BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 政権の不祥事リセット解散と、不祥事メディアの不遜な批判

<<   作成日時 : 2014/11/21 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分のことは棚に上げて、すべてにおいて「上から目線」が民意を代弁して
いるはずもなく、それよりはそれは「不遜な態度」と見られる残念過ぎるメデ
ィアは、今日も今日とて地に足をつけないまま・・・。

画像



解散総選挙になろうが、選択肢がないものは「選択のしようがない」状況
なのだから、メディアの申す戯言も「いかにも空虚で、不遜な態度」としか
映らないのだが、「批判しないと、死んでしまう病」は、蔓延しているようだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(衆院選)政治とカネ―解散でリセットか

安倍首相がきょう、衆院の解散に踏み切る。
この解散の遠因となったのは、9月の内閣改造後に噴き出した「政治とカネ」をめ
ぐる数々の不祥事だろう。
女性閣僚5人のうち、小渕前経産相と松島前法相の2人が同時辞任に追い込ま
れた。
代わった宮沢経産相は、政治資金管理団体からSMバーへの政治活動費の支
出が発覚した。
ほかにも複数の閣僚が野党から追及を受け、来年の通常国会の運営が危ぶま
れていた。
政権を覆う暗雲を解散・総選挙で振り払う狙いがあるとすれば、ずいぶんと虫の
いい話だ。
小渕氏の問題には捜査の手が入り、とても幕引きとはいかない。選挙を経たから
といって済んだ話となるはずもない。
解党するみんなの党の渡辺前代表ら野党の疑惑も指摘されていた。与野党を問
わない問題なのに、うやむやにされかねない危惧がある。
解散は、すべてを白紙に戻すリセットボタンではない。有権者を甘く見ないでほしい。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
解散は、すべてを白紙に戻すリセットボタンではない。有権者を甘く見ないでほしい。

これはそのまま「購読者を甘く見ないで欲しい」とすれば、自社批判で誰でも
頷いてくれるのに・・・。

画像


何かを正すとすれば、メディアの暴圧の「歴史の修正」を正すべき・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
田母神氏激白「取り戻すべきは敗戦で壊された日本社会の構造」太陽の党
代表幹事

12月総選挙が確定し、元航空幕僚長で「太陽の党」代表幹事の田母神俊雄
氏(66)が動き出した。今年2月の東京都知事選で、61万票を超える都民の
支持を集めた田母神氏は、夕刊フジの直撃に「大義のない解散だが、選挙に
なれば全力で戦う」と心境を激白。「国家防衛体制の強化」「新憲法の制定」
などを訴えながら、都知事選にも登場した豪華応援団にも支援を依頼すると
いう。
「これから党の選挙戦略をまとめる。私自身は、(場所は決めていないが)比
例区での出馬ということになるだろう」
田母神氏は、確実視されてきた衆院解散・総選挙について、こう語った。
今年2月の都知事選で、何の組織もなく61万865票を獲得し、人気の高さを
見せつけた。同9月、「誇りある日本を取り戻す」として、西村眞悟衆院議員
(66)を代表とする「太陽の党」を結党した。
安倍晋三首相は今回、消費税率10%への再増税を2017年4月に先送りし、
「国民に信を問う」という方針を固めたとされる。
田母神氏も「私も消費税再増税には反対だ。デフレから完全に抜け出せてい
ない現状で、再増税に踏み切れば景気は悪化する。仁徳天皇は人家のかま
どから炊煙が立ち上っていないことに気づき、租税を3年間やめた。貧困にあ
えぐ人たちから、これ以上搾り取ってはダメ。日本古来の精神に反する」と語った。
ただ、今回の解散劇には憤りを隠さない。
田母神氏は「何のための解散なのか。多額の税金を使い、国民には何のプラス
にもならない。大義のない選挙だ」と語気を強め、こう続けた。
「私は自衛隊時代から、公人の心構えとして『49対51の法則』をつねづね言っ
てきた。心中の私心は半分を超えない49に留め、51は公のために身をささげ
るということだ。自分の都合は二の次にして、常に国民を第一に考えるのが、
本来の政治家のあり方だ」
とはいえ、現代の武人らしく「選挙になれば、全力で戦うだけだ」と覚悟は決めて
いる。どのように選挙戦に臨むのか。
他党との選挙協力については、友党関係にある石原慎太郎最高顧問(82)と、
平沼赳夫党首(75)率いる「次世代の党」との共闘は続ける。それ以外につい
ては「選挙に勝つためだけに、政策の違う政党と組むのはよくない」といい、
「野合」批判もある一部野党の共闘姿勢に苦言を呈した。
選挙では、国家防衛体制の強化や、地域共同体の再生、新憲法の制定、教育
体制の刷新などを訴える方針だ。
都知事選では、「永遠の0」で知られる作家の百田尚樹氏や、タレントのデヴィ
夫人、作曲家のすぎやまこういち氏、経済評論家の三橋貴明氏ら、豪華な応
援団に名前を連ねた。
田母神氏は「今回もお願いしたい」といい、こう続けた。
「いまの日本は、家族を壊し、地域を壊し、共同体を壊す方向に進んでいる。
安倍首相は『戦後レジームからの脱却』と行っているが、取り戻すべきは、敗戦
によって壊された日本社会の構造だ。米国に作られた歴史観を見直し、国のか
たちを変えていかないと根本的解決にならない」
都知事選のような旋風を巻き起こすか。

2014.11.18
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141118/plt1411181521008-n1.htm

画像


GHQはマスコミに「大東亜戦争」という言葉の使用を禁じて
「太平洋戦争」と言わせた。この事実すら知らない日本人が多いことに驚く。
戦争の真理が凝縮された「勝てば官軍」 戦後GHQが「大東亜戦争」を禁じ
た理由
日本語の「勝てば官軍」ということわざは見事である。短いフレーズに戦争の
「真理」が凝縮されている。両者が戦争に至った経緯や社会背景、その後の
経過、戦時中の出来事、勝利を得た手段などにかかわらず、最終的に勝った
側が「官軍」、すなわち「正義」を語る権利を得るのだ。恐らくこれは時代や洋
の東西を問わず、永遠の真理だと思う。
勝利によって「正義」を得た側は、過去の味方の不正義と、敵の正義を隠蔽
する。
先の戦争が日本の「侵略戦争」だったという話は、GHQ(連合国軍総司令部)
によるプロパガンダである。つまり「勝てた官軍」の情報操作なのだ。
1951年5月3日にマッカーサー元帥自身が「日本の戦争の動機は主に安全
保障(自衛)であり、やむを得ず行われた」と、米上院の軍事外交合同委員会
で証言したのだから間違いない。彼以上に先の戦争に関する真実を隅々まで
知る当事者が他にいるだろうか。
いや、実は「自衛か侵略か」よりも重要な、真剣に議論すべき問題が、終戦から
約70年経過した現在も無視されている。
それは20世紀半ばまで、先進国による発展途上国(≒有色人種の国)の植民
地化に疑問を持つ白人国家は皆無だったという恥ずべき事実である。
マッカーサー元帥「日本は自衛のために戦った」と証言
当時の白人国家は植民地での搾取や奴隷制度など、人種差別を前提に成り立
っていた。30年代後半、アフリカ大陸のほぼ全土が植民地であり、アジアで独
立を維持していたのは実質的に日本とトルコだけ。シャム(タイ)の独立は風前
の灯という状態だった。
日本人は「白人は優秀で有色人種は劣っている」という当時の常識は間違いだ
と身を持って証明したうえで、植民地を解放して独立させ、アジア人が共存共栄
できる世界を目指すという「大義」を掲げた戦争を始めた。
それが「大東亜戦争」である。
戦争に負けた日本は自国の「正義」を語る権利を奪われた。だが、大東亜戦争
で日本が掲げた「大義」は生き残り、後に見事達成された。
その意味で日本は勝者だった。
世界中に誇るべき大義の存在を戦後生まれの日本人に知らせないために、G
HQはマスコミに「大東亜戦争」という言葉の使用を禁じて「太平洋戦争」と言わ
せた。この事実すら知らない日本人が多いことに驚く。
これこそがプロパガンダの効果であり、「勝てば官軍」の怖さでもある。

米カリフォルニア州弁護士 ケント・ギルバート
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141119/dms1411191550001-n1.htm

画像


平成26年(2014年)11月11日、次世代の党は、平成27年の統一地方選向
けの「地方共通政策」を発表し、生活保護の対象を日本人に限定し、パチンコ代
などに使用されないよう現金給付から現物支給に変更する方針を打ち出した!

次世代の党は21日、衆院選公約を発表した。自主憲法制定や集団的自衛権の
行使要件を明確化する安全保障基本法制の整備を明記。消費増税の延期を認め
る一方、金融政策への過度の依存の是正や規制改革推進を盛り込んだ。要旨は
次の通り。

【自主憲法】皇位の安定的継承を図るための皇室典範の改正▽自衛隊(国防
軍)に関する規定の新設▽「天皇は象徴的元首」としたうえで議院内閣型首相
公選制を導入▽外国人参政権に反対▽憲法改正の発議要件の緩和

【外交・防衛】集団的自衛権に関する憲法解釈の適正化と安全保障基本法の
整備▽グレーゾーン事態に関する法整備▽従軍慰安婦問題で歴史的事実を明ら
かにし日本国民の尊厳と名誉を守る

【経済財政】金融政策への過度の依存の是正▽消費税増税を延期▽大規模投
資の財源として政府保証を付した200兆円規模の基金を日銀に設置▽財政責任法
の制定による政府の国家経営に関する責任の明確化▽法人実効税率の大幅引き
下げ

【社会保障】公的年金を積立方式へ移行▽混合診療の解禁▽非正規雇用労働
者の待遇を大幅改善。生活保護制度を日本人に限定

【規制改革】岩盤規制の打破▽失敗しても再チャレンジ可能なセーフティー
ネットの整備

【エネルギー】電源構成の多様化による脱原発依存体制の構築▽世界最先端
の原子力技術の維持

【教育】「独立自尊」の精神を養い、愛国心を育む教育▽バウチャー制によ
り、親の経済格差によらず子供の教育を受ける機会を保証

【地方分権】二重行政の解消▽倒産のリスクを負う自治体経営、自治体破綻
制度の創設

日本経済新聞 2014/11/21 19:12
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H3U_R21C14A1PP8000/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
消極的選択肢としては、この政党が唯一なのだが、如何せん立候補者が
少ないとなれば、投票のしようがないのが・・・。

画像


野党各党の「だらしない体は、売国奴の駆け込み寺」として、哀れ民主党なの
だから選択肢も何もない選挙となって、投票率はどうにもならないだろう。
各政党の「蜘蛛の糸」的動向は、有権者の選択肢を奪うだけなのだから、
当たり前である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
枝野幸男幹事長は18日夕、安倍総理が消費増税先送りと衆院解散に言及し
たことを受けて、国会内で記者団の取材に応じた。
枝野幹事長は、「今なぜ解散をするのか、何を問う選挙なのかを、多くの国民
の皆さんには理解できないであろうと考える」と述べた上で、「消費増税の先送
りを問うと言っているが、主要政党は全て先送りと言っている中では、国民の
皆さんに選択肢は無い」と指摘した。
さらに、「景気条項を削除し、1年半先送り後には確実に増税をするということが
安倍総理の姿勢だ」として、「私たち民主党は、社会保障の充実、議員定数の削
減をしっかりと行うとともに、経済状況を踏まえなければ消費増税のお願いは出
来ないということで、景気条項は残す必要があると考える」と、民主党の考えを示
し、1年半後には景気の状態を考えずに必ず増税を実施しようという自民党との
違いを強調した。
枝野幹事長は、この総選挙のポイントは現下の経済状況にあるとして、「菅官房
長官は、民主党政権時には(GDPが)3期連続でマイナス成長だったと言い始め
たが、民主党政権3年3カ月を通じて5%強の成長をさせた。しかし安倍政権は
この2年間での伸びは1.5%弱に留まっている」と指摘し、「民主党政権では
経済を成長出来なかったなどとは、安倍内閣に言われる筋合いはない」と切り
捨てた。

(後略)
民主党広報委員会 http://www.dpj.or.jp/article/105472

画像


みんなの党 解党へ
11月19日 16時06分

みんなの党は両院議員総会を開き、党の路線を巡る党内の意見の隔たりが大
きく、衆議院選挙に向けて一致した行動を取るのは難しいとして、解党すること
を決めました。
みんなの党は、民主党との合流も視野に入れる執行部と、与党との関係を重視
する渡辺前代表や、ほかの野党との連携を目指す議員らとの間で対立が激しく
なっていました。
これを受けて、みんなの党は19日、解党の是非を議論するため、国会内で両院
議員総会を開き、対応を協議した結果、党の路線を巡る党内の意見の隔たりは
大きく、衆議院選挙に向けて一致した行動を取るのは難しいとして、解党すること
を決めました。
浅尾代表は両院議員総会のあと記者団に対し、「多数決の結果、13対6で解党
が決まった」と述べました。
平成21年に結成され、自民党でも民主党でもない、いわゆる「第三極」として活
動してきたみんなの党は、結成から5年で解党することになりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141119/j67179210000.html

画像


生活の党・小沢一郎代表

野党が協力し統一戦線を組み、候補者を出さなくては自民党、公明党に勝つこ
とはできない。
逆に統一戦線を組めば、必ず勝てる。そのためには野党が一緒になり、新党を
つくり選挙に臨むのがベストだ。新党にしなければ意味は半減する。国民も一つ
の政党というイメージでないと、受け皿とはみなさないだろう。時間がなく、ばた
ばたになるが、その気になればそんなに難しいことじゃない。参加したい人が入り、
選挙の時に届け出ればいいだけだ。選挙区の調整やら実務的には大変だが、
新党を構成すること自体、そんなに長時間は要しない。決断一つだ。
民主党が積極的に自分を捨ててでも野党再編を成し遂げ、政権をかえるという見
識と意欲と行動を持っていただくことが一番いい。
(自身については)あまり考えていない。野党議員の1人として生き残り、もう少し
みんなと一緒にやりたいとは思っているが、そのグループができることを願っている。
(17日の記者会見で)

http://www.asahi.com/articles/ASGCK6DZZGCKUTFK00W.html

画像


衆院は21日午後の本会議で解散される。「12月2日公示−14日投開票」の日程
で行われる衆院選に向け、与野党各党は事実上、選挙戦に突入する。第2次安倍
晋三政権が発足してから約2年。
これまでの政権の経済政策「アベノミクス」の評価が最大の争点となる。
政府は21日午前の閣議で解散詔書を決定。午後の衆院本会議で伊吹文明議長が
解散詔書を朗読し、解散を宣言する。
自民党は25日に、公明党は来週中に公約を決める。自公両党とも円安対策や地方
創生などが中心になりそうだ。公明党は消費税再増税の際の軽減税率導入を前面
に訴える。野党各党も公約の策定を急いでいる。
一方、解党が決まったみんなの党の山内康一(比例北関東、中島克仁(比例南関東)
両衆院議員は20日、民主党に入党を申請した。また、小沢一郎代表以外の生活の
党議員が民主党入りする方向となったことも同日、分かった。民主党は正式に入党申
請があれば受け入れる方針だ。
最大の焦点は、維新の党の橋下徹共同代表(大阪市長)が衆院大阪3区から立候補
するかどうかで、党内には最終的に出馬に踏み切るとの見方が強まっている。

http://www.sankei.com/politics/news/141120/plt1411200023-n1.html

画像


日本全国で増えている「シャッター街」。昭和時代に活気があった商店街が、歯が
抜けたように1店舗、2店舗と廃業していき、シャッターが閉じたままになっている。
いまや、衰退する地域の、また不景気の象徴のようでもある。
そんなシャッター街をつくった犯人は誰なのか――。インターネットでにわかに盛り
上がっている。
きっかけになったのは、あるツイッター。「民主党候補の『見てください!このシャッ
ター街を!全て自民党のせいです!』
という街頭演説に対し『何言ってんだ!ジャスコのせいだ!』ってヤジが飛んだの
は面白かった」と、つぶやいた。

画像


ツイートがあったのは2014年11月19日午後だが、話題となったことで20日夕方に
はリツイート数が8000に迫っている。
総合スーパーの「ジャスコ」は現在、国内ではその看板が「イオン」に掛けかえられ
ていることもあり、インターネットでは「釣り」ではないかとの指摘もあったが、
「うまいやりとりですね」
「座布団一枚www」
「WAONと絶叫すれば最高!」
「民主党名物、ブーメラン炸裂だなw」
というように、思わずニヤリとしてしまった人は少なくないだろう。
周知のように、民主党の岡田克也代表代行の父・卓也氏は「ジャスコ」の創業者で、
イオンの岡田元也社長は実兄にあたる。
ツイートが笑いを誘うのは、シャッター街が増えたのはイオンのような郊外型のショ
ッピングセンターが町の商店街のお客を奪った、「元凶」だからではないのか、とい
った見方があるからだ。

画像


昭和の時代、町の商店街は日本のあちらこちらにあり、多くの買い物客で賑わって
いた。それが今ではアーケードや街灯が老朽化したうえ、シャッターを閉じたままの
商店が多く、「昼間でも薄暗い」などと評判はガタ落ちだ。
一方、地方では「1軒2台」のマイカーが浸透したこともあって、郊外型のショッピング
センターが高い集客力を誇っている。
町の商店街はそういった商業施設に客足を獲られるから、活気がなくなる。
そのために空き店舗が増えて、ますます活気がなくなる、悪循環に陥った。
そういった流れをつくったのが、大規模小売店舗法。大店法は1974年施行。
町の商店を保護するため、大型店が出店する際に店舗面積や営業日数を規制して
いたが、日米構造協議で批判され、2000年に廃止。
代わって施行された大規模小売店舗立地法(大店立地法)は出店規制を緩和したた
め、郊外への進出が加速したとされる。
前出のツイートに寄せられた声には、「1990年代の大規模店舗法改正のせいだから、
自民党のせいと言えなくもないぞ?」
「大店法のせいでもあり、イオンのせいでもある」「まあ、ほぼ自民のせいだがな」
「でもどう見てもジャスコのせいだよねw」と、「自民党」「ジャスコ(イオン)」と賛否両論。
さらには、「まだ、そんなこと言ってんの? 商店街に魅力がないだけ」
「国政でもなく、ジャスコでもなくて、やる気のない商店主と不動産業者のせいやと思
うけど。閉めても困っている人おらんし」と、商店街という「仕組み」そのものがすでに
崩れているとの声もある。

http://www.j-cast.com/2014/11/20221411.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
蜘蛛の糸にしがみ付くしかない議員さん、多すぎて糸も持たないと思うけど・・・。



こんなのもあったが、それが正に現実化したのは、「悪夢」だったか・・・。
これからメディアが、「マニフェスト」うんたらを垂れ流さず、「大儀なき」で押し通したら
劣化の象徴、公約比較と実現力・・・。
とはいえ、選択肢のなさはいかんともしがたい・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政権の不祥事リセット解散と、不祥事メディアの不遜な批判 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる