マスコミ不信自由世界は多いが、日本の場合は・・・。

日本だけが「マスコミ」に対する不満があるわけでなく、アメリカでもメディアに
対する「不信」は六十パーセントという結果が出て・・・。
ただその不信の内容といえば、日本とはかなりかけ離れていて・・・。

画像


アメリカのマスコミ不信の内容が以下のようなものだが、国内的印象操作と
マスコミの「身内意識」の発露が「公正」でないというものでは、いささか・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
米国民の新聞やテレビなどメディアに対する不信がこれまで
最高の60%という水準に達したことを示す世論調査結果が
21日、発表された。大統領選挙を中心とする国政ニュース
の報道を不公正、不正確とみなす国民が増えており、特に
共和党支持者が、大手メディアの民主党支持偏向を指摘す
る向きが多いという。
米国の大手世論調査会社ギャラップが発表した調査結果に
よると、メディアの主に国政ニュースに関して、その報道を
「完全、正確、公正」の基準からみて「ほとんど信用しない」
「まったく信用しない」と答えた人が合わせて全体の60%に
達した。「大いに信用する」と「かなり信用する」と答えた人が
合計40%と、不信用・信用の差は20ポイントとなった。
調査は大統領選で共和、民主両党がともに全国大会で候補
を正式に決めて間もない9月上旬に全米規模で実施された。
この60%というメディア不信は、ギャラップ社が同種の調査を
始めた1970年代以来、最高の水準。
前回大統領選の2008年では56%だったという。
米国の政治報道ではニューヨーク・タイムズ、CBSといった大
手メディアは年来、民主党寄りで、大統領選でも社説では民主
党候補の支持を打ち出すうえ、報道記者たちも民主党支持が
圧倒的に多いことは公然の事実となっている。
このため、共和党側からは選挙のたびに「大手メディアの民主
党支持偏向」を非難する声が出る。
今回の調査でも「メディア信用」の答えが全体では40%だった
のに対し、共和党支持者では26%、無党派が31%、民主党
支持者が58%という数字が出ており、共和党側の大手メディ
ア不信はさらに強まったことが判明した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120922/amr12092221550007-n1.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国内的不満のありかとしての情報とかの公正さの偏りに対しての
不信であるなら、やはりという日本とは違って羨ましい「不信」となりそう。

画像


何しろ強固に「偏向」を、それも個人への「重箱の隅」を突く様な偏屈すぎる
報道機関には日本には存在していて、それがまた「国内」でなく、ようは「言論
破壊」的「日本卑しめ」に力を注ぐのだから、アメリカのメディア不信とは質の点で
隔たりがありすぎる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安倍叩きは「朝日の社是」

メディアと政治家との関係に関心がある人に、ぜひ読んでもらいたい。
戦後体制からの脱却と公務員制度改革、教育改革、憲法改正への道筋作り…。
文芸批評、音楽批評を専門とする著者が畑違いの政治分野で丹念に追跡し、
拾い集めた安倍政権の足跡、実績と、スキャンダル暴露と印象操作に終始した
朝日新聞の報道のあり方をたどると、あまりの乖離(かいり)に愕然(がくぜん)
とするだろう。

「安倍の葬式はうちで出す」。本書では、この安倍内閣当時の朝日幹部のグロ
テスクな言葉が繰り返し引用される。
政治評論家の三宅久之は著者に、朝日の若宮啓文論説主幹(現主筆)とのこ
んなやりとりを明かしたという。
三宅「朝日は安倍というといたずらに叩(たた)くけど、いいところはきちんと認
めるような報道はできないものなのか」

若宮「できません」

三宅「何故(なぜ)だ」

若宮「社是だからです」

特定の政治家を叩き、おとしめることが社是である新聞社とはどんな存在だろ
うか。
それは、むしろ政治的意図をあらわにしたプロパガンダ機関というべきだが、社
論を決定する地位にある人物がこう述べたというから驚く。
メディアが権力者を批判するのは当然だが、著者が指摘する「明白なウソ」「虚
偽のストーリー」による安倍叩きに正当性はあるのか。
本書は、安倍内閣で首相補佐官を務めた世耕弘成が大学生に語った述懐を
取り上げる。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120909/bks12090907550009-n1.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
様々な場面でも強固な意図は、日本にあって有害でありなくても全く困らない
言論なら、なくなって貰った方が日本の国益に沿いそうである。

画像


上の強固な歪んだ思想集団でなくとも、以下のような記者を配するところは、
「正確な情報」に自分の思念を混ぜ込ませて「際立った配慮」を読者に強いる
では、それこそサディストで差別主義的思考法が蔓延していると見られる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中国の反日デモによる日本企業への影響をどう見るか?
 ◆十分にあると思いますね。ひどい被害に遭った企業がたくさんある
。しかし、何を取るかの選択の問題だと思いますよ。
すぐ経済、経済と言うけど、日本人は侍の気持ちを取り戻したらいいんじゃないの。
金が人間の幸せ、人生を充足するわけじゃない。
しかし、日中の経済活動に多大な影響が出ている。知事はしきりに「シナ」と言うが、
相手が嫌がる呼称を使うべきでない。
 ◆じゃあ、何て呼んだらいいの?
 「中国」でいいのでは。

◆中国とは岡山県と広島県のことだよ。向こうの英文で書かれてるインターネット
見てご覧なさい。 SINAと書いてる。

そうではなく、向こうが嫌がる言い方をすべきでないと。

◆嫌がる理由はないじゃないか。孫文が作った言葉じゃないか。シナ人が、日本
人がシナと言うのを嫌がってるの?

そう思う。

 ◆君が思ってるだけじゃないの。ナンセンスだね。

毎日新聞 石原語録:知事会見から 民主党代表選/自民党総裁選 /東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20120922ddlk13010112000c.html




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この問答のおかしさは、マスコミの質の程度が以下に低迷して、思い込みが
思考のすべてを覆い包むから、自分勝手な「言いがかり」を問題視する
その思考法が「中立・公正」でないと気付かない似非ジャーナリズムにある
のだが、今では「釣り」という引き出しで、失言につなげて火をつける「放火魔」
なみの「無法者」が、第四の権力を謳歌しているのだから、国力は格段に落ちて
しまうのは当たり前かも知れない・・・。


「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
双葉社
マーティン・ファクラー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」-
オークラ出版
島津義広

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック