BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS また一つ、消えていった。

<<   作成日時 : 2018/06/12 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

訃報に接すると、当時の記憶が甦り・・・。


画像


異色の歌い手の訃報だが、年代を経てからの「リバイバル・ヒット」が最初に来るのには、
ほんの少し残念ではある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
森田童子さん死去していた「高校教師」主題歌ヒット
記事提供:日刊スポーツ
2018年6月12日

1976年(昭51)年に「ぼくたちの失敗」がヒットするなど、1970年代にシンガー・ソングライターとして
活躍し、1983年(昭58)に引退した森田童子さん(もりた・どうじ=本名不明)が、4月24日に亡くな
っていたことが11日、分かった。66歳だった。日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に、訃報が
掲載された。死因は明らかにされていない。
森田さんは、1975年(昭50)に「さよなら ぼくの ともだち」でデビュー。若さとむなしさが充満する
歌詞と、語り掛けるような歌声が特徴で「孤立無援の唄」や「男のくせに泣いてくれた」などヒット曲を
出した。ライブハウスを中心に活動を展開し、若者に支持されたが、83年に東京・新宿ロフトでの公
演後、活動を休止した。明確な引退宣言はなかったが、引退後は主婦として暮らし、表舞台には出な
かった。
その中、1993年(平5)に「ぼくたちの失敗」がTBSドラマ「高校教師」の主題歌となり再ブームを呼んだ。
2016年には、最新技術でリマスターされたアルバム全集や全曲集の楽譜も出版されるなど、再び脚
光を浴びていた。

https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01806126070.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「ぼくたちの失敗」

この題名、石川達三の小説からの拝借ではないかとは思う・・・。

画像


ドラマの主題歌とならなければ、ファンにとっては埋もれた思い出みたいで・・・。




「さよなら、ぼくのともだち」
この曲を聴いていると、思い出されるのは日大全共闘の議長・・・。


画像



画像



往時の映像は、歌に合っていて・・・。





何かをなくして、喪失感が全身広がり・・・。


画像



曲を聴くと、どうしてもこの人も思い出す・・・。





題名のように「センチメンタル」に陥る・・・。         合掌。




東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤
ユニバーサル ミュージック
2016-07-20
森田童子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また一つ、消えていった。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる