BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS イメージの固定化、解決策は存在するか?

<<   作成日時 : 2010/02/24 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宜しくないイメージというものがある。
下半身のだらしなさは、世界中で大概モラルの「はしたなさ」として特に女性
の受けるダメージには、はかり知らないものがあるが、しかしその女性が自ら
性を商品にしていては、イメージは完璧に固定化して・・・。
誰彼の区別なく、全員がそうであると受け取られれば国辱では・・・。


画像



「性犯罪国家」という語句のイメージとして真っ先に浮かぶ国は、内心とても困っ
ているのか、あちらのマスコミもこぞって取り上げているが、このままでは「固定化」
しかねないイメージの改善が図れるか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
定着する「性犯罪国家」のイメージに焦りの声―韓国

世界各国で韓国に対する「性犯罪国家」のイメージが定着しつつある
民族主義的活動団体のVANKによると、
英国、米国、カナダの政府外交部門が開設したウェブサイトなどが
「韓国では性犯罪が多い」として、注意事項をかなり具体的に紹介している。
フィリピン政府は2005年、自国の女性に対して「韓国人警戒令」を出した。
日本では、インターネットメディアが、
韓国では性犯罪と外国人女性に対するセクハラが多いと報じたという。
VANKの朴起台(パク・キテ)団長によると、
米国とカナダで外交部門が韓国の性犯罪問題を掲載したのは2004年8月。
現在では、同様の内容を掲載する旅行・文化関係のサイトは152件に広がったという。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0217&f=national_0217_022.shtml

画像



「韓国は性的搾取のための人身売買被害者を供給する国家だ」−−。

米国国務省が昨年発表した韓国人身売買現況報告書の内容だ。
一言で韓国が「性輸出国」とは恥ずかしい話だ。報告書は特に韓国の性売買女性たちを
他の国家と違い「自発的人身売買」にあたると分類した。
韓国は事業主と合意の下で自発的に身分証を返納し、性売買をするケースが多いという
のだ。
遠征性売買の規模も少なくないものと推定されている。
カリフォルニア州立大ティモシー・リム教授は2006年研究報告書で「毎月400〜500人
の韓国女性がカナダを通じて米国に渡っており、このうち5000余人が性売買に携わるも
のとみられる」と明らかにした。
これに対し、中央大学イ・ナヨン教授(社会学)は「性売買産業が国境を越え、組織的に広
がっているという点で“性売買産業の地球化”と言える」と指摘した。
警察隊ピョ・チャンウォン教授(行政学)は「性輸出を連結する鎖を絶つためには両国間の
協力が必須だ」とし「韓国内の送出組職に対する積極的な捜査が至急だ」と指摘した。

ソース:中央日報日本語版 2010.02.23 12:33:38
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=126510&servcode=400§code=400

画像


中米グアテマラ現地紙は、同国で韓国人男性(56)が拉致、殺害した疑いで先月18日に
逮捕された35歳と38歳の男が国際的な人身売買組織に関与し、違法売春だけでなく、
さらに韓国人一人を殺害していたと大きく報道した。
これに対し、在グアテマラ韓国大使館は「報道内容は全く確認していない。ただでさえ治
安に不安がある場所で、反韓感情が高まらないか懸念している」と話している。
グアテマラでは昨年から今年1月までに8人の韓国人が殺害され、4人が拉致された後で
解放された。特に首都グアテマラ市は人口10万人当たり108人が殺害されており、中南
米でも治安が最悪の都市に数えられる。
グアテマラの有力紙プレンサ・リブレは22日、アジア人が人身売買組織を主導していたと
いう趣旨の記事を大きく掲載した。見出しはアジア人だったが、その上に「Coreano(韓国
人)」という補足説明を付け、事実上韓国人を名指しした内容だった。
同紙は容疑者が8カ国(韓国、スペイン、米国、メキシコ、コスタリカ、ニカラグア、パナマ、
コソボ)の人身売買組織とつながりを持ち、そこを通じて女性を売春婦として連れてきたと
指摘した上で、警察が韓国人容疑者の電話による通話内容を確認したと報じた。ただし、
同紙は実際にどんな組織と関係があり、どの国籍の女性がどれだけグアテマラに連れて
来られたかについては言及していない。
同紙はまた、人身売買された女性は、ロシア、オランダ、コスタリカなどを経て、グアテマ
ラに入り、韓国人容疑者二人が経営する地下カジノで、韓国人客を相手に売春を強要さ
れていたと伝えた。韓国人二人とともに逮捕されたグアテマラの情報将校は、容疑者らが
女性らを移送する際、検問を受けないよう支援していたという。
このほか、同紙は2008年2月16日に起きた別の韓国人男性(32)の殺害事件も容疑者ら
の犯行だと報じた。しかし、殺害動機や手口については伝えていない。
同紙はさらに、「メキシコ所在の日本人による人身売買組織は、拉致したコロンビア人女
性が逃げると、女性の息子を拉致するほど残忍だ。人身売買に対する追加調査が必要
だ」と指摘した。
現地韓国人社会は、こうした現地の報道ぶりを非常に懸念している。現地在住韓国人は
「常識的に考えて、韓国人を対象にした小規模の違法カジノに8カ国の人身売買組織が関
与しているはずがあろうか。韓国人に対するマイナス感情を持って書かれた記事だ」と不
満を漏らした。

サンティアゴ(チリ)=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員

朝鮮日報 2010/02/24
http://www.chosunonline.com/news/20100224000039

画像


家出したソウル地区の中高女子生徒10人中、5〜6人が援助交際やルームサロン
などで売春をしていたことが明らかになった。彼女たちは住民登録証を密売したり
偽造して、成人に成りすまして売春していた。
23日、ソウル地方警察庁の発表によれば、2009年末現在ソウル地区で家出中の
女子中高生は1779人だ。 このうち、援助交際など売春で警察に検挙された女子
生徒は175人で、10人に1人の割合だ。 警察関係者は『検挙された人数から推定
すると、長期間家出している女子生徒の50〜60%が援助交際や売春業者で性を売
っていると思われる』と話した。
韓国青少年政策研究院、ソン・ユンスク研究委員は『昨年7〜8月に売春経験のあ
る10代女子生徒43人にアンケート調査した結果、53%にあたる23人が家出後の生
活費のために売春をしたと回答した』と話した。研究委員は『売春は生計費を手っ
取り早く入手できる手段』とし『家出した女子生徒は誰でも、経済的な問題により売
春に走る可能性が高い』と分析した。
翻訳 ソウル新聞 記事入力 2010-02-24 03:18
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20100224001011


画像



画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「メキシコ所在の日本人による人身売買組織は、拉致したコロンビア人女性が逃げると、
女性の息子を拉致するほど残忍だ。人身売買に対する追加調査が必要だ」と指摘した。
と、どこかで日本を引き合いに出し、何とか「俺だけじゃねぇじゃん、日本だって・・・」の
全くもって恥知らずは、日本のマスコミだけでなくという露呈も飛び出て・・・。
もつともこの日本人組織が日本人なのか、「ザパニーズ」という日本人を騙る者の仕業
か、大概、似たようなことが出来る民族は、似たような行動をしてしまうものだ。
何しろ「暴力団の構成員、在日朝鮮人」が主流であるをみれば、犯罪構成の酷さも手伝
えば、国技とも揶揄される「強姦」の男尊女卑のお国柄が表れて・・・。
そして女性は「売春産業の旗手」、男女とも下半身が知性を凌駕するのは、時代を遡れ
ば以前からあったものと認識出来る。
突然変異は早々考えられない。とすれば、あの「コムフォートウーマン」なる言葉は、売春
婦の別称かになってきそうだ。
世界に顰蹙と堕落を輸出する国の癖に、なんと以前からある祝い事もイチャモンをつけて
くる。「旧正月」の言い回しに自分のところを忘れるなで、変更させる圧力・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像



2010年2月14日、春節(旧正月)を迎えたこの日、オバマ米大統領が世界中の「Asian
Lunar New Year」(アジア人の旧正月)を迎えた人々に新年のあいさつを述べた。
オバマ大統領はなぜ、「Chinese New Year」と言わなかったのか?台湾紙・中国時報が
伝えた。
米国人は長い間、旧正月を「Chinese New Year」と呼んでおり、08年のブッシュ大統領
による新年のあいさつでも、「Chinese New Year」が使われた。だが、実は旧正月の呼
び方についての議論は、20年以上も前から交わされてきた。そもそも、米国で最初に
旧正月を祝い始めたのは清朝時代に米国に渡った大量の中国人。
「Chinese New Year」という名称もこのころ生まれた。
しかし、次に大量に移民してきた韓国人にも旧正月の習慣はあった。そのため、「Chinese」
だけが呼称につけられるのは不公平だという声が上がり、「Chinese−Korean New Year」
と呼ばれるようになった。だが、今度は「Korean−Chinese」にするようとの抗議が起こり、
結局、「Asian New Year」に変更されることに。
ところが、今度は旧正月の習慣がない日本人やタイ人からクレームが付いた。
「Asian Lunar New Year」が正式名称とされたのは、08年末ごろだが、いまだに呼び慣れ
ない人が大半だという。だが、韓国系の間ではさらに、米国の政治家が旧正月に広東語
で新年のあいさつをするのが気に入らないと、「韓国語でもあいさつするよう」求める運動
を始めている。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39755&type=1
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「祝い事」ももともと中国から伝わったものだろうに、なんにでも自国を主張するなら、やは
り「性犯罪国家」の汚名の方に集中しないと、尊敬も敬意も払って貰えないのでは・・・。
それとは逆に、下の画像のような拒否が似合ってしまう所作を続けていては・・・。

画像



もっとも日本も、性犯罪でなくマスコミという「ガン」という不治の病に侵された人々が
あり、どうにもならないが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★薄らぐ「日の丸」意識

・五輪憲章に「オリンピック競技大会は個人種目または団体種目での選手間
の競争であり国家間の競争ではない」と規定されている。
しかし、過去の五輪を取材してきて、「日の丸」の重圧に押しつぶされて、最後
に実力が発揮できなかった選手を多くみてきた。
今回の五輪は少し様子が違う。「国家」をあまり意識しない大会になっているの
だ。フィギュアスケートだけに限ってもそうだ。ペアの川口悠子は2009年1月に
ロシアの国籍を取得して、ロシア代表として出場、4位に入賞した。長野五輪で
エレーナ・ベレズナヤの滑りにあこがれ、コーチのモスクビナに何度もファクスを
送り、この道にたどり着いた。越えてきたものは「苦労」などという言葉では表し
きれないだろう。「でも、私はコーチがアフリカ人ならアフリカまで行ってましたね」
 ボーダー(国境)を越えることに特別な意識はなかった。
父が米国人、母が日本人のキャシー・リード、クリス・リード姉弟はアイスダンスで
日本代表として出場した。着物や扇子を小道具にした演技に会場が沸いた。
女子には米国代表として16歳の長洲未来が出場。両親ともに日本人だが、米国
に住み、米国人としての出場だ。「私は日本式のルールで育てられた。日本のファ
ンにも応援してほしい」
スポーツのボーダーレス化は歓迎すべきことだろう。スポーツという言語によって国
境がなくなっていく。
その舞台がバンクーバー五輪というのも特別な意味があるのかもしれない。カナダ
は移民による多民族国家だ。モザイク社会とか、サラダボウルのような社会と言わ
れる。サラダボウル社会とは、それぞれの民族がサラダボウルという器の中に、そ
れぞれを主張しながら、存在しているという意味だ。いろんな野菜はカナダというドレ
ッシングをかけても、調和しながら、にんじんとしての中国、キャベツとしての韓国、
大根としての日本という個性を失わない。さらに先住民族がいる。
五輪で国は深い意味合いを持たない。浅田、安藤、鈴木はその重圧とは無縁のまま
フリーまでの演技を終えてほしい。(編集委員・西村欣也)
 http://www.asahi.com/olympics/columns/from_vancouver/TKY201002240304.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポーツ大会においての意識は、「おらが村の選手」の思いは悪いことでない。
薄まる国家観でなく、こういう時こそ強まるから、こんなものを書いてしまう。
で、選手が国籍を変えて云々とあるが、選手となれば出場がもっとも強い動機で
あり、日本の卓球の中国選手をみれば分かりそうだが、知っていてそういうことは
一切無視する、そして自分のけったいな思想を押し付けで金になる、あるいは禄を
食むでは、これを読んだ読者は「鼻で笑うだろう」・・・。
もっとも好きで読んでいるとなれば、洗脳された頭脳は「固く思考停止」しているだろう
から、「もっともだ、国家などボーダレスだ・・・、しかして「売春国家」になれば、とたんに
恥ずかしい日本国家、何とかしなければといきむのだろう。
その心情をあたらの国に進言してやらねば・・・。
「大きなお世話は、マスコミの得意技」だろうから・・・。
「フィギィアスケート男子の高橋選手」の言葉は聞こえてないのだろう。
「国歌が流れず残念だったけど、あがる国旗を見たら・・・」
この心情を説明して見ろ!、今一響かない文字の羅列には、あの「性犯罪国家」並みの
嫌われ度が増したようだ。
そうそう、「従軍慰安婦」なる珍語を開発したのが、この新聞紙屋だったけ・・・。
伝統はすぐには崩せないを自ら実証してるくせに・・・。


博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」-
オークラ出版
島津義広

ユーザレビュー:
日本の将来についてよ ...
今の若者が羨ましいッ ...
知らずに自らの首を絞 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






売春?性労働の社会構造と国際経済学
明石書店
タン・ダム トゥルン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

売春論
河出書房新社
酒井 あゆみ

ユーザレビュー:
学術的ではないけれど ...
『論』の体裁を成さず ...
で?何がいいたいの論 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イメージの固定化、解決策は存在するか? BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる