。しかし、
そんな社会であってはなりません」
「若い世代、特に少数者と言われる外国人が夢を持って生きて
いけるように、人と人が当たり前に生きていけるように、一人
一人が真実を見て考え、お互いを尊重しながら社会を作ってい
くことが大事ではないかと思っています」

▼「反日」という言葉の危険性

「日本の現政府や過去の政府を批判することが反日と言われ、
あたかも日本人全体を批判しているように受け取らせてしまう
ことは、とても危険だと思います」
外国人人権法連絡会の師岡康子弁護士は、会見でこう強調した。
「これは、かつて非国民と言われたのと同じことです。国や政
府それぞれと、国民ひとりひとりの違いを区別しないと、この
問題はヘイトスピーチに直結してしまう。
相手を愚かだ、敵だと煽って攻撃するのがヘイトスピーチの本
質であり、いままさに起きていることです。本来ならば国が
『ヘイトスピーチ対策法』の理念に基づいて、先頭に立って
批判しなければならない。
かし、この状況には私たち市民社会の責任もあります。
そして、マスコミがこのような風潮に対し批判する必要もある
と、私たちは考えています」

▽記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/kenkan-0912

001a hantennoudemo.jpg

ヘイトは韓国人の生活を恐怖に貶めていることを知ってほしい

「かながわみんとうれん」(民族差別と闘う神奈川連絡協議会)
の事務局長で、在日二世の金秀一(キムスイル)さん。会見の
2時間前に急きょ参加が決まり、衆議院第二会館に駆けつけた。
昨今、韓国に対する嫌悪感が増しており、日本人と韓国人の間
に亀裂が生まれていることを危惧しているという。
70年代には、石を投げつけられるといった身体的暴力を受ける
ことがあった。80年代には、日韓関係と日朝関係が悪化し、仲
間外れにされたり、距離を置かれたりした。金秀一さんは、昔
と同じことが今まさに起こるのではと懸念している。
「在日韓国人の中には、”殺されるかもしれない”と恐怖心を抱
く人がいます。彼らが恐ろしさを抱かず生きていける世の中に
するために、今日声明を出しました。
なぜ日本人と在日韓国人が一緒に生きていけないのか。
共に生きていくことが当たり前の世の中になるために、マスコ
ミが冷静に報道をする必要がある。お互いの友情を築けるよう
な情報を発信してほしい」(金秀一)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00201616-hbolz-soci

001a ahozai.jpg

海乱鬼 @yamatokairagi 午前0:16 2019年9月15日
在日三世「日本産まれ日本育ちで韓国語は喋れません。なので
韓国に帰れと言われても帰れません。(中略)在日は資産を凍結
されて収容所に送られる事も想像してるし、ナチスみたいに
ガス室に送る事もきっとこの国はやると思ってます。」

https://twitter.com/yamatokairagi/status/1172891776929038336
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

姿勢を正して「置いておくれ」ならまだしも、「在日は資産を凍結
されて収容所に送られる事も想像してるし、ナチスみたいに
ガス室に送る事もきっとこの国はやると思ってます。」

これで共感を、日本国民に訴えるとかの失礼な態度はいかが
したものだろう。
「被害妄想」全開で、「被害者ビジネス成功の旨み」にしがみ
つくでは・・・。



日本の正規移民の人々は、塗炭の苦しみの中で、それでも
そこで「生きていく覚悟」があったればこそ、「国に忠誠」
を誓った。
この差が「民族意識の違い」ではあるだろうが、こんな差は
埋めることが出来ない「品格の差」ではあるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019年9月11日、韓国・ニューシスによると、韓国広報専門家の
徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大学教授がトーマス・バッハ
IOC(=国際オリンピック委員会)会長と205カ国・地域のIOC委
員らに「東京五輪で旭日旗を使用してはならない」との趣旨のメ
ールを送付した。
東京五輪組織委員会はこのほど、来年の五輪の会場などで旭日旗
の使用を認める方針を発表していた。
記事によると、徐教授はメールの内容について「旭日旗がナチス
のハーケンクロイツと同じ戦犯旗であることを強調し、旭日旗の
意味についての動画も添付した」「デモや政治行為を禁止した五
輪憲章50条2項を挙げつつ旭日旗使用の問題点を1つ1つ指摘した」
などと説明した。
さらに、今後はアジアの他の国のネットユーザーらと連帯して同
問題に対応していく方針も明らかにした。
また、徐教授は「もし世界の反対を押し切って東京五輪での旭日
旗応援が強行されたら、旭日旗が戦犯旗であることを世界に知ら
せる機会にする」とも話したという。
これに韓国のネットユーザーからは「徐教授を尊敬する」「彼は
政府よりもいい仕事をしてくれる」「ナチス旗は禁止なのに旭日
旗が許される理由が分からない」「世界に訴え、もし旭日旗が応
援の道具として使われるなら韓国は五輪ボイコットを宣言しなけ
ればならない。それくらいしないと世界はこの問題の重要さに気
付かない」「旭日旗を認めることは過去の歴史を反省していない
証拠。侵略行為を当然と考えている証拠だ。日本は滅亡の道に進
んでいるよ」など、徐教授を支持する声が多数上がっている。
一方で「反日感情をあおるのに必死だ」「他の国は黙っているの
に韓国だけ騒ぐ必要があるのだろうか」と指摘する声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b742456-s0-c50-d0035.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この「戦犯ウンタラ」の欺瞞も、消滅しかけた自国の「朝鮮戦争」
でのアメリカの犠牲者にすれば、「まるで無駄死に」程度の「恩
恵のなさ」は「犠牲者や負傷者の遺族」にすれば、「恩をアタで
返す」非人と・・・。



戦場から生きて帰れなかった人々に対して、敬意と思慕は
悲しみの中に滲む。



幸運にも「生きて帰れた人」は、帰還を待ち望む家族にとっても、
それこそ「生きている喜び」を、実感できる瞬間であるだろう。



だけに「戦争後」に、助けてやったはずの国の人の不遜な態度に
は、憤りも感じつつ・・・。
この映画の一場面の「白人の鬱憤」は、五万人近い戦死・負傷者
の犠牲の感謝のなさに、怒り爆発ってな・・・。
それが戦ってもない、いや共に戦った側を「戦犯」と非難する姿
勢には、「感謝知らずのゲス」と嫌ってしまうのは当然である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
米国のアジア専門家が米韓同盟の存続を疑い始めた。
反米の文在寅(ムン・ジェイン)政権に愛想を尽かしただけでは
ない。そもそも韓国という国は同盟を結べる相手ではない、と見
切ったのだ。韓国観察者の鈴置高史氏に聞いた。

「米国から切り離しやすい」韓国

鈴置: 米国で注目すべき変化が起きました。アジア専門家が韓国
との同盟を続けるのは難しい、と言い出したのです。特に注目
を集めたのがCSIS(戦略国際問題研究所)のグリーン(Michael
Green)副所長の主張です。
米政府が運営する放送局、VOAの「中国が韓国の同盟離脱の可能
性に注目」(9月5日、韓国語版、発言部分は英語と韓国語)から
発言を引用します。

・Korea has a very different history and a very different geopolitical situation from Japan and the Chinese view Korea as a much more likely candidate for de-alignment from the U.S.

韓国は日本とは全く異なる歴史を持ち、全く異なる地政学的な
状況に置かれている。だから中国は韓国を、米国との同盟から
もっとも切り離しやすい国と見なしている」――とグリーン副
所長は語ったのです。

「中国の元属国」と同盟を組めるか

――「全く異なる歴史と地政学的な状況」とは? 

鈴置: これだけだと、韓国に詳しくない人には何のことか分かり
にくいですね。要は、「朝鮮半島の歴代王朝は中国の王朝の属
国だった。故に、米韓同盟は極めて不安定だ」ということです。
この発言は米議会の米中経済安全保障調査委員会が9月4日に開
いた米中関係聴聞会でのものです。同委員会のサイトがグリー
ン副所長の証言テキストを載せています。
テキストでは「日本とは異なり、韓国は中国の冊封体制に歴史
的に組み込まれてきた。習近平政権以降、中国は韓国を米国と
の同盟から引き剥がすため、とてつもなく強力な圧力をかけ続
けている」と、はっきりと「元属国」であると語っています。
原文は以下です。

・Korea was historically more associated with the Chinese tributary state system than Japan and Beijing has put significant coercive pressure on South Korea to dealign from the United States since Xi Jinping came to power.

「それを言ったらお終いよ」といった手の議論です。証言の目的
は、中国が米国とアジアの同盟国・協力国をアメとムチで引き裂
こうとしていると解説することです。韓国に関する説明の冒頭で
韓国は中国の属国だった」とグリーン副所長は指摘したのです。
「もともと中国側の国だった」というのなら、米中の覇権争いが
激化する今、米韓同盟を維持するのは極めて難しいということに
なる。
韓国の政権が反米か親米かにはさほど関係ない。また、米国がど
んなに努力しようが、同盟はいずれ消滅するとの結論にならざる
を得ないのです。(続きはソース先にて、全5頁)

9/13(金) 17:00配信 記事元 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00582745-shincho-kr
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00582745-shincho-kr&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00582745-shincho-kr&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00582745-shincho-kr&p=4
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00582745-shincho-kr&p=5
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










このドキュメンタリーを作ったのはイスラエルのメディアで、
「四四二部隊」の立場を理解したからこそのものだろう。
それは自分達の祖先が、おんなじような立場で過ごしてきた
ことへの「共感」が基になってのことだろう。
ところが日本のメディアの中には「老害やらトンチンカン」
が揃っているから、見当違いの物言いに終始して失笑してし
まう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対韓強硬論」支持7割で思い起こされる、東條英機への「国民か
らの手紙」 田原総一朗:2019年09月13日 15:34

日韓問題が、いっそう混迷を深めている。そんななか、『週刊ポ
スト』の記事が大問題になった。タイトルは、「韓国なんて要ら
ない」だ。
『朝日新聞』をはじめ、さまざまなメディアが、この特集記事に
対して批判を掲載。作家たちからの抗議も相次いだ。寄稿をやめ
るという作家も現れた。
もちろん僕も、このタイトルはとんでもないし、批判や抗議も当
然のことと思う。だが、問題の『週刊ポスト』の広告が載った9
月2日朝には、それ以上に僕が衝撃を受けた記事があった。
『日経新聞』朝刊だ。
そこには世論調査の結果として、「対韓政策支持7割に」「日本
の譲歩不要67%」という見出しが踊っていたのだ。さらに内閣
支持率も6ポイント上昇、「輸出管理強化」賛成も9ポイント増、
とある。
僕は目を疑った。メディアは『週刊ポスト』を批判する。だが、
一方の国民は、実に7割が現在の対韓政策を、「支持」している
というのだ。その批判が、むなしく感じられてしまうほどだ。
かつて見た、ある情景を僕は思い出した。東條英機さんの自宅を
訪ね、遺族を取材したときのことだ。東條さんの姪御さんが押し
入れから、「これを見てください」と、柳行李いっぱいの手紙を
出してきたのだ。それは、おびただしい数の国民からの手紙だっ
た。それらはすべて、「東條の腰抜け」「早く米英をやっつけろ」
などといった、戦争に慎重姿勢をとる、東條さんへの批判だった。
だから、対米戦争を開戦したとき、国民は熱狂したのだ。
敗戦後、東條さんは「戦犯」として処刑された。だが、あの戦争
を、ほとんどの国民は支持していた。いや、むしろ、ためらう東
條さんを、国民の多くは煽ったのだ。そのとき、改めて人間の感
情というものの、底知れない恐ろしさを僕は感じた。
今回の『日経新聞』の世論調査を見たとき、あの柳行李にしまわ
れていた大量の手紙が、僕の脳裏によみがえったのだ。
いま、日本の「空気」は、あの当時を思い起こさせる。
戦争を知る者として、何度でもいう。
いまの日本は、非常に危ない。
二度と戦争をしてはいけないのだ。

https://lite.blogos.com/article/404177/?axis=&p=2

001a 20190908moon.jpg

韓国の文在寅政権によるGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄
など、日韓関係が“悪化の一途”をたどっているが、その大きな原因
の1つに、韓国社会で昔から根強く残る「恨(ハン)の文化」があると
いわれている。
恨とは要するに「恨み」のことだが、北朝鮮や韓国で言うところの
「恨」は日本で認識されている恨みとは全く別物で、一旦暴走する
と止まらなくなる“不幸な国民的性質”を表しているらしい。
「東アジアの地図を見れば分かります。朝鮮半島(韓国・北朝鮮)は、
まだ日本において人の歴史が記録され始める古代以前から、左隣に
居座る巨大中国の“無残な圧迫と侵略と搾取”を受け続けてきました。
の結果、朝鮮半島でも中国とソックリな“搾取的社会体制”が生まれ、
朝鮮の支配者階級『両班』は、中国のやり方を真似するが如く、上
下の階級を厳格化し、大多数の自国民に対し“過度な搾取と差別”を
何世紀もの間、繰り返すようになったのです」(朝鮮半島ウオッチャー)
当然ながら朝鮮国民は極度に疲弊し、平民の中で特に多かった『奴
婢』という両班の奴隷身分の者は、自分を虐げる者に対しての強烈
な恨みや嫉妬、羨望、絶望感などが入り交じる“恨の文化”を1000年
の長きにわたり、形成していくことになる。
近代に入ってからは『日韓併合』という日本の屈辱的な統治体制が、
韓国の反日教育を生み出し、彼らの恨をより“複雑化”させる1つの要
因にもなった。
そういう“怨念”にも似たもろもろの感情が、今回の日韓対立で一気
に火を吹いていると言える。
日本人の多くは他人事と思い、SNSでは過激な言葉を普通に書き込
んでいるが、日本国内には47万人を超える在日韓国・朝鮮人が居る。
彼らの恨を無用に刺激するのは危険だろう。
戦後の日本は北と南に分断された朝鮮半島の“不幸な事情”を考慮し、
特に南の韓国とは親しく付き合ってきた。国内状況を考えても、こ
のスタンスを崩すべきではないという声が上がるのも、また当然な
のかもしれない。

https://wjn.jp/article/detail/7340246/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同情がだめなら、恫喝へと転じるとか、日本の譲歩しか念頭に
ないとか、なんとも「無理矢理仲良く」を強制してくる「やから」
には反吐が出る。

001a gensoku.jpg

実際は、「関心がない国の動向」など、ほっとけで、静かに
離れて眺めていればの存在。
それが「三原則」の徹底で、安寧を得られる手段だ。





未来を長期で見てみれば、「人類の不遜」は地球規模で、取るに足
らない歴史の一コマ・・・。
まして「近くて遠くに置きたい国」なんて、考えたくもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント