「いい奴、悪い奴、汚い奴」さて、どれか?

話題沸騰の議員さん、賛否両論でけたたましいが、国民にとって「いい奴、
悪い奴、汚い奴」と三通りの人物評にしたら・・・、一体・・・。


画像



とまぁ、考えるのはこの画像をたまたま見たから・・・。
ご存知の人はピンと来る「続夕陽のガンマン」の汚い奴である。
クビに縄を掛けられ・・・。ってのが、誰か掛けないの?と、不況下での動きでは
ない・・・。こんなことで政治が停滞していたら、それこそ経済政策も後手を踏む。
「国民の生活が第一」という努力目標を掲げた政党は、その標語をよそにけたた
ましく吼えている。のが下の記事。

-------------------------------------------------------------
民主党の小沢一郎代表の公設秘書が逮捕された政治資金規正法違反事件で、
参院民主党が「意図的な情報操作が行われている可能性がある」として、参院
議院運営委員会に樋渡利秋検事総長を呼び、事情聴取を検討していることが9
日、分かった。同党関係者が明らかにした。
民主党に対し厳しい世論が形成され、小沢辞任論が一気に強まるのを牽制(け
んせい)する狙いがあるとみられる。
参院議運委は、民主党の西岡武夫元文相が委員長を務めている。事情聴取は
委員会を公開し、西岡氏が院を代表して情報漏洩(ろうえい)の有無を問う形式
を検討している。
参院民主党側が、検察トップの樋渡検事総長への事情聴取を検討しているのは、
「東京地検特捜部が捜査中にもかかわらず、供述内容や文書など証拠物件の有
無、捜査方針などがどんどん報じられているのは意図的な情報操作であり、許さ
れない」(参院幹部)と判断したためだ。
民主党内には鳩山由紀夫幹事長ら執行部を中心に、「国策捜査だ」と指摘するな
ど、検察側の捜査方針を疑問視する声が根強い。別の幹部も9日、「これらリーク
(情報漏洩)はどういうことなのかと問いただしたい」と述べた。
ただ、党内には「捜査当局と全面戦争になる恐れがある」(幹部)との懸念がある
ほか、捜査が自民党へも広がりをみせていることから「今すぐでなくてもいい」(中
堅)との慎重論もある。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090310/stt0903100130000-n1.htm
----------------------------------------------------------------
国策捜査だなんだと騒ぐよりは、努力目標に向かって邁進した方が国民の理解を
得られると思うが、ここでも参議院のイデオロギーまみれの民主党議員は、標語を
うっちゃり、検察トップの事情聴取だそうです。
リーク・・・、そりゃマスコミのしつこさが「言論の自由」を旗印に押しかけ、「国民の
知る権利阻害」と喚きたてられれば、ちょっくら情報を流すだろう。
これまでも与党議員の汚職でも、それは同じようになさってきた・・・。
今回はそれが脳内妄想炸裂の「チェチェ思想」とかに冒された人々にとって、被害
妄想が膨らみに膨らんで、もうかの国の議員さんかと見まごう限りで、粛々と国政
を司ってもらいたい・・・。何しろ一日一億の経費が浪費されるのには耐えられない。


画像


こうなった原因も、勿論参議院で国民がそれを選んだ結果というものであるが、解散の
ない参議院、「やりたい放題」を国民はしかめっ面だが、そこは六年の特権で・・・。
だから「解散・解散」叫ぶマスコミも、ここは両院とも解散して、信を問うべきとやらないと、
無駄に経費を掛けていたは、国が破綻する・・・。

画像


で、こんな画像を拾った。ピカチュウかミッキーか、真贋の程は・・・。
という記事のアクセントにしてみた。
それが下のもの。ホリエモンの「悪の権化」というイメージを膨らませた民主党
というものの真贋はさていかに・・・。

---------------------------------------------------------------------
・民主党の永田寿康元衆院議員(故人)が、堀江氏が自身の衆院選出馬に際して、
武部勤自民党幹事長(当時)の次男に選挙コンサルタント料として3000万円を振り
込むよう指示したとされるメールの存在を指摘した「偽メール事件」。
国会でメールの写しが公表されるなど大騒ぎになったものの、メールはまったくの「ガ
セ」だった。 民主党の「誤り」だったが、メディアは過熱。「ホリエモンは悪の権化」の
ようなイメージがつきまとい、いまだ拭えないでいる。
そのため、堀江氏は現在、民主党に対して名誉棄損の裁判を起こす準備を進めている。
堀江氏によると、名誉棄損の具体的事実として、永田元議員の国会での発言のほか、
テレビなどで繰り返し発言していたことや、民主党の野田佳彦国会対策委員長(当時)
がメールの写しと称するものを公表したこと、また前原誠司党首(当時)が記者会見など
で「メールの信憑性が高いと確信している」と発言したことなどをあげている。これらの発
言が虚偽だったのはメールが偽モノとわかった時点で明らか。
堀江氏は「民主党の所属議員としての発言として、マスコミが大々的に取り上げて、
しかも公正がもっとも尊ばれる選挙の場において、わたしが不正な行為を行ったかのよ
うな印象を与えた」と話している。J-CASTに対し、堀江氏は「訴訟は拘置所にいたころ
から考えていた」という。「武部親子には、2000万だか、3000万円かけて、全国紙に謝
罪広告などをしたみたいなので、同じことはやってもらわないと」と話した。
すでに堀江氏は民主党に、損害賠償を求める内容証明便を送付したという。民主党
からは、「損害賠償は支払わない。また民主党には責任がない」との返答があった、と
している。民主党への「怒り」については、4日発売の東京スポーツのインタビューでもぶ
ちまけている。一方、民主党報道担当者は「この件に関しては東スポの記事も見たが、
事実および対応については聞いていない。 事実確認もむずかしい」と話している。
民主党は、小沢代表の公設第1秘書の逮捕で大揺れだ。吠えるホリエモンに、民主
はどう出るのか。(一部略)
 http://www.j-cast.com/2009/03/09037267.html
--------------------------------------------------------------------
「事実確認が難しい」という担当者、事実確認って「偽メール」ではなく、党のとった行動
に対してのものだが、事実が確認出来ないって・・・、総括しなくていい、あるいは死人に
口なしで、前議員のしでかしたことで・・・、民主党に責任はないと言ってのける精神は、
どこから来るのだろう。
風評被害というものも、自分達だけの特権・・・、なんだかこの党の人々は日本人では
なく、どこかよその国の人に感じられる・・・。
それが「国民の生活が第一」と呼びかければ、「どこの国の国民ですか?」と返したくなる。

で、上の話題の人物、やはり「あの縄を首に巻かれた汚い奴」というのが、イメージ的に
お似合いで、ここではまさかクリント・イーストウッドが演じた「いい奴」とは、誰が見ても
見えないし、といってリーバン・クリーフの「悪い奴」という程には徹底していない。
って、ここまでくればもう「闇の世界の住人」では、議員はないだろう。
だけに中途半端な奴ってのが、一番お似合いではなかろうか・・・。
心底悪ければ「亡命」しているだろうから・・・。
というところで、名作の映画。

画像

このラストシーンの面白さは、今見ても色褪せない。
特に二の、「金も欲しいが命も惜しい、そこで泣き付く汚い奴」
今回のエントリーは、この場面が秀逸で金権体質を見事に表し、そして命乞いはする。
何ともみっともない姿が、どことは言わないが、なんとも似ていてくすくす笑い出す・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=sXldafIl5DQ&feature=related
「続 夕陽のガンマン」 ラストシーンⅠ
http://www.youtube.com/watch?v=Uo91NtcvcsI&NR=1
「続 夕陽のガンマン」 ラストシーンⅡ

と、映画も現代の出来事を当てはめてみると、結構、時の経過よりは進まない
人間世界を見せてくれる。

続 夕陽のガンマン アルティメット・エディション [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007-02-02

ユーザレビュー:
最高傑作この作品を観 ...
長尺だけど内容はシン ...
メタリカだ!イーライ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック