BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌で奏でる母親の姿、政界、芸能界では幻なのかの惨さ・・・。

<<   作成日時 : 2017/09/18 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の「保育園落ちた、日本史ね」の衝撃と裏腹に、トンデモな議員さんの目立ち方が
まるっと「母のイメージ」の崩壊をもたらしたようで・・・。

画像


女性議員という特色としての「優しさ」とかとは裏腹な行状を見せる議員さんのイメージの様は、
以下のようで、それが母と呼ばれる存在としたら、その子はどう受け取るだろう・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
すでに離婚寸前だった? 民進党に離党届を提出した山尾志桜里衆院議員(43)の衝撃新情報だ。
本紙昨報通り、7日発売の「週刊文春」でイケメン弁護士・倉持麟太郎氏(34)とのダブル不倫疑惑
が発覚した山尾氏は、元SPEED・今井絵理子参院議員(33)よろしく「一線は越えていない」と猛反
発している。だが山尾氏は、夫との家庭内格差が原因で、「昨年末から離婚秒読み状態だった」とい
う関係者の証言を本紙は入手した。まさか、将来を見据えて既婚者の倉持氏にツバをつけていたの
か――。
民進党の次期総選挙の「顔」はとんだ仮面だった。7日発売「週刊文春」によると、山尾氏のダブル不
倫疑惑のお相手は、メディア出演なども目立つ既婚のイケメン弁護士、倉持氏。2人は多い時で週4
日も密会。民進党の前原誠司新代表(55)から「幹事長内定」のお墨付きをもらった2日にも、都内ホ
テルにお泊まりしていたというから始末に負えない。民進党関係者は「今井絵理子氏と橋本健市議の
スキャンダルの教訓がありながら、この時期に無防備に密会するのは、イカれているとしか思えない」
と憤る。
文春記者が山尾氏を直撃したのは3日。そのときは激しく動揺したというが、党の事情聴取には「不倫
ではない」と繰り返し主張。幹事長就任の消滅は自ら申し出たという情報もあるものの、代表代行のポ
ストには異常な執念をみせていたという。
「前原氏から呼び出され、本人は幹事長は無理でも代表代行への横滑りを期待して向かったが、結果
は役職なしという結論だった。これに山尾氏がブチ切れ。『こんなん、やってられるか!』と捨てゼリフを
吐いて、部屋から飛び出して行った」(同)
同時に党内では今回のスキャンダルのリーク犯探しも激化している。当初は蓮舫前代表(49)の二重
国籍疑惑問題を仕掛けたともいわれる官邸ルートを怪しんだ。しかし、よくよく調べてみると「民進党内
部だ。2期生の山尾氏がいきなり次の選挙を仕切る幹事長に就任することを快く思っていない連中が
リークした可能性が高い。山尾氏もそのことをうっすら察知しており『やってられるか!』と激高してい
る」(事情通)という。
とはいえ、当の山尾氏に落ち度があったのも事実。東大法学部卒の元検事の代議士が、離婚問題も
担当していたといわれる弁護士とダブル不倫…。こんな疑惑が持ち上がっては、女性支援者も、開い
た口がふさがらないだろう。まさに“考えられない”禁断愛に走ったとしたら、その理由は――。
山尾氏は2006年に同級生で元ライブドア役員の男性と結婚。11年に第1子を出産したが、このとこ
ろは夫婦間の折り合いも悪かったという。事情を知る関係者の話。
「最近、山尾氏のダンナさんと会った人物に聞いてみると、『夫婦関係は終わっている』と。どうもダンナ
さんの事業がうまくいかず、順風満帆な山尾氏との間で夫婦格差が生まれていたとか。少なくとも昨年
末時点で、夫婦関係は危険な状態。離婚が既定路線という人も多い」
山尾氏は離婚を念頭に置きながら、あわよくば…とでも考え、既婚者の倉持氏にツバをつけていたのか。
一方で、さらに気になる情報もある。永田町関係者によると、文春は二の矢、三の矢を用意しているとい
うのだ。
「あくまで伝聞ですが、どうも山尾氏には倉持氏とは別の男性の影も見え隠れするそうです。文春サイド
は、今回の報道に絶対の自信を持っており『山尾は議員を辞めるしかない』と断言しています」とはテレ
ビ関係者。
これが事実ならば、ダブル不倫疑惑だけでは済まない。待機児童問題などで一石を投じた山尾氏のイ
メージは木っ端みじん。“超肉食ジャンヌ・ダルク”と知れ渡っては当然、国会議員をやっていられるわけ
がない。不倫発覚で議員を辞めた宮崎謙介氏を当時批判していたことで、ネット上では「ブーメラン」と
も指摘されている。
「とにもかくにも脇が甘過ぎる。大事な役員人事の前後で男と密会しているところを撮られているのだか
ら、もうどうしようもない!」
そう吐き捨てるのは、前出の民進党関係者だ。山尾氏は7日、騒動の責任を取って離党届を提出。
あの威勢の良い“山尾節”を聞ける日はもうやって来ないかもしれない――。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/757993/

画像



「このハゲー!」など秘書に対する暴言や暴行が明らかになり、自民党を離党した豊田真由子衆院
議員=埼玉4区=が、 17日放送のフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」(日曜後10・00)にVTR
出演。涙ぐみながら騒動を謝罪した。
体調不良で入院していた豊田氏がテレビに登場するのは騒動後、初めて。同番組キャスター宮根誠
司(54)のインタビ ューに応じ「きちんとお話をして、おしかりとかご批判などをいただきながら、自分
の声でご説明を早めにしなくちゃいけないと思いました」といい、椅子から立ち上がって「本当に申し
訳ありませんでした」と頭を下げた。
宮根アナが音声データについて質問すると「私も本当にあの音声を聞くたびにぼう然としちゃうんです。
もう、どうかしていたというか…。正直“あれ、こんなこんなこと言ったんだなあって…”」と音声データ
からは想像もつかない静かな口調で話した。
「あの言葉遣い、あれはもうダメじゃないですか?」と聞かれると「本当にダメです。自分がゼロからつ
くりあげてきた地元の方との信頼関係とか絆とか、地元の大事な地域を守ろうっていうものを自分で
ぶち壊しちゃったことになるので、本当に悔やんでも悔やみきれませんし…」と反省した。

豊田氏は18日に地元で会合を開き、報道陣に対応する予定。

「週刊新潮」の報道によると、豊田氏は5月、当時政策秘書だった男性が車を運転中に後部座席から
罵声を浴びせ、頭や顔を数回殴ってケガを負わせたことが明らかになった。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/17/kiji/20170917s00041000297000c.html





民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の解消に関し、
結果的に長期間にわたり国籍法違反だったことについて
「手続きを怠っていたのは事実だ。。私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかったが、
深く反省している」と述べ、陳謝した。

http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180036-n1.html


画像



民進党の蓮舫代表は18日夕、党本部で記者会見を行い、台湾籍と日本国籍との「二重国籍」問題を
めぐり、日本国籍の選択宣言をしたことを証明するため戸籍謄本の一部など関係書類を公開した。
「台湾籍を有していないことが分かる資料だ」と強調した。
蓮舫氏は、日本国籍の選択宣言日が「平成28年10月7日」と明記された東京都目黒区役所発行の戸
籍謄本
▽台湾の行政府が発行した台湾籍の離脱証明書
▽今回離脱手続きのため台湾側に提出した台湾のパスポート−など数点を公開した。書類はいずれも
写しだった。
このうち、公開した戸籍謄本は住所や家族の欄は白抜きとし、氏名と出生日、国籍選択の宣言日が分
かるようになっている。
謄本の取得日は今年6月28日となっている。
公開した書類によると、蓮舫氏が台湾籍の離脱手続きを申請したのは昨年の9月6日だった。
同月13日に台湾側から「国籍喪失許可証書」が発行され、同月26日に目黒区役所に「外国国籍喪失
届」を提出した。しかし、日本政府が台湾を国家として認めていないことなどを理由に、申請は翌10月
7日に却下され、同日中に戸籍法104条の2に基づき、日本国籍の選択宣言を同区役所に届け出た。

http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180030-n1.html


画像



【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(2)】

−−このタイミングで公開するに至った理由を改めて詳しく

「一貫して慎重であったことは、子供が未成年だったということ、特に選択宣言の日付が記載されたページ
が、子供に関する記述であったことがとても大きい」
「春に(子供が)日本でいう成人年齢に達し、そしてこの件について話し合ってきた。そして実際に7月に息
子が帰国先から・・・あ。
留学先から帰国したことを踏まえて、家族で顔を合わせて話し合って、一部であれしっかりと公表してもいい
のではないかという理解を得られたこと。これは私の心の中でとても大きいものがある」

http://www.sankei.com/smp/politics/news/170718/plt1707180040-s1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
途中に挿入したのは、捨てられた子の胸の内を語ったものだが、慕う心情は以下でも・・・。



そして社会で活躍する女性が、いつか母になって、このように慕われる存在になれるのだろうか。
以下のようなジャーナリストか活動家かわからぬ人は、はて・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京新聞社会部の望月衣塑子記者による菅義偉官房長官記者会見での質問に関し、首相官邸報道
室が東京新聞に注意喚起した問題で、望月記者は14日の官房長官会見で「産経新聞になぜかリーク
として記事が出た」と発言した。産経新聞社は14日、「事実無根であり、社の名誉と信用を著しく毀損
するもので看過できない」として発言撤回を求める抗議文を東京新聞編集局長宛てに送付した。
望月記者は8月25日の官房長官会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に関する大学
設置・学校法人審議会の答申について、正式決定・発表前にもかかわらず「認可保留の決定が出た」
と発言した。
これを受け、首相官邸報道室は今月1日、「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、
国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」として、東京新聞に対し、再発防止を求め
る注意喚起の書面を上村秀紀報道室長名で出した。
書面は、東京新聞官邸キャップの了承の上で内閣記者会の常駐各社に配布されたため、産経新聞
は2日付朝刊で「官邸報道室 東京新聞を注意 『不適切質問で国民に誤解』」という記事を掲載した。
ところが、望月記者は14日午前の官房長官会見で「注意文書のことが産経新聞になぜかリークとし
て記事が出て、これまでの官房長官とのやりとりもいくつも記事にされた。個人への誹謗中傷が進ん
でいる。言論弾圧を助長するかのようなネット上の誹謗中傷について、政府はどう受け止めている
のか」と質問した。
菅官房長官は「官邸から圧力をかけたことは一切ない。リークした事実も全く承知していない。
ネットの記載については政府はコメントを控えるべきだ」と答えた。

http://www.sankei.com/premium/news/170914/prm1709140010-n1.html





東京新聞・望月衣塑子記者が産経記事「リーク」発言を撤回 官房長官会見で「まず初めに」と切り出
して一方的に…

東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者は15日、首相官邸報道室が東京新聞に注意喚起した
文書を報じた産経新聞の記事を「官邸からのリーク」と発言したことについて、菅義偉官房長官の記
者会見の場を使って「(文書は内閣記者会に常駐する)全社に出していて誤りだった。撤回して謝罪
したい」と述べた。
望月記者はその後、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関し「(発射準備情報を)国民に事前に知らせるこ
とはできないのか」などと矢継ぎ早に質問。菅氏は「パニックを起こす危険性はないか。
いろいろなことを考えて責任をもって対応している」と述べるにとどめた。
産経新聞社は14日、望月記者が同日の官房長官会見で「産経新聞になぜかリークとして(注意文書
の)記事が出た」と発言したことを受け、「事実無根で看過できない」として撤回を求める抗議文を東京
新聞編集局長宛てに送付していた。

http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150073-n1.html

関連
首相官邸広報室、東京新聞に注意 菅義偉官房長官会見での社会部記者の質問めぐり
http://www.sankei.com/politics/news/170901/plt1709010045-n1.html

東京新聞・望月衣塑子記者の「リーク」発言に産経新聞が抗議 「事実無根だ」 ネット上の誹謗中傷は
「言論弾圧を助長している」のか?
http://www.sankei.com/premium/news/170914/prm1709140010-n1.html
書面は、東京新聞官邸キャップの了承の上で内閣記者会の常駐各社に配布されたため、産経新聞は
2日付朝刊で「官邸報道室 東京新聞を注意 『不適切質問で国民に誤解』」という記事を掲載した。
ところが、望月記者は14日午前の官房長官会見で「注意文書のことが産経新聞になぜかリークとして
記事が出て、これまでの官房長官とのやりとりもいくつも記事にされた。
個人への誹謗中傷が進んでいる。言論弾圧を助長するかのようなネット上の誹謗中傷について、政府
はどう受け止めているのか」と質問した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
行動様式からしたら、とても「何かなすために、何かを犠牲にした」とかの忍耐とは無縁で、ただただ
文句つけに勤しむ姿しか思い浮かばないのだから、「うさぎ」のような子を思う母になり得ないだろうなぁ
と、勝手に想像してしまう。



この演歌調の曲みたいと無縁となれば、批判を差別で押さえ込むみたいな人の存在が浮かんでくる。
この宣伝の人選びも、その人物の行動様式に問題があっての批判であるを理解すれば、単なる差別
意識の発露というより、宣伝に使うのが気に入らないと、使う企業への注意喚起とみなければ、購買す
るひとへの影響が出るものだろう。
そこんところを、「かの国関連」で、差別に持って行くのは「企業として得策」とは思えない。
市場調査をすれば、きっと不適格だったはずなこれまでの言動は、騒動の元で危険すぎる起用と
なる。もっともこれまでも「不快な企業体質」の企業だから、自業自得てので納得・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
9/17(日)13:44配信 J CASTニュース

俳優の野村周平さん(23)が投稿したツイートが、ネット上で人種差別的な誹謗中傷を受けている
女優・水原希子さん(26)に送った「エール」のように受け取れると、ファンの間で注目を集めている。
野村さんは2017年9月16日、「外国人だから日本名使ったらだめっていうのは意味がわからないね」
とツイッターに投稿した。このつぶやきにネット上では、「希子ちゃんの事言ってるの?」「絶対水原
希子のことやろ」といった反応が相次いでいる。

■「周平くんめちゃめちゃかっこいい」

水原さんは米国人の父と在日韓国人の母の間に生まれ、本名はオードリー・希子・ダニエル。
そんな水原さんの「出自」を差別するような投稿が、インターネット上に相次いで寄せられる騒動が
起きた。
「エセ日本人」「反日モデル」。こうした書き込みが寄せられたのは、水原さんがCMに出演している
「ザ・プレミアム・モルツ」(サントリービール)の公式ツイッターだ。水原さんが出演しているCM動画
を紹介するツイートを9月7日に投稿したところ、そこに彼女を差別するようなリプライ(返信)が数多
く書き込まれたのだ。
こうした事態を受け、サントリー広報部は14日のJ-CASTニュースの取材に、「キャンペーン趣旨とは
異なるコメントが多くついている事態を残念に思っております」
とコメント。著名人からも水原さんへの差別投稿を強く非難する声が次々と上がるなど、騒動は波紋
を広げていた。
こうした状況の中で、野村さんは16日夜、約10日ぶりにツイッターを更新。先述したように、外国人が
日本名を用いることが非難されることについて、「意味がわからない」と投稿したのだ。
野村さんと水原さんといえば、2015年11月の熱愛報道を皮切りに、これまでに何度も「順調交際」が
報じられてきた間柄だ。16年のクリスマスには、お互いがほぼ同時に同じスポーツカーを背景に撮影
したとみられる写真をインスタグラムに掲載したことも話題を集めていた。
それだけに、具体的な名前などの言及はなかったものの、今回の野村さんの投稿を水原さんへの
「エール」と受け取ったネットユーザーは多かったようで、ツイッターには、
「周平くん希子ちゃんのこと言ってるのかな」
「野村周平のツイートは希子ちゃんのことだね。ほんまに人種差別は無くすべき」
「周平くんめちゃめちゃかっこいいです!! 希子ちゃんもこんなに自分の事を思ってくれる優しい彼氏
さんで幸せだろうなぁ」
「大切な人のために声を上げられる野村くんは、男気があって、ますます好きになりました」
といった声が数多く上がったのだ。ちなみに、野村さん自身も過去のブログで、中国人の祖父をもつ
クォーターであることを公言している。

■水原さん「偏見がなくなってほしい」
 
また、今回の「ザ・プレミアム・モルツ」告知ツイートをめぐる騒動を受けて、水原さん自身も17年9月1
5日に更新したツイッターで、「人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」との願いをつづっている。
水原さんは「LOVE&PEACE」という一言を添えた投稿の中で、「全ての人に自分を理解してもらうのは
難しい事かもしれない」との思いを吐露。ただその上で、「でも、この世の中で私の事を理解してくれて
いる人がこんなにもたくさんいるという事に 気づく事ができました。一日も早く、この世の中の人種や
性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世
の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います」と宣言
していた。
このメッセージを受けて、投稿のリプライ(返信)欄には、「応援してます!! 自分らしく生きていく姿勢が
素敵です」「あなたの事がもっと好きになりました」などと水原さんを激励するようなコメントが相次いで
寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000003-jct-ent


画像



藤本貴之[東洋大学 教授・博士(学術)/メディア学者]

***

サントリーのCMに出演したモデル・水原希子に対する、出自・人種差別的なヘイトツィートが問題に
なっている。簡単に書いてしまえば「水原希子はアメリカ人と韓国人のハーフなのに、日本名を使っ
て活動しているエセ日本人だ」という差別攻撃である。
もちろん、どのような状況であれ、人種や国籍・出自での偏見による差別などあってはならないし、
そんなことが話題になったり、炎上すること自体に日本のネット社会の国際性の低さや未熟さを感じる。
一方で、今回の騒動の本質は、単なる人種や出自に対する差別や偏見だけから来ているわけでは
ない、という点に本当の問題があるのではないか。水原希子自身のこれまでの言動に騒動の要因、
炎上の原因があるように思えるからだ。
水原希子は、父親がアメリカ人で母親が在日韓国人ある。しかしながら、在日韓国人の母親は、もし
かしたら生まれも育ちも日本で、国籍や出自が韓国だとしても、その実態は「ほぼ日本人」である可
能性は高い。
世代によっては韓国への渡航(帰国)経験がなかったり、戸籍名である韓国名さえあやふやである可
能性もありうる。その子供(水原希子)であれば、よほど意識的・政治的でもない限り、韓国人というよ
りは、育った環境=日本人という意識の強くなっているはずだ。
例えば、水原希子の本名は「オードリー・希子・ダニエル」である。アメリカ人の名前と日本人の名前
が組み合わされている。これは、母親自体が日本に強いアイデンティティを持ち、「日本人とアメリカ
人のハーフ」という意識が高かったことからのネーミングであることは、想像に難くない。
外国出身者が、日本人名を使い、日本人として生きて、広く活躍しているような人は、個人的には日
本人として非常に嬉しくさえ思う。「青い目の議員」として有名なフィンランド出身の帰化日本人ツル
ネン・マルテイ(弦念丸呈)元参議院議員の話などは感動さえ覚える。
日本人としてアイデンティティを持ち、生活をしているのであれば、日常生活であえて出自をアピール
する必要もない。今後、日本がますますグローバル化してゆく中で、それらは「どうでもイイこと」とし
て消えてゆくべきものだろうし、そうであるべきだ。
よって、日本で育ち、日本名を名乗り、日本で芸能活動をしてきた水原希子の出自や国籍・血統など
は、あえて表明する必要もないし、聞く必要もなかったことである。実際、人気女優・水沢エレナのよ
うな日韓ハーフの芸能人は多いが、誰も出自を批判の対象として気になどしていない。
しかし、そんな本来「どうでもイイこと」を、水原希子は自らの言動から「どうでもよくないこと」にしてし
まったことが、一連の騒動の発端であり、炎上を加速させる原因であるように思える。
2013年に、天安門に向けて中指を立てた中国の現代美術家の写真作品に対して、水原は自分のイ
ンスタグラムで「いいね!」を押したことから、中国で大きな批判が起きた。莫大なフォロワー数を誇
る水原のアカウントは、一般人のそれとは意味合いが異なる。政治的に踏み込んだ意思表明とと
られかねない行動なのだから、非常にリスキーだ。深く考えずに「いいね!」という意思表明をし
た水原希子の行為が浅はかであることは間違いない。批判や議論が起きるのは当然で、これに
言い訳などできない。
この時、中国でバッシングを受けた水原は、SNSに謝罪動画を投稿する。その中で、自分がアメリカ
人の父と在日韓国人の母親を持ち、日本人ではないことを強調した。その時の謝罪動画は、自分
は平和主義者であり、戦争には反対するという前提のもと、「3つの事件」について釈明をする、と
いう体裁をとっている。

「3つの事件」として以下の3つが挙げられた。

(1)靖国神社(みたままつり)に参拝しているという写真が出回っているが自分ではない。

(2)旭日旗(旧日本軍及び自衛隊で利用される旗)の前でポーズとっているという写真が出回ってい
るが自分ではない。
(3)天安門写真への「いいね!」に悪意がない事の釈明。

自らへのバッシングや批判が高まる中、「日本人ではないこと」を強調した上で、上記3つを誤爆・
誤解であるして釈明をするという「謝罪動画」に対して、違和感もを持つ人は少なくないはずだ。
なぜ、自分の浅はかさを謝罪する上では全く関係ない「出自=日本人ではないこと」を強調したのか。
そもそも(1)、(2)は思想信条の自由にかかることであり、謝罪が必要なことではない。それをあたか
も「あやまち/悪いこと(=否定すべきこと)」「平和主義に反すること」と位置付けて謝罪のネタにす
るのは、営業用のリップサービスだとしても行きすぎではないか。
反日話題で盛り上がる中国人に対しては、日本人でない方がバッシングや批判は軟化・沈静化する
のではないかと考えたからではないか。(誤爆とはいえ)靖国神社や旭日旗を否定することで、より中
国人からの親近感を持たれるのではないか、という安易な「打算」をしたのではないのか。そのように
思われても仕方がない。(そんな「打算」が有効だと考える自体、中国人に対しても失礼だが)
もし、これが狡猾な打算であるとすれば、日本人にも中国人にも失礼な話である。逆に、これが打算
ではなく本心・天然であるとすれば、なぜ、そんなに嫌いな日本に住んでいるのか、と疑問を持たれ
て当然だ。韓国の方が物価は安いのだから、嫌ならアメリカにでも韓国にでも帰国すれば良いでは
ないか、という反発や疑問を生む。どちらに転んでも良いことは何一つない言動なのだ。
この謝罪動画を受けて、日本でも大きな批判が起きた。そしてそれはすぐに「日本人ではないのに、
なぜ日本名を使っているのか」という批判と炎上を誘発させ、それがたまたま今回のサントリーCM
へのネット炎上へと繋がっている。
そういった「わかりやすいゴシップ」に飛びついてヘイトツィートを繰り返すネット民の生態も問題だが、
冷静に経緯を観察すれば、そもそも本人が批判や炎上の火種をせっせと作っていると思える点は
注意が必要だ。いわば、共犯関係にあるといっても過言ではない。
靖国神社(の毎年30万人が訪れる夏祭り)に行く事をあやまち、平和主義の否定のように表現す
ることに対し、水原希子は、日本という国、民族を侮辱する行為になるとは感じなかったのだろうか。
少なくとも、靖国神社に対して愛着を持つ少なくない日本人を悲しませるヘイト行為であるとは感じ
なかったのだろうか。
だからといって、「水原希子こそヘイトだ!」と攻撃するようなことはあってはならない(残念ながら散
見される)。ヘイトと感じたことに対して、同じようにヘイトでやり返すことは一番やってはいけないことだ。
そういう意味では、今回の明らかに行きすぎた水原希子への差別的なヘイト攻撃に対して、世間が
おおむね批判的であることには、少なからず安心させられる。
ヘイトに対するヘイト返しはネットでは事態を悪化させる最悪の選択肢である。炎上を加速させる基本
メカニズムでさえある。水原希子の日本否定とも取れる言動に対して怒りや落胆を覚える人は少な
くないだろうが、ヘイトツィートを展開してしまった人は、その段階で「負け」であると心得るべきであろう。
何よりも、ヘイトに対するヘイト返しをしないことこそが、我が国の成熟したネット文化を作り出すこと
につながるのだ。

2017年09月18日 08:35
http://blogos.com/article/246785/
http://blogos.com/article/246785/?p=2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こうやってネットで、さらなる問題発言していると、足をすくわれるだろうに・・・。
何にしても、これらの女性が「子からの尊敬、思慕」を得られて、歌詞にしたためられたら、
それこそ「見直す」のだが・・・。



夢見る子供の側で、寄り添ってくれるだけで、子は・・・、幸せであろう。
そしてそれが母の喜びという普遍的関係を構築できれば、「あなたやら彼女」と心の中で生き続ける
存在となるだろうし、そんな関係が社会を、より偏らないものとなる土台ではないのか・・・。

画像


学生運動華やかだった頃でも、どこか心のわだかまりとして「母の存在」があったものだが・・・。
上の人たちが「母として」、こんな心情を得られるだろうか・・・。





母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記
日経BP社
松浦 晋也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌で奏でる母親の姿、政界、芸能界では幻なのかの惨さ・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる