クレーマーに惑わされることなく、「不思議な世界」を悠々と泳いでいく・・・。

ついつい正直に「普段の行い」を記事にして呆れかえる様を
見せつけると得意の「差別」に持ち込み、その疾患披露して、
再認識させる出来事が起こった・・・。

001a 20190902-00010004-huffpost-000-3-view.jpg

雑誌記事に噛みついて「ヘイトだ、ヘイトだ」の連呼で謝罪に
追い込む「やから」の面々を見ていると、なるほどの連中と相
成り、薄ら笑いが浮かんでくる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小学館の週刊誌、「週刊ポスト9月13日号」の韓国を扱った特集
に対し、「ヘイトスピーチでは」との怒りの声があがっている。
週刊ポストに寄稿したり、小学館から本を出版したりしている
作家たちからも抗議の声が上がり、小学館とは今後仕事はしな
いという声も。
週刊ポストは「韓国なんて要らない」という見出しで韓国に関
する特集を掲載。
「『嫌韓』ではなく『断韓』だ」「厄介な隣人にサヨウナラ」
とし、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄した韓国側の
デメリットや、輸出管理強化による韓国経済への影響などに
ついて検証している。
この特集の新聞広告の画像などがネットで出回ると、小学館と
関わりのある作家たちから抗議の声が起こった。
週刊ポストで「作家たちのAtoZ」というリレーコラムを連載
している深沢潮さんは、自身のフェイスブックで「記事が差別
扇動であることが見過ごせず、リレーエッセイをお休みする
ことにしました」とし、今後の執筆を取りやめると発表した。
また、小学館から本を出版している思想家の内田樹さんは、
小学館とは今後、仕事をしないと宣言した。
内田さんはツイートで「いいんです。俗情に阿(おもね)ら
ないと財政的に立ち行かないという出版社なんかとは縁が切
れても」とコメントしている。
また、小学館から「命」などを刊行した作家の柳美里さんも
「日本で暮らす韓国・朝鮮籍の子どもたち、日本国籍を有し
ているが朝鮮半島にルーツを持つ人たちが、この新聞広告を
目にして何を感じるか、想像してみなかったのだろうか?」
などと批判している。
ハフポスト日本版では出版元の小学館に対し、特集の意図や
作家たちの声に対する反応について文書で質問している。
回答があり次第追記する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010004-huffpost-soci

001a ahomoon.jpg

小学館が2日発売の週刊誌「週刊ポスト」で「韓国なんて要
らない」などと題する特集を組み、同誌に連載を持つ作家ら
から「差別的だ」と批判が噴出した。同誌編集部は同日「誤
解を広めかねず、配慮に欠けていた」などと謝罪するコメン
トを発表した。
特集は「『嫌韓』ではなく『断韓』だ」とうたい、日韓の国
交断絶を想定した上で「GSOMIA破棄なら半島危機へ」など
と予測。韓国の学会のリポートを基に、韓国人の10人に1人
は治療が必要なほど「憤怒調節」ができないとする記事を
「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」の見出しで
掲載している。

共同通信
2019/9/2 20:09 (JST)
https://this.kiji.is/541213713408722017

001a hato01.png

2019年9月2日、韓国・聯合ニュースによると、韓国広報専門家
の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大学教授が、米ニューヨ
ークで開催されているテニスのUSオープンで「観客の日本人が
旭日旗を掲げた」として主催者側に抗議のメールを送った。
記事によると、観客席で旭日旗が掲げられたのは26日に行われ
た錦織圭とマルコ・トゥルンヘリッティ(アルゼンチン)の試
合。徐教授は同大会の公式YouTubeアカウントに掲載されたハ
イライト映像でその事実を確認したという。その後、主催者側
に対しメールで「旭日旗はドイツのハーケンクロイツと同じ戦
犯旗だ」と主張し、「YouTubeの映像から旭日旗をなくして旭
日旗を使用する応援が再発しないようにしてほしい」と抗議し
た。徐教授は「日本の観客が世界的なスポーツの大会で旭日旗
応援をするのは、日本でちゃんとした歴史教育が行われていな
いため」と指摘し、「これを問題化して世界の人たちに旭日旗
の意味を教えるきっかけにしなければならない」と話したという。
これに、韓国のネットユーザーからも「主催者側は謝罪するべき。
旭日旗を掲げているのに誰も制止しなかったなんて信じられない」
「堂々とハーケンクロイツを掲げたのと同じ。もうUSオープン
は見ないよ」「旭日旗を使用することは、また侵略するという
意思表示とみなす」など批判の声が上がっている。
また、「しっかりした教育が必要。日本は過去を認めて反省す
るべき」「旭日旗は世界のいたるところで使われている。今回
こそ確実に処罰しなければならない」などと訴える声や、「こ
ういう問題は政府が公式に抗議するべきでは?」「米国はなぜ
ここまで日本に寛容なのだろうか」などと指摘する声も上がっ
ている。

Record china
2019年9月2日(月) 17時50分
https://www.recordchina.co.jp/b741620-s0-c30-d0058.html

001a ahotkondo03.jpg

狂ったように嫌韓報道を連日続けているワイドショー。
そんななか、2日放送『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝
日)の日韓対立をめぐる特集のなかで、気になるやりとりがあった。
番組後半の「ショーアップ」コーナーで、訪日している韓国人へ
の街頭インタビューを特集したのだが、コーナー前の予告で、
「さらにこんなデマも!」というナレーションで煽り、大阪
観光に訪れていた韓国人女性のこんな発言を紹介した。
「韓国人に暴行を加えるという情報がネットで流れているので…」
CMをまたいで本編が始まると、「韓国人に暴行を加えるという
情報がネットで流れているので、父が訪日を心配していました」
と女性が語る映像があらためて流されたあと、コーナーを仕切る
野上慎平アナが「正直言って暴行事件のこともあり来る前は心配
したが、実際に来てみたら、日本人は親切で全然心配いらなかっ
た」という女性のコメントを読み上げ紹介すると、羽鳥慎一は
「そりゃそうですよね、暴行しないでしょ」と暴行などありえ
ないと言った感じで苦笑。野上アナも「考えてみればそうなん
ですけど、そういう気持ちや心配が韓国国内ではあった。
でも、来る前と来てみた後では反応が違った」と解説し、まる
で「韓国人に暴行が加えられるという情報」という女性のコメ
ントを韓国の過剰な被害妄想か何かに基づいたデマのように
扱った。
すると、ここで、玉川徹がこんなツッコミをした。
「でも、だって、テレビ番組で『暴行したほうがいい』とか言
ってる人、出てんじゃん。日本のなかで」
羽鳥が驚いたように「暴行したほうがいい!?」と聞き返すと、
石原良純が「あれは特異な発言」と玉川を諌めるが、玉川は続
ける。
「誰とは言いませんけど、どの番組とは言いませんけど、羽鳥
さんが(夏休みで)いないときに、そういうふうな発言があっ
たんです。日本で」
「へええ」「に、日本人が暴行したほうがいいって?」と驚く
羽鳥に、良純が「ひとり、そういう人がいた」、玉川が「そう
いうニュアンスのことを」とそろって認めると、ようやく野上
アナも「まあ、その番組自体で謝罪というか訂正するような声
もありましたけどね」「そういうことも、あるはあったんです
けどね」と認めたものの、それ以上この問題が掘り下げられる
ことはなく、コーナーは進んだ。
誰もどの番組の誰とは明言しなかったが、これは明らかにTB
S系ワイドショー『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(CBCテレ
ビ)での武田邦彦・中部大学教授の「日本男子も韓国女性を暴
行しなけりゃ」というヘイトクライム煽動発言のことだ。
しかも実際、武田のヘイト発言動画は韓国語訳とともにSNSで
拡散しており、韓国人のあいだで広く知られていても、まった
くおかしくない。
にもかかわらず、玉川の指摘がなければ、まるで「韓国人に暴
行を加えるという情報がネットで流れている」というのがまっ
たくのデマで、韓国では被害妄想で無根拠のデマが流されてい
るという誤った印象を視聴者に植えつけた可能性が高い。
そもそも顔出しNGの人も多かったなか顔出しで街頭インタビュ
ーに応じてくれた韓国女性の発言に「こんなデマも!」という
ナレーションをつけて放送する演出も、女性が「デマを吹聴し
ている」などと誤った印象を与え、一歩間違えば女性に対する
なんらかの危害を誘発しかねない危険なものだ。
このコーナー自体は日韓両国の市民に悪感情はなく日韓交流は
大切という趣旨だったが、こうした一見差別的ではなさそうな
コーナーですら、このようにディテールでつくり手の韓国ヘイ
トがダダ漏れになり、無自覚に韓国ヘイトを拡散・煽動してい
るのだ。
いまのワイドショーがいかに嫌韓脳に毒されているかが、よく
わかるだろう。 続きはWEBで

LITERA
2019.09.03 06:58
https://lite-ra.com/2019/09/post-4942.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

広報の役目も兼ねての雑誌の目的も、さすがに自分達への批判
には超敏感で「口封じ」に躍起となる。
その様を傍から見れば、精神疾患を疑いたくなるが、しみじみ
思うのは、「近寄りたくない人々」という警戒心だけになる。

001a gensoku.jpg

だけに「断韓」とかでなく、要らないのは当然なのだからこそ、
「近寄らせない、近づかない」の警句は、有効である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらは痛くもかゆくもない。やはり韓国に対しては助けても教
えてもかかわってもいけない。それが第一だ」。
22日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が軍事情報包括保護協
定(GSOMIA)終了を発表すると、「政権ナンバー2」の麻
生太郎副総理兼財務相はこのように述べたという。
普段から「創氏改名は韓国人が望んだ」などの妄言のため韓国で
否定的なイメージが刻印されている麻生副総理は、安倍晋三首相
が重要な決定を下すたびに会って助言を求める相手としても知ら
れている。
実際、GSOMIA終了に対する日本政府の立場は麻生副総理の
言葉と通じる点がある。
安倍首相は青瓦台を直接的に批判するより「韓国が約束を守るこ
とを望む」というコメントを出した。
2012年12月の第2次安倍内閣当時から安倍首相の隣にいる
麻生副総理は、9月10-12日の内閣改造でも留任がほぼ確実
視されている。
昨年10月の内閣改造は自民党各派閥の論功行賞の性格が強かっ
た。安倍首相が自民党総裁選挙で3選を果たした直後だったため、
派閥の要求を聞き入れなければならなかった。
しかし今回は状況が違う。安倍首相は7月の参議院選挙で自民党
を勝利に導いた。 全国単位の選挙で6回連続の勝利だ。
さらに最近の世論調査(読売新聞、8月23-25日)で安倍内
閣の支持率は58%と、自民党の支持率41%より高かった。
安倍首相が全権を振るうことができる「フリーハンド」状況とい
うことだ。
安倍首相は今回の人事キーワードを「安定と挑戦」としている。
麻生副総理をはじめ、菅義偉官房長官、二階俊博自民党幹事長は
留任の可能性が高いという。
政権の「核心3人組」のポストは変えず「安定」を維持するとい
うことだ。
一方、安倍首相が述べた「挑戦」とは「憲法改正」という解釈が
多い。これに関連して注目されるのが二階幹事長の去就だ。
2016年8月から幹事長を務める二階氏は歴代幹事長として最
長寿だ。このため一時は交代説も出てきたが、「二階氏を遠ざけ
るのは難しい」という意見が多い。
二階幹事長は「政界の絶滅危惧種」と呼ばれるほど与野党を含め
て幅広い人脈を形成している。
与野党をまとめて改憲議論をする必要がある安倍首相にとって二
階氏は欠かせない人物ということだ。
二階幹事長は自民党副総裁、衆議院議長にも挙がっている。
首相官邸を取材する有力紙の記者は「二階幹事長を交代させて不
必要な雑音を招けば改憲の妨げになるということを安倍首相はよ
く知っている」と話した。
日韓議員連盟にも所属する二階幹事長は親韓派として知られる。
しかし7月末には徐清源(ソ・チョンウォン)議員ら韓国国会議
員団をほとんど門前払いした。
政界のパイプだが、二階幹事長が留任するとしても韓日関係改善
で大きい役割を期待しにくい理由だ。
党の資金と公認権を操る幹事長職はいつも挑戦の対象だった。
代表的な例として「ポスト安倍」を狙う岸田文雄政調会長が次期
幹事長を狙っている。
直前に外相を務めた岸田政調会長はハト派として知られているが、
最近は韓国に対してはタカ派に転じたという話が出ている。
外相時代に実現させた韓日慰安婦合意とGSOMIAがともに韓
国側によって事実上破棄された。
実際、岸田政調会長はGSOMIA終了発表直後、「韓国側から
破棄が表明されたことは大変残念であり、遺憾であると強く思っ
ている。
GSOMIAの重要性については強く認識をしていた者として大
変遺憾に思っている」と公開的に韓国を批判した。
韓日関係に関連しては河野太郎外相の去就が最も注目される。
河野外相は南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を呼んだ席
で相手の発言を遮る無礼な態度を見せるなど、最近は韓国に高圧
的な態度を見せている。
かしむしろこうした行動が官邸に背を向けられるきっかけになった
という。
官邸に詳しい外交筋は「相手の話を遮ったこと自体が無礼だった
が、『無礼』という言葉を使って驚いた。江戸時代に武士が使っ
た『無礼者』という言葉を思い出す。今が江戸時代なのか」と話
した。
有力な外相候補に挙がっている茂木敏光経済再生相は安倍首相と
当選同期で、安倍首相の考えをよく把握しているという。
普段から外相を強く望んでいた茂木経済再生相は今月末の妥結を
控えた日米貿易交渉をうまく導いて高い評価を受けた。

▽続きは下記のソースでご覧ください
https://japanese.joins.com/article/156/257156.html?servcode=A00
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あちらのメディアは、こちらにえらく関心ありだが、そんなと
ころは、ほっとくのに限る。
それよりは以下のような番組でも、見ていたのが精神安定に役立
つと言うものである。



その昔「二十四時間戦えますか?」なんてのが流行ったが、
その流行語のやつでも、外国の人にとっては不思議になる
のだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しあん (@cyan112)さんが2:51 午前 on 水, 9月 04, 2019にツイ
ートしました。 日本人に聞きたいことがあります。

韓国要らない→ヘイト
日本死ね→流行語大賞

というのはどういう理屈なんですか?

https://twitter.com/cyan112/status/1168944720313278470?s=03
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

要る、要らないと選択しなければならないとしてら、そりゃ
精神安定や心乱される言動とかから、「要らない」の選択肢
になるのは当然である。



もっとも「不思議な世界に、私たちは住んでいる」のだから、
表だっての「表明」よりは、「内心の自由」を謳歌するのが
賢明なのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント