迷走する「偏狭のナショナリズム」どこかで聞いた文句が、いま「かの国」で巻き起こっている。

その昔、「偏狭のナショナリズム」とかで、自国批判をなした メディアは、その言葉そのものの言動を駆使しているところに は、「報道しない自由」を駆使しているようだが・・・。 この歴史ウンタラの自己紹介も、まさに「自分に呼びかけてい る」としか思えぬ「天につばして、自分にかかる」そのもの。 何よりあちらのリー…
コメント:0

続きを読むread more

えげつない商売に運動、どこまでも胡散臭さが鼻につく「どこぞの言動」

妄想に明け暮れると、いつしか「見たいものだけ、見れる」特 技が身につくのか、はたまた「見たくない不都合は見えない」 が頭脳を支配すれば、他の人との差異が大きくなって・・・。 この画像のものこそ、「こうあるべしの妄想」で・・・。 実際の場面となれば、「世界が我より孤立している」図となって 哀れを滲ませるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディアの劣化と信頼性失墜、この騒動がどう動くか見物である。

「表現の自由」「報道しない自由」「ヘイトスピーチ規制」 声だかに叫ばれるものだが、それらは「公序良俗」に照らして という前提があってであって、恣意的に運用するものでもない。 今回の問題も「公序良俗」の民意がノーを突きつけたから、 展示中止に追い込まれたとみれば、納得するものだが、それ ではならじの人々が、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その言に責任が持てるのか?、はなはだ怪しい擁護のあぶり出し

「優遇措置の廃止」を決める閣議決定がなされ、まさに「まっ とうな政治」へと少しは進むか・・・。 「優遇措置」を独特の特権と見なしている人にとっては、 特権剥奪ともとれるから「普通の対処」では我慢ならない らしいのに、「自立」とか「依存」とかから脱却する気のない 「甘さ」が際立ち、人の嫌うことを率先して行い「…
コメント:0

続きを読むread more