BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 成りすまし売春に酔っ払い「かの国」のザパニーズな人々、迷惑被る「台湾」の嘆き

<<   作成日時 : 2015/03/23 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

性を売る人造人間や勘違い酔っ払い俳優、そして新幹線でわめき散らす
日系ウンタラ人の勘違い振りと、評判を落とすのなら「恥のなさ」の言動。
通名やら「成りすまし」は許すマジである。

画像


人造人間ぶりは、年の歳月経過に思い至らないか、今だけの淫靡な賞賛も
「恥」でなく、優越感を満足させる・・・、そこにある心の貧しさは「金銭」では、
解決するものでないと通常なら思うと・・・、それが「かの国」の人々には通じ
ることもないのだから、常人とは違う「異星人」と見るべきか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
観光目的で台湾入りした韓国の29歳看護師が、「水澤真樹」を名乗って売春し
ていたことが分かり、現地警察に身柄を拘束された。17日付で台湾紙・自由
時報が伝えた。
「水澤真樹」と名乗って売春していたのは、韓国人の29歳看護師、金貞嘉。韓
流女優のような美貌とセクシーな肢体を武器に、1回当たり1万5000台湾ドル
(約5万7000円)と高額にもかかわらず、客が殺到していた。先月末に台湾入
りし、わずか18日間で25万台湾ドル(約95万円)を荒稼ぎしていた。
16日午後、新北市のモーテルで仕事を終え、外で待機していた迎えの車に乗
り込もうとしたところで、現地警察に職務質問された。言葉が分からない金は
オロオロするだけだったが、迎えの車の男があっさりと「売春するための送迎
を1時間300台湾ドルで請け負っていた」と白状。警察官が金の持ち物を調べ
たところ、コンドームや潤滑ゼリーが出てきたため、警察署に連行した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150317-00000042-xinhua-cn



在日韓国人俳優、隆大介が空港で大暴れ・・映画制作側は「契約を即日解除」
―台湾メディア

台湾メディアによると、在日韓国人俳優の隆大介が21日晩、台湾桃園国際空港
で酒に酔って、入国審査官のひざを蹴って骨折させるという醜態をさらした。
23日付で台海網が伝えた。
一連の様子を撮影した映像によると、隆はカメラに向かって大声を上げるなど、
すっかり「招かれざる客」になっていた。隆をマーティン・スコセッシ監督の新作
「サイレンス(原題)」への出演のため台湾に招聘した制作側は、22日晩に声明
を出し、「出演契約を即日解除した」と明かした。隆は強制送還されることになる
とみられている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)2015年3月23日 16時43分
FOCUS-ASIA.COM
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なんか日本人だと免除される書類を、韓国人だから書けと言われて激昂した
そうだな。


酔っ払いもパスポートの違いを理解していなかったか・・・。日本の俳優という肩書き
の勘違いは「痛すぎる」・・・。
そして「売春」をするのに、「日本人に成りすます」性根は、身体も作り物、名前も
作り物・・・、金への執着だけは異常に本物・・・。
日本語を話すから日本人とは限らず、その言動を見ると新幹線の迷惑な女性も
どうしても「ザパニーズ」の疑い濃厚・・・。
台湾の日本への見る眼も、「成りすまし」やらで、評判が落ちてしまうか・・・。

画像


ただ日本のメディアには、懸命にそんな「成りすまし」には暖かい視線を向けて、
そのくせ日本人には被害者でも「報道のやくざ」ぶりを発揮してしまうのだから、
物凄い異常な精神性を見せている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会 事件・事故・裁判
俳優の隆大介さん、係員に暴行 台湾の空港、機内で酒
2015年3月23日00時35分

俳優の隆大介さんが21日、台湾の空港で係員に暴行し、傷害と公務執行妨害の
疑いで拘束された、と所属事務所が22日、発表した。台湾メディアによると、隆さ
んは台湾北部の桃園空港に到着した際、入境カードの記入を拒んで係員に暴行。
係員はひざの骨が折れる大けがを負った。
所属事務所は「ご迷惑をおかけし、申し訳ない」としている。隆さんは機内で酒を
飲んでいたという。
所属事務所によると、隆さんは私的な旅行で1人で台湾を訪れた。一方、台湾中
央通信は映画撮影のために訪台したとしている。
隆さんは、黒沢明監督の「影武者」に織田信長役で出演。ほかにも、映画「踊る
大捜査線 THE MOVIE」やNHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」に出演している。

http://www.asahi.com/articles/ASH3Q7HXDH3QUHBI01R.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
在日朝鮮人だからこそ、パスポートも違い、まして強制送還ってのでは、さて
「かの国」経由で帰ってくる日本の俳優さんってなものでも、やたら柔らかい
対応を見えているのが「捏造得意のメディア」の真骨頂か。

画像


「あなたに断る権利はない」と日本語でどなっている声が聞こえ、ショック
情報テロリストみたいな「恫喝」をしてしまうのが、売春婦捏造のメディアなのだから
なんら「反省なんて棄てている」らしさが全開で、被害者をいたぶるサド的性質は
流石に「かの国」の精神性が発揮されるからか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
結城法子さんの手記全文(原文ママ)

部屋をうつった後、部屋の前で「取材をさせて下さい。あなたに断る権利はない」
と日本語でどなっている声が聞こえ、ショックでしたが、それは私にではなく、大使
館の方に言っているようでした。大使館の方は、「朝日新聞の記者の方がインタビ
ューをさせて欲しいと言っているが、受ける必要はない。体調も良くないし、インタ
ビューがどう使われるかわからないし、あなたには断る権利があります」と言われ
ました。今まで、義務だと思いインタビューを受けていたので、涙がでるほどうれし
かったです。
チュニジアの方々や日本大使館の方々には大変感謝しています。こちらには情報
が入ってこないので、何が起きているのは正確にはわかっておらず、誤解もあるか
とは思いますが、どうか私達を静かに見守っていてほしいと思います。

画像


チュニジアのテロで負傷して現地で入院中の結城法子さん(35)が、一部マスコミ
に寄せた手記で次々と取材に来たのがショックだったと明かした。ネット上では、
被害者への過度の取材については疑問視する声も多い。
結城法子さんは、2015年3月18日の事件後に、包帯を巻くなどした痛々しい姿の
まま病室でインタビューを受ける姿がNHKニュースなどの映像に流され、話題に
なった。結城さんは、陸上自衛隊の3等陸佐で、チュニジアには母親とプライベー
トで旅行していて被害に遭った。
日テレ記者から「NHKに名前も顔も出ている」と言われ
その後は、事件で負傷した母親とともに現地の病院で治療を受けているが、朝日
新聞や産経新聞などは22日、結城さんが現地の日本大使館を通じて手記を寄せ
たと報じた。
そこでは、自らが体験した当時の様子を生々しく語るとともに、マスコミの取材ぶ
りについても触れた。
手記によると、病院では、けがをした耳の処置をされた後、まずNHKや米ニューヨ
ーク・タイムズ紙の記者が来て、質問に答えるように言われた。
結城さんは、「そうしなくてはならない」と義務があるかのように感じ、取材に受け
答えした。
さらに、全身麻酔をして3時間にもわたる手術をした後、夜10時を過ぎて病室に戻
ると、そこにはすでに、大使館員と日本人の現地のコーディネーターがいた。
結城さんは、コーディネーターから日本テレビのインタビューを受けるように言われ、
日テレ記者の質問に答えた。
記者からは、「そのままテレビで流していいですか」と聞かれたが、ボーッとして恥
ずかしかったので断った。
しかし、記者からは、「すでにNHKのインタビューがテレビで流れていて、名前も顔
も出ているからいいでしょう」と言われ、ショックを受けたという。
母親と同じ病室になった後も、マスコミの取材は続いた。
今度は、部屋の前で、取材を制止された朝日新聞の記者が大使館員に対し「あな
たに断る権利はない」と怒鳴る声が聞こえ、またショックを受けた。
朝日新聞は、記者が大使館員に怒鳴ったことは否定
大使館員は、朝日記者とのやり取りの後に病室に来て、結城法子さんにインタビュ
ーを受ける必要はないと勧めた。
その理由として、「体調も良くないし、インタビューがどう使われるかわからないし、
あなたには断る権利があります」と述べたという。
これに対し、結城さんは、「今まで、義務だと思いインタビューを受けていたので、
涙が出るほどうれしかった」と書いている。
その後、フジテレビにも取材を申し込まれ、断る代わりに自分の気持ちを伝えよう
と手記を書くことにしたと明かした。
結城さんも母親も体調は悪いといい、「どうか私たちを静かに見守っていてほしい」
と訴えている。
フジテレビなどによると、この手記については、必ず全文を使用するとともに、これ
まで撮ったインタビューも流さないように求めている。
朝日新聞では、3月23日付朝刊で、結城さんの求め通りに、手記の全文を載せると
ともに国際報道部長名で異例の経緯説明をした。
それによると、記者が病院の医師に取材したところ、「軽傷なので病室に行くといい。
インタビューできると思う」と言われ、警備担当者の先導で病室に向かった。
病室前にいた大使館員から「できない」「だめだ」と制止されたが、「結城さんご本人
やご家族が断るならわかるが、あなたが決める権利はないですよね」と食い下がった。
「ご本人に聞いてみてほしい」とも求めたが、大使館員は一歩も引かず、病室に
向かった。そして、警備担当者に促されて退出したという。
経緯説明では、記者は大声を出したつもりはなかったと説明したが、結城さんが
手記でショックだと明かしたには、「重く受け止め、結城さんにおわびします」として
いる。
NHKは、ニュースサイト上で結城さんのインタビュー内容を書いた記事をアップして
いるが、写真や映像は使っていない。
また、日テレは、ニュースサイト「NNN」で、インタビューの映像配信ができないとし
て、音声だけを流している。
しかし、NHK も日テレも、23日夕時点で、結城さんの手記については何も触れてい
ない模様だ。

http://www.j-cast.com/2015/03/23231128.html?p=all
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本人にはとことん「被害者でも辛く当たる」、「かの国」関連となれば、物凄い
配慮をして「文章を歪曲」するのだから、正確な情報ウンタラなんて、実行しない
標語の類いなのだろう。



ここのギターリストなんて、日本が好きすぎて移住してきたなんてのがいるのに
異国に行って「成りすます」性根って、顧みれば「自国の見っとも無さ」の裏返し。




ラスト・イン・ピース
ユニバーサルミュージック
2013-06-12
メガデス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラスト・イン・ピース の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
成りすまし売春に酔っ払い「かの国」のザパニーズな人々、迷惑被る「台湾」の嘆き BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる