「武士の情け」を理解したくない「便所の落書き」メディアの醜悪さ

予想は出来ていても口に出さない。
そんな一種の美徳で「お疲れ様」と告げられる幸せってなものも世の中にはある・・・。


画像



そんな心情を腐すのに「便所の落書きメディア」が、そんなことは分かっていたものをいちいち活字に
するのだが、そこにある「尊敬されないメディアの腹黒さ」が滲み出ているようで、便所の落書き以下
と、認識を新たにする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

結果として辞めざるを得なかった。21日のアスレチックス戦後、引退を表明したマリナーズのイチロー
(45)のことだ。
現役に固執する本人と、ベテランに引導を渡したい球団の間には深い溝があった。
イチローは50歳まで現役でいるのが目標で、その自信もあった。
オープン戦から18打席連続無安打だったものの、来日会見では過去にオープン戦で打てなくてもシーズ
ンで結果が出たことを引き合いに出したほどだ。
イチローは試合後の会見で引退を決めたタイミングと理由に関して、
「キャンプ終盤、日本に戻ってくる何日か前ですかね。終盤に入ったときです。もともと日本でプレーすると
ころまでが契約上の予定だった」と言いながら、 「キャンプ終盤でも結果が出ず、それ(契約上の予定)を
覆すことができなかった」と明かしている。
「(引退の)決断を知ったのは10日前。昨年から話はしていたし、既定路線だ」とはディポトGMだが、本人
の中で「既定路線」だったわけではない。
18打席連続無安打がなければ、日本に来る直前に安打を量産していれば、契約を覆せたが、それができ
なかったからユニホームを脱がざるを得なかったということだ。
「最低50歳までと本当に思っていたけど、かなわなかった」というコメントが本人の無念さを物語っている。
イチローの思いとは裏腹に、マリナーズは若返りが急務だった。昨シーズン終了後、主力を片っ端から放出
するファイアセールを敢行。
エースと抑えと主砲をトレードやFAで出す見返りに、数々の若手有望株をゲット。
「我々は若手が成長するであろう2020年に照準を合わせている」と、ディポトGMは来年以降が勝負である
ことを隠そうとしなかった。

■マリナーズにとっての功労者だけに

それでもマリナーズにとって、イチローは今回の日本開幕の目玉。結果にかかわらずマリナーズのユニホー
ムを着せ、試合で起用することは商売上の大きなメリットがあった。
しかし、日本開幕が終われば、チームに置いておく必要性はまったくない。若返りが急務なマリナーズに
とっては、むしろ邪魔なだけだった。
イチローは野球殿堂入りが確実視されているスーパースター。クスリを使ってまで本塁打を量産する風潮に
辟易していた米国のファンを、類いまれなバットコントロールとスピードで魅了した。
マリナーズにとっても功労者だけに、不要だからと肩をたたいたり、むげにクビを切るわけにいかなかった。
イチローが自分から辞めると言い出すのを待っていたのは明らかだし、オープン戦で結果が出ないことを自
覚させ、引退せざるを得ない状況に追い込んだのも事実だ。
今回の開幕戦を中継したテレビ局は、前日の開幕戦から執拗にイチローをヒーロー扱い。
この日の2戦目の試合中、通信社から引退を示唆する一報が流れると、ことさらお涙頂戴のトーンを強調した。
けさのスポーツ紙も軒並みイチローの引退を美化して大騒ぎだが、その裏側ではイチローと球団との間で
暗闘が繰り広げられていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITAL 2019/03/22
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/250252
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一丁前の台詞なんてのも、大概の日本人の心情からすれば「武士の情け」をわざわざ・・・。
もっとも「道」を極めたものからは、異端な行動様式の人々には、金輪際分からない事象かも。


画像



その道を究めれば、自ずと「自らの口」から出てくるまで待つ裁量は、日本人には理解できよう。





画像



マリナーズのイチロー外野手(45)が16日、「2019 MGM MLB 開幕戦」(20、21日・東京D)の
アスレチックス戦に向けて、東京・文京区の東京ドームホテルで来日会見に出席した。

背番号51は帽子の上にサングラスを乗せ、菊池雄星投手(27)、サービス監督(51)と並んで登壇。
「早く時差ボケをなくして、チームメートも観光気分をなくして、みんなでがんばっていきたいと思います」と
第一声を発した。
招待選手としてキャンプに参加し、オープン戦では7試合18打席連続無安打、打率0割8分。「昨年の春
からブランクがあり、それでも十分に体は動く状態にあった。当たり前のように結果を出して、当たり前の
ようにここにいる状態を作りたかったんですけど。そうは実際ならず、大変苦しみました。ここにキャンプの
結果を踏まえていることは、本来ありえないことだと思う。やっぱり日本人であることで、すでに勝ち組なん
だなと思っています」。日本開催での特例の28人枠入りにジョークを交えた。
それでもキャンプとシーズンの数字が直結しない経験を踏まえ、「春に起こることはいろんなことがある。
場所が変わって、大好きな日本でプレーすることで、気持ちも全く変わります。今の自分が持てる技術を
見せたいと思います」と言い切った。

https://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20190316-OHT1T50128.html

「やっぱり日本人であることで、すでに勝ち組なんだなと思っています」
このジョークに、脳内反応が異様な人々には、道を究めるなんてのは理解できない。
だけに以下のような心情も同じか・・・。





画像








「桜が咲く時期」に散っていくのも、また風情が良しと・・・。
テレビ観戦していた者は、お疲れ様でしたと、心で呟く瞬間であった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック