いつまでたってもパラサイトしか出来ない人々、哀れ・・・

地方の各種学校の助成金増額に端を発して、増額回答が得られなければ
「言葉狩り」に打って出て、従来の特権を守りきろうとするパラサイト軍団宜
しく、早速「変態」と「捏造」得意の報道機関が、紙面を埋めている・・・。


画像


山口県下関市の教育長の発言に、これまでねじ込んだ経過を更に推し進める
かのように、変態と捏造が援護射撃を始めた。
しかし「下関の国民」にとっては、特殊な「各種学校」に助成金が配られている方
が驚きではないだろうか・・・。

----------------------------------------------------------------------
日朝併合(日韓併合)と植民地支配は違う」--。
下関市の嶋倉剛教育長(44)の発言が、下関の在日社会に波紋を投げ掛けている。
26日に直接聞いた山口朝鮮学園の金鍾九理事長らは
「訂正と謝罪を求める」と抗議。市内の朝鮮、韓国籍の人たちも
「歴史を習っていれば分かるはずなのに」と困惑を隠せない様子だ。【取違剛】
発言は26日。金理事長らが山口朝鮮初中級学校の助成金増額を要望した席上だった。
嶋倉教育長は「助成金は公教育のルールで決まっている。市には増額する財源もない」
と回答。
しかし、学園側の出席者が「植民地支配によって来ざるをえなかった朝鮮人子弟が通っ
ている」
と述べたのを受け「植民地支配というのは歴史事実に反する」などと反論した。
発言に対する在日社会の反発は大きい。
金理事長は27日、本広正則副市長に面会し、助成金増額の要望と併せて抗議。
「教育長が正しい歴史認識で職務に当たるよう指導を」と求めた。面会後には
「教育長は併合を対等合併のように言うが、併合とは人の心を取ってしまうことだ」
と厳しい口調で話した。在日本大韓民国民団県地方本部も対応を検討するという。
日本社会に根差して暮らす人々には、戸惑いもある。会社経営の韓国籍男性は
「せっかく韓日関係が良くなっているところで、なぜ。我々は日本で暮らさせて
もらっているからこそ両国友好を強く願っているのに」と首をかしげる。
別の韓国籍男性は「日本人でもおかしいと思うでしょう」と嘆いた。
27日、取材に応じた嶋倉教育長は「助成金の話で(学園側が)歴史経緯を持ち出
すのは筋違いで、 それを否定する中で発言した。私の歴史認識とは別の話だ」と
説明。 重ねて「日朝併合と植民地支配は異なる」という認識も示した。
同日午後には改めてコメントを発表。
「当然のことながら下関市の教育行政を行うにあたり、政府の見解を尊重する」とした。

毎日新聞 2008年6月28日 地方版 〔下関版〕
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20080628ddlk35040535000c.html

朝鮮半島に対する日本の植民地支配について「植民地支配は歴史的事実に反する」と
下関市の嶋倉剛教育長が発言したことに、朝鮮学校関係者だけでなく地元市民からも
疑 問の声が上がった。朝鮮半島との玄関口として100年余りの歴史を刻んできた下
関市 の教育行政トップの発言だけに波紋が広がっている。
発言のあった前日に続いて27日、山口朝鮮初中級学校を運営する山口朝鮮学園の
金鍾九理事長や保護者らは再び市役所を訪れ、出張中の江島潔市長に代わって応対
した 本広正則副市長に山口朝鮮初中級学校への教育補助金の増額を求める要望書
を手渡した。
(中略)
下関市と朝鮮半島との往来の歴史は古い。1905年には下関と釜山を結ぶ関釜連絡
船が就航。今でも朝鮮・韓国籍で外国人登録している人だけで3千数百人いる。
 JR下関駅に近い商店街グリーンモールは、戦後、朝鮮半島出身者が日本人にまじ
っ て出した露店街がルーツとされる。在日コリアンの人々の店と軒を並べる飲食店長
の男 性(31)は「国が謝罪していることを認めないのはおかしい。配慮が足りない発言」
と話す。
嶋倉教育長は植民地支配の事実を認めるように求めた金理事長らに対し、「そこの部
分がどうだったか、皆さん方の教育に対してどのような影響があるのか」とも述べた。
だが、市立小中学校が使用する教科書も、日本が朝鮮半島の「植民地」としたことを明
記している。
嶋倉教育長は27日午後になって「教育行政を行うにあたり、政府の見解を尊重する」
とのコメントを出した。歴代首相は、朝鮮半島の植民地支配に対する反省と謝罪の意
を繰り返し表明している。
(後略)
■ソース(朝日新聞)(略部分はソースで)
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000000806280002
------------------------------------------------------------------------
捏造好きな報道機関は、どこから市民の声を取ってきたのだろう。
こちらにはそれがとても気に掛かる。
記事には地元市民の国民でもなくても、市民となれば、変態が書いた方がましに見える
のだが、この捏造好きは「生活保護」の時も国民でもないものがあたかも国民であると
見られる通名報道をしていたが、もうちょっと毅然とした態度は取れないのか。
犯罪を犯した朝鮮籍の男で暴力団が税金でなる「生活保護」を当てにしているのは、
「哀れ」で「可哀想なのはこの子でござい・・・」の口上で同情を引いても、本人はそれを
恥と感じない精神の違う異邦人なのだ。
そして「変態」は、こんなことを取り上げる余裕はない。
それなら変態と呼ばれる所業を正し、支援してもらっているスポンサーのイメージが
著しく国民に悪くなってしまった謝罪と賠償に奔走しろ・・・。
特権にあぐらをかき、いつまでもパラサイトしていては、独立独歩の精神が病んで行く。
「誇り高い民族」なら、施しを恥と感じ謙虚に勉学に励め、さすれば少しは、周囲の見方も
変わってくるというものだ。
もっとも捏造と変態は、どうにもならないが・・・。

        そうそう、新しい機能が追加されたらしいが、使い方分からずなので
        コメントしていないのですが、了承しておりますので、はい・・・。
        そこんところは宜しく、お取り計らいを・・・。
        と、雨の日、書いてみた「捏造」と「変態」の批判・・・。
        勿論、中傷する意図はありません。
           
             最後まで、お読み頂きありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック