無理を通せば「道理」引っ込む・・・。

「無理が通れば、道理引っ込む」不意に報道記事を読んでいて、思い出した言葉だが、
どうも「親子」だとか、「同情」とかがまかり通って、肝心の「道理」が蔑ろにされたら、
これはもう人間生活の「破綻」へと突き進み、「言ったもの勝ち」「喚きチラシ」がのさばり
人間としての最低限の「道理」は虚しく沈み、勝手気ままが・・・。


画像



画像は「砂の器」の名場面である。言われなき差別から逃れる親子の侘しい後姿・・・。
なのだが、下に貼り付けた記事からは、この親子のような「同情」も起きず、冒頭の
「無理が通りゃ道理引っ込む」の格言が浮かんできてしまう。

------------------------------------------------------------------
奈良県下市町の町立小学校を今春卒業した、下半身不随で車いす生活を送る少女
(12)が、入学を望んだ町立中学校の設備が不十分として、同町教委から入学を拒否
され、養護学校への入学を勧められていたことがわかった。
両親が4日、記者会見し、「小学校の友達と一緒に入学させてやりたい。普通学級の方
が子供のリハビリにもいい」と訴えた。
地方公務員の父親(51)や町によると、少女は出生時の脳性まひで下半身や右腕など
が不自由。自分で車いすを使って少しなら移動できるが、通っていた同町立阿知賀小で
は介助員2人が付き添い、特別担任の元で学校生活を送った。
中学入学手続きの前に、医師や教諭らでつくる町教委の諮問機関・就学指導委員会
(10人)で審議。斜面に立つ町立下市中の校舎(4階建て)は階段が多く、施設のバリア
フリー化は財政的に厳しいことから、下市中への就学は無理と判断、町教委は、3月27
日に入学を断る連絡をした。
両親によると、少女は「なぜ行けないのかな」と話しているといい、8日の入学式までに入
学が認められない場合は、訴訟も検討するという。東奈良男町長は「命の大切さを考えれ
ばこその判断で、理解してもらいたい」と話している。
東京都武蔵野市で障害者向けの学習塾「遠山真学塾」を開く小笠毅さん(68)によると、
学校施設を理由に就学を拒む例は少なくないというが、「障害者の学ぶ権利と、学校側の
監督責任にどう折り合いをつけるかの問題。一度通ってみて、本人や両親と話し合ってか
就学が可能かを判断してもいいのでは」と話している。

*+*+ YOMIURI ONLINE 2009/04/04[13:51] +*+*
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090404-OYT1T00525.htm
---------------------------------------------------------------------
出生時の「脳性マヒ」が元で、下半身付随の子供が「養護学校」でなく普通の中学に進み
たいという記事なのだが、この子供の父親が「地方公務員」という公僕で、小学時代も介
助員二人が世話を焼いていた・・・。
するとこの家族の申し出が、受け入れなければ訴訟を起こすと・・・。
これなどが「無理を通せば、道理引っ込む」ではないのか。
介助員二人に付き添われて学校で勉強、そして設備の整った養護学校でなく、その設備
の整わない普通の中学を望む。他の生徒は、あるいは保護者は「一人のため」にバリア
フリーや、介助員を望み、生徒一人に掛かる学校経費をはるかに超える経費も、それこ
そ博愛で我慢し、この子の望み通りに、自分達の気を使って「神経」をすり減らして協力
をする・・・。
それはそれで博愛も立派だが、その前に「公僕」である父親は、自分の子供が他より公
金を支出させる結果は「当然と思っている」のだろう。だからこそ「訴訟」を起こしてでも普
通の学校へと・・・。
批判するつもりはないが、無理に普通を装わせても、いつかはその事実は子供に重くの
しかかる。
そしてこういったエゴといっていい申し出が普通になれば、下に貼り付けた記事も「同情」
だけで、まかり通り、民主主義国家と嘯くのが、どこか思惑を孕んだ人々にとっては、とっ
ても都合の良い制度となり、「サイレント・マジョリティー」は、いつしかそれこそ「砂の器」
の親子みたいに彷徨わなくてはならなくなる・・・。

画像


http://www.youtube.com/watch?v=kBUsfD-H2Yc&NR=1
「砂の器」 七十四年公開作

-------------------------------------------------------------------------
日本で暮らしたいと訴えたフィリピン人少女、カルデロンのり子さんの問題は両親と離れ
少女一人が日本に残ることになりましたが、3日、のり子さんと同じように国外退去を命
じられている子供たちが、都心を行進し、「日本で暮らしたい」と訴えました。
「家族と日本で暮らしたい」、「将来の夢は警察官」。思い思いのメッセージを手に集まっ
たのは、イランやペルー、フィリピンなど7か国のあわせて28人の子どもたちです。
3日午後、両親らと東京の銀座から日比谷公園までを行進し、滞在資格を認めてほしい
と訴えました。
全員、日本で生まれ育った子供たちですが、両親が不法滞在だったために国外退去を
命じられているからです。
Q.将来の夢は?
「電車の運転士になりたいです」「サッカー選手になりたいです」
 「家族と日本で暮らしたい」
主催した団体ではこうした子供たちは把握しているだけでおよそ100人に上るとしてい
ます。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4098840.html
------------------------------------------------------------------------
この思惑を孕んだ報道には上と同じ臭いを感じて、声も上げない多くの庶民は果たして
受け入れるのか・・・。
法を順守し、何も落ち度がない人が税金を払いながら日本人としての恩恵を受けること
なく「不法」であっても、「可哀想」という感情で恩恵を受けられる・・・。
それを思惑がらみで擁護する無責任なマスコミ・・・、どこかに「無理を重ねている」歪な
社会は、大勢の「砂の器」の日本人を作り出すのか・・・。
昨年まで自殺者数三万人が示す、「病んでいく日本」にこういったエゴを押し通し感情論
で法を曲げさせる圧力を、無力な国民は跳ね返すことが出来ない。
社会不安に押しつぶされ、前途を悲観して「自殺」という手段に出る人には、こういった
エゴを押し通す人たちが享受する「人権」がない・・・。
「すべからく日本人に平等であるはずの人権」が、偏っていては世相は明るくならない・・・。


モノの道理
講談社インターナショナル
谷沢 永一

ユーザレビュー:
「悠々と急げ」世の中 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

坊主
2009年04月06日 12:09
こんにちは。
本当にその通りですね。一方では、おにぎりが食べたいと書き残して餓死する「日本人」がいるのに、プロ市民や偽善人権派の「大きな声」があれば、すんなり生活保護の審査もとおる…本当におかしな世の中になってしまいましたね。
今日、防衛省で自衛官が自殺したそうです。詳しいことはわかりませんが、彼ら自衛官が誇りを持って仕事ができるまともな世の中になって欲しいものです。
2009年04月08日 00:27
坊主さん、コメントありがとう。
普通の人が考える、まともな世の中に
なることが、日本に求められている。
いやサイレント・マジョリティーが
そのように願っている・・・、と信じたい
ですね。 またのお越しを・・・。

この記事へのトラックバック