近隣の汚染国への警戒を喚起させないマスコミのゴミっぷり

昨年の宮崎・赤松口蹄疫事件の「感染源追及」をうやむやにしてしまった
のがどこのものであったかを、「ブーメラン政党」と揶揄される現政権の
捉えどころと同じ臭いが漂う「口蹄疫汚染国」に注意喚起しない日本のマ
スコミの「ゴミっぷり」が際立つ今日この頃・・・。

画像


全国網羅された「農水省」の画像から分かる「昨年の口蹄疫」の処理の拙さ
が、再び猛威を振るっている「終息」をさせなかった付けというものだが・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 【ソウル11日聯合ニュース】昨年11月28日に慶尚北道・安東で発生した
口蹄疫(こうていえき)が全国に広がり、殺処分・埋却された家畜は農家
3499戸、140万4426頭に達した。農林水産食品部が11日に明らかにした。
家畜別ではウシが2729戸・11万934頭、ブタが586戸・128万9547頭、ヤギ
が123戸・2938頭、シカが61戸・1007頭。口蹄疫感染地域は、慶尚北道、
仁川市、江原道、京畿道、忠清南道、忠清北道の6市・道、51市・郡、122
か所となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110111-00000019-yonh-kr

韓国で口蹄疫(こうていえき)の被害が全国的に広がっていて、
6日までに牛や豚90万頭が殺処分されています。
来月上旬の旧正月には多くの人が移動するため、
政府が感染防止の対応に追われています。

韓国では、去年11月に南西部の慶尚北(キョンサンプク)道で
口蹄疫の感染が確認されて以来、全国的に被害が広がり、
先月、警戒レベルを最高段階に引き上げました。
その後も感染の拡大が止まらず、
6日までに牛や豚90万頭が殺処分されました。
来月上旬の旧正月では、帰省などで多くの人が移動するため、
さらなる感染拡大が懸念されています。
こうした状況を受けて、李明博(イ・ミョンバク)大統領は6日、
関係閣僚を緊急招集し、ワクチンの摂取や各自治体との協力など
根本的な対策が必要として対応を指示しました。

http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210107040.html

画像


口蹄疫:殺処分のブタの血、川に流入か

口蹄(こうてい)疫の感染拡大を防ぐため、約3000頭のブタを殺処分し埋め
立てた京畿道坡州市で、谷間を流れる川の水に血が混じっているのが見つ
かり、防疫当局が調査に乗り出した。
同市が2日に発表したところによると、今月1日午後5時ごろ、同市広灘面の
Kさん(61)から、犬飼育場で飲み水として使っている川の水に血が混じって
いる、という通報を受け、調査に乗り出したという。Kさんの犬飼育場の近く
にある山では、先月31日、口蹄疫の感染拡大を防ぐため、約3000頭のブタ
を殺処分し埋め立てた。
同市は「殺処分したブタから流れた血が、近くの川に流れ込んだものとみて、
調査を行っている」と話した。
州=梁煕東(ヤン・ヒドン)記者
: 2011/01/03 09:44:17

http://www.chosunonline.com/news/20110103000009
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
殺処分でない「生き埋め」の処理方法では、下の記事のように「水」を介して
汚染はとどまることがない。
流石に「汚染原因」の国らしさが溢れる報道である。

画像


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「韓国の口蹄疫は宮崎県のウイルスとほぼ同一」

韓国で大流行している口蹄疫ウイルスの遺伝子配列の99%以上が
宮崎の口蹄疫ウイルスの遺伝子配列と一致
昨年4~7月に宮崎県では口蹄疫で約28万9000頭の牛と豚などが殺処
分された。当時農林水産省の検証委員会は中間報告書で、アジア地域の
口蹄疫発生国から日本に流入したとみられると推定した。
感染ルートを特定することはできなかったが、宮崎空港と仁川空港を結ぶ
週3便の直行便で往来する人と物を通じて流入した可能性にも言及された。
 
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=136489&servcode=400§code=400

口蹄疫 韓国→宮崎
韓国の口蹄疫ウイルス、宮崎とほぼ一致 水際対策を強化

韓国では昨年11月に東部の慶尚北道・安東で確認されたのを皮切りに、
5道1市とほぼ全土に拡大した。今月7日までに99例が発生し、
牛や豚約107万頭が殺処分の対象になった。
このほか約120万頭にワクチンを接種中だ。

http://www.asahi.com/special/kouteieki/TKY201101070483.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところが「アサヒる」報道機関は、懸命に「印象操作」を企んでいるようで、
口蹄疫の種類が「宮崎」と一緒と来たものである・・・。
どの面下げて「ジャーナリスト」をやっているんだか・・・。
処分方法を見ているだけで「一目瞭然」な対処方法が「ウィルス対策」の根底
にあるというのに・・・。
本当に「マスゴミ」と揶揄されるだけのことはある。



マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方
岩波書店
下村 健一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」-
オークラ出版
島津義広

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック