公務員・・・、ああ、公務員・・・

人事院の騒動は、マスコミが伝えなっていささか燻る気持ちがあるのだが、
地方の市長さんも思い切ったことをやってのけて役所の公務員給料を公表
と、市民目線の快挙に近いものを感じるし、ここでも公務員組合゜自治労」
との闘いなのを知らせている・・・。


画像



以前はこの画像のようなこととも頻繁にあったろうし、その部署によっては
気苦労絶えないこともあろう。
しかし行政サービスを旨とする役所とは、それも仕事のうちかも、ただしそれ
と給料との相関関係が曖昧なのも事実・・・。
この阿久根市の市長も思い切った対決姿勢で、地方行政に風穴を開け
ることとが出来るか、あの夕張の破綻の一因もまた「職員給料」にあった
のを思い起こせば、行政サービスというものが、いつの間にか「高騰する
人件費」に食われる構図が見えてくる・・・。

----------------------------------------------------------
・鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(49)が、市HPに2007年度
当時の市長、教育長ら幹部を含む職員計268人の年収、給料、14
項目の手当の明細を1円単位で公開していることが23日、わかった。
懐具合を公表された職員からは「そこまでやるか」との声も出ている。
HP市政情報欄に消防を除く全職員の給与を表組みで掲載。このうち
職員で最も高いのは医師、市長に次いで3番目で、給料543万8400
円、扶養手当37万2000円、住居手当32万4000円、時間外手当55
万6284円などとなっており、年収909万1695円。
公開について、竹原市長は自身のブログで「職員給与、手当明細も公開」
と紹介しリンクを張っている。
そのうえで、「年収700万円以上の職員が54パーセント、大企業の部長
上の給料を受け取る人間が過半数にもなる組織が阿久根市民の上に君
臨している」「職責や能力と給料の関係もデタラメとしか言いようがない」など
と職員批判を展開。竹原市長は取材に「市民から要望があったため掲載した。
税金の使い道の話だから公開して当然。
市は年20億の税収しかないのに多額の人件費を使っていることに市民がど
う感じるか」と話した。これに対し、ある職員は「正直気分が悪い。出直し市議
選に向けた選挙戦略としか思えず、『そこまでやるか』と開いた口がふさがら
ない」と憤りをあらわにした。別の職員は「他の自治体に比べて高いわけでは
ないのに…」と話していた。
阿久根市では、竹原市長が、市長選でブログを使った選挙運動を展開したり、
副市長、教育長人事で議会が同意しなかった人物を独断で市幹部として採用
したりして物議を醸している。
議会は今月6日、市長不信任を可決したが、竹原市長は地方自治法に基づき
議会を解散。3月22日の出直し市議選で竹原市長に賛同する新人候補数人が
立候補の準備を進め、市を二分する選挙戦となる様相を呈している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090224-OYT1T00121.htm

知ることがせつない
 「これ以上市の現実を知ることが怖いし、もう選挙には行かない、かかわりたく
ない」と言う方がいる。市民に本当の話をするのは自分も辛くせつない、しかしこ
れを言わなければ阿久根を変える事はできない。
そのひとつに職員の退職金の話がある。
今年度の退職者はおよそ24名で7億円ほどになる。阿久根市の世帯数で割れば
6万5千円だ。平成18年度には約8億3800万円、19年度には約7億3500万円だった。
この3年間の退職金は総額22億5900万円。阿久根市のすべての世帯が職員の退
職金だけの為に3年分で21万円も負担する計算になる。
定年退職前の職員年収はおよそ800万円ほどにもなる。市民はこういった職員の給
料ばかりか、職員一人当たり2500万円から3800万円にもなる退職金の重荷を負わさ
れる。このように偏ったおカネは貯蓄にまわり、市や国の借金を増やしたうえに景気を
悪化させる。
平均年収200万円にも満たない阿久根市民にはあまりにも切ない現実だ。
この体制を作り、守る事に加担してきた斉藤市長自身も多額の退職金を貰って退職した。
考えてみれば、私に市政にかかわるきっかけを与えたのは斉藤市長と議員たちのデタラ
メぶりだった。私は約6年前、あまりの事に腹を立て、市長と議員たちに宣戦布告した。
6年かかってやっと、斉藤市長と結託してきた市議会を解散させることができた。
すべての負債は阿久根市民に負わされ続ける。市民が現実を知り、変える勇気を持つ事
が出来るかどうかが問題だ。
阿久根市民の未来は今度の議員選挙にかかっている。
市民を騙し、裏切ってきた厚かましい連合議員を支持するようではどうにもならない。
http://www5.diary.ne.jp/user/521727/
--------------------------------------------------------------------
この市長さんの思惑もあるだろうが、市民目線で行政を行なうのはいいことだし、それこそ
役所の役割である。
で、以前の公務員こうだったかといえば、行政マンとしそれこそ、地域環境に奔走した人も
いて、それなりにその地域で活動をしていた・・・。
また、地味な役所の勤勉な人の定年間際で発覚した「ガン」により、生き方を見失いもがき
苦しみ、しかるに行政マンとしての職業意識から、公園整備に生涯をささげた一人の男の生
き方を活写した黒沢明の「生きる」なんて映画もあった・・・。
「ああ、公務員なんだなぁ・・・」と、この映画を見た時は尊敬の念、そして上の報道を読めば
「ああ、公務員なんだ・・・」と、憤りを覚える・・・。

--------------------------------------------------------------------
戦争における死も、ガンという病魔に襲われる死も、等しく命は途絶えてしまう。
病魔においての生きている時間の虚しさは、そこに迫る死にどれほどの価値を
見出せるか・・・。
不安と焦燥は、人間をどう変えてしまうのか・・・。
この映画も「禁じられた遊び」と同じ時期の公開であり、共にモノクロの画面が
よりその哀しみを印象的に映し出していた。

画像


http://www.youtube.com/watch?v=Lc4y-asVh3c
五十二年公開作

「ガン」という病魔に冒され、余命三ヶ月の初老の男の不安と焦燥
を志村僑が、哀愁をもって演じていた。
平々凡々とした役所の職員は、定年退職を間近に控えて病魔に冒され
たことを知る。するととたんに今までの人生はと振り返り、虚しい気持ちで
彷徨い始める。
今まで経験のない低俗な遊びに身を浸してみても、何をやっても意識的な
満足は得られない。
そして唯一拠り所の仕事での、「公園」造作に尽力する。
その公園が完成し、雪が降り続ける中で、男はブランコに揺られながら、
唄を歌い涙を流す、そして・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=0xsqJnZcyi8
ここ最近の投稿に、こんなのがありました。
「生きる」の解説もある、映画の中で主人公が歌う「ゴンドラの唄」を初音ミク
によって編集したものである・・・。
この映画の中で主人公は最後の奉公、あるいは自分の形見として「公園」造成に
尽力することで、「今を生きる」を意味を見出していくのだが、この映画には残酷だが
その後の生きている者達による、公園作りに尽力した人がいつの間にか、変わって
しまって、主人公を知る者たちは憤りを覚える場面がある。
これに似た事柄で、柳川の「掘割り」が思い出される。
一課長が何より郷土の誇りを甦らせようと尽力し、どぶ川と様変わりしてしまった掘割りを
何とか昔みたいなものへと、そして甦ってそれが評判を呼び全国から視察を兼ねた見学者
が殺到する。一躍時の人になってしまった一課長は、しかし役所を去らねばならない立場へ
追い遣られてしまう。で、結局は退職するのだが、この映画の場面にオーバー・ラップする
人間の浅ましい思惑を見る思いだ。
ここに金でもかければ、組織的な仕組みが出来上がり批判も中傷も小さくて済むが、一個人
の業績には、組織が許さない面が多々ある。
「出る杭は打たれる」ということわざがあるが、こと環境問題を似非で金をむしりとろうとする
やからの多いこと・・・。そして思惑で口にする偽善者の悪辣さは・・・。
今に始まったことでなく、四十年以上も前の映画でも描かれている人間の性悪な一面・・・。
これが未だにはびこっている。あの反捕鯨の団体が環境保護・動物保護というのだから、
エゴイストはエコロジィーも食いものにすると批難を浴びて当然な人々の集まりだろう。
それでなくとも紙の偽造を報道するマスコミの如何わしさも根は同じで、自分の懐が潤うもの
しか、文字にせずその偽造紙で印刷された「押し紙」は、環境負荷を追わないのか・・・。
第一、古紙を再生するのに、どれほどの環境負荷がかかるか理解していないで、「偽装」
の馬鹿の一つ覚えでは、「もったいない」精神の食糧危機が訪れた時、賞味期限など守って
いたら、餓死する人も出る・・・。
と、「今を生きる」人達は、こんないい映画に触発されねば・・・。
すれば「環境」が金儲けの道具でないのが、分かってくる・・・。
「流浪の民の囁き」
http://ameblo.jp/django0116/entry-10067218416.html
------------------------------------------------------------------------


柳川堀割物語 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2003-12-05

ユーザレビュー:
製作ノートとして見る ...
市役所の一人の係長の ...
誰もがナウシカになれ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック