BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ゼロ」は永遠に輝き、「アサヒ」は没落の「落陽」へ

<<   作成日時 : 2018/05/29 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

その時の瞬間を撮りきれば、喜びの様子が一目で分かる・・・。
そして決死の行動様式も一瞬で理解される。


画像



本土復帰に湧く雰囲気は、地元メディアにとってはなかったものとでも言いたいのか・・・。
忘れることはない犠牲の上にある地域や人にとって、映像の中にあるとなれば、記憶の
蘇りと共に、あの時の気持ちも瞬間に蘇ってくる・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鹿児島県の鹿屋基地から零式艦上戦闘機(ゼロ戦)で出撃した特攻隊員の西口徳次中尉
=当時(23)=が1945年4月、沖縄近海で米軍の駆逐艦ヘイゼルウッドに突入した直後
に同艦が大破、 炎上している状況を記録した約2分半の映像が見つかった。27日、京都
市内で開かれた慰霊祭で上映され、遺族らが73年を経て最期の様子を目にした。
西口中尉の妹前田かよ子さん(80)=兵庫県芦屋市=は
「まさか今になって見られるとは。見つけてくださりありがたい」と見入った。
遺族から依頼を受けた大分県宇佐市の市民団体「豊の国宇佐市塾」が、
米国立公文書館で映像と関連資料を発見。遺族が持っていた旧海軍の出撃に関する記録
と照合し、一致した。
調査した同塾の織田祐輔さん(31)は「旧日本軍の記録は処分されたものも多く、日米双方
の記録から特攻隊員の最期を特定できた珍しい事例だ」としている。
映像はモノクロで、救難するため駆け付けた米艦船から従軍カメラマンが撮影したとみられる。
攻撃を受けたヘイゼルウッドが煙と炎を上げ漂流する様子や、消火活動に当たる場面を記録。
艦橋部分は大破し、甲板上で走り回る乗組員の姿も捉えていた。西口中尉のゼロ戦の残骸は
確認できなかった。
ヘイゼルウッドの戦闘報告書によると、45年4月29日午後5時30分、敵戦闘機が接近し、
機銃掃射しながら同艦に命中した。搭載された爆弾が爆発し、火災が発生。
少なくとも艦長を含む46人が死亡した。
一方、遺族が鹿屋航空基地史料館から入手した記録では、西口中尉は同日午後2時42分に発進。
同5時34分に「我敵艦に必中突入中」と打電し、消息が途絶えた。
記録された時刻がほぼ一致している上、西口中尉が機銃掃射が可能だった機体に搭乗していたことが、
特定の決め手となった。
西口中尉は大阪市出身で、43年9月に13期海軍飛行予備学生。
神雷特攻隊第9建武隊として出撃、戦死し少佐となった。





■「どんな気持ちやったろか」兄の最期に思い

これまで知っていたのは、兄が沖縄近海で特攻を試みたという事実のみ。
3人の妹は、西口徳次中尉の特攻で炎を上げる米艦船の映像を固唾をのんで見守った。
「ぶつかったとき、どんな気持ちやったろか」。兄の最期に思いをはせ、涙があふれ出た。
9人きょうだいの長男だった西口中尉は、勉強熱心できちょうめんな青年だった。
親に内緒で海軍に志願し「僕が死んでも、良くやったと褒めてください」と家を出た。
帰ってきたのは、名前の書かれた紙が入った箱だけだった。
幼かった一番下の妹杉山智恵子さん(75)=大阪府寝屋川市=は、兄の記憶がほとんどない。
ただ、亡くなった母が「厳しく育てすぎた。かわいそうなことをした」と泣いていたのが、忘れられなかった。
兄のことを知りたいと考え、数年前、厚生労働省や鹿屋航空基地史料館に問い合わせ、
特攻時に打ったモールス信号の記録などが見つかった。
今回、米側の資料と結び付き、突入した艦の映像が特定できた。
強くハンカチを握りしめながら映像を見た三女西口さよ子さん(78)=同=は
「いつも兄を思い出して『負けたらあかん』と自分を奮い立たせていた。最期が見られて良かった」としみ
じみと話した。

産経ニュース
https://www.sankei.com/west/news/180527/wst1805270043-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こういった犠牲の上に今がある・・・。




年若くともしっかりとした意識のうちに「命を賭けた」者の行為は、尊敬の念を禁じ得ない。

この記事と共に、以下のような「世迷い言」を述べる地域リーダーとメディアとの隔たりは、
「クズはどこまで行ってもクズ」を地でいくようで、あらゆる汚染は人員を物語っているようだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設をめぐり、県の関連文書を参院に
提出した中村時広知事は25日の定例記者会見で、文書が捏造(ねつぞう)だという主張がインター
ネットなどで拡散しているとし、「いちゃも レベル。よほどこれが事実だと困る人がいるのかな」と述べた。
文書には、安倍晋三首相が学園の加計孝太郎理事長と面会したなどと記録されていた。新たな文書
の発見は現時点でないとした。
県は21日、参院の要請で、2015年4月2日に首相官邸であったとされる柳瀬唯夫・元首相秘書官と
県職員らとの面会に関する文書計27枚を提出。その中に加計学園からの報告として、加計理事長が
首相と15年2月25日に15分程度面会した、という内容が記されている文書があった。首相と学園側
はいずれもこの面会を否定している。
この文書の途中で字体が異なっている部分があることから、ネットなどで「不自然」との意見も出ていた。
中村知事は「(文書は職員の)口頭報告用の備忘録。間違えてはいけないという思いが強く、強調した
い部分の字体を変えるのは当たり前のこと」と述べた。「よほどこれが事実だと困る人がいるのかなと。
正々堂々とやりましょうと呼びかけたい。
いくらそういういちゃもん付けても、何事も正直、真実というのを覆すことはできない」と強調した。

https://www.asahi.com/articles/ASL5T363SL5TPFIB001.html


画像



愛媛県今治市の獣医学部新設をめぐり、学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長が安倍晋
三首相と面会したと県の文書に記されている問題で、県は28日、「県と市に誤った情報を与えた」と学
園がコメントを出したことについて、週が明けた28日になっても学園から県に連絡がないと明らかにした。
中村時広・県知事は28日、報道陣に「ちゃんと説明があって、その後に責任者が記者会見するのが世
の中の常識」と述べ、学園の対応を改めて批判した。県によると、28日夕までに学園からの連絡はなく、
報道各社に26日にファクスで送られたコメントも届いていないという。市にも連絡はなく、県は今後、学
園への対応を市と協議する。
県は、学園に約93億円を補助する市に、約30億円を支援する。県幹部は「(誤った情報が)ほかにもな
いか確認しないといけない。国会の集中審議の2日前に言うのはおかしい」と不信感を示した。知事与党
のある県議は「学園への信頼が損なわれている。県民の税金を使う話なので、支出の是非を議会で議
論する必要がある」と話した。
学園は28日、県への連絡や会見の予定がないかという朝日新聞の取材に対し、「質問、取材への対応
を控えさせていただきます」と文書で回答した。

朝日新聞
2018年5月29日05時00分
https://www.asahi.com/articles/ASL5Y007SL5XPTIL01Q.html


画像



中村時広・県知事は28日、報道陣に「ちゃんと説明があって、その後に責任者が記者会見するのが
世の中の常識」と述べ、学園の対応を改めて批判した。県によると、28日夕までに学園からの連絡
はなく、報道各社に26日にファクスで送られたコメントも届いていないという。市にも連絡はなく、県は
今後、学園への対応を市と協議する。
は、学園に約93億円を補助する市に、約30億円を支援する。県幹部は「(誤った情報が)ほかにもな
いか確認しないといけない。国会の集中審議の2日前に言うのはおかしい」と不信感を示した。
知事与党のある県議は「学園への信頼が損なわれている。県民の税金を使う話なので、支出の是非
を議会で議論する必要がある」と話した。

(省略)

全文
https://www.asahi.com/articles/ASL5Y007SL5XPTIL01Q.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自分の失態を覆い隠し、他だけを攻撃するやり方に、国民はうんざりしているのを理解していない
リーダーやメディアは、潔さなど微塵も見られないから、国民からしたら「汚物を眺めるよう」に
してしまう。


画像


自分の言は翻さない。当たり前のことを履行出来ない人が増えているようだ。
この地域も「沈没する地域経済からの誘致」のはずが、いかれたメディアの世迷い言に
そして自分の保身に躍起となる人の「売名行為」に利用されるとか、なんとも「地域の利益」
が眼中にないとかでは、唖然としてしまう。
もっとも「国益でなく私益のみに暗躍する人」の庇護を受けていた人にとっては、地域など
自分の躍動の足でしかないのだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
5月28日 13時28分 加計学園問題 NHK

加計学園の獣医学部新設をめぐり28日の国会の集中審議で、安倍総理大臣が、愛媛県が国会に
提出した文書について、「伝聞の伝聞だ」と内容を否定したことについて、愛媛県の中村知事は記
者団に対して、「県の文書はありのままに書いたメモだが、伝聞であることは間違いないしわれわれ
はそれを否定しているわけではない」と述べました。
そのうえで、文書については、「『会議で、誰々が、こういうことをお話しされた』ということを書き留め
ているだけなので、そこに書いてある内容が違うということであれば、それを言った方に確認すれば
いい」と話しました。
また、加計学園がおととい報道各社に面会を否定するコメントを出したことについては、「加計学園
から、午前中に連絡や報告は何もない。そのうち当然何らかの説明があると思っている」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180528/k10011455651000.html


画像



加計学園の獣医学部新設をめぐり、愛媛県の加戸前知事は、県が国会に提出した内部文書に
ついて「伝聞のまた伝聞だ」と指摘し、信ぴょう性に疑問を呈するとともに、安倍総理大臣は獣
医学部新設には関与していないという認識を強調しました。
愛媛県の加戸前知事は自民党本部で記者団に対し、愛媛県が国会に提出した新たな内部文書
について「たぶん、今治市が、加計学園からそれらしきことを聞いて県に伝え、県がメモにしたの
だろう。伝聞のまた伝聞で、メモがあるから絶対に正しいということにはならない」と指摘しました。
そのうえで、加戸氏は「加計学園の事務局に、若干、戦果を誇示するような話があったのかもしれ
ない。信ぴょう性は加計学園の事務局にしかわからず、確かめるすべもない」と述べました。
また、加戸氏は「安倍総理大臣は、私からすれば若干冷たいのではないかと思うぐらいの対応
だった。大学設置の審査でも安倍総理大臣を『そんたく』したかけらもなく、むしろ、『逆そんたく』
ではないかというぐらいの厳しいハードルがあった。今回の問題に安倍総理大臣は一切関係ない」
と述べ、獣医学部新設に安倍総理大臣は関与していないという認識を強調しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011449341000.html



加計学園 愛媛県文書「違うなら発言者に確認を」中村知事

▼記事によると…

加計学園の獣医学部新設をめぐり28日の国会の集中審議で、安倍総理大臣が、愛媛県が国会に
提出した文書について、「伝聞の伝聞だ」と内容を否定したことについて、愛媛県の中村知事は記
者団に対して、「県の文書はありのままに書いたメモだが、伝聞であることは間違いないしわれわれ
はそれを否定しているわけではない」と述べました。
そのうえで、文書については、「『会議で、誰々が、こういうことをお話しされた』ということを書き留め
ているだけなので、そこに書いてある内容が違うということであれば、それを言った方に確認すれば
いい」と話しました。
また、加計学園がおととい報道各社に面会を否定するコメントを出したことについては、「加計学園
から、午前中に連絡や報告は何もない。そのうち当然何らかの説明があると思っている」と述べました。

5月28日 13時28分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180528/k10011455651000.html

(略)

▼ネット上のコメント

・メモ書きを大仰な扱いしたのはお前だろ

・こいつなんやねんw

・こいつなにがしたいの?目立ちたいのか?

・お前が確認してから発表しろや、ボ◯てんのか!

・こいつはなにいってんだ?おまえが持ってこなけりゃこんな騒動にはならなかっただけだろ。
お前が責任取れよ

・よく発言するね〜目立ちたがり屋?

・昨日まで威勢がよかったのにどうした

・関係者に確認取ってから公表しろよ

・悪事がバレそうだから、トカゲのシッポ切りですね。

・単純にレッグ疑惑から世間の目を逸らしたいんだろ?

・それよりお前の過去について話そうか

https://snjpn.net/archives/53110


画像



13あなたの1票は無駄になりました2018/05/28(月) 13:54:44.74ID:bK1sYXBn0

愛媛県の中村知事とはこういう人物

・松山市のレッグの産廃処分場の環境汚染問題が発覚し、防止処理のために77億円の税金
が必要と判明。
・中村時広知事は市長時代にレッグに対しては行政措置命令に従わせない判断をする
・中村時広が松山市長時代に産廃業者レッグとの癒着が指摘される
・松山市議会で中村時広と業者の癒着問題が議論の俎上に上がり始めると
中村知事は「松山市の職員が作成した文書」を入手したとして怪文書を出す。
・中村知事の入手したという文書をもとに
「癒着していたのは松山市議4人!名前で書いてあるが名前はあえて出さない」
と言い出す
・松山市議会は市の文書だというのなら市に返還をと文書の現物を渡すように要求
・中村知事は「私的なメモなので返さない」「公文書ならコピーがあるはず。だからやっぱり返さない」
と言い出して現物を出すことを拒否
・中村知事が「77億円の処分費用を県に補助してもらいたいなら4人の市議は名乗り出て県議会に
出て来い」 と主張。
・松山市議会が文書の返還を求める決議を可決させる
・中村知事はそれでも返還を拒否
・中村知事のレッグとの癒着問題を県議会で追及された際に
中村知事は質問にろくに答えずに「質問を撤回してください」を繰り返した。
(※質問を撤回させれば議事録から削除できる)
・産廃業者の問題を追っていた市職員が産廃課の課長(過去の文書を調査できる立場)
に昇進すると自宅付近の山の中で死体となって発見された。


画像



テレビ朝日「報道ステーション」が財務省の文書を切り貼りし、ねつ造に近い内容に改変しました。

メディアとしてやってはいけないことであるとともに、断じて許せません。
検証結果を皆様に公表します。 5月23日のテレ朝「報道ステーション」。
森友問題に関する財務省の応対記録や本省相談メモの報道で、ねつ造に近い改変を行いました。
放送では、平成26年5月8日、9日の財務省の本省相談メモをもとに、以下のように映像とコメント
が打っています。
『メモを検証するとある時期を境に、土地の貸付に後ろ向きだった財務局の姿勢は協力的なものに
変わります。
当時、学園の小学校の計画にはまだ大阪府の認可がおりるかどうか、わからない状態。
資金調達のめども立っていませんでした。
財務省は当初、学園側にこう説明するつもりだったようです。
「これ以上審査を先延ばしできない。」「不適当の回答を行わせていただきます。」「本地については
ご縁がなかったということとなります。」
ところが半月後、「当局から豊中市に提出することが可能となりました。」』
しかし、これは事実とは全く違います。
「土地の貸付に後ろ向きだった」のは嘘で、平成25年9月2日に近畿財務局は森友学園との面会で、
「協力できる方向で進めていく」と明確に伝えています。

『【報ステ】『本省相談メモ』見えてきた“変化”』(テレビ朝日)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000128002.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

落陽の関連は、狂ったような報道姿勢を貫くから、どんどん没落の様が見苦しくなってきて、
それに耳を貸さない国民が増えれば、「野党並みの信頼度」で安定してしまう。
それは勿論、「国民との絆」なんてのは、断ち切れてしまう・・・。





普遍的人の歩みとして、「家族の輪」は今更ながらに貴重な「なんでもないことが、貴重」
てなことを思いさらせる。



村上海賊の娘(一) (新潮文庫)
新潮社
2016-06-26
和田 竜

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 村上海賊の娘(一) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ゼロ」は永遠に輝き、「アサヒ」は没落の「落陽」へ BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる