BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 暑い盛り、健康不安と熟慮すべき投票行動の気概・・・。

<<   作成日時 : 2016/07/18 12:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

野党統一候補とかの人物の「健康不安」が取りざたされているが、そんなものを押した
人々の責任は重く、当選しても任期を全う出来ることができない様だと、再び選挙だし、
税金の浪費も夥しいとなりそうで・・・。

画像


当選させることが目的化して、都政に賭ける思いもなく、折角やる気満々な候補者を取りやめさせて
の候補者は、街頭演説もメタメタ加減で、応援演説でカバーするなんて、どこかずれすぎた選挙候補者
をメディアの協力で認知度を上げても、都政の改革も真っ暗闇のままでは、政治はより以上に混沌と
して都民もえらい迷惑なだけ・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大混戦の東京都知事選(31日投開票)がスタートした。選挙戦は事実上、政党の支援なしで戦う小池
百合子元防衛相(64)と、自民、公明与党の推薦を受けた増田寛也元総務相(64)、民進党や共産党
など野党4党が推薦したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が激しく争う展開だ。都民の支持を得る
のは一体誰なのか。
世界各国で無差別テロが勃発するなか、焦点の1つに浮上した外国人地方参政権をめぐり、3人の意
見・姿勢は明確に分かれた。3人の「武器」と「弱点」を分析した。
「これまでの選挙で一番厳しい。大きな東京へ、たった1人で立ち向かう。都民の手で都民による都民
のための都政を取り戻したい!」
小池氏は14日、JR池袋駅前の第一声でこう決意を込めた。
注目の演説では、行財政改革や知事報酬の削減をアピールするとともに、舛添要一前知事が、韓国
の朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談して勝手に約束した、韓国人学校への都有地貸し出しを白紙・撤
回し、「子育てと高齢者のための施設を優先する」と明言した。
政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「崖っぷちで1人で挑んだ勇気が称賛されている。今回の不退転
の決意は、無党派層の心をつかむだろう」と指摘する。
小池氏としては、環境相や防衛相などを歴任した24年間の国政経験も武器だ。早い段階から出馬の
準備に着手しており、他候補よりも都政に精通し、政策も磨かれている。
弱点もある。角谷氏は「ほとんど組織がない。今後、勝手連的な動きが広がるかどうかだ」と分析した。
主要3候補が出演した14日夜のBSフジ「プライムニュース」では、都知事選の焦点の1つ、「外国人
地方参政権」について聞かれた。
小池氏は「私は外国人参政権に明確に反対です。ある種の意図を持った組織が(国境の人口の少な
い島などに)介入してくる。人口を一気に増やしたとき、どうなるのか。
国防の観点から、たとえ地方参政権であれ、たとえ納税者であれ、私は反対です」と言い切った。
増田氏は14日午前、国会に近い千代田区内の事務所前で、「都政の混乱に終止符を打たなければ
ならない」と第一声を上げた。
都議会与党である自民、公明両党の支援を受けることで、「舛添問題で不安定化した都政を安定させ
る人物」(自民党幹部)であることをアピールし、組織票を徹底的に固めていく作戦だ。
自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長らが駆けつけ、菅義偉官房長官も事務所に姿を見
せた。所属の国会議員がほぼ全員、動員されたのも象徴的だ。
角谷氏は、増田氏の武器について「官僚出身で発言に安定感がある」としつつ、弱点に関しては「小池、
鳥越両氏に比べ、知名度が劣っている」と語った。
増田氏はこれまで「地域振興の旗手」として活動してきたのに、都知事を目指すのは利益相反になり兼
ねない。さらに、東京五輪という世界的イベントのホスト役としては、地味すぎる。
組織票だけでは都知事選は勝てない。浮動票の取り込みが大きな課題となりそうだ。
外国人参政権について、増田氏は先のBSフジ番組で、
「地域のコミュニティーでの意向を重視していくべきだ。岩手県知事時代、私は県民の意見を聞いて
『賛成だ』と言った。都民の意見を聞くと、反対の意見の方が大変多い。そういった意見に従うべきと
思う」と語った。
自分自身の意見はないのか?
「究極の後出しジャンケン」で出馬した鳥越氏は14日、JR新宿駅前で出陣式を行い、「都民の汗と努力
の結晶である税金を無駄にしてはいけない」と第一声を上げた。
民進党の枝野幸男幹事長や、菅直人元首相、共産党の笠井亮政策副委員長ら、野党4党の国会議員
などが大挙して詰めかけた。安全保障関連法制に反対した学生グループ「SEALDs(シールズ)」の奥
田愛基氏もマイクを握った。
沖縄での反米軍基地運動と似て、支援者らは「みんなに都政を取り戻す」と書かれた青いプラカードを
一斉に掲げた。
鳥越氏は選挙戦で「クリーンさ」に加え、「権力に立ち向かうジャーナリスト」のイメージを前面に打ち出し
て無党派層を取り込む戦略だ。
角谷氏は「知名度の高さは抜群だ。民進党や共産党などの野党4党の支援も大きい」という。
第一声には、野党4党の代表らも並び、野党共闘の演出にも余念がない。
弱点はどうか。
角谷氏は「76歳という年齢だろう。2020年東京五輪のときは80歳になる。2期8年ぐらいやるつもり
じゃないと、中長期の政策は立案できない。政治経験のなさも不安材料だ」と指摘した。
ちなみに、歴代都知事の就任時最高齢は、鈴木俊一氏の68歳だ。
ネット上では、鳥越氏が出馬会見やテレビ出演で、終戦時の自身の年齢や東京の出生率を間違ったり、
「憲法改正反対」ばかりで都政の政策をまともに提示できなかったことに、「本当にジャーナリストか?」
「都民をバカにしている」「首都直下地震に対処できるのか」といった、辛辣(しんらつ)な言葉が並んで
いる。
注目の外国人参政権について、鳥越氏は「米国でも一定の年を過ぎて資格があれば市民権が得られ
ます。それと同じように、日本でも例えば、10年住んでいれば参政権を得られるようなシステムを作る
必要はあると思いますね」と、賛成する意思を明確にした。
司会者が「それはどこの由来の方でも同じように扱うべきか?」と聞くと、鳥越氏は「そりゃ、そうでしょう
ね。国によって、差別する話じゃない」と言い切った。
都民は誰を選ぶのか。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160716/plt1607161530002-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これまでの言動でも、とても一地方の問題よりは、注目を引く事柄のみでの発言も、どこかポンコツ
気味な「老害」ぶりを発揮しているだけって・・・。
住民の生活に対する意識として、「依存症」に陥るものへの規制も、それなりに大切な政策になる。

画像
 

それらを公言している候補者は、メディアの「伝えぬ自由」行使で、蚊帳の外に追いやってしまう
かのようだが、なぜか「住民に対する施策」として優れたものでも、反発する人は遠慮なく妨害も
公言して、なにやら当然の立候補辞退の裏での暗躍といい、野党共闘とは「言論統制」のそれ
ではと疑いたくなる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
桜井誠 @Doronpa01
本日の遊説予定(変更済み)

10時 有楽町
12時 品川
14時 韓国民団前
16時 渋谷

以上、宜しくお願いします。
https://twitter.com/Doronpa01/status/753740748382547968

C.R.A.C. @cracjp
桜井が選挙運動の名を借りて民団本部に嫌がらせしているという情報が
漏れ聞こえてきましたが、あんまり調子乗るようだとカウンターしたほうが
いいかもしれませんねえ。公選法とヘイト解消法がぶつかった場合どっちが
どうなるのか法廷で争う価値はあるかも。
https://twitter.com/cracjp/status/753819769216733184

C.R.A.C. @cracjp
たとえばいかに選挙の自由があるとしても政見放送や街頭演説で性器を
露出すると公然猥褻に問われるでしょうから、案外答えは簡単かもしれない。
https://twitter.com/cracjp/status/753820036473643008

C.R.A.C. @cracjp
向こうがいろいろチャレンジするなら、こっちもいろいろチャレンジしないとね笑
https://twitter.com/cracjp/status/753820285984399361

C.R.A.C. @cracjp
取り急ぎ、桜井誠候補のヘイトスピーチおよび嫌がらせについては、東京都
選挙管理委員会に対処を求めましょう。「これ、許すの?」って感じで。
https://twitter.com/cracjp/status/753823104812535808

都知事選挙の模様を伝える報道の中で、TOKYO MXのニュース番組が注目を集めています。

これは都知事選告示直後に各候補の動きを伝えるニュースの中で、同じ都知事選に出馬している
桜井誠氏のポスターが何故かぼかされていたというもので、局側の真意がわからないという疑問や
不適切ではないのかとする批判が強く出ているというもの。
鳥越俊太郎氏、増田寛也氏、そして小池百合子氏を取り上げた番組の最初に登場した鳥越俊太郎
氏でしたが、ナレーションと鳥越氏の発言。
ナレ「告示直前の出馬決定に準備不足を心配する声も聞かれる中、自ら一枚目のポスターを貼り
『ここからだ』と意気込みます。」
鳥越「ようやく貼れました。ようやく本当にはじまったな、と。これをやって実感が湧きました。
やるぞ!という気持ち。」
ここで都知事選挙のポスター掲示板の前に立つ鳥越氏後ろには何やらぼかされた領域があるのが
わかりますが(上記画像)、これは桜井誠氏のポスターでした。
都知事選挙とは無関係なニュースに写り込んでしまったというのであればまだ理解できるものの、
なぜ桜井誠氏のポスターをわざわざ手を加えてぼかしたのか、その理由が取り沙汰されています。
今のところはっきりした理由はわかっておらず、TOKYO MXに対してはきちんと意図を説明して欲しい
との声が数多く聞かれています。

(動画では1分15秒〜)
https://youtu.be/mg7jHe27SuU
http://www.buzznews.jp/wp-content/uploads/2016/07/160716-011.jpg

http://www.buzznews.jp/?p=2077696

画像


増田氏は岩手県知事時代、韓国が強く求めている「外国人への地方参政権付与」について、
「私は地方参政権を認めてしかるべきと考えております。」と主張。
小池氏が公約として打ち出したのが「都有地の韓国人学校への貸し出し方針の白紙・撤回」だ。
舛添要一前知事が、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領から依頼された“問題案件”であり、
小池氏は夕刊フジの独占インタビューで、「決定までのプロセスを詳細に確認したい」と答えている。
この件に関する増田氏の見解は明らかになっていない。ただ、増田氏は岩手県知事時代、韓国が
強く求めている「外国人への地方参政権付与」について
「私は地方参政権を認めてしかるべきと考えております地域にいろいろ貢献して、きちんと納税して
いただいているみなさんだ」(岩手県議会決算特別委員会、と答弁している。
また増田氏は東京一極集中には強く反対していた。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160709/plt1607091000003-n1.htm

画像


都知事選 自民、増田氏以外の応援処分

東京都知事選の告示まで2日に迫った12日、自民党東京都連は11日、前岩手県知事の増田寛
也氏(64)の推薦を決めると同時に、所属する国会議員や地方議員に対し、党が推薦していない
候補者を応援した場合に除名などの処分を科すとする文書を配布した。
自民党衆院議員の小池百合子元防衛相(63)が出馬表明しており、組織を引き締め、分裂選挙の
影響を可能な限り避ける狙いがあるとみられる。
文書は「都知事選における党紀の保持について」と題し、都連会長の石原伸晃経済再生担当相や
都連幹事長の内田茂都議らの連名で出された。党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない
▽各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等処分の対象となる−−などとしている。
小池氏の選挙区である東京10区(練馬区の一部と豊島区)の自民党関係者からは「こんな文書は初
めて見た」という驚きや、「支援するなというなら小池さんを除名にするのが筋では」との声も上がる。
選挙戦ではポスター張りや演説会の手伝いに参加するかが「踏み絵」となる。豊島区の女性党員は
「文書は党が地元の動きを怖がっている証拠。みっともない」と話した。

毎日新聞2016年7月12日 21時35分(最終更新 7月13日 10時13分)
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160713/k00/00m/010/089000c
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
対抗すべき与党も、無理矢理な立候補者を押す見っとも無さだから、どうにもならない。
以前の知事も、「住民の安寧・安全」の暮らしぶりに不必要としていた「私営賭博場」の規制。



こういった地方の問題も、行政改革で規制を行って、よりよい社会への一里塚ではある。
何しろ時代が過ぎれば、「虚言を駆使して、貢献など一切ない人々」も、やおらわめき散らす。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
在日韓国人「日本の発展に貢献してきた私たちが『殺せ』『たたき出せ』などという言葉を
浴びるいわれはない」

イトスピーチ「禁止法制定を」在日韓国人ら集会
在日本大韓民国民団は27日、参院議員会館で「ヘイトスピーチ禁止法」の制定を求める緊急集会
を開き、全国の在日韓国人や韓国学校生徒ら約330人が参加した。
呉公太(オゴンテ)団長は、ヘイトスピーチ対策法案の国会審議について「与党からも法案が出たこ
とは感謝しているが、内容が不十分。私たちはヘイトスピーチが減ることよりも、なくなることを望ん
でいる。日本の発展に貢献してきた私たちが『殺せ』『たたき出せ』などという言葉を浴びるいわれ
はない」と述べた。
集会では、与党の法案に対し、「ヘイトスピーチが違法と明記されていない。実効性を持ちうるよう
『禁止』か『違法』の文言を条文に入れるべきだ」と求める声明文が発表された。

2016年4月28日05時00分 朝日新聞
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12332123.html?rm=150

日本の発展に貢献してきた

画像



<ヘイト対策法案>与党案の修正求めデモ 在留要件を批判
毎日新聞 4月27日 21時41分配信

与野党は27日、自民、公明両党が今国会に提出しているヘイトスピーチ(憎悪表現)の対策法案
について協議。
保護対象を「適法に居住する」外国人に絞る与党案に、在日コリアンや法整備を求める人権団体
から異論が出ている。
27日、修正を求める市民約150人が参院議員会館前で「法案直せ」と声を上げた。
在日韓国青年会や人権NGOなど11団体が参加。青年会の朴裕植(パク・ユシ)会長(34)は
「適法要件を残せば差別される人を残し、新たなヘイトスピーチを生むだけ」と批判。
千葉県市原市の大学生、鈴木美緒里さん(21)は「在日の友人が攻撃されていることを思うと申し
訳ないし、自分だっていつ攻撃される側になるか分からないと感じる。当事者の気持ちを少しでも知
りたいし、政治家にも知ってほしい」 と話していた。
「不法入国者、犯罪外国人をたたきだせ」などと扇動するデモは少なくない。昨年秋には難民を中傷
するイラストも問題になった。
国連人種差別撤廃委員会は各国に、差別に対する法律を在留資格に関係なく適用するよう求めて
おり、ヘイトスピーチ問題に詳しい師岡康子弁護士は「海外で、被害者を適法居住者に絞った人種差
別対策法はない」と指摘。
10以上の人権団体や法律家グループが修正を求める声明を出している。【松井豊、林田七恵】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000134-mai-soci

画像


4 :あなたの1票は無駄になりました@無断転載は禁止
2016/03/30(水) 19:58:21.73 ID:si/JikKw0

▼舛添都知事リコールデモ隊に見る在日活動家たちの罵声や暴力

都知事就任早々には母親の祖国韓国に外遊し、新宿区長からの区内高校跡地を保育園や介
護施設にしたいとの要望を無視し、第2韓国学校の増設用地として韓国に貸し出すと舛添要一
が独断で決めました。
民主党から自民党安倍政権になり保育園が増えていますが女性の雇用が70万人も増えてしま
いましたが、それでも待機児童数は若干減少しています。
在日三世や四世にもなっても韓国学校で偏った教育を受け日本に住みながら未来永劫韓国人
として日本を憎しみ日本で生きる道はお互いに不幸なことです。
日本の公立学校に通い日本社会に溶け込むべきです。
東京韓国学校生徒の60%は永住在日韓国人であり日本における韓国民族教育の中心であり教
師が200人もいる。第2韓国学校増設で在日エリートを日本政界やマスコミに送り込むための思
想教育拡大を狙っているのでしょう。
地方自治問題の保育園落ちた日本死ねを連日流し、安倍政権叩きしていたマスコミや民主党は、
本件には抗議も放送もしないという偏向ぶりです。
都庁には電話やメールで3000件ものクレームが来ているのにです。
自演かもしれない1件の保育園の匿名ブログを連日ニュースにし安倍政権批判をしていたのは
何だったのでしょう。
保育園問題に最も熱心なはずのマスコミは舛添都知事の保育園より韓国学校優遇する姿勢に
都民からクレームが何千件も来ていることさえ放送していません。
これはマスコミや民主党には在日韓国人が多いから仕方ないのでしょうか?
舛添都知事リコールデモを見ていると
歩道には、在日韓国人らしきカウンター達がヘイトスピーチ止めろのプラカード掲げながらデモ
隊を糞日本人などと罵りながら殴りかかる者もいました。
警察が止めに入るが日本人クソ警官と罵っていました。
実際ヘイトスピーチを煽っているのは歩道を並走していた在日らしき人達です。
熱くなった日本人デモ隊も釣られてチョンは国へ帰れなどとなり
そこをマスコミはヘイトスピーチデモとして報道して、民主党のヘイトスピーチ禁止法案可決に運
ぼうとしているように見えます。
保守派は、見栄えよく威圧的ではなく一般市民が参加できるデモにしないとヘイトスピーチ禁止
法の燃料として利用されて終わりに見えました。
国民の知る権利を侵すなが口癖のマスコミですが、一番阻害しているのはマスコミです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

メディアの伝え方一つで、世論も喚起して押し通しても、ネツトと違う意見も淘汰される現在は、
民意の品格が選挙戦に問われているようで、三十一日で、それが数字に表れることとなりそう。
どんな結果が出ようとも、それに従うのも「民主主義」を選択した人々の品格・・・。



「或る夏の一日」に、思いをはせれば「最善の選択」は都民の命題・・・。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暑い盛り、健康不安と熟慮すべき投票行動の気概・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる