BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 精神の違いが際立つ「kano」

<<   作成日時 : 2014/07/21 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今から七十・八十年前の統治時代以後の格段に比較出来るのが、その国の
国民の対応で、日本国民が顔をしかめる国と、笑顔になる国との違いは際立
っている。

画像


この画像の答えも、なまじ間違っていないお笑いもものだが、日本の一部にある
「広報担当」の言い訳は、見苦しい限りで「擁護も底をついた感」ありあり・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
20日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうりテレビ)で、ゲスト出
演した田原総一朗氏が「韓国人は実は反日ではない」と発言し、出演者から
反論される一幕があった。
番組では「歴史を変えた極秘文書徹底解明SP」と題し、「河野談話 元慰安婦
の聞き取り調査報告書」を取り上げた。
その中で、田原氏は「(安倍晋三首相は)河野談話を見直したかったが最終的
に『見直さない』と言ったのはアメリカの圧力が原因」だと主張した。
政治評論家の加藤清隆氏は「(談話の)真意はどこにあるかということで検証
作業をやったんですよ」と述べると田原氏は、この検証作業が「最悪」であり、
「検証作業の結果が、すり合わせがあったと。これは実は日本と韓国が『この
事は内緒にしよう』ということでやったんですよ。内緒にしようとしてやったこと
を、後でバラしたらね、もう外交はできませんよ。外交ってのはそういう内緒の
ことがいっぱいあるんだから」と、日本側の落ち度を指摘した。
しかし、加藤氏は過去の事例をあげ、「全て約束を破っていっているのは韓国
側ですよ」と反論。
評論家の宮崎哲弥氏も「安倍さんは韓国や中国に対し対話のドアを開けてい
るが、やってこないのは向こうの方」だと主張した。
すると田原氏は「(韓国の大統領)朴槿恵(パク・クネ)ってのは、実は本音は
親日なんですよ。だけどね、親日って言ったら大統領維持できないんだよ」と
韓国側の本音を代弁した。
続けて「世論ですよ。一番悪いのはマスコミだけどね。マスコミが日本の悪口
言うと売れるんだよ。(韓国)国民はそんなに日本の悪口言いたくない」と持論
を述べた。
また田原氏は、内閣府特命担当大臣の山本一太議員と以前韓国に行った際、
韓国の議員から「実は日本を手本にしている」「親日と言うと人気が落ちるから
言えない。ごめんね」と言われたことを明かした。
すると出演者からは猛反発が沸き起こった。
宮崎氏は「その方が深刻。つまりこれは民意において徹底的に反日なんだよ」
と、激しい口調で反論。さらに作家の金美齢氏も「公には絶対言えないってね、
建前と本音の落差が韓国はひどいんですよ。それが問題なのよ」と指摘した。
しかし、田原氏は「日本の方がキャリアが長い先進国なんだから大人になって
リードすべき」と主張した。
すると、加藤氏は「違う。そういうことを言い続けて失敗してきたんです」と、田原
氏の意見を真っ向から否定した。
田原氏は「失敗なんかしてない」と対抗し、韓国において「マスコミと司法」が反日
を煽っていると説明した。加藤氏は「司法までおかしくなってあり得ない判決をど
んどん出している」と、この点については同意を示した。
しかし、この話を聞いていた作家の竹田恒泰氏は「司法がいきなり独走したんじ
ゃなくて、韓国の司法ってのは世論に流される傾向があるんですよね」と、発言
すると宮崎氏は「結局世論なんじゃん」と、田原氏の言う「韓国は実は親日」説に
最後まで強い口調で反論していた。


2014年07月21日07時00分
http://news.livedoor.com/article/detail/9062938/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
老いさらばえて唇寒しの「老害」と相成っている人物は、自分の発言もなく、
どこからのコピーのヤキ回しが「欠陥意見」を自覚出来ない。
これでは擁護するも「反発しか反応なし」となって、何なんだこいつって「見下さ
れて、評価がだだ落ち」晩節を穢すおろかな老人ってな評価で落ち着いてしまう。
同じ統治時代を経て、際立った違いが映画になった。

画像


この映画に見る「過去への感謝」は、それだけでない事象も含めて、スポーツに
おける「意思の統一」は、瞬間だけでも輝いてしまい、それは一瞬だが恒久的に
記憶に残ってしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本統治下の1931年、台湾代表として夏の甲子園に出場し、準優勝した嘉義
農林学校(通称:嘉農=かのう)野球部の実話を描く台湾映画「KANO」が、
「KANO 1931海の向こうの甲子園」の邦題で2015年1月24日から日本公開され
ることが決定。球児たちのひたむきな姿を伝える特報映像も公開された。
1929年に誕生した、日本人、台湾人(台湾で生まれ育った漢人)、台湾原住民
(台湾の先住民族)で構成される嘉義農林学校野球部が新任監督の近藤兵太
郎を迎え、甲子園進出を目指すことになる。近藤の鬼のような特訓を受け、連
敗続きだった野球部員は、次第に勝利への強い思いがわき上がり、甲子園出
場の夢を抱くようになっていく。
そして31年、台湾予選大会で連勝を続け、常勝校の台北商業も打ち負かした
同校は、台湾代表チームとして日本へ遠征。
その一球たりとも諦めないプレイは観衆の心をつかみ、日本中の注目を集め
ることとなる。
「海角七号 君想う、国境の南」や「セデック・バレ」2部作など、日本統治下の
台湾を舞台にした作品で大ヒットを生み出してきたウェイ・ダーション監督が
プロデューサーを務め、「セデック・バレ」に出演していた俳優マー・ジーシアン
がメガホンをとり、映画監督デビューを飾った。
野球部監督・近藤兵太郎役で永瀬正敏が主演し、台湾の農業発展に大きな
貢献をした水利技術者・八田與一役で大沢たかお、近藤兵太郎の妻役で坂
井真紀ら、日本人キャストが主要キャストとして名を連ねているほか、音楽を
「永遠の0」「るろうに剣心」などで知られる佐藤直紀が担当。
主題歌「風になって〜勇者的浪漫〜」は、「海角七号」にも出演して台湾で人
気を博した中孝介と、台湾の人気歌手ファン・イーチェン、スミン、ルオ・メイリ
ンがコラボレーションした。
台湾では今年2月に公開。興行収入は60日間で3億台湾ドル(10億円)を超え
る大ヒットを記録。
5月までロングランされ一度劇場公開を終えたが、9月からアンコール公開さ
れることも決まっている。

http://eiga.com/news/20140718/2/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この野球の監督が、松山商業での監督からというところに、知人の存在があり、
このところ毎年のように会うものだから、より身近に感じてしまう。









日帝残渣と歴史的なものも唾棄してしまう国と、それも時代の記憶と大切にする
国の民意の違いは、やはり日本国民にとってどちらがより親密になりたいかを
悟らせてしまい、民間に出来る友好は、こんなところに出る。

画像


敬意と愛着は、日帝残渣なんて言葉は使わないだろうし、そこに息衝く文化
を自ら否定しては、歴史を捏造しない限り整合性も成立しない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本統治下の1932年に台湾南部・台南市で山口県出身の故・林方一氏が
開業した「ハヤシ百貨店」が14日、地元ゆかりの雑貨などを扱う「林百貨」とし
て再び開業した。
敗戦とともに廃業していたが、建物保存に取り組んできた市がこのほど約3
年がかりで修復。
経営に当たる地元企業はイベントスペースも設け、文化・流行の情報発信
地として集客を目指す。
同日、林氏の次男の妻千恵子さん(東京在住)や頼清徳市長らが出席して
式典を開き、開店当時の「昭和モダン」を意識したファッションの市民らが周
辺をパレード。ハヤシ百貨店は当時、台湾南部初の百貨店として開業。
石川県出身の故・梅沢捨次郎氏設計のアールデコ調6階建て建物は当時
南部で最も高く、エレベーターも話題となった。延べ床面積約1900平方メ
ートル。戦後、警察派出所や企業事務所などとして使われたが80年代に閉
鎖された。戦時中の米軍の空爆跡なども残る。 
(共同)

http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2014/06/14/29taiwan/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

統治時代の比較において、明らかな差は今後の日本国民がより友好を
深めるのはどちらかとなれば、こういう事象で明らかであり、旅行先の選定
はいわづものがな・・・。

画像




スポーツにそれらが全部出てくれば、広報云々などに騙される日本国民は
皆無になって来る。
当たり前のことを、当たり前に酌みとめられないは、哀れな精神疾患な人
もどきになって来る。


台湾を愛した日本人(改訂版) -土木技師 八田與一の生涯-
創風社出版
古川 勝三

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 台湾を愛した日本人(改訂版) -土木技師 八田與一の生涯- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本と台湾 (祥伝社新書)
祥伝社
加瀬英明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本と台湾 (祥伝社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
精神の違いが際立つ「kano」 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる