BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「言葉に出来ない」でなく、言葉にしたくない腐れ言動の数々・・・。

<<   作成日時 : 2015/05/20 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「人に迷惑をかけるな」は、普遍的人間規範のものだが、それとはなんとも
違った言動をする人々には、唖然とするばかりか口を開きたくなくなる・・・。

画像


画像は「イギリス・トラファルガー広場」のものだが、他国での哀悼でもこれでは
顰蹙ものだろう・・・。
この民族の言動は、常識の埒外らしいのは、今では常識か・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
兵役逃れで韓国への入国を禁止されている歌手ユ・スンジュンが、兵務庁側
に「どうにかチャンスがほしい」と訴えた。

ユ・スンジュンは19日午後、インターネット放送「アフリカTV」で兵務庁に「どん
な方法でもいいから善処していただき、韓国の地を踏めるようにチャンスがほ
しい」と訴えた。
続け「再び子どもたちと共に韓国の地を踏めるよう善処してくださったらうれしい。
その方法がどうなろうと、僕が幼い時に下した全てのことに対して謝罪する」と
謝罪の意を伝えた。
「米国市民権を放棄し、韓国国籍を持って韓国に入る代わりに軍服務につかな
ければならないのなら、そうするつもりがあるか? 」という質問に、ユ・スンジュ
ンは「そのつもりだ。そうやって善処してくださればうれしい」と答えた。
また韓国国民に対して「もっと早く出てくるべきだったし、もっと早く謝罪するべき
だった。勇気がなく、簡単には出て来られなかった。遅くなって皆さんに謝罪す
ることを本当に申し訳なく思う。どんな方法を使ってでも韓国に帰りたい」と謝罪
した。

画像


歌手ユ・スンジュンは90年代後半に活発な歌手活動を展開していた当時、大衆
の前で入隊の決意を約束した。これに関して彼は「美しい青年」という愛称を得
て多くの国民から愛され、兵務庁の配慮から海外活動までおこなった。
しかし2002年、入隊3か月前に米国に渡って市民権を取得し、韓国への入国禁
止措置を受けた。
これは、これは出入国管理法11条「大韓民国の利益や公共の安全を害する行
動をする心配があると認めるほどの、相当な理由がある人間に対して、入国禁
止措置を下すことができる」という条項によってのことだった。
この日の放送はインターネット「アフリカTV」を通じて香港から全世界に生中継
され、現地中継を担当したシン・ヒョンウォンプロダクションの代表シン・ヒョンウ
ォン氏は「録画にしようとしたら、スンジュンさんが伝えたいことの意味が編集に
よって歪曲してしまう可能性を恐れたため、編集のない生中継を決定した」と伝
えた。

http://s.wowkorea.jp/news/Newsread.asp?nArticleID=144900
入国禁止ユ・スンジュン「韓国の地を踏めるようチャンスほしい」と訴える

画像



日本トヨタ自動車など3月決算企業の昨年営業利益が史上最高をあげ、3月経常
収支黒字も7年ぶりに最高値を記録した。1等功労者は安倍晋三総理が押し通し
た‘円安’ということに異論はない。
今や日本経済が生き返ったようだという声に「このまま行けば日本は滅びる」と
冷水を浴びせる男がいる。3月27日、テレビ朝日ニュース番組生放送中に‘I am
not Abe(私は安倍ではない)’と書かれたパネルを出した放送解説者で中途下
車した古賀茂明(60)氏だ。
4日、東京新宿のあるホテルの喫茶店で会った彼は本来、正統エリートコースを
歩んできた高位経済官僚出身だ。東大法学部を出て通商産業省と経済産業省
で働き主に公務員社会改革の先頭に立つ仕事をしてきた。2008年、内閣官房公
務員制も改革推進本部事務局審議官で、翌年の民主党政権時は仙谷由人、行
政刷新相の補佐官として公務員改革の下絵を描いた。
まず放送途中にパネルを持った理由から訪れるとすぐに「日本の未来が心配に
なったから」といった。放送のように低く物静かな声だった。「アベノミクスで景気
が良くなったというけれど、事実、日は非常に危険な状態だ。国の借金は国内
総生産(GDP)の2倍を越え潜在成長率は1%の下に落ちた。低出産高齢化は加
速度がついている。規制と財政分野で根本的な改革が至急だが既得権を守ろ
うとする官僚と政治家たちは抵抗している。ところがこれを告発しなければなら
ないメディアが政権の顔色ばかり見ている。」
彼は一時、日本経済成長の牽引車であった官僚社会が今は国家発展の障害
物になったとも言った。「今までは試験成績が良い東大出身官僚が先進国の
事例を見て正解を探せば良かった。だが、新しい発想と考えが必要な今時の
創造経済時代にはそのような官僚こそ改革を止める当事者だ。」彼の話を聞い
ていると韓国に対する話を聞いているようだった。
「それでも日本経済はちょっと良くなっているのではないか」と訊ねるとすぐに彼
は「日本は‘国債の復讐’という時限爆弾を抱えている。未来を見通さず、むや
みに印刷した国債がいつ私たちに負担として戻ってくるか誰にも分からない。
日本銀行さえ国債保有リスクの話が出ている」と言った。
彼は一時、日本経済成長の牽引車であった官僚社会が今は国家発展の障害
物になったとも言った。「今までは試験成績が良い東大出身官僚が先進国の
事例を見て正解を探せば良かった。だが、新しい発想と考えが必要な今時の
創造経済時代にはそのような官僚こそ改革を止める当事者だ。」彼の話を聞
いていると韓国に対する話を聞いているようだった。
「それでも日本経済はちょっと良くなっているのではないか」と訊ねるとすぐに
彼は「日本は‘国債の復讐’という時限爆弾を抱えている。未来を見通さず、
むやみに印刷した国債がいつ私たちに負担として戻ってくるか誰にも分からない。
日本銀行さえ国債保有リスクの話が出ている」と言った。
彼は「安倍内閣が延べ基金を動員して株価を扶養する一種の‘麻酔剤’を使っ
ている」と付け加えた。過去の問題についてもよどみなかった。彼は「日本の未
来のためには周辺国との過去の歴史克服が必ず必要だ」とし、「日本人たちは
地面に頭をつけて謝罪する覚悟で過去の歴史と向き合わなければならない」と
した。東京=ペ・グギン特派員

東亜日報(韓国語) 「日経済回復?…このまま行けば滅びる」ペ・グギン特派員
http://news.donga.com/Main/3/all/20150519/71339115/1

画像



沖縄県の翁長知事が東京の日本記者クラブで会見し、普天間基地の移設問題
について「辺野古が唯一の解決策」とする政府側の姿勢を非難し、対決姿勢を
鮮明にしました。

沖縄県・翁長知事:
「普天間基地が老朽化したから、世界一危険になったから、お前たちが負担しろ。
辺野古が唯一の解決策だ、嫌なら代替案を出せ。こういう話をすること自体が
日本の国の政治の堕落ではないか」
翁長知事はまた、
「辺野古ができない場合は、世界一危険な普天間基地を固定化できるのか」
と述べ、政府の移設政策の進め方を強く非難しました。そのうえで、
「国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国がどうして世界の国々と価値
観を共有できるのか」と強調し、安倍政権の外交姿勢を批判しました。
(05/20 11:49)

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000050789.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あちらの国だって、日本だってそりゃ奇特な人はいるものだが・・・。
その絶対数はダントツに、あちらだろう。
一昔前なら、以下のような動画の人として、憐れみとして感情を動かされるかも



だが、今では題名のように「燃えて、燃えて消え去る」さすれば大多数の人の
安寧を得られるのでは・・・。 これも六十八年のヒット曲だなぁ・・・。


日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)
青林堂
2015-05-15
富田安紀子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「言葉に出来ない」でなく、言葉にしたくない腐れ言動の数々・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる