「世界から孤立」マスコミの好きな言葉は「今は昔」

「世界から孤立」とか、これまでの自民党政権時代であれば、煽り言葉が飛び交ってい
たマスコミも、とんとトーンは控えめで、折角成立させてやった政権のかげながらの
応援には、苦笑してしまうが世界は確実に「ヘタレ国家」認定へ向けて・・・。


画像



決断力のなさが外交では、組みやすし相手と思われたり、あるいは同盟国が
「薄気味悪い」と感じたりと、その評判が「国家の威信」を失わせたり・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月の核安全保障サミットに際しての開催へ向け調整されている日米首脳会談
について、米側が鳩山由紀夫首相の「表敬訪問」程度にとどめる意向であるのは、
単に物理的に時間を割くことは難しいという理由からではない。普天間飛行場(沖
縄県宜野湾市)の移設問題で、日米同盟の屋台骨を揺さぶり続ける鳩山政権に
対する不信感の表れだといえる。
米政府が抱く新たな不信感は、日本政府が2006年の日米合意をほごにし、名
護市辺野古のキャンプ・シュワブ陸上案などを検討し、今月中にも方針をとりまと
めるとしていることにある。
米側は、キャンプ・シュワブ沿岸部への移設という当初の日米合意が「最善の策」
という立場を変えていない。
それだけではない。米国務省関係者は「誰がどういう形で、責任をもって日本政府
案を持ってくるのか」(国務省関係者)といぶかる。昨年12月中旬には国民新党の
下地幹郎政調会長(当時)が訪米し、キャンベル国務次官補らと会談した際の内容
について、移設問題の解決を「期限を切って迫られた」と説明。これを国務省幹部
が記者会見で否定するなど、米側は日本側の正規の交渉窓口がどこにあるのか、
と疑心暗鬼になっている。
米政府関係者は日本の当局者に対し、政争ばかりで統治能力がない政情不安な
小国に対する卑称を使い、「日本は『バナナ共和国』だ。安全保障の交渉などでき
ない」とぼやいているという。
一方、4月下旬に米議会関係者が招待する形とすることで調整が進められている
小沢一郎民主党幹事長の訪米についても、小沢氏の「政治と金」をめぐる問題が
ネックとなり、大統領はもとより、副大統領や補佐官らホワイトハウス関係者が小
沢氏と会う予定は一切ないという。
安倍晋三元首相が、首相候補の筆頭と目されていた自民党幹事長代理時代の0
5年5月、ホワイトハウスでブッシュ大統領と「たまたま」すれ違い、言葉を交わした
ケースはある。だが、米当局者は小沢氏の場合はそれすらないだろうと断言する。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100315/plc1003152018012-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100315/plc1003152018012-n2.htm

画像



鳩山由紀夫総理は12日午前開かれた参議院予算委員会での円より子議員
(民主党)の質問に答え「新しい公共が結果的に歳出削減につながる」と語った。
円議員が歳出削減のため、事業仕分けなどによる無駄な支出の削減に取り組
むのはもちろん、鳩山総理提唱の「新しい公共」を機能させることでも、歳出削
減を図れるのではないか、と質したのに答えた。
鳩山総理は新しい公共のあり方を積極的に推進する意向を語るとともに、例と
して、教育現場で言われる教員不足をとりあげ、ボランティアの方にも(教育現
場に)参加いただくことにより、子どもたちにも、ボランティアの人にも良い効果が
期待できる旨を語った。
鳩山総理は地域ぐるみでの子育てを制度化していこうと積極的に取り組んでいる
都内の連雀学園三鷹市立第四小学校を今年2月20日に視察しており、その際
に教師と教育ボランティア、保護者らの連携により「手とり足とり教えることによって
教える側も教えて幸せを享受できる」システムができていることを体感したという。
また、「新しい公共」という精神は鳩山総理が総理就任時から提唱しているもので、
政府は今年から「新しい公共」円卓会議を設置し、国民のひとりひとりが居場所と
出番を感じられる公正で活気ある社会づくりを推進するための議論を進めている。

*+*+ EconomicNews 2010/03/15[06:56:21] +*+*
http://210.196.162.149/politicsnews/detail/politicsnewsDetail.php?name=100314_019_4.html
http://www.youtube.com/watch?v=L5v8vDDbvgE

画像


03月15日 17時00分
自民党の鳩山邦夫元総務大臣は、政界再編を実現するため、新党を結成したいと
して、15日、自民党に離党届を提出しました。
http://www.nhk.or.jp/news/t10013213041000.html

画像


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

民主党の「決断のなさ」を揶揄することなく、言葉を摩り替えてやりくりしている日本の
マスコミも、流石にこの画像の「道化師」については、脱党が「孤立化」としているが、
今までであったなら「バナナ共和国」とした揶揄に対しては、どっと「世界から孤立か?」
と煽り立てていたはずだが・・・。
にしても迷走する政権に対してのマスコミの対応には、二枚舌の悪魔としか思えぬ
公平・公正な報道そのことが、「今は昔」なのかも・・・。


ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
集英社
森 達也

ユーザレビュー:
タイトルどおりにメデ ...
警察権力の怖さを感じ ...
「考える人」とは・・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」-
オークラ出版
島津義広

ユーザレビュー:
本当か?論理の飛躍が ...
日本のマスコミが真実 ...
日本の将来についてよ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック