BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「公教育」を司る公務員、格差社会で放り出されたら・・・。

<<   作成日時 : 2009/07/02 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「国旗・国歌」に対する人それぞれの思いもあるだろうが、それを議会で
遣り合えば、当然行政を預かる長は、まずは「公」に重きを置き、公務員
の規範に対して厳しい態度を取るものだろう・・・。
そこにこれまで長く対立してきた問題の「教育」が絡めば記事になって・・・。


画像



画像は茨城の教育理念のポスターだそう。「こころを育てる」とは旨くした
コピーだが、さて埼玉県知事の発言が記事になっているのだが、これを
取り上げる趣旨は、やはり憲法十九条の「思想信条の自由」に絡めた
教師像の拡大解釈と、これまで日教組が唱えてきたものとの差異に、
ニュースソースとして価値があると見ているからか・・・。
って、それを見て書いている訳でなく、ふらりと寄ったブログを見て、取り上げ
て見たくなり、ソースを探した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

埼玉県の上田清司知事は1日、入学式など式典の国歌斉唱の際に起立しない教員
について、「日本の国旗や国歌が嫌いだという教員は、辞めるしかないのではないか」
と述べた。
6月定例県議会で吉田芳朝県議の一般質問に答えた。
県教育委員会によると、式典で国旗掲揚と国歌斉唱を生徒に指導することは、学習指
導要領で定められている。だが、平成20年度の卒業式の際、県立高校と特別支援学
校計10校で、国歌斉唱の際に起立しない教員がいたという。
上田知事は答弁で、こうした教員のいる学校名を公表すべきとの考えを示した上で、
「ルールに従い模範を示すべき教員が、模範にならないようではどうにもならない」と述
べた。 ルールを守らない教員への処分に関しては、県議会終了後の報道陣の取材に
対し、県教委で判断すべきとの考えを示した。

ソース:MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/090701/stm0907011751016-n1.htm


「国旗・国歌、嫌いなら辞めよ」=起立しない教員に−上田埼玉知事
7月1日18時5分配信 時事通信

 上田清司埼玉県知事は1日の県議会本会議で、県立学校の式典で君が代斉唱時に
起立しない教員がいることについて「式典のルールに従って模範を示さなければならな
い教員が模範にならないようでは、どうにもならない」と述べた。その上で「そもそも、日
本の国旗や国歌が嫌いだというような教員は辞めるしかないのではないか。そんなに嫌
だったら辞めたらいい」と強調した。
君が代斉唱時に起立しない教員がいることへの解決法を民主党県議からただされ、
答えた。これに対し、共産党県議団は「思想と良心の自由を定めた憲法19条の規定を
ないがしろにするもので、700万県民の代表にふさわしくない危険な発言だ」とし、撤回
を求める談話を団長名で発表した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090701-00000137-jij-pol

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

共産党県議団の「文句」は、最高裁で否定されていたように記憶するが、ここでの問題は
県立学校という「県の設立した公の学校」運営費は県負担、という教える教師も「公務員」
という待遇で、税金を禄として暮らしている立場というものであるなら、憲法十九条の前に
「公務」とは、そして県の規範が定められているなら、従わざる得ないものだろう。
知事の少し激しい言葉も、その「公」についての見解が重きをおくものと捉えられる。
さすれば、これまでのようなゴネた「言い訳」が通用しないとなれば、やはり「辞めてしまわれ
るのが最良の方策」となってくる。

画像


立ち寄ったブロクは、知事を非難しているものだったが、まぁ、世の中にはいろいろな人
がいて、ブログという「マスターベィーション」の側面も兼ねているから、「へぇ、こんなことを
考える人もいるんだ」となってくるが、それも教育の賜物と捉えると、公の価値や存在を
考えさせてくれる。
まずは教育基本法には、政治教育は不偏不党という条文もあり、当たり前だが「公の精神」
も謳われている・・・。
するとこの「国旗・国歌」というものに対する姿勢に準じられない人は、公を旨とする私立は
ともかく公立にはねそぐわない人となって当然だし、第一当然のことのようだが「就職志望」
に「国歌・国旗は嫌いです、それでも県立の教師になりたい」と書いているものだろうか・・・。
合格してからと、受験の前とで思想・信条が違えてしまえば、自らその職を辞するべきであり
何もその職に固執するものでもないだろう。
それに固執するとすれば、生徒に影響を与えたいという思惑があれば、政治教育として
踏み外したものとなってきそうだし、第一パフォーマンスでもないだろうから、自分ひとり
あるいはお仲間と「運動」をやられるのが、精神安定上も最良と思える。
と、生徒側から見れば「変な先生」に当たった、あるいは「先生を選べない現状」では、
多数の意見も黙殺され、たった一人対多数でも、片や先生である。
力関係は見えている・・・。まぁ、なるべくなら「そんな先生に教わりたい生徒は皆無」では
ないだろうか。「こころを育てる」という理念と不偏・不党の教えは絡み合いになると思うが
視点はやはり教える側でなく、教えてもらう側からだと分かり易いのでは・・・。

ただこの格差社会に放り出された元教師が、一般的な企業に就職出来るかは、協調性と
いう点ではなはだ無理だとは思うが・・・。トライしてみるのも人生経験になる。


日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)
PHP研究所
中西 輝政

ユーザレビュー:
一方的な皇室礼賛論に ...
日本は占領されている ...
歴史を学びなおそう。 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
上田埼玉知事
「国旗・国歌、嫌いなら辞めよ」=起立しない教員に−上田埼玉知事&lrm;16 &#26178;&#38291;&#21069;&lrm;上田清司埼玉県知事は1日の県議会本会議で、県立学校の式典で君が代斉唱時に起立しない教員がいることについて「式典のルールに従って模範を示さなければならない教員が模範にならないようでは、どうにもならない」と述べた。その上で「そもそも、日本の国旗や国歌が嫌い ...[記事全文] ...続きを見る
成功するニュースの読み方
2009/07/02 10:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「公教育」を司る公務員、格差社会で放り出されたら・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる