BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 広報担当は、どう動くか・・・。

<<   作成日時 : 2014/07/06 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

強引であるを印象付けして、何とか「自衛権」棚上げを目論むメディアの
一斉攻撃に対して、初心を貫けられるか・・・、何しろ御注進メディアには
尻を叩く人々も存在して・・・。

画像


「備えられては困る」筆頭の無能のリーダーは、国内の凋落を海外でカバー
するかの様相だが、世界では「四面楚歌」と、それこそ昔の「項羽の時代」の
惨状なのだが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
対日世論戦を指示 中国、自衛権絡め
2014.7.4 18:16

安倍晋三政権が閣議決定した集団的自衛権の行使容認に反発する中国共産
党・政府の宣伝当局が、国内インターネットメディアに対し「行使容認を批判し、
対日世論闘争をしっかりやる」よう指示したことが4日分かった。
宣伝当局に近い関係者が明らかにした。 習近平指導部は、安倍氏の靖国神
社参拝を機に国内外で大掛かりな反日キャンペーンを展開。集団的自衛権行
使の容認をそれに続く攻撃材料と位置付けたとみられる。
関係者によると、指示は1日の閣議決定後に出された。各ウェブサイト上で行
使容認を念入りに批判し、「大衆が(日本政府の主張を信じないよう)客観的な
見方をするよう誘導せよ」としている。
国内各紙に対しても同様の要求をしているとみられる。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140704/chn14070418160004-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こういったネガティブ・キャンペーンを張られるということの裏は、それをされては
困る人々の存在がありとなって、そこの思惑に引きずられれば、ミスリードに
躍起になる・・・。
すると若者に人気のツールも、以下のような「怪しい煽りを拡散」する卑劣な者も
出現してくる。

画像


何より「国内には、敵より危険な味方」の振りをする「やから」が跋扈する国である。
「言論の自由」を振りかざし、全体主義みたいな異論を挟めなくする偏狭な
人々が「ペンの暴力団化」している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オランダで、日本に警戒感を持つ人々が目立ち始めた。
もともと、反日感情を抱く人が少なくない国だ。太平洋戦争中、オランダの植民
地だったインドネシアを日本軍が占領。捕虜を強制労働に駆り出したほか、
オランダ系の民間人を抑留したり、慰安婦にしたりした歴史がある。戦後69年。
両国間で和解の努力が進められてきたが、河野談話の検証作業などで、疑念
が生まれている。

■突然の「コノヤロウ」「バカヤロウ」

 オランダ南西部、北海沿岸に位置するハーグ。
雨の中、アーサー・レオナルド・ファン・マーセフェィンさん(88)が、自転車にま
たがり、日本大使館の前にやってきた。「日本から来た記者です」。そう伝えると、
いきなり叫んだ。

 「コノヤロウ」「バカヤロウ」「イチ、ニイ、サン……」

あっけにとられていると、大きな目をギロリとこちらに向けた。オランダ語で「覚え
ている日本語だよ」とニタリ。
インドネシアで生まれ、現地で日本軍に抑留された。17歳だった。殴られるたび
に投げつけられた言葉が、いまも記憶から消えない。
大使館の前には、70代、80代の元捕虜や民間抑留者が続々と集まってくる。
マーセフェインさんが、英語の横断幕を掲げた。
「真珠湾攻撃がなければ、『ヒロシマ』はなかった」「原爆は、私の命を救った」
オランダ人の元捕虜らが慰謝料を求めて、日本政府を提訴したのをきっかけに、
ちょうど20年前から続く大使館前でのデモ。主催するのは、日本政府に
戦時中の日本軍の行為に対する公式謝罪と補償を求める「対日道義的債務
基金」だ。
毎月第2火曜に小1時間、横断幕を掲げ、代表が大使に面会して嘆願書を提出。
賛美歌を歌って散会する。記者が取材した日は、約50人が集まった。

http://www.asahi.com/articles/ASG6652H3G66UTIL021.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
70代、80代の元捕虜や民間抑留者が続々と集まってくる約50人が集まった

五十人は、続々という語句に相応しいか・・・。
村の集会でもこれくらいは集まるが、続々とかぬかしたら笑われる。
「三々五々集まった」ってな表現がぴったりな人数ですが、誇張しなければならない
理由が、「アサヒる」言論にはありそうで、そちらの方が興味津々になる。

画像


純粋な「思考法」での反対なら聴く耳持つが、そこに歪んだ思想やら中狂の思惑が
絡んでくると、さて「反対する価値」は平和という幻想かとなりそうだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
憲法解釈変更「民主主義への挑戦」 憲法学者ら抗議声明

憲法学者らでつくる「立憲デモクラシーの会」が4日、安倍内閣が集団的自
衛権を使えるよう憲法解釈を変更したことについて「立憲主義を根本から否定
し、国民主権と民主主義に対する根本的な挑戦だ」とする抗議声明を発表した。
国会内で会見した共同代表の山口二郎・法政大教授は「(安倍政権にとって)
集団的自衛権の行使は問題解決の手段ではなく、最初から目的になっている」
と批判。共同代表の奥平康弘・東大名誉教授は「70年近く、戦争をしない国
でやってきたのに、もと来た道に戻ってしまう」と懸念を示した。

朝日新聞  2014年7月4日18時36分
http://www.asahi.com/articles/ASG745QVDG74UTFK010.html

画像


集団的自衛権の行使容認が閣議決定された一日以降、自衛隊の採用説明会
の案内が全国の高校三年生の自宅に届き始めている。
毎年行っている採用活動の一つだが、インターネット上では「自衛隊になれと。
嫌です」「タイムリーすぎ」など高校生のつぶやきが相次ぎ、話題となっている。
大半が冗談交じりとはいえ、憲法解釈の変更で、戦争が非現実なものではな
くなったという意識の変化もあるようだ。
「なんでこんなんが来たんやろう」。大阪府高石市の高校三年生の男子(17)は、
自分あての封書を親から渡され、首をひねった。
差出人は地元の自衛隊。中には採用案内のパンフレットが入っていた。
卒業後は進学が希望。封書を見た時、「集団的自衛権とかよく分からんけど、
憲法が変わったら自衛隊に入らないかんのかと不安に思った」と話した。
東京都三鷹市の男子(18)は「集団的自衛権が可決されて、自衛隊で人が減る
から手紙が来たんだ」と動揺した。自宅に送られてくるのも気味悪かった。
「戦争を狙うビジョンがあるような気がして、今の政権のうちは怖い」と話す。
金沢市の男子(17)は母親に「タイミング的に怖くてワロた(笑った)」と冗談で話
した。ただ「応募する人が少ないということは前々から言われているので、自衛隊
としては普通の活動なのでは」と冷静に受け止めている。
封書は各地で届き、ネットへの投稿も相次いだ。「戦争いかないかんなら自衛隊
なりたくない」「徴兵制かと思った」などの声もある。
防衛省の広報担当者によると採用案内の文書は毎年、全国の高校三年生らに
送付しているという。「一日に始めたのは、文部科学省と厚生労働省連名の就職
の文書案内についての通知に従った。集団的自衛権の問題とは関係ありません」
と話している。

(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014070402000110.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国内のメディアの反対が多数を占める中に、こういった例年の慣例行事をも、
煽り立てに使うメディアは、特定アジアにしか眼を向けていないかで、げんなり
させてくれる。

画像


普通に考えれば、「備えあってこそ、憂いは除かれる」は、それこそ災害の教訓
で、まして野心などと無縁の人々にとっては、以下のような「普通の国」が、当たり
前でないのが異常だったなのだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
集団的自衛権を行使するための憲法再解釈が閣議決定されたのを受け、国内外
で賛否両論の声が渦巻いている。
海外メディアでもさまざまな意見が交わされているが、これまで特異な「平和主義」
を貫いていた日本が、良くも悪くも「普通の国」に近づいているという見解は概ね一
致しているようだ。
一方、現在も抗議デモが続くなど反対世論が過半数を占めていることも関心を集
めている。
知日派の学者の一人は、その原因が“戦後日本のトラウマ”にあるとする見解を述
べている。

【日本はほんの少し“普通”に近づいた】
「平和主義の日本がジワジワと“普通”に近づいている」と評したのは、フィナンシャ
ル・タイムズ紙(FT)のコラムだ。
世界中の「ほぼ全ての国が集団的自衛権を有している」とし、日本と同じ第2次大
戦の敗戦国であるドイツでさえも「西(ドイツ)がNATOに加盟した1955年以来、同
盟国を守る義務を負ってきた」と記す。そして、「主要国の中で日本だけが異常だ
った」と表現している。
同紙は、日本が再び戦争を起こすという懸念や「安倍首相の国粋主義的なレトリ
ック」に対する反対論者の嫌悪を皮肉りながら、「日本はほんの少し“普通の国”
に近づいただけだ。我々はそのことを冷静に認めなければならない」としている。
また、戦前・戦中の日本の行為に対し、中国と韓国が戦後幾度となく謝罪と賠償
を求めてきたことについて、「(平和憲法のもとで)日本は1945年以来、ただの一
度も紛争に関わっていない」とした上で、中韓が求める日本の“誠意”はそうした
戦後の歩みによっても汲み取られるべきだと論じている。
そして、今回の再解釈は再び中国の怒りに火をつけることになるだろうが、「日本
がよりノーマルな防衛姿勢を取ることを否定するのは難しい」と結んでいる。
(以下略)

http://newsphere.jp/politics/20140704-7/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=20140704-7
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
相互理解とかの虚しい言葉は、普通の国だからこそ、異常な精神の国とは
距離を置くべきなのは、普通の神経をしていれば「当たり前」

画像


何より「国内」に、人間の普遍的価値を見い出す人々が大勢いる現実は、
うねりとなって全体主義の呪縛から解き放つ可能性を秘めている。
それらが作り出す「自由という価値観」が、相互理解へとつながるのでは・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
基本的価値観を犠牲にして中共政権と付き合えば 未来が絶たれる

【大紀元日本6月16日】ここ数日、ボストン郊外ニュートン市のニュートン北高校の
男子生徒デクルート君は一躍米メディアの注目の的になっている。
デクルート君はこのほど、北京の交換留学先で、ある中国人生徒のノートに「民
主は若者へのプレゼント」、「学校や政府から聞かされた嘘を信じてはならない」、
「反抗は正しいことだ」と書き残した。後にこのことが発覚し、デクルート君は中国
当局に5時間拘禁された末、反省文を書かされた。米国に帰国後も学校側は罰
則として、彼に一生に一度だけの高校卒業パーティーへの参加を禁止した。
中国側の懲罰は想定内だったとしても、なぜ自国の学校に罰せられるのか。
納得できないデクルート君は父親と共に、学校側に異議を申し出た。「自分がい
ままで教わった米国の価値観は、物事に対して自由な思考と言論を持っていい」
と主張した彼。学校側は「中国側との提携関係を重視する」との理由で、その異
議申し立てを却下した。
いま、米国主力メディアの間でデクルート君の問題が取り沙汰されている。
ニューイングランド・ケーブル・ニュースは学校側の言い分を報じた。「デクルート
君の行為は事前に交わした交換留学の行動規範に違反し、中国の文化を尊重
せず、中国側との30年間の提携関係を続けてきた学校側に不利益をもたらした」
という内容だ。一方、ボストン・グローブ紙とワシントン・ポスト紙は複数の報道で、
「デクルート君を罰するべきか」とのテーマで議論を展開している。

画像


学校側の批評に対して、デクルート君は反論した。

中国側も守るべきこの行動規範を、交換留学先の学校と中国当局は数々の違反
をしたと主張するデクルート君は、その具体事例を陳述した上、「そもそも中国側
は自らこの規範を重視しておらず、遵守しようともしなかった。そのことも一因とな
り、米国の建国理念に背くこの規範に束縛されることに疑問を感じるようになった」
と行動の経緯を説明した。
この事件は、長年、中国共産党政権(以下・中共政権)との関係構築に関する国際
社会のある誤った認識を反映している。すなわち、「波風を立てずにお付き合いす
れば、中国の政治と社会に変化をもたらし、知らず知らずのうちに中共政権を感
化できる」との認識だ。民主国家の政府、大手企業だけではなく、マスコミ、IT関連
企業もみな、このいわゆる「現実的な方策」を実施してきた。その結果、人権問題
の交渉や経済・貿易活動、報道など様々な分野において、中共政権の逆鱗に触
れないよう気を配ってきた。
数十年間が過ぎた今、民主国家が期待していた相手に変化はみられなかった。
反対に、中共政権は国際社会の優しさにつけ込み、外国からの投資により成し
遂げられた経済発展を武器に、民主国家を抑圧している。人権への弾圧はいっ
そう厳しくなり、外国企業やマスコミへの圧力強化、民主社会への共産党文化の
浸透、政治家の買収などは深刻になる一方で、自由社会に危害をもたらしている。
自由は人間の当然の権利。信仰、言論及び集会などの自由は、民主国家の建国
理念の原則である。この基準に照らすと、間違っているのはデクルート君ではなく、
中共政権である。
デクルート君が中国でメモ書きしたものは、言論の自由の範疇を超えていない。
陳謝を拒否する彼はこう釈明した。「この地球上にいる人類として、私は剥奪でき
ない言論の自由の権利をもっている」。その言葉通りだ。デクルート君は処罰され
るどころか、表彰されるべきだ。
民主国家において、学校教育は国民に基本的価値観を吹き込むなどの責務を担
っている。ニュートン北高校及び一部のメディアは現実的利益を考慮するあまり、
中共政権に屈した。これは誤った選択である。教育の理念に反するだけでなく、非
常に悪い手本を示した。中共政権の人権侵害を助勢しただけでなく、米国にまで
迫害を輸出したことになる。同時に、「強権に対して屈するしかない」と誤った観点
を学生に注ぎ込んだ。このような学生が成人したら、米国の基本的価値観を守れ
るのか。国の未来を担う若者たちが、その基本的価値観を固守しなくなったら、
米国の建国理念も、国家の誇りである価値観も崩壊してしまう。
20世紀において、共産主義運動と共産国家は人類に深刻な災難をもたらした。
冷戦終了後、国際社会の最大の脅威は、共産主義を崇拝する中共政権となった。
「中国を自由な社会に変えていく」。これは民主国家の共通の願いであろう。
中共政権は経済利益を餌にして諸外国と接する過程において、国際社会は中国
の人権と自由の状況を変えるどころか、その経済利益の誘惑と脅しに負けてしま
い、自身の価値観をも捨ててしまい、能動的または受動的に中共政権に浸透され、
改変、同化されてきた。
中国で進行している大規模な人権弾圧、臓器狩りなどの反人類的な暴挙に対して
沈黙し続けていること。また、世界にも必ず大きな影響を導くはずである、中共関
連組織から離脱する億万人規模の運動や、中国5千年の伝統文化を復興する神
韻芸術団の公演に対して国際メディアが報道を自粛し続けていること。これらはみ
な、民主国家の恥辱で人類の恥辱である。
中共政権は従来から国際ルールを無視してきた。国際人権規約の批准国である
にもかかわらず、自国民への人権侵害は深刻になる一方だ。自ら制定した法律を
遵守しない。無論その他の協議も守らない。「中国の文化を尊重せよ、郷に入れば
郷に従え」。これは中共政権が人々を欺くための文句にすぎない。中共政権が行う
闘争、迫害、洗脳教育は、中国の伝統文化である仁愛、寛容、信用、正直などの
価値観と真っ向から対立しており、中共政権による中国伝統文化及び伝統的価
値観の破壊は、中国社会に深刻な道徳危機や各種社会問題を招いた。
民主社会はこのまま引き続き中共政権の浸透を容認し、利益の前で屈し、基本的
価値観を犠牲にするなら、世界的災難が降りかかってくる。
歴史はすでに証明した。中共政権に協力することは、「トラに向かってその皮をくれ
と頼む」に等しいのだ。民主国家の政府、マスコミ及び国民が中共政権の暴挙を見
てみぬふりすれば、人性、道徳の最低基準が崩壊してしまい、文明の基盤も完全
に崩れてしまう。
総じて言うと、基本的価値観を犠牲にしてまで中共政権と付き合えば、未来までも
絶たれる。

(翻訳・叶子)
http://www.epochtimes.jp/jp/2014/06/html/d94132.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

基本的価値観を犠牲にしてまで中共政権と付き合えば、未来までも絶たれる。

こういった主張にこそ、耳を傾ける価値がありそう。
間違っても以下のような「アジテーション」は、御免被りたい。

画像


自分なりの価値観があれば、以下のような「ソフトな毒」で、誰をもにやりとさせる
のに・・・。






世界征服を夢見る嫌われ者国家 中国の狂気
ビジネス社
石平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界征服を夢見る嫌われ者国家 中国の狂気 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広報担当は、どう動くか・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる