BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 特亜にしか配慮しない誤注進メディアのあざとさ、国民からそっぽの「四面楚歌」

<<   作成日時 : 2016/12/30 17:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

誤注進メディアの人々にとって、「煮え湯を飲まされたようなハワイ慰霊」から、「靖国」
に国防大臣が参拝で「狂喜乱舞」して伝えるのを、国民は「どこまでもクズ過ぎるメディア」
としてしか認識されていないというのに、笑いも出ないとなってきて年が暮れていく・・・。


画像


普通に考えても、同行していたとなれば、相手方には周知していたはずだし、参拝して問題視
する「特定アジアと日本メディア」のやり方を次期大統領に見せ付けられる・・・。
それらにのこのこ乗る特亜とメディアの「おめでたさ」は宇宙のクズ並みである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
真珠湾訪問直後のワケ…稲田防衛相靖国参拝
日本テレビ系(NNN) 12/29(木)

稲田防衛相が29日、東京・九段の靖国神社を参拝した。国会記者会館から青山和弘記者が解説する。

Q:なぜこのタイミングで参拝に踏み切ったのか?

靖国神社への参拝に強いこだわりを持つ稲田防衛相だが、防衛相就任直後の今年の8月15日は安
倍首相の意向もあって参拝を見送った。しかし稲田防衛相は、その後もどこかの機会で参拝したいと
考えていて、官邸関係者は「このタイミングしかなかった」と話している。
真珠湾で犠牲となったアメリカ兵らの慰霊を行った直後で、日本兵の慰霊に靖国神社を訪れることに理
解を得やすいとの思惑に加え、年末ということで年が明ければ気分を変えることができるという狙い。
稲田防衛相は事前に安倍首相にも参拝の意向を伝えた模様で、参拝後は周辺に「肩の荷が下りた」と
話しているという。

Q:政界の反応はどうか?

官邸には「首相が参拝したわけではないし、靖国参拝はたいした問題にはならない」という見方もあるが、
与党内から批判の声もあがっている。
ある防衛相経験者は、「真珠湾で和解を強調した次の日に参拝して日米両方の顔に泥を塗ることになっ
た」と指摘しているほか、
自民党幹部は「中国や韓国が言い訳する口実を与えた。防衛相在任中くらい我慢できないのか」と話し
ている。稲田防衛相は年明けの国会で厳しい対応が迫られることになりそうだ。

http://www.news24.jp/sp/articles/2016/12/29/04350336.html

画像



稲田防衛相の靖国参拝、慎重な対応求める=米
時事通信12月30日(金)0時47分

【ワシントン時事】米国務省当局者は29日、稲田朋美防衛相の靖国神社参拝について「われわれは
歴史問題には癒やしと和解を促進して取り組むことが重要だと強調し続ける」と述べ、慎重な対応を
求めた。閣僚の靖国訪問でコメントを出すのは異例。
米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、安倍晋三首相に同行した真珠湾での慰霊から帰
国した後に、「近隣諸国から軍国主義の過去を美化すると見なされている神社を訪問した」と批判的
に報じた。

https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/1230/06408.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
防衛相経験者、自民党幹部メディアの得意技の匿名。
「そんなこといってない」あるいは脳内変換のあちらのメディアの「パクリ」を真似るなんて技を披露され
たら、国民からの信頼失墜は当たり前だろう。
何しろ「米国慰霊」をのち「日本兵慰霊」とすれば、事前に了承された事項で、単に批判するのは特亜
だけであり、それに加担する米メディアの中の人の汚染度も、日本メディアと同等だから、誤注進度を
見るにもってこいな「神社参拝」である。
それをあたかも国会の難題みたいな具合にしたくてしたくての願望記事。
こんなのでは国民はメディアに対してうんざりが上昇するだけだというのに・・・。
それでなくとも左右の不満がメディアに集まり、踏んだりけったりな立場だからといっても、慰霊に注文
では「先人を敬う」敬意もなく、どこぞの馬の骨の文句を頭を垂れる不甲斐無さでは「先人もうんざり」
であろう。



442に所属した日系人、ハワイ出身が多く、血の犠牲でその地位を勝ち取った人々は「慰霊」で和解
に理解を示す。
そしてあちら「建国の父、毛沢東」は、靖国参拝など批判していなかったのを、「火付け盗賊」メディア
が誤注進してからなんてのを知れば、日本及びアメリカ・メディアの懸念など「一笑に付す」もので、
そもそもの「火付け元」は、発狂して「火病」を発症したようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
靖国参拝 「真珠湾」は何だったか
2016年12月30日(金)付

稲田防衛相が靖国神社に参拝した。極めて残念だ。
安倍首相がオバマ米大統領と真珠湾を訪ね、日米の「和解」を強調したばかりである。
稲田氏も同行したこの真珠湾訪問で、日本の過去の歴史をめぐる問題は清算された。
稲田氏がそう考えているとしたら、それは大きな誤りだ。
稲田氏は「祖国のために命を捧げた方々に敬意と追悼の意を表するのは、どの国でも理解をしていた
だける」と語った。
戦争で命を失った肉親や友を悼むため、遺族や一般の人々が靖国で手を合わせる。そのことは、
自然な営みである。
だが首相をはじめ政治指導者の参拝となると、その意味は異なる。靖国には、若者たちをアジアや
太平洋地域の戦場に送った側のA級戦犯が合祀(ごうし)されているからだ。
そこに政治家が参拝することに、割り切れない思いをもつ遺族もいる。中国、韓国、さらには欧米など
国際社会にも、日本がかつての戦争責任から目を背けようとしているとの疑いを広げかねない。
まして稲田氏は自衛隊を指揮監督する立場の防衛相である。
A級戦犯が罪を問われた東京裁判には、勝者による裁きという批判もある。それでも、日本はこの裁
判を受け入れ、平和国家としての一歩を踏み出したことを忘れてはならない。
首相はかねて、日本の過去の侵略と植民地支配を認めた村山談話を疑問視してきた。3年前、靖国
に参拝した際には、中韓との関係が悪化し、オバマ政権から「近隣諸国との緊張を悪化させるような
行動に失望している」と批判を浴びた。
首相が昨年4月の米議会演説で「先の大戦に対する痛切な反省」や「アジア諸国民に苦しみを与えた
事実」に触れ、今回、真珠湾を訪問したのは、そうした経緯を踏まえ、日本の首相としての歴史認識
に変わりがないことを示すためだったはずだ。
首相が重用し続けている稲田氏の言動は、個人の行為にとどまらず、政権の意思と受け止められか
ねない。首相のこれまでの積み重ねを傷つけ、その真意に再び疑念を広げるだろう。
稲田氏の参拝は、首相を支持する右派へのメッセージと見ることもできる。首相の真珠湾での演説も、
旧日本軍が悲惨な被害をもたらしたアジア太平洋地域への視線は希薄だった。
稲田氏の参拝について首相はコメントを避けた。だがアジアを含む国際社会と真の意味での「和解」
をめざすなら、稲田氏の参拝を放置してはならない。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html?iref=com_gnavi
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えらそうな文章を綴る前に、実際は自分達が立ち止まって「報道のあり方」を見直すべきだというのに、
いつもながらの「発狂文言」をやっていれば、「まただよ、懲りない連中は塀の中にでも入っていたら?」
と国民からは冷笑される。
何より「国民に贖罪意識を植え付け、それが文化人と錯覚して錯乱してしまった精神疾患」では、
余りにも哀れである。



その昔、「気楽に行こうぜ」なんてのが流行ったものだが、これが軽いとかでなく「気楽にいくのにも、それ
なりの苦労は付き物」というのが年の経過と共に実感出来てくる。
「四面楚歌」の熟語も、中国の故事に習ってのもの。
その「四面楚歌」に陥ったメディアは、それでも「トンデモ注文を出し続ける狼少年化」していては、
国民の冷笑から怒りに変わった時、「逃げる道」をどこにとるのか、来年はそんな「卑怯なやから」
が、この世からいなくなるのを祈念してしまう。

       一年間我慢強く読んで頂いて、「ありがとうございます」
                             皆様の来年がより良き年でありますよう・・・。


442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍 WAC-D632[DVD]
フイルムヴォイス
2011-04-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍 WAC-D632[DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特亜にしか配慮しない誤注進メディアのあざとさ、国民からそっぽの「四面楚歌」 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる