一票の格差も、ヘイトスピーチも帳消しにする「暴力万能主義」

選挙における「国民の意思表明」は投票行動で、それの一票の重さが
違憲であるがメディアを賑わし、実はその裏で「選挙操作出来る人々」が
暗躍して、それと同じ構図で「ヘイトスピーチ云々」の裏側での暴力・・・。

画像


公務員の「暴力」は、物凄い背信行為で、「一票の格差」云々など叫ばれても、
以下のような「公務員の暴力行為」に比べれば、屁でもない格差になってしまう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
去年7月に行われた参議院選挙比例代表の高松市での開票作業を巡る事件で、
高松地方検察庁は、当時の開票担当者3人が白紙の票を水増しするとともに、
本来、集計すべきだった有効投票を集計せず、自民党の衛藤晟一参議院議員の
票を312票減らしたとして、公職選挙法違反の罪で起訴しました。

画像


また、選挙の翌月、衛藤議員の票を無効票に混ぜるなどの隠蔽工作をしたとして
別の3人を在宅のまま起訴しました。

画像


起訴されたのは、いずれも開票作業を担当していた、当時の高松市の選挙
管理委員会事務局長の山地利文被告(59)と、当時の市の財政局職員、
大嶋康民被告(60)、それに、市の消防局次長の山下光被告(56)の3人で、
このほか、市の選挙管理委員会の担当者3人が在宅のまま起訴されました。

画像


検察の調べによりますと、山地元事務局長ら3人は、去年7月に行われた
参議院選挙比例代表の高松市での開票作業で、白票の数を実際より329票
水増しするとともに本来、集計すべきだった有効投票を集計せず、段ボール箱に
こん包して、自民党の衛藤晟一参議院議員の票を312票減らしたとして、
公職選挙法の投票増減の罪に問われています。

画像


また、在宅起訴された3人は山地元事務局長と共謀し、選挙翌月の8月に、
有効票が保管されている段ボール箱を不正に開け、中から衛藤議員の票、
185票を取りだし、無効票の箱に入れたほか、9月には、山地元事務局長らが
箱から無効票327票を取り出して廃棄するなどの隠蔽工作をしたとして、
封印破棄の罪に問われています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140715/k10013035933000.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すべての民主的意見集積も、こんなやからの蛮行で無にきしてしまう。
これが一部地方での蛮行とは思えず、自治労という組合組織の徹底的解明して、
公務員に要らぬ「思想至上主義」を検証しないと、以下のような「税金で禄を食む」
者を飼わなくてはならなくなる。

画像


言葉に対して「暴力で黙らす」を実践する者を、以下のように擁護出来る神経は、
公務員としての議員の素質は欠落しているとしか思えない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
有田芳生 @aritayoshifu ・ 8 分

大阪地検の塚部貴子検事にあてた「男組」などの即時釈放の署名に賛同
します。大阪高裁判決にも明らかなように、在特会などの行為は人種差別
撤廃条約に反する差別そのものです。私も現場では徹底して抗議します。
大阪府警も向う相手がまったく違います。 (Change.orgのリンク)

https://twitter.com/aritayoshifu
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下の動画のように親密であれば、この議員は主義・主張は「暴力に訴えても許容
される」と認めているようなものだし、議論の余地は全くなくなってしまう。



普通であれば反対意見・反発に対して、それなりの反論・反発に対する真摯の反省
などが、人との軋轢を和らげる元となるものだが、単に暴力による弾圧は、それこそ
平和主義のそれではないだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
反ヘイト名乗る「男組」幹部ら8人逮捕 右派系男性への暴行容疑
2014.7.16 11:50

画像


反レイシズム(人種差別主義)をうたう市民グループ「男組」。ホームページでは、
「男組はレイシストに『超圧力』をかけ続ける。ネトウヨにも執拗なリサーチをかけ、
追い続ける。全力でレイシストを排除する」としている
大阪市内で昨年10月に行われた韓国人の排除を掲げるデモをめぐり、参加しよ
うとした男性を集団で取り囲み暴行を加えたとして、大阪府警警備部などは16日、
暴力行為処罰法違反容疑で、反レイシズム(人種差別主義)をうたう市民グルー
プ「男組」の組長、添田充啓(あつひろ)容疑者(41)=川崎市多摩区=と、同組
本部長の木本拓史容疑者(43)=同=らメンバー8人を逮捕した。



ネトウヨに執拗な…暴行動画「活動履歴」

街頭で民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)をめぐっては、デモを主催する
各地の右派系市民団体と反対派による対立が激化している。
府警によると、男組はホームページ(HP)上で「反レイシズム戦線・武闘派」を自称。
右派系との対決姿勢を前面に打ち出し、各地のデモで対立行動を取っていた。
逮捕容疑は昨年10月26日午後、大阪市内のデモに参加しようとした右派系団体
関係者の男性(47)を集団で取り囲み、「てめえ許さねえぞ」「お前がヘイトなんじ
ゃ」などと脅したうえ、体を押すなどの暴行を加えたとしている。
男組側はこの様子を撮影した動画をインターネットに掲載し「レイシストを急襲した」
とHPの活動履歴で紹介していた。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140716/waf14071611500020-n1.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヘイトスピーチ(憎悪表現)デモ。
暴力で逮捕されてもメディアでは、こんな伝え方をしてしまうのだ。
不満を表明する人々が「差別主義」であるかのような伝え方と、暴力を用いる人々の
風体だけで、一般の国民にすれば、何を伝えたいメディアと訝しるし不信感が膨らむ。
いくら擁護したい気持ちがあっても、事実はゴロツキとデモ隊のドツキ合いであれば、
言葉と暴力の差は、ありありで「言葉は慎め」で済むが、暴力は犯罪行為であるをメデ
ィアが言い募らないでは、さっさと公共を外し、広報とに徹せよ。

それでなくとも、人々は「人生という鉄路を苦しみながらも、活きる意味を見い出そう」
と、悪戦苦闘している。



メディアの役割は、そんな人々への「癒し・励まし」等の提供によって、その存在意義
が膨らむものである。
広報では、一部の利益のための存在では「公共」とはいえないものである。







在日の耐えられない軽さ (中公新書)
中央公論新社
鄭 大均

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 在日の耐えられない軽さ (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック