保身の詭弁、行政の長のみっともなさ

騒動の原因がどこにあり、公共施設を使った行為、そしてそれ
を許可した行政の長の責任追求は必須のものであるのだが・・・。


001a aichi013.jpg


国民感情の圧倒的拒否をなんとかしないと「責任のありか」が
浮上してしまうのを、汚鮮されたメディアが早速擁護に出てき
て、まるで対立構図ができあがったかの様相にして、有耶無耶
のうちに「開催の是非」の決定権がどこであったかの、論点ずら
しに躍起になる図を見ていると、「わかってていて、それを変な
形で再利用する気満々」と、さすがに「卑屈で卑怯、恨みしか感
情起伏がない人々」のやることは、簡単に裏が滲んで国民に見限
られている。
決定権のあった者たちの「責任」を、ずれた感覚で擁護する人々
の「世迷い言」を網羅すると「被害妄想」の病理が滲むのは、
いったいなぜか・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大村知事に賛同相次ぐ 河村たかし市長を「憲法違反」と猛批判
投稿日:2019/08/05 19:31 更新日:2019/08/05 19:31

現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不
自由展・その後」をめぐる名古屋市の河村たかし市長(70)の発
言を、愛知県の大村秀章知事(59)が厳しく批判した。
元従軍慰安婦を表現した「平和の少女像」や、昭和天皇の写真を
用いた作品が物議を醸していた「表現の不自由展・その後」。
河村市長は8月2日、この企画展を視察し「どう考えても日本人の
心を踏みにじるもの」と述べ、展示の中止を要求すると発表して
いた。運営側には「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」と書か
れた脅迫FAXが届くなど抗議が殺到。開催から3日間で中止に追い
込まれた。
5日の記者会見で大村知事は、河村市長の主張を「憲法違反の疑い
が極めて濃厚」と指摘。「公権力を行使される方が、“この内容は
良い、悪い”と言うのは、憲法21条のいう検閲と取られてもしかた
がない。裁判されたら直ちに負けると思う」と厳しく批判した。
また「税金でやるなら、自ずと表現の範囲は限られる」といった
論調に対しては、「全く真逆。公権力を持ったところこそ、表現
の自由は保障されなければならない。税金でやるからこそ、憲法
21条はきっちり守られなければならない」と反論した。
Twitter上では《大村知事は反日》《知事辞めな》などと大村知事
に反発する声もあるが、毅然とした発言に賛同の声が相次いでいる。
《大村知事の考えが常識的な対応だと思います》
《歴史修正主義者だらけの首長ばっか話題になるから、こういう
人いるとほっとする》
《愛知県の大村知事に賛同します。河村たかし名古屋市長、菅官
房長官、松井一郎大阪市長による「アートへの政治介入」は明ら
かに憲法21条に違反している》
大村知事によると、5日朝にも「ガソリンを散布します」などと
書かれた脅迫メールが県に届いたといい、警察と対応を協議する
という。

https://jisin.jp/domestic/1762891/


001a aichi07.jpg


今年で4回目となる国内最大規模の国際芸術祭、あいちトリエ
ンナーレが8月1日(木)~10月14日(月)(祝)の日程
で名古屋、豊田両市を会場に開かれる。テーマは「情の時代」で、
人々が怒りっぽくなっている世界の現実に、アートの力で迫る。
芸術監督でジャーナリストの津田大介さんに聞いた。

■「情の時代」 自ら作家選び

やりたいことをかなり自由にやらせてもらっています。
ほかの芸術祭と違って、あいちは事務局50~60人が全て県職員。
普通はイベント制作会社や広告会社に投げることが多いはず。
県職員の毎回3分の2が入れ替わる分、芸術監督に与えられている
権限は大きい」 歴代の芸術監督は、初代が詩人で美術評論家の建
畠晢(たてはたあきら)・国立国際美術館長(当時)、2代目が
五十嵐太郎・東北大大学院教授(建築評論)、3代目が港千尋
(みなとちひろ)・多摩美大教授(写真評論)で、4代目のバト
ンを引き継いだ。
今、「アーティストとジャーナリズムの距離は近い」との思い
が確信に変わりつつあるという。
「例えば、今回参加するジェームズ・ブライドル(英国生まれ)
は、ジャーナリストでありながら現代美術作品を作る。
CIR(調査報道センター、米国)は、報道を多くの人に届ける
ためにアニメを作ったり、ヒップホップなどの表現を使う。
(劇作家で)ジャーナリストのミロ・ラウは、演劇でドキュメン
タリーを上演する。
作家たちは、どんどん取材やリサーチをして作品を作る。
そこは私たちジャーナリストと同じです」
こんな顔ぶれのアーティストからは、学芸員では対応しにくい要
望も寄せられる。
そんなときは、かつて年間3千枚もの名刺を配って、がむしゃら
に取材して培った自身の人脈が生きる。
情報源となる人を紹介したり、取材先となった交通刑務所へ一緒
に足を運んだことも。
約80組の作家選びは当初、学芸員に任せるつもりだった。
ところが、上がってきたリストを見て「ピンとこない。これは
まずい」と方針転換。自ら決定権を握った。
「僕はそういう(人の権利を奪う)タイプの人間ではありません。
でも、そうしないと『情の時代』というテーマにこだわった内容
にならないと思った。
仕事は5倍くらい大変になったが、その方針のおかげで(参加作
家の男女比を半々とする)ジェンダー平等も達成できました」
美術制作予算は約2億円。それでもアーティストに自由に制作し
てもらうには足りず、自ら企業を回り協賛金を集めている。
「(自動車メーカー)ボルボには200万円出してもらうなど、
それなりに集まってきていますが、まだ足りない。これからも
回ります」
意外にも、苦戦したのは広報活動。
地域イベントとみなされ、新聞の全国紙がなかなか取り上げて
くれなかった。
「それなら『日本初』を目玉に、とジェンダー平等に取り組ん
だ。また、まず影響力のあるネットメディアに個別にインタビ
ュー取材をしてもらい、話題になったところで、全国紙が後追
いをしてくれた。そこは結構、仕掛けました」。自らのツイッ
ターのフォロワーが「150万人くらい」いることにも助けら
れた。
瀬戸内国際芸術祭など各地で芸術祭を仕掛けているアートディ
レクター北川フラムさんが「心の師匠」だ。
「日本では芸術祭が乱立していて食傷気味だ―などの声がある
ことに、北川さんが怒っています。
『これだけ芸術祭があってもカラーが違うというのは、成熟し
たということ。
乱立したという人の説得力はだんだん無くなるよ』と。それは
僕も感じています」
芸術祭の楽しさの半分くらいはまちの魅力―が持論。
「その点、札幌(国際芸術祭2020)が冬にやるというのは
素晴らしい。呼ばれたら、いつでも手伝います」
(編集委員 土屋孝浩)

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/322393

【炎上】津田大介先生の問題発言映像流出か / ナイフで刺され
ても大丈夫なように防弾チョッキを用意か
 あいちトリエンナーレ

2019年8月1日(木曜日)から開催している国際芸術祭あいちトリエ
ンナーレ。そのイベント内の「表現の不自由展」ブースに展示
されていた、慰安婦像や「天皇写真を燃やす映像」が問題視さ
れて大炎上。
あいちトリエンナーレ芸術監督の津田大介先生(45歳)が涙の記
者会見を開き、その後に 表現の不自由展 の中止を発表した。
・トーク会の映像が物議を醸している
展示物が多くの人たちの心を踏みにじる内容であり、世間から
猛烈なバッシングを受けた今回の騒動だが、実は開催前から津
田大介先生が「内容のヤバさ」を自覚し、そしてリスクを軽視
していた可能性が出てきた。
あいちトリエンナーレ開催前に開かれたトーク映像が物議を醸
しているのだ。 以下は、そのトークの一部である。

・トーク映像内でのコメント1
津田大介「公立美術館で撤去されたものを、表現の不自由展と
いう展覧会をもってくる体にして、全部展示してやろうってい
う、そういう企画で、おそらくみんなぜんぜん気が付いていな
いんだけど、これがいちばんヤバい企画なんですよ。おそらく、
政治的には」

ーーやっぱり天皇が燃えたりしているんですか?

津田大介「おぉ~……。なんなのその(笑)」

ーー天皇制にはどんなお考えですか?

津田大介「天皇というのがひとつ、タブーになって撤去される
という事例があって、それは広く知られているので、それはこ
の展覧会でもモチーフになる可能性はあります」

ーーえぇ? こんな平和でめでたいときに?

津田大介「平和も、いまだからこそ違った意味も感じ取れると
思うんですよね」

ーー人々が新しい元号ですごく前向きな気持ちになっていると
きに、税金でそういう展覧会やるのはどうですかね

津田大介「でも二代前だから……。二代前になるとなんか人々の
記憶も「二代前だし歴史上の人物かな~」みたいな。
そういうとらえ方もできるかもしれない。とか」

・トーク映像内でのコメント2
津田大介「展示を拒否された作品だけを集めました!」

ーーおぉ~! 気になる~!

津田大介「ただ、これの炎上は男女平等とかじゃないくらいの炎
上がおそらく起きると思うので、大変なことになるだろうなと思
っていますけどね」

ーーうーん

津田大介「いまからどうしようかな~みたいな。いまだから僕
Amazon に行って防弾チョッキとかチェック。ナイフでブスッ
と刺されても大丈夫なように。一応、そういうのやっておくか
なみたいな」

ーー備えあれば患いなしですね

津田大介「そうですね」

・過去の映像が掘り起こされた?
このトーク映像が Twitter や YouTube に掲載されており、拡散し、
炎上している。
「津田大介の発言が流出」と題して拡散されているが、流出とい
うよりは過去の映像が掘り起こされた可能性が高い。

・リスクを軽視していた可能性
もしこの映像やコメントが事実であれば、津田大介先生が炎上を
覚悟しており、そしてリスクを軽視していた可能性がある。
もし事実でなかったり誤解なのであれば、津田大介先生は自身の
名誉のためにも弁明すべきかもしれない。

▼動画
https://youtu.be/FLmwp0XYn3I
https://twitter.com/Politube2/status/1158324590306713600





八代弁護士が「慰安婦問題は史実に基づかない」とネトウヨ並み
のデマ! 中曽根の証言など日本軍慰安所設置の証拠は山程あるの
に 2019.08.06 06:57 リテラ

安倍政権による韓国への輸出規制と「ホワイト国」除外、あいち
トリエンナーレでの「平和の少女像」などの展示中止……。
国交正常化以来最悪と言われる日韓関係のなか、日本中がグロテ
スクな嫌韓ムードと歴史修正主義に染まっている。
それは安倍政権周りの政治家やネット、右派メディアだけでは
ない。地上波のワイドショーでもネトウヨとなんら変わらないヘ
イトや歴史修正主義が堂々と語られるようになった。
5日放送の『ひるおび!』(TBS)でも、慰安婦問題など含む作
品を展示した「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれ
た件をとりあげるなか、八代英輝弁護士がこんな発言をして
いた。
「当然、この社会的風潮のなか、この慰安婦像。この慰安婦問
題っていうものが史実に基づかないものであること。あるいは
この慰安婦像に対して嫌悪感、反感をもつ方っていうのは多く
いるってことは、当然認識した上での展示ですから。ある程度
の反感というのは想定されたんでしょうけど、それが、私は
『想定を超えてしまった』って認識は甘いんでないかというふ
うに思うんですよね」
八代弁護士は「表現自体をさせないという風潮は危険だなと思
う」などとエクスキューズをいれつつも、「私自身はこれ(少
女像)を置いて、こんなものあってはならないと議論するとい
うことはアリだと思いますけどね」と続けるなど、嫌韓煽りを
剥き出しにしていた。
(以降ソースにて)

https://lite-ra.com/2019/08/post-4885.html


001a aichi015.png


菅長官、有田氏の「野蛮人」批判に「答え差し控える」
8月6日(火)13時28分 産経新聞

菅義偉(すが・よしひで)官房長官は6日午前の記者会見で、国
際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で「平和の少女像」
(慰安婦像)などの展示が中止されたことをめぐり、立憲民主党
の有田芳生(よしふ)参院議員が菅氏らを圧力をかけた「バーバ
リアン(野蛮人)」と批判したことに対し、「個別国会議員のコ
メントに一つ一つ答えることは差し控える」と述べた。
芸術祭は文化庁の補助事業として採択されている。菅氏は2日の
記者会見で補助金交付に言及したことに触れ、「記者から質問が
あり、国民の税金で賄われている補助金の取り扱いに関すること
なので、文化庁で事実関係を確認した上で適切に対応するだろう
と回答しただけだ」と説明した。主催者の中止判断への影響を重
ねて否定した形だ。
有田氏はツイッターに、近代美術を堕落した「退廃芸術」と位置
づけ、大量の作品を没収・略奪したナチス・ドイツなどを引き合
いに出し、「(名古屋市の)河村たかし市長や菅氏は、芸術的価
値を理解できないバーバリアンなのでしょう」とするコメントを
投稿していた。

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0806/san_190806_8159954899.html


8/7(水) 8:51配信
7日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜
・前8時)では、愛知県で1日より開催中の国際芸術祭「あいち
トリエンナーレ2019」で、慰安婦問題を象徴する少女像など
が展示された企画展「表現の不自由展・その後」が、抗議や脅迫
のファクスが届いたとして3日限りで展示中止を決めたことを
特集した。
コメンテーターとして出演の同局の玉川徹氏は、まず「先進国と
して恥ずかしい。その一言に尽きます」と怒りの表情でコメント。
その上で「作品自体より背景にあるもの含めて芸術的価値を求め
るのもしれないが、背景とか別にしての芸術的価値というものが
あると思う」と続けた。
さらに「たとえば、ピカソの『ゲルニカ』という作品はドイツ軍
の爆撃への抗議として描かれたという背景があって、当時だった
ら、ドイツの人に受け入れられるということはなかったと思う、
でも、今ではピカソの代表作になっていて、ドイツの人も芸術的
価値を認めると思う。今回、問題になった『平和の少女像』の背
景にあるヘイトや憎悪とは別にして、その像を見れば感じられる
のではないか」と問題提起。「ヘイトみたいなもので芸術祭自体
が潰されてしまうのは恥ずべきことと思います」と訴えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000022-sph-ent
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

開催前から物議を醸す危惧を持ったまま開催強行して、自分達
の思惑通りのメディア展開で、まして「中止」のそれも「テロ
まがい」にすれば、展示内容でなく「責任を問われない」姑息
な心情を滲ませるのだが、メディアは「ひいきの引き倒し」だ
し、なんらの感情にも訴えない寒々とした「勝手連的表現の自
由」では、普遍的賛同など得られるものでない。





何より市長の「原因究明」の言に反論するような県知事の検閲
ウンヌンの「ブーメラン」が頭に突き刺さったような反論は、
以下のような記事では、「責任のありか」は明白である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
韓国の少女像展示などをきっかけに「表現の不自由展・その後」
を中止した「あいちトリエンナーレ2019」の事務局が、記事や
番組の事前チェックをメディア側に求めていたことが分かった。
「表現の不自由」と銘打ちつつも、事務局自らが報道を「検閲」
するかのような対応に、メディア側も困惑している。
「あいちトリエンナーレ」のウェブサイトで「プレス向け」ペー
ジには下記の記述がある。
「企画内容によってはご要望に沿えない場合もございますので、
あらかじめご了承ください」
「誌面掲載、番組放送前に原稿を確認させていただいております。
必ず校正段階での原稿・映像等を事前に広報専用メールへご提出
ください」
こうしたメディア側への要請は、「検閲」と取られても仕方ない。
芸術家は記者・ジャーナリストと同様、国を問わず「表現の自由」
を特に重視している。それなのにジャーナリスト側の「表現の自
由」を一方的に縛るのは矛盾している。
しかも芸術監督はジャーナリストの津田大介氏である。
ジャーナリストを芸術監督に迎えながら、報道を検閲するのはど
ういう感覚なのか。津田氏はトリエンナーレ事務のプレス対応を
知っているのだろうか。
また、外国のメディアには日本語訳をつけて事前に見せろと言う
のだろうか。事前提出を日本語メディアに対してだけ要求するな
ら、これも日本語メディアを差別していることになり問題だ。
8月3日、「表現の不自由展・その後」の中止についての記者会見
で津田氏は「表現の自由を後退させる事例をつくってしまった」
と述べたが、報道を検閲しようとした時点で、あいちトリエンナ
ーレの表現の自由はすでに後退していたのである。
8月5日、トリエンナーレのプレス担当に説明を求めて何度も電
話したが、繋がらなかった。津田氏とトリエンナーレ実行委員会
会長の大村秀章・愛知県知事にプレスを検閲する理由を尋ねたい。

http://www.alterna.co.jp/27772



https://twitter.com/jda1BekUDve1ccx/status/1158268624634695680
加藤清隆(政治評論家)@jda1BekUDve1ccx
愛知県での「不自由展」はいろいろ問題があるが、円形に紙をベ
タベタ貼ったような展示物には、上に特攻隊の皆さんの寄せ書きが
書いてある旗を置き、題名に「間抜けな日本人の墓」とあるそうだ。
絶対に許せない!英霊をここまで踏みつけにするのか!それが芸術
か!表現の自由 か! 8月5日 15:48

新家博/Niinomi Hiroshi@ashikabiyobikou
トリエンナーレ「慰安婦像」展示問題。実行委員会と自民党県
連事務局に電話を入れて確認。
実行委員会の主幹、つまり本庁の課長(実質責任者)と室長補
佐(本庁課長補佐)の二人は確かに大村知事に「慰安婦像」と
天皇の写真を焼く映像が展示されること、その懸念を伝えたと
言っている。

https://twitter.com/ashikabiyobikou/status/1158234202099179520

新家博/Niinomi Hiroshi@ashikabiyobikou
大村知事は完全に津田大介と共犯である。県知事が知った上で
展示を許可している。
知事の他にどこまで知っていたか。自民党の堀崎県議会副議長
がどこまで知っていたか。
これを県連に問い合わせたが、これはまだ分からないとのこと。
今、自民党県議団が対応を検討中とのこと。



“昭和天皇の写真を燃やす映像”は報道されない? 「あいちトリエ
ンナーレ」メディアの取り上げ方に疑問の声

従軍慰安婦像を設置するなど、反日的な展示物を血税を用いて開
いたことに批判が集中し中止となった「あいちトリエンナーレ20
19・表現の不自由展」。指揮した芸術監督の津田大介氏や、掲示
を許した大村秀章愛知県知事に怒りの声が上がる一方で、メディ
アの報道姿勢にも批判が集まっている。
メディアが批判を受けているのは「表現の不自由展」内で、昭和
天皇の写真に火が放たれ燃やされた挙げ句、その灰を足で踏みつ
けるという映像が公開されたことを報じないこと。映像はTwitter
で拡散されており、このような内容が「芸術なのか?」と不快感
を示す日本人が続出した。
しかし、オールドメディアはこの件をことごとくスルー。言及し
たのは、産経新聞などごく一部で、慰安婦像のみを論点としてい
る。メディアはこの件をなかったことにした上で、大村知事や一
部新聞社の「慰安婦像を設置するのは表現の自由である」という
主張を繰り返し報道。「表現の自由が保障されているからといっ
て、何をやっても良いといわけではない」と、市民の声を受けて
中止を要請した河村たかし名古屋市長を「憲法違反」と揶揄して
いる。このことに、不満を覚えるネットユーザーが続出している
のだ。
表現の自由は確かに認められるべきではあるが、昭和天皇の写真
を燃やすことは暴挙であり、単なる侮辱である。映像を見た高須
克弥氏もTwitter上で「これはアートではないと僕は思います。
日本人ならこれを見て怒りの抗議をするのは当たり前だと僕は思
います。僕は変ですか?」と怒りの声を上げており、賛同のリプ
ライが数多く寄せられ、「イイね」が6日朝時点で2.8万件付いて
いる。そもそも昭和天皇でなくとも、他人の写真を燃やし踏みつ
けるような映像を流布することは、燃やされた人間を侮辱するも
のだ。
この映像を語らずして「表現の不自由展」が適切であるか否かを
判断することはできないはず。あえてスルーしていることは、蓋
をした上で、慰安婦像を容認したいという意図が隠れているとも
受け取れる。
そのため、現在ネットユーザーは「昭和天皇の写真を燃やしたこ
とも報道しろ」「なぜ隠すのか。左寄りの意見を支持しているの
ではないか」と怒りの声を上げている状態だ。
津田氏は以前テレビのインタビューで、ヘイトスピーチについて
「行き過ぎた差別表現は言論の自由の対象ではない」と語ってい
る。この画像はネットに拡散されており、ネットユーザーから
「その論理を踏襲すれば日本人の統合の象徴である昭和天皇の写
真を燃やす映像や、日本人の名誉を大きく傷つけるような展示を
することは、行き過ぎた差別表現に他ならないのではないか」
「二枚舌ではないか」と批判されている。
「あいちトリエンナーレ」側は、「脅迫のため」展示を中止した
としている。もちろん脅迫は許されるものではないが、それだけ
日本人を侮辱し怒らせた内容だったことは間違いない。
その責任に言及せず、自ら被害者のような体で表現の自由だけを
声高に主張する姿勢に、違和感を覚えざるを得ない。

記事の引用について
高須克弥公式ツイッター
https://twitter.com/katsuyatakasu
https://npn.co.jp/sp/article/detail/60462997/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こういった論を読めば、悪質な「知っていながら承知の上で、
圧力に屈した表現の自由」という姑息な言い回しで、「自分達
は「表現の自由の戦士」を標榜とかの戯れ言・・・。
なんともその気質の「嫌らしい卑屈な言動」の様は、どこか
の国の下品な品格とそっくりである。





とんでも知事を擁護するのに、ネットであったのが「東大卒の
知事、中卒の市長」とかの偏狭な「戯れ言」・・・。
これらのものを傍から、いや対岸から眺めていれば、出来損な
いのコントである。
大上段に構えた「芸術」とは名ばかりの作品群。
何より「中学生の犠牲の鎮魂と批判の像」が、没になって流用
したのが「職業慰安婦像」だもの。
まぁ、あっちの人達は「何でも良し」の精神で、「被害を訴え
る手段」を選ばない。
背景などつゆほども矛盾が露呈したって、無理矢理無視して
「言いたいことだけ言う」という浅ましさ・・・。

あの「使用報告書」の提出で何事もなかった国家間の約束事
もなしのつぶてで、そんな信頼感を失う行為に対して「優遇
する価値なし」として優遇を外しただけなのに、「流用指摘」
を隠避したい政権は、なんと「国民を鼓舞して官製デモや不買」
を推奨する愚の骨頂。
そしてだんだんとおかしな雰囲気になって、自分達に批判が来
る危惧に、さっさと「言論統制」をやり始める蛮行。
さすがに気質が似ていれば、同じような行動になるのは仕方な
いのか・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギムジョウォン青瓦台民政首席は5日、「最近、日本が韓国をホ
ワイトリスト(輸出審査優遇局)から除外するなど、輸出規制
を敢行することにより、これに対して政府全体で総力対応して
いる重大な時期」と「国民情緒に反している言動など公職者の
深刻な上品毀損に対しても厳正に措置する予定」と明らかにした。
金首席はこの日の午後、報道資料を通じて「これにより、民政
首席室は反腐敗秘書官主観で去る1月に結成した「公職規律協
議体(民政首席室・国務総理室・監査院)」の会議を5日午前
開催し、公職社会の綱紀弛緩を遮断するために、各機関別役割
分担に応じて、特別監察を実施することにした」と明らかにした。
彼は「まず民政首席室では、公職監察班人材をすべて動員、
公職者の無事安逸・責任回避などの規律して、これに対する力
点監察を実施する」とし、「一緒に国民情緒と配置されている
言動など公職者の深刻な上品毀損についても厳正に措置する予
定だ」とした。
金首席は、国民情緒と配置されている言動が何なのかは、具
体的に明らかにしなかった。
しかし、政界では、日本の輸出規制に対抗政府が「抗日(抗
日)」の基調を続けていくことに対する批判などを念頭に置
いたものではないかという話が出た。

2019.08.05 15:16(韓国語)
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/08/05/2019080501742.html

悪化の一途をたどる日韓関係。
外務省は、韓国へ向かう観光客に注意するよう呼び掛けた。

韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領:「日本政府は痛い過去
を乗り越え、協力的に韓日関係を発展させてきた両国民に大きな
傷を与えています。『過去を覚えていない国、日本』という批判
も日本政府が自ら作っています」
5日午後、韓国・文大統領は大統領府で行われた首席秘書官会議
で日本政府に対して改めて強い非難を口にした。
日本政府が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する決定をした
ことを受け、3日夜にソウル市内では抗議集会が開かれ、約1万5
000人が参加したという。
また、政府側も様々な策を打ち出している。
韓国産業通商資源相:「私たち皆で力を合わせれば十分、克服で
きます」
韓国政府は輸入している半導体の素材や部品のうち重要20品目は
1年以内、80品目は5年以内に供給を安定させるとし、また、韓国
の公正取引委員会は日本企業4社が韓国のヒュンダイ自動車など
に部品を売る際、談合があったとして約8億円の課徴金の納付を
命じた。
悪化する日韓関係の影響は民間レベルにも現れている。
長崎県対馬市で行われた日韓交流イベントでは先月末、韓国側か
ら不参加の申し出を受けたが、対馬市はなんとか開催にこぎ着
けた。
それでも、韓国側の人数は150人から半減となった。
長崎県によると、対馬の宿泊施設の多くは前年比5割減になって
いるという。
一方、日本から韓国へ向かう旅行者に対し、外務省は「デモ等
が行われている場所には近付かない」などホームページで注意
喚起を行っている。

https://news.livedoor.com/article/detail/16884555/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本のメディアの汚鮮度が、より露わになって国民に周知され
るのは、良いことである。
あの悪夢の政権交代に寄与したメディアの影響力の低下は、自
業自得。





あっちの人達も、おかしな政権運営や「精神論をぶっかまし」
にはほとほと呆れかえるのではないか・・・。
もっともそんな自我か育ってればの話だが・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント