BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 国の品格、人の品格、真贋が定かでない被害のわめきチラシ

<<   作成日時 : 2016/05/27 22:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

原子爆弾の唯一の被害国と、加害国というくくりで、サミットと合わせて行われた広島への
加害側の現職リーダーの慰霊に、メディアはこぞってライブで映像を垂れ流したが・・・。

画像


悪い言い方をすると「被害を最大限活用する」に長けたところは、沈黙を貫くような日本の態度
とは打って変わって、ここぞとばかりの「わめきチラシ」なのだが、その主張も東京のリーダーと
似ていてその場その場の発言が「ブーメラン」となって、自分の頭に突き刺さっているようだが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
原爆ドーム前で在特会とオバマ氏来訪反対のデモ隊が衝突 市民ら困惑「日本人として恥ずかしい」

オバマ大統領の広島訪問を数時間後に控えた27日午後、広島市中区の原爆ドーム前で
オバマ大統領の広島訪問を反対するデモ隊と「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の
メンバーらが“衝突”した。
「オバマは来るな!」と語気を強めるデモ隊に、在特会が「頭のおかしい人たち」「エセ平和団体」
と批判するなど、一時緊迫した状態に。20〜30人の警察官が取り囲む中、攻撃的な言い合い
が約30分間続いた。
「目の前の頭のおかしい人たちにだまされないでください。オバマ大統領を歓迎しないなんて、
日本人とは思えない」。デモ隊が集まる原爆ドーム前の歩道に立った女性(40)が、マイク
ごしに叫んだ。
デモ隊へ抗議していたのは、在特会のメンバーらでつくる市民団体「行動する保守運動」。
オバマ大統領に歓迎の気持ちを示したいと、広島を訪れたという。活動に参加した広島市の
男性(35)は被爆2世といい、「今日という日が、これから先の平和を見据えた第一歩に
なってほしい」と強調した。
一方、デモは「被爆71周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会」が主催。26日夕に続き、
2度目の集会を原爆ドーム前で開いた。「オバマ来広反対」「全ての米軍基地を撤去せよ」
などと書かれたのぼりやプラカードを持った男女30〜40人が集合。メンバーの男性が「謝罪
なしにオバマが来ることは絶対反対。再び核兵器を使うに違いない」と語気を強めた。
その後、デモ隊は「広島を戦争に利用するな」などと拡声器で呼びかけながら、市中心部を
行進した。
デモ行進を見ていた広島市中区の女性(83)は12歳のときに被爆したといい、「オバマ
大統領が来るのを皆心待ちにしとるのに、あんなこと言うなんて、日本人として恥ずかしい」
と顔をしかめた。

産経新聞 5月27日(金)16時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160527-00000554-san-soci

画像


「オバマ大統領は謝罪しろ! 賠償せよ!」 韓国人被爆者がシュプレヒコール、入国審査を
“妨害”と怒り

オバマ米大統領の広島訪問に先立ち、韓国の被爆者らが27日、広島市の平和記念公園の韓国
人原爆犠牲者慰霊碑を訪れて献花した。オバマ大統領に謝罪と賠償などを求める手紙を読み上げ、
最後は日本語と韓国語で「オバマ大統領は謝罪しろ! 賠償せよ!」と拳を突き上げ、シュプレヒコ
ールをあげた。
訪日したのは韓国の被爆者5人と被爆2世の計6人。慰霊碑前では6人と支援者らが手を合わせ、
犠牲者に黙祷。陜川支部長を務める沈鎮泰(シム・ジンテ)さん(73)が手紙を読み上げ、「オバマ大
統領は韓国人原爆被害者の慰霊碑を訪れることを要求する」と主張した。
手紙では「日本の侵略戦争と植民地支配への責任を回避しようとする安倍政権の意図に利用されな
いことを望む」などと持論を展開。「韓国人原爆被害者への謝罪と賠償は当然な責務」と言及した。
沈さんは本来は26日午後に献花する予定だったが、関西空港での入国手続きで“妨害”にあい、か
なわなかったと主張。別室で聴取されたことや荷物検査を実施されたとした上で、「植民地支配下で
与えられた、大変な侮辱を感じた」と憤っていた。
沈さんらはオバマ大統領に手紙を「平和的に渡したい」と話しているが、警備上の理由から直接接触
することは難しい見通しだ。

http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270024-n1.html

画像



韓国の被爆者団体 米政府に謝罪と賠償求める
5月26日 14時07分、NHKニュース

アメリカのオバマ大統領が27日、被爆地・広島を訪問するのを前に、韓国人の被爆者で作る団体が
ソウルのアメリカ大使館の近くで集会を開き、アメリカ政府に対して謝罪と賠償などを求めました。
集会を開いたのは、アメリカの原爆投下で被爆した韓国人で作る団体のメンバーらおよそ20人です。
メンバーらは「オバマ大統領は韓国人の被爆者に謝罪しろ」などと書かれた横断幕やプラカードを掲
げ、韓国人の被爆者について、アメリカ政府として責任を認めて調査を行い、謝罪したうえで賠償す
るよう求めました。
団体は26日午後、韓国を出発して広島を訪れ、平和公園にある「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」に献
花するなどして追悼することにしています。
そして、27日は平和公園でオバマ大統領に直接、要求が書かれた手紙を手渡したいと考えています。
2歳の時に広島で被爆した、シム・ジンテ(沈鎮泰)さん(73)は、「世界が知っているのは、日本の
被爆者だけということが本当に悔しい」と述べ、韓国人にも被爆者がいることを訴えたいと強調しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160526/k10010535791000.html

画像


【時視各角】安倍、丸太の復讐を忘れたか
2013年05月20日08時52分
中央日報日本語版

神は人間の手を借りて人間の悪行を懲罰したりする。最も苛酷な刑罰が大規模空襲だ。歴史には代
表的な神の懲罰が2つある。第2次世界大戦が終結に向かった1945年2月、ドイツのドレスデンが
火に焼けた。6カ月後に日本の広島と長崎に原子爆弾が落ちた。
これらの爆撃は神の懲罰であり人間の復讐だった。ドレスデンはナチに虐殺されたユダヤ人の復讐
だった。広島と長崎は日本の軍国主義の犠牲になったアジア人の復讐だった。特に731部隊の生体
実験に動員された丸太の復讐であった。同じ復讐だったが結果は違う。ドイツは精神を変え新しい国
に生まれた。だが、日本はまともに変わらずにいる。
2006年に私はポーランドのアウシュビッツ収容所遺跡を訪問したことがある。ここでユダヤ人100万
人余りがガス室で処刑された。どれもがぞっとしたが、最も衝撃的な記憶が2つある。ひとつはガス室
壁面に残された爪跡だ。毒ガスが広がるとユダヤ人は家族の名前を呼んで死んでいった。苦痛の中
で彼らは爪でセメントの壁をかいた。
もうひとつは刑罰房だ。やっとひとり程度が横になれる部屋に4〜5人を閉じ込めた。ユダヤ人は互い
に顔を見つめながら立ち続け死んでいった。彼らは爪で壁面に字を刻みつけた。最も多い単語が「go
d」(神)だ。
ナチとヒットラーの悪行が絶頂に達した時、英国と米国はドレスデン空襲を決めた。軍需工場があった
がドレスデンは基本的に文化・芸術都市だった。ルネッサンス以後の自由奔放なバロック建築美術が
花を咲かせたところだ。3日間に爆撃機5000機が爆弾60万個を投下した。炎と暴風が都市を飲み
込んだ。市民は火に焼けた。大人は子ども、子どもはひよこのように縮んだ。合わせて3万5000人
が死んだ。
満州のハルビンには731部隊の遺跡がある。博物館には生体実験の場面が再現されている。
実験対象は丸太と呼ばれた。真空の中でからだがよじれ、細菌注射を打たれて徐々に、縛られたま
ま爆弾で粉々になり丸太は死んでいった。少なくとも3000人が実験に動員された。中国・ロシア・モ
ンゴル・韓国人だった。
丸太の悲鳴が天に届いたのか。45年8月に原子爆弾の爆風が広島と長崎を襲った。ガス室のユダ
ヤ人のように、丸太のように、刀で頭を切られた南京の中国人のように、日本人も苦痛の中で死んで
いった。放射能被爆まで合わせれば20万人余りが死んだ。
神の懲罰は国を改造して歴史を変えた。ドレスデン空襲から25年後、西ドイツのブラント首相はポー
ランドのユダヤ人追悼碑の前でひざまずいた。しとしと雨が降る日だった。その後ドイツの大統領と首
相は機会があるたびに謝罪し許しを請うた。過去に対する追跡はいまでも続いている。ドイツ検察は
最近アウシュビッツで刑務官を務めた90歳の男性を逮捕した。
ところが日本は違う。ある指導者は侵略の歴史を否定し妄言でアジアの傷をうずかせる。新世代の政
治の主役という人が慰安婦は必要なものだと堂々と話す。安倍は笑いながら731という数字が書か
れた訓練機に乗った。その数字にどれだけ多くの血と涙があるのか彼はわからないのか。安倍の言
動は人類の理性と良心に対する生体実験だ。いまや最初から人類が丸太になってしまった。
安倍はいま幻覚に陥ったようだ。円安による好況と一部極右の熱気に目をふさがれ自身と日本が進む
べき道を見られずにいる。自身の短い知識で人類の長く深い知性に挑戦することができると勘違いし
ている。
彼の行動は彼の自由だ。だが、神にも自由がある。丸太の寃魂がまだ解けていなかったと、それで日
本に対する懲罰が足りないと判断するのも神の自由だろう。

キム・ジン論説委員・政治専門記者
http://japanese.joins.com/article/765/171765.html?servcode=100§code=140&cloc=jp|article|ranking_news

画像


画像


・地震で被爆したのは神の罰、正解だろう???

・神の罰で正解だ。
お前たちが玉砕し、決死抗戦を叫んで抵抗したので、アメリカが核を落としたんだ。
唯一の被爆国であることの何がそんなに自慢なんだ?
恥ずかしい歴史だ、ファックども。笑

・今日の良い言葉「神の罰」

・中央日報が久々にすべて話したな。
神の罰だ!
今後も何度も何度もバカなことをするなら、次は天王に一発核を落とすからな。
拍手する準備もできている。

・中央日報が正しいことを言ったな。
日本、おまえがそうし続ければ、地震で列島が沈む。
それを悟りなさい。

・震度9.0程度の地震では、猿の国を滅亡させることができない。
震度12で確実に滅亡させてください。
私の願いを聞いてください。

・見事な表現だったね。笑
韓国は、あんな素敵な表現を使うジャーナリストがもっとたくさん欲しい。

・私たちが見るに、神の罰で正しい。
しかし、まだ罰が足りてないようだ。
いまだに吠え騒いでいる。

・「原爆は神の罰」という言葉は好きではない。
「原爆は神の祝福」というべきだ!どうだ猿たちよ!

・↑表現力がとても奇抜で最高。ふふふ

・神が罰を下してほしい。
日本野郎の種をすべて、太平洋に沈めてほしい。

・ああ、中央日報最高だ!グッド!

http://blog.livedoor.jp/oboega/archives/28362460.html

画像



沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックは、元米海兵隊員の女性殺害・遺体遺棄事件に抗議する
5.25官邸前緊急抗議行動を呼びかけた。
この日、沖縄で開かれた抗議行動に連帯するもので、緊急の呼びかけにもかかわらず官邸前
は四百人が集まり、悲しみの黙祷、そして官邸に向かって怒りの抗議の声を上げた。
「沖縄はもう許さない!沖縄の人を何だと思っているんだ!」
「沖縄では女性は安心してウォーキングもできないのか」「沖縄から全基地撤去!」。
悔しい思いに涙ぐみ唇を震わせる女性。
「本土の皆さん、一緒に闘おう!」
沖縄から山城博治さんのアピールに、参加者は大きな拍手で応えた。
発言の多くは女性だったが、労働組合からの発言も多かった。
21日、沖縄が喪に服していたとき、安倍首相は大相撲を観戦していたのだ。
許せない。

http://www.labornetjp.org/news/2016/0525shinya
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「謝罪と賠償」の得意文句も、それにシンパシィーを感じる人々にとっては見本となるらしく、
日本の南では「同じ行動様式」を披瀝している。
そんな一部の者と、実際の被害に遭った人との「気持ちの持ち方」の相違は「人としての品格」
の違いにあるようで・・・。

画像


以下には上の心情と同じような言論を繰り広げる報道機関が、一般的日本人の見本みたいな
人に取材した記事をしたためている。
そこにある「人の品格」は、結果的に総意として「国家の品格」となってきそうで・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

001 2016/05/26(木) 10:16:55 ID:kKDVCMg1eo
https://twitter.com/YSD0118/status/735484654204026880?ref_src=twsrc^tfw

朝日新聞
「電話とファクスを何度も重ね記事化した」

訳)
社が欲しい意見を塩野氏が言わないので都合よく編集したら反発され、
相手が大作家ゆえに意見通りに載せる羽目に。もう二度とインタビューするか

http://www.asahi.com/articles/ASJ5R3T1VJ5RULZU00Q.html

(以下抜粋)
――ヨーロッパ諸国から「あれだけの惨苦を受けながら、ものわかりの良すぎる国だ」と思
われるような心配はありませんか。
「少し前に、アジアの二つの強国のトップが、相前後してヨーロッパ諸国を歴訪したことがあ
りました。その際にこのお二人は、訪問先の国々でまるで決まったように、日本は過去に悪事
を働いただけでなく謝罪もしないのだ、と非難してまわったのです」
「ところがその成果はと言えば、迎えた側の政府は礼儀は守りながらも実際上は聞き流しただけ。
マスコミに至っては、それこそ『スルー』で終始したのです」

――そうですか……。
「当然ですよね。ヨーロッパは旧植民地帝国の集まりみたいなようなものだから、日本の優に十
倍の年月にわたって、旧植民地に言わせれば、悪事を働きつづけた歴史を持っているのです。
それでいて、謝罪すべきだなどとは誰も考えない」
「そういう国々を歴訪しながら『日本は悪いことをしていながら謝罪もしないんです』と訴えて、効
果があると考えたのでしょうか。私には、外交感覚の救いようのない欠如にしか見えませんが」
――厳しいですね。その2国には、言わずにはいられない思いがあるからでは。
「だからこそ、日本が原爆投下への謝罪は求めない、としたことの意味は大きいのです。欧米諸
国から見れば、同じアジア人なのに、と。国の品位の差を感じ取るかもしれません」
――日本は今回、どうすれば良いと思いますか。
「ただ静かに、無言のうちに迎えることです。大統領には、頭を下げることさえも求めず。
そしてその後も、静かに無言で送り出すことです」
「原爆を投下した国の大統領が、70年後とはいえ、広島に来ると決めたのですよ。当日はデモや
集会などはいっさいやめて、静かに大人のやり方で迎えてほしい」
「われわれ日本人は、深い哀(かな)しみで胸はいっぱいでも、それは抑えて客人に対するのを知
っているはずではないですか。泣き叫ぶよりも無言で静かにふるまう方が、その人の品格を示すこ
とになるのです。
星条旗を振りながら歓声をあげて迎えるのは、子どもたちにまかせましょう」
「それから、もしも私が日本の新聞の編集の最高責任者だったら、当日の紙面づくりを他の日とは
一変させ
ますね」
――え? どういうふうに。
(以下ソースで)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こういったことが「人の価値」をあげるとなりそうなのだが、これを掲載したのが日本の評判を
落とすことのみに傾斜している日本の報道機関なのだから、編集者は辛かったろう・・・。
「わめきチラシ」で被害を喧伝して、悦に入ってる「醜い顔」では、以下のような少年の姿も
正視出来ないのではないか・・・。

画像


報道写真家 ジョー・オダネル撮影 「焼き場に立つ少年」 (1945年長崎の爆心地にて) 

佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
すると白いマスクをかけた男達が目に入りました。
男達は60センチ程の深さにえぐった穴のそばで作業をしていました。
荷車に山積みにした死体を石灰の燃える穴の中に次々と入れていたのです。

10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は
当時の日本でよく目にする光景でした。
しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。
しかも裸足です。
少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
背中の赤ん坊はぐっすり眠っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。

少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に初めて気付いたのです。
男達は幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。

まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それからまばゆい程の炎がさっと舞い立ちました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を
赤く照らしました。
その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に
血がにじんでいるのに気が付いたのは。
少年があまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、
ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。

夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、
沈黙のまま焼き場を去っていきました。
(インタビュー・上田勢子)[朝日新聞創刊120周年記念写真展より抜粋]

朝日新聞創刊120周年記念写真展
皮肉にもこれもあの報道機関なのだから、さて変な分子が入り込むと論調も歪むのか
はたまた・・・。
なんにしても「謝罪に賠償」でなく、淡々と慰霊してもらう姿勢は良しとなる。



それだけに四季も、音楽と共に素晴らしいと感じられる。
恨みつらみをあげつらっての醜さをださぬ淡々とした態度は、それこそ美しい品格である。
今日のライブを見ていて、そんなものを感じた。



国家の品格 (新潮新書)
新潮社
藤原 正彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国家の品格 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国の品格、人の品格、真贋が定かでない被害のわめきチラシ BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる