BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 行き過ぎた保護団体の偏向姿勢、「命のいただき方」で自然界のバランスが保たれる。

<<   作成日時 : 2015/05/21 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

残酷なウンタラと「命のいただき方」に批判がたかまり、まして自然のままの
生態を見たければ「水族館」など無用と、極端な保護が高まれば・・・。

画像


大西洋に浮かぶ島の「フェロー諸島」の図。
ここは古くからの「イルカの追い込み漁」の本場で、以下のような「壮絶な狩猟」
が行われている・・・。

画像


海を血に染めての壮絶さは、さて日本の批判の的とどこが違うのか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イルカ漁が行われている和歌山県太地町への悪質な嫌がらせが絶えない。
2010年に同町を題材にした映画「ザ・コーヴ」が米アカデミー賞を取り、国内
外の注目を浴びて以来、抗議の便りは世界中から寄せられるようになった。
町役場や町漁業協同組合に届くFAXの量は増え、「変態民族め」「大虐殺は
日本の文化」などと内容もますます過激に。
英語表記のものだけでなく中国語、韓国語のメッセージも目立ち、戦時中の
南京大虐殺と関連づけた残忍な写真の添付も散見される。
太地が捕獲したイルカの水族館展示は内部の倫理規範に違反するとして、
世界動物園水族館協会(WAZA、本部・スイス)は、日本動物園水族館協会
(JAZA)に改善・除名通告を行った。
海洋に根ざす日本の地域社会と食文化を海外に効果的に情報発信すること
ができない戦略のつたなさが、こうした事態を招いているとの指摘は根強い。
太地町では毎年9月から翌年3月まで、食用のためのイルカを捕獲している
ほか、イルカをそのまま生け捕りして、国内外の水族館へ提供している。
イルカたちは、子供たちに海洋保護や命あるものの大切さを教える貴重な存在。
しかし、多くの水族館にとって人気のイルカショーは太地町の捕獲がなければ、
実施できない状況にある。
町への抗議は、イルカを頭の良い特別な生き物として捉える人々や動物愛護
団体、反捕鯨団体のメンバーが送付しているとみられる。
どんな理由にせよ、イルカを捕獲することは「人殺し」や「拉致」と同じとの趣旨
が目立つ。
WAZA資格停止問題が表沙汰になった後の5月5日、太地町漁業協同組合に、
差出人不明の抗議のFAXが寄せられた。
送り主はもしあなたがイルカだったらと無理やり仮定し、「あなたは刺し殺され
たり、誘拐されて水族館に売られて生涯奴隷になったりされたいのか」と訴える。
そうして、太地の漁師たちは「邪悪な虐殺」を行っているとし、その言い訳のた
めに「伝統」という言葉を使うなと強要する
イルカの擬人化は抗議する人たちの共通項だ。別の便りには「捕獲は想像を絶
する苦痛をイルカに与える」とし、漁師が捕獲する際、「イルカたちは仲間が殺さ
れるのを見て悲鳴をあげている」とイルカをまるで囚われた無辜の民のように比
喩して、情緒的に訴える。
さらには、イルカ漁は「ジェノサイド犯罪」としたり、「日本人は生まれつき残忍」と
一方的に罵ったり、イルカ漁を戦時中の南京大虐殺とこじつけて、旧日本兵が殺
戮(さつりく)を行っている残虐な写真を一緒に送りつけたりしてくる。
漁協組合の関係者は「もう慣れたが、気味悪い写真やメッセージにもううんざりし
ている」と話す。
中には、町民に送付しているはずなのに、韓国語や中国語表記もあるほか、たと
え日本語表記だとしても、ネット上で自動翻訳したとみられる文章のおかしいメッ
セージもある。
反捕鯨団体シー・シェパードが騒動を起こしたり、捕鯨論争が世界的なニュース
になったりした際は抗議の量も増える。昨年1月、米国のキャロライン・ケネディ
駐日大使がツイッターで「イルカが殺される追い込み漁の非人道性について深く
懸念している」というメッセージを発表し、騒動になった際は漁協には1日当たり
300通以上の抗議FAXが寄せられた。中には脅迫めいたものもあり、漁協は電
話番号の変更を余儀なくされた。
一方、世界動物園水族館協会(WAZA)資格停止問題では、日本動物園水族館
協会(JAZA)に加盟している日本の動物園、水族館の152施設が20日、「WA
ZA離脱」か「WAZA残留」を決める会員投票を行った。
多数決の結果、WAZA残留の方針を決定。今後、JAZA加盟の施設は、太地町
の追い込み漁で捕獲したイルカを入手することができなくなる。
今回の騒動の背後でも、オーストラリアのイルカ保護団体が動いていた。
太地町のイルカ漁を止めさせることを活動理念に掲げるこの団体は今年3月、JA
ZAをWAZAから除名するよう、WAZAの本部のあるスイスで法的手段に打って
出ていた。
さらに豪団体は昨年、太地町を相手に訴訟も起こしている。豊富な資金力をもとに
運動を多方面に広めており、太地町と姉妹都市にある豪北西部のブルーム市にも
圧力をかけ、草の根の交流を続けてきた太地町との提携を破棄するよう迫っている。
この問題は世界中の注目を浴びており、メディアが大きく報じる度に、太地町への嫌
がらせは勢いを増すことになる。
反捕鯨団体シー・シェパード創設者のポール・ワトソン容疑者(国際指名手配)はこの
問題に関して声明を発表し、WAZAが今後もJAZAに圧力を強めていくよう要請した。
ワトソン容疑者は逃亡先のパリから、53万人の支持者がいる自身のフェイスブック
公式サイトに声明を発表。
2003年から団体が太地町に活動家を派遣してイルカ漁の「監視」活動を続けてき
たことを主張し、WAZAが今回の決定を下したのはあくまでシー・シェパードの行動
があったからだとその成果をアピールした。
ワトソン容疑者はこれまでも日本の捕鯨やイルカ漁に関して度々声明を発表、過激
な言葉で状況をあおって、寄付金集めを行っているとの批判が出ている。
今回の発表でも、ワトソン容疑者は2020年の東京五輪開催を拒否するようを呼び
かけており、支持者から「東京五輪をボイコットすべきだ」「五輪は日本に面目を失わ
せるための格好の機会になる」との声が寄せられている。(佐々木正明)

http://www.sankei.com/smp/premium/news/150521/prm1505210007-s.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
保護運動が政治色を持つと、即座に「胡散臭いプロタガンダへと変容して・・・。

画像


この漁法はさて・・・。そしてそのフェロー島に巣食う「やから」はさて・・・。



あれまこれまな「告発動画」はさて・・・。
にしても、フェロー諸島の画像は保護団体にとって、やはり「ドキュメンタリー」
にて告発するべき残酷さだろう。

画像


もっとも「残酷さ」でいえば、以下のような経済活動の事故や艦船の犠牲も
あり、漁法よりこちらの犠牲の方が多いのだから、保護団体は「艦船や経済活動」
も批判の対象にして、必死に活動しているのだろう。余りきかないないが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イルカの肺疾患と大量死、BP原油流出に起因 研究報告
2015年05月21日 10:39 発信地:マイアミ/米国

【5月21日 AFP】2010年にメキシコ湾(Gulf of Mexico)で起きた英エネルギー大手
BPの原油流出事故による石油汚染の影響で、海域のイルカが異常な肺疾患にか
かり、高い確率で死んでいるとの研究報告書を米国の科学者らが20日、発表した。
2010年の事故後、米ルイジアナ(Louisiana)、ミシシッピ―(Mississippi)、アラバマ
(Alabama)の各州沿岸には、バンドウイルカの死骸や瀕死の個体が多数打ち上げ
られている。米科学誌「プロスワン(PLoS ONE)」に掲載された今回の報告書は、
事故と大量死の因果関係を示す、これまでで最も有力な証拠を示すものだ。
BPの石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン(Deepwater Horizon)」は2010
年4月20日に爆発し、原油490万バレルが海中に流出した。
全米海洋哺乳類財団(National Marine Mammal Foundation)の獣医伝染病学者で
報告書の筆頭著者であるステファニー・ベン・ワトソン(Stephanie Venn-Watson)氏
は、イルカが大きく深く息を吸い込む水面に膜が集中していることを指摘し、「そこで
石油そのものが吸い込まれやすくなる」と説明している。
また、「事故後の石油合成物への暴露によりイルカは悪影響を受けている。
これら化合物に起因する副腎および肺の疾患がメキシコ湾北部でのイルカ大量死
につながっている」と続けた。 (c)AFP/Kerry SHERIDAN

http://www.afpbb.com/articles/-/3049335

画像


最近は世界中でイルカの大量死やクジラの大量座礁が発生していますが、この件
についてアメリカ海軍が正式に「自分たちの訓練や実験が原因」と認めました。
アメリカ海軍によると、「軍の使用している高感度ソナーなどの影響で、多数のクジ
ラやイルカたちが方向感覚を失い、体に傷を負い、脳内出血が起こる」とのことで、
発表されている犠牲となったイルカやクジラの総数は1万1000頭を超えています。
確かに近年発生したイルカやクジラの大量死を調べてみると、チリやペルーなど
アメリカ海軍が自由に動ける場所で発生している傾向が多いです。
もちろん、全ての大量死にアメリカ軍が関係しているとまでは思いませんが、世界
中で発生しているイルカやクジラの大量死の半分くらいは、「アメリカ海軍が引き起
こしている」と言っても過言ではないでしょう。
現に、アメリカ海軍も「重症を負ったものは、11267頭」と認めているわけで、この数
はあまりにも多すぎます。そういえば、日本の捕鯨活動に抗議をしていたシー・シェ
パードは、アメリカ海軍には抗議をしないのでしょうか?
1万頭を超える犠牲が出ているとか、日本の捕鯨数を遥かに超えていますよ(苦笑)。

☆イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験
による海中の爆音によるもの。
URL http://karapaia.livedoor.biz/archives/52141185.html
引用:
クジラやイルカが集団で海岸に大量座礁するというニュースが定期的に世間をにぎ
わしている。この原因は、米軍の潜水艦から発せられる大音響のソナー音にあるの
ではとかねてから指摘されていたが、ついに米海軍はこの事実を認めたそうだ。
米海軍の訓練や実験によって、器官に気泡が生じたりするほどの大音響が海に響
き渡る。多数のクジラやイルカたちが、方向感覚を失い、体に傷を負い、脳内出血
が起こる。
米海軍は近頃、環境影響研究報告を発表し、軍の訓練や実験がアメリカの東海岸、
メキシコ湾、ハワイ、南カリフォルニアに生息する海の哺乳動物に壊滅的な影響を
及ぼしている可能性を認めた。
海軍はこれらの海域で、アメリカ海洋大気圏局のプログラム準備のために実験を
行ってきた。海軍の推定によると、模擬実験のせいで、東海岸沖で186頭、ハワイ
や南カリフォルニアで155頭のクジラやイルカが死んだ可能性があるという。さら
に重症を負ったものは、11267頭にものぼり、方向感覚を失うなどの異常行動も
多数確認されているという。
こうした海軍の見積もりに疑問を呈する者もいる。天然資源保護協議会(NRDC)
の政策アナリスト、マイケル・ジャスニーは、それほど頻繁でない騒音でさえ、ヒ
ゲクジラの採餌パターンを混乱させ、その個体数に悪い影響を与えることがある
と指摘し、ソナー(音波探知機)訓練の後、ハワイ沖でおびただしい数のクジラが
座礁した例をあげた。
:引用終了

☆Defiant Navy Releases Report that Shows Testing Could Kill Hundreds of Whales and Dolphins
URL http://inhabitat.com/defiant-navy-releases-report-that-shows-testing-could-kill-hundreds-of-whales-and-dolphins/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どこか偏った保護団体の「行動様式」には、飯の種的「活動」が見え隠れして、
結果的に「生きるための保護活動」で胡散臭さが漂う。

画像


フェローの「追い込み漁」は古来らしいし、捕鯨も古くはアメリカも盛んだった。



こんな捕鯨賛歌と呼べる「捕鯨船の船員」の心情を歌にしたものもあった。
一概に保護活動が素晴らしいでなく、一方の論理だけでは保護は自然界の
バランスも崩すことになりそうだ・・・。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行き過ぎた保護団体の偏向姿勢、「命のいただき方」で自然界のバランスが保たれる。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる